iPadのキーボードおすすめ5選【2020年版】

iPadのキーボードおすすめ5選【2020年版】

iPadのキーボードは、iPadでの入力作業を効率化するのにおすすめのアイテムです。iPad純正の商品はもちろん、ケースにキーボードが付属したタイプや、Bluetoothで接続するタイプなど様々な商品があるので迷ってしまう方も多いでしょう。今回はiPadのキーボードの選び方と、Amazonなどで購入できるiPad proやiPad air2、iPad mini対応のおすすめ商品をご紹介します。

iPadをキーボード操作で効率的に作業したい

タブレットを代表するiPadは、画面をタッチして操作ができるので、持ち運んで使うのにぴったりのアイテムです。しかし「文字の入力がしにくい」、「誤字が起こりやすい」、「パソコンのキーボードに比べると入力速度が落ちてしまう」と思ったことはありませんか?パソコンに比べると格段に入力がしにくいため、iPadでの作業効率が下がってしまうとお悩みの方も多いですよね。

iPadをキーボード操作で効率的に作業したい

出典:Amazon.co.jp

そんな方におすすめしたいのが、「iPadのキーボード」です。指で直接タイピングできるので、パソコンのキーボードと同じ感覚で使うことができます。

iPadのキーボードを使うメリット

iPadのキーボードを使うメリットは、iPadでの作業を快適に効率よく行えることです。iPadで作業することが多い方にとっては、なくてはならないアイテムと言っても過言ではありません。実際にiPad用のキーボードがあるのとないのでは、入力作業の効率に大きな差が出てしまいます。iPad用のキーボードがあれば、作業時間の時間短縮はもちろん、使い勝手が良くなるので、iPadでの作業を快適にすることができます。

iPadのキーボードの選び方

iPadのキーボードを選ぶうえで、押さえておくべきポイントをご紹介します。

iOSに対応しているかチェック

iPadでキーボードを使うには、iOSに対応しているキーボードを選びましょう。iPadのOSのことを「iOS」と言います。キーボードには対応のOS(Windows、Mac、iOS、Android、Chromeなど)が明記されているので、iOSが対応しているものかどうかを必ず確認しましょう。また、iOSキーの刻印のあるキーボードだと、iOS専用のショートカットが使える商品もあります。iOS専用の入力モード切替えが付いた機種がおすすめです。

形状で選ぶ

iPadのキーボードは大きく分けると「ケース対応型」と「独立型」の2種類の形状に分かれています。それぞれ特徴があるので、ご紹介します。

携帯性を重視した「ケース対応型」

携帯性を重視した「ケース対応型」

出典:Amazon.co.jp

ケース対応型のキーボードは、iPad用のカバーにキーボードが付属したようなタイプの商品です。カバーとして使える形をしているので、携帯性にすぐれています。携帯性を損なわずにキーボードとして使えるのがメリットですが、安定性には優れていません。電車での移動中などに膝の上に乗せて使いたい場合には、あまり向いていないでしょう。机の上などの安定した場所での使用がおすすめです。

生産性を重視するなら「独立型」

生産性を重視するなら「独立型」

出典:Amazon.co.jp

独立型のキーボードとは、Bluetoothでつなぐワイヤレスのキーボードのことを指します。ケース対応型のキーボードがiPad専用なのに対し、独立型のキーボードは、スマホやノートパソコンのキーボードとしても使えるアイテムです。ケース対応型のキーボードに比べると携帯性には劣りますが、入力しやすく、作業効率を格段に上げることが可能です。携帯性よりも使いやすさを優先する方にいいでしょう。

キーボードの配列で選ぶ

キーボードの配列は主に「JIS配列(日本語配列)」と「US配列(英語配列)」の2種類があります。iPadはもともとUS配列のキーボードに合わせてつくられているので、US配列のものを選ぶのがおすすめです。JIS配列のキーボードでも使えないことはありませんが、iPadはどうしてもUS配列で出力されてしまうので、JIS配列のキーボードを使うと、一部のキーに印字とは異なる文字が出力されてしまいます。入力したはずの文字と異なる文字が出てしまうと、作業効率に影響が出てしまうので、US配列のキーボードが良いと言えるでしょう。

接続方法で選ぶ

iPadとキーボードの接続方法も確認しておきましょう。

ポピュラーなワイヤレス接続

ポピュラーなワイヤレス接続

出典:Amazon.co.jp

iPadとキーボードの接続方法は、ほとんどの場合がBluetoothを使ったワイヤレス接続です。ワイヤレスで使うので、電源の供給は充電、もしくは入手しやすい単三形乾電池を使うものが多いです。マルチOSに対応しているモデルであれば、iPad以外のノートパソコンなどにも使えるので、複数のデバイスに繋いで使いたい方にもおすすめです。

充電の必要がない有線接続

充電や電池交換が面倒という方は、有線タイプのキーボードを使用するのがおすすめです。アップル独自のLightning(ライトニング)ケーブルを装備しているモデルであれば、iPadでも使用することができます。バッテリーの駆動時間や電波の干渉を気にせずに使えるので、いつでも快適に使うことができるのが魅力です。しかし、iPadでも使える有線のキーボードはあまり数が多くないので注意が必要です。

角度調整ができるかどうか

ケース対応型のキーボードだと、iPadを立てかける角度を調節できるタイプのものがおすすめです。3段階以上の角度調節ができると、様々な環境に対応でき、作業効率を高めることができます。

持ち運びやすさで選ぶ

持ち運びやすさで選ぶ

出典:Amazon.co.jp

iPadを外出先に持ち運んで使うという方は、重量やサイズなどの持ち運びやすさにも注目しましょう。特に独立型のキーボードだと、iPad専用につくられている商品ではないものが多いので、携帯性に欠ける場合があります。キーボードをiPadと一緒に持ち運ぶことも考え、軽めのモデルを選ぶのがおすすめです。軽いものだと、200g未満の商品もありますが、小さすぎると使いにくいという面もあります。普段のiPadの使い方を考え、入力のしやすさと持ち運びのしやすさのバランスが良いものを選んでみてください。

使いやすさで選ぶ

iPadを主に家で使う方は、キーの多さやタッチのしやすさなど、使い心地にこだわって選ぶのがおすすめです。外出先で使う予定が頻繁にないのであれば、キーの数が多く、ノートパソコンでも使える程度の大きさがあるような、独立型のキーボードがいいでしょう。

マルチペアリング機能や切り替え機能も確認

マルチペアリングとは、1台のBluetoothキーボードに対し、複数のデバイスとのペアリング情報を保存する機能です。Bluetoothで接続するキーボードであれば、iPadの他にもスマホやノートパソコン、ゲーム機などとも接続できるのが魅力です。切り替え機能がついていると、ボタン一つでデバイスの切り替えができて便利です。独立型のキーボードで、他のデバイスとの接続を考えている場合、必須の機能と言えるでしょう。

バッテリーの駆動時間もチェック

ワイヤレス接続のキーボードは、バッテリーの駆動時間もチェックしておきましょう。せっかく携帯性にすぐれたキーボードを選んでも、バッテリーの駆動時間があまりにも短いとモバイルバッテリーを持ち歩くことになってしまいます。余計な荷物を増やさないためにも、バッテリーの駆動時間が長めのものがおすすめです。目安としては、1日に2~3時間使用するとした場合に、バッテリーが20~30時間程度持つものがおすすめです。1回の充電で10日以上使用できると良いでしょう。

iPadのケース対応型キーボードおすすめ3選

アップル純正 iPad Pro用Smart Keyboard 日本語(JIS)Yahoo!ショッピング最安値14,300円(税込)

出典:Amazon.co.jp

Smart Keyboardは様々な最先端のテクノロジーを組み合わせて作られた、ほかのどんなものにも似ていないキーボードです。フルサイズのキーボードでありながら持ち運びが圧倒的に簡単で、Smart Connectorを使ってiPad Proに接続します。また、取りつけるだけですぐにタイピングを始めることができ、使い終わったら折りたたむだけで、スリムで軽いカバーになります。

Smart Keyboardは様々な最先端のテクノロジーを組み合わせて作られた、ほかのどんなものにも似ていないキーボードです。フルサイズのキーボードでありながら持ち運びが圧倒的に簡単で、Smart Connectorを使ってiPad Proに接続します。また、取りつけるだけですぐにタイピングを始めることができ、使い終わったら折りたたむだけで、スリムで軽いカバーになります。

ロジクールiK1052 SLIM FOLIO Bluetooth キーボード一体型ケース iPad 第5世代用
価格情報がありません

出典:Amazon.co.jp

ロジクールiK1052 SLIM FOLIO Bluetooth キーボード一体型ケース iPad 第5世代用

価格情報がありません

ノートPCの様にタイピングできる、iPad(第5世代、2017年リリース)用のキーボード一体型ケース。2種類の角度で固定できるので、タイピングする際はしやすいポジションに、ブラウジングする際は、見やすいポジションに固定することが可能です。また、衝撃、擦り傷、液体等から機材をしっかり保護もあり、安心の2年間無償保証となっています。

ノートPCの様にタイピングできる、iPad(第5世代、2017年リリース)用のキーボード一体型ケース。2種類の角度で固定できるので、タイピングする際はしやすいポジションに、ブラウジングする際は、見やすいポジションに固定することが可能です。また、衝撃、擦り傷、液体等から機材をしっかり保護もあり、安心の2年間無償保証となっています。

イナテックBK2001
価格情報がありません

出典:Amazon.co.jp

快適にタイピング: インテリジェント磁気スイッチのデザインにより、マグネット付きのカバーの操作で自由にスリープとウェイクアップを切り替えられます。また、PUレザーの材料を採用したので、カバーとしては360度全面的に保護しながら、自由にタイピングできます。キーボードを一度フル充電(約2~3時間必要)すれば、内蔵バッテリーにより、連続再生時間が90日保つことができます。

快適にタイピング: インテリジェント磁気スイッチのデザインにより、マグネット付きのカバーの操作で自由にスリープとウェイクアップを切り替えられます。また、PUレザーの材料を採用したので、カバーとしては360度全面的に保護しながら、自由にタイピングできます。キーボードを一度フル充電(約2~3時間必要)すれば、内蔵バッテリーにより、連続再生時間が90日保つことができます。

iPadの独立型キーボードおすすめ2選

ロジクールBluetoothキーボード K480BKAmazon最安値3,300円(税込)

出典:Amazon.co.jp

ワイヤレス接続のキーボードです。iOS、Android、Windowsなどに対応するマルチデバイスで、同時に3台まで接続でき、キーボード左上のダイヤルでデバイスを切り替え可能です。1つのキーが、iOSのcommandキーとWindowsのAltキーの両方の役割をするなど、使いやすいように工夫されています。

ワイヤレス接続のキーボードです。iOS、Android、Windowsなどに対応するマルチデバイスで、同時に3台まで接続でき、キーボード左上のダイヤルでデバイスを切り替え可能です。1つのキーが、iOSのcommandキーとWindowsのAltキーの両方の役割をするなど、使いやすいように工夫されています。

アイクレバー折りたたみ式Bluetoothキーボード IC-BK03Amazon最安値2,960円(税込)

出典:Amazon.co.jp

折りたたみ式のBluetoothキーボードです。パンタグラフ方式で、軽やかなタッチが特徴です。最大3台のマルチペアリングが可能です。給電は充電式で、フル充電で約60時間使用することができます。また、明るさ調整や検索、音楽の再生などもキーボード側で操作することもできます。持ち運びやすさを重視する方におすすめです。

折りたたみ式のBluetoothキーボードです。パンタグラフ方式で、軽やかなタッチが特徴です。最大3台のマルチペアリングが可能です。給電は充電式で、フル充電で約60時間使用することができます。また、明るさ調整や検索、音楽の再生などもキーボード側で操作することもできます。持ち運びやすさを重視する方におすすめです。

iPadのキーボードおすすめ商品比較表

商品画像
純正 iPad Pro用Smart Keyboard 日本語(JIS)
iK1052 SLIM FOLIO Bluetooth キーボード一体型ケース iPad 第5世代用
BK2001
Bluetoothキーボード K480BK
折りたたみ式Bluetoothキーボード IC-BK03
メーカー

アップル

ロジクール

イナテック

ロジクール

アイクレバー

商品名

純正 iPad Pro用Smart Keyboard 日本語(JIS)

iK1052 SLIM FOLIO Bluetooth キーボード一体型ケース iPad 第5世代用

BK2001

Bluetoothキーボード K480BK

折りたたみ式Bluetoothキーボード IC-BK03

最安値
Yahoo!ショッピング14,300円(税込)
価格情報がありません
価格情報がありません
Amazon3,300円(税込)
Amazon2,960円(税込)
商品リンク
この記事の修正依頼を送る

関連記事