Mac用キーボードのおすすめ8選【2020年版】

Mac用キーボードのおすすめ8選【2020年版】

Mac対応のキーボードには、Appleの純正品以外にも、Logicool(ロジクール)などのサードパーティーの製品があります。Bluetooth(ブルートゥース)や有線で接続でき、設定不要ですぐに使うことができます。Windows用のキーボードをつなげても反応しないことはありませんが、使い方にコツが必要なので、Mac対応と記載のあるキーボードを使うのがいいでしょう。この記事では、選び方をはじめ、テンキーのないスリムなキーボードや、Amazonで人気のMac用キーボードをご紹介します。

Macで使えるキーボードがほしい

Macで使えるキーボードがほしい

iPhoneでおなじみのApple社の「Mac」は、発売以来、熱烈なファンに愛されている製品です。その反面、日本ではWindowsの人気に押されて愛用者が少なく、Mac対応の周辺機器はまだ少ない状況にあります。Apple社が販売している純正の製品が完成形とも言われますが、WindowsからMacに移行した方や、仕事時にMacを使う場合には、使いやすいキー配列や打鍵感のキーボードが欲しいと思うのではないでしょうか?そんな方におすすめの、Macで使えるキーボードについてご紹介します。

Mac用キーボードの種類

Mac用キーボードには、MacのOSにのみ対応したApple専用のキーボードと、Mac以外のWindowsやAndroidなどのOSに対応したキーボードがあります。用途やデバイスの環境に応じて、最適なキーボードを選んでください。

MacのOS専用のキーボード

MacのOS専用のキーボード

出典:Amazon.co.jp

Mac専用のキーボードは、MacOSにのみ対応したキーボードで、Mac特有のキーや、音量や輝度などの調節が可能なファンクションキーを搭載しているキーボードです。なお、MacのOS専用のキーボードを購入するときは、対応OSのバージョンによって使えるキーが異なることもあるので、あらかじめ確認してから購入するようにしてください。

Macにも対応しているキーボード

Macにも対応しているキーボード

出典:Amazon.co.jp

Mac対応のキーボードは、Macだけでなく、WindowsやAndroidなど様々なOSにも接続できます。Mac専用のファンクションキーなどは付いていません。WindowsのパソコンやAndroidのタブレットなど、マルチデバイスで操作することが多い場合は、複数のOSに対応しているので便利です。

Mac用キーボードの選び方

Apple純正かサードパーティー製品かチェック

Apple製品のファンであれば、Apple社が販売している純正キーボードをおすすめします。純正なだけあり、Macとの親和性は群を抜いています。特にデザイン面では、Mac用のキーボードとしてこれ以上の製品はないでしょう。一方で、今までWindowsのパソコンを使用していた方や、打鍵感にこだわりのある方は、サードパーティーの気に入った製品も検討するのがおすすめです。ロジクールのキーボードの記事もチェックしてみてください。

接続方法で選ぶ

キーボードとパソコン本体を接続する方法には、有線接続とワイヤレス接続の2種類があります。使用用途に合わせて、最適な接続方法を選んでください。

安定した接続の有線タイプ

安定した接続の有線タイプ

出典:Amazon.co.jp

有線接続は、パソコン本体とキーボードをケーブルで接続する方法です。接続が安定していて、キーの操作と入力にズレがないのが魅力です。また、有線のキーボードの方が全体的に価格が安く、同じタイプのキーボードでも、ワイヤレスタイプよりお手頃な価格で手に入れることができます。しかし、パソコンの周辺がごちゃつきやすく、携帯するにもケーブルが邪魔になるので、据え置きのデスクトップタイプに使用するのがおすすめです。

スッキリ使えるワイヤレスタイプ

スッキリ使えるワイヤレスタイプ

出典:Amazon.co.jp

ワイヤレスタイプは、Bluetoothなどの無線接続でパソコン本体と接続する方法です。有線接続と異なり、ケーブルが必要ないので、パソコン周辺をスッキリと保つことができ、持ち運びにも便利です。その反面、有線より接続が安定せず、キー入力にズレが生じたり、接続ができなかったりすることがあります。Bluetoothキーボードの記事も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

マルチデバイス対応だと便利

マルチデバイス対応だと便利

AppleユーザーならパソコンはMac、スマホはiPhone、タブレットはiPadという風に、様々なデバイスを並行して使っている方が多いのではないでしょうか?そんなAppleユーザーにおすすめなのが、マルチデバイス対応のキーボードです。マルチデバイス対応のキーボードが1つあれば、Mac、iPhone、iPadのすべてのデバイスで、キーボード入力が可能になります。Bluetoothの接続先を切り替えるスイッチを搭載している製品であれば、Macで仕事をしながら、同時にiPhoneでメール入力が可能なので、仕事の効率を上げて作業できます。次の記事では、iPadのキーボードも紹介しています。

キーボードの配列で選ぶ

使いやすい日本語配列(JIS)

日本語配列のキーボードはJISキーボードと呼ばれ、かな文字の入力に対応しています。入力言語の切り替えもしやすいので、特別なこだわりがない場合は、日本語配列のキーボードを選ぶと良いでしょう。

見た目にこだわるなら英語配列(US)

キーボードにかな文字がついていない、スッキリした見た目が好きなら、英語配列のUSキーボードをおすすめします。しかし、JISキーボードとはキー配列が異なるので、普段から日本語配列を使っている場合は、慣れるまでに時間がかかる可能性があります。

打ち心地で選ぶ

打ち心地で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

キーボードの構造には「メンブレン」、「パンタグラフ」、「メカニカル」、「静電容量無接点方式」の4種類があります。それぞれの特徴として、メンブレンは、デスクトップやノートに広く普及している構造で打鍵感は軽め、パンタグラフは、ノートパソコンに採用されているフラットなキー構造で、手応えが少なく、静かでやわらかな打ち心地です。 メカニカルはカチカチとしっかりとした打鍵感を好む方におすすめです。静電容量無接点方式は打鍵感が良く、高速の入力にも対応できるという特徴を持っています。構造の種類は同じでも、キーボードによって打鍵感は異なるので、購入前にできるだけ試し打ちをするようにしましょう。

掃除のしやすいものが楽チン

ホコリのたまりやすいキーボードですが、パソコンの周りで使うものなので、定期的に掃除をしながら使いましょう。キーがフラットなものや、キーとキーの間に隙間があるものだと、ホコリを取り除きやすいです。購入前には掃除のしやすさもチェックしておくのがおすすめです。キーボードの掃除に便利なアイテムも、あわせてチェックしてみてください。

持ち運びやすさをチェック

外出先でiPhoneやiPadとつないでキーボードを使いたい場合は、持ち運びやすい、携帯性に優れたものを選びましょう。テンキーの付属していない、薄型で軽量のキーボードであれば、カバンの中でもかさばらずに持ち運べます。ケーブルは持ち運ぶ際に邪魔になるので、Bluetoothで接続するものを選ぶようにしてください。

スタイリッシュなデザインを選ぶ

スタイリッシュなデザインを選ぶ

出典:Amazon.co.jp

Appleユーザーとしては、キーボードのデザインにもこだわりたいところです。シルバーとホワイト2色のシンプルなデザインは、Macのデザインを損ねることなくしっくりとなじみます。純正以外のサードパーティーからもスタイリッシュなデザインの製品が展開されているので、打鍵感やキー配列も含めて選ぶと良いでしょう。

WindowsキーボードをMacで使う方法

キーボードにもよりますが、WindowsキーボードをMacにつなぐと、そのまま使えるというケースがよくあります。ただし、ファンクションキーやキー配列がそのままとは限らないので、キーのマッピングを行うには、フリーソフトなどを使用する必要があります。そのような設定が難しいと感じる方は、Macに対応しているキーボードを購入することをおすすめします。

Mac用キーボードのおすすめ8選 

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値1,680円(税込)

この商品の特徴

Mac用のキーボードです。軽いタッチで入力できるパンタグラフキーや、ommandキーなど、Mac特有のキーを採用しています。エクセルやNumbersなどの表計算も楽々できるテンキーや、輝度や音量の調整などに便利なファンクションキーもついています。キーピッチは19mm、キーストロークは2.5mmです。スマートな見た目と打ちやすさ、どちらもお求めのMacユーザーにおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

Mac用のキーボードです。軽いタッチで入力できるパンタグラフキーや、ommandキーなど、Mac特有のキーを採用しています。エクセルやNumbersなどの表計算も楽々できるテンキーや、輝度や音量の調整などに便利なファンクションキーもついています。キーピッチは19mm、キーストロークは2.5mmです。スマートな見た目と打ちやすさ、どちらもお求めのMacユーザーにおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値6,380円(税込)

この商品の特徴

Mac専用刻印が施されたキーボードです。フルサイズキーボードと同じ19.05mmのキーピッチを採用しながらも、全体は約A4ハーフサイズとコンパクト。背面の設定スイッチの切り替えにより、キーの割当変更が可能で、お好みのカスタマイズで使用できます。USB HUBポートも2つ内蔵し、キーボードの傾きも2段階に調整できます。デザイン性と機能性に優れたキーボードをお探しの方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

Mac専用刻印が施されたキーボードです。フルサイズキーボードと同じ19.05mmのキーピッチを採用しながらも、全体は約A4ハーフサイズとコンパクト。背面の設定スイッチの切り替えにより、キーの割当変更が可能で、お好みのカスタマイズで使用できます。USB HUBポートも2つ内蔵し、キーボードの傾きも2段階に調整できます。デザイン性と機能性に優れたキーボードをお探しの方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値5,999円(税込)

この商品の特徴

Bluetooth式のワイヤレスキーボードです。約10m範囲以内を移動でき、ボタンを押すだけで4台までのマルチペアリングと端末間の切り替えが可能です。およそ1.7cmと薄くスリムな形状で、ノートPC用のバッグやブリーフケースなどに入れて手軽に持ち運べます。静かなキータッチで、ストレスなくスムーズなタイピングができます。バッテリーは単4電池2本です。机をすっきり使いたい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

Bluetooth式のワイヤレスキーボードです。約10m範囲以内を移動でき、ボタンを押すだけで4台までのマルチペアリングと端末間の切り替えが可能です。およそ1.7cmと薄くスリムな形状で、ノートPC用のバッグやブリーフケースなどに入れて手軽に持ち運べます。静かなキータッチで、ストレスなくスムーズなタイピングができます。バッテリーは単4電池2本です。机をすっきり使いたい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値10,220円(税込)

この商品の特徴

Apple製のワイヤレスキーボードです。充電式の内蔵バッテリーは、一回の充電で約1か月、使用時間によってはそれ以上に長持ちします。お手持ちのMacと自動的にペアリングできるので、すぐに使えます。キーの下のシザー構造によりキーの安定性が増し、運びの最適化とフォルムの低さによって、快適で正確なタイピングが行えます。Mac愛用者の方、アップル製品に愛着のある方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

Apple製のワイヤレスキーボードです。充電式の内蔵バッテリーは、一回の充電で約1か月、使用時間によってはそれ以上に長持ちします。お手持ちのMacと自動的にペアリングできるので、すぐに使えます。キーの下のシザー構造によりキーの安定性が増し、運びの最適化とフォルムの低さによって、快適で正確なタイピングが行えます。Mac愛用者の方、アップル製品に愛着のある方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値13,565円(税込)

この商品の特徴

テンキー付きのApple製キーボードです。広いレイアウトの中に、画面を素早くスクロールできるようにする操作キーや、フルサイズの矢印キーを組み込んでいます。キーの安定性を向上させるシザー構造を採用し、充電式の内蔵バッテリーは一度充電すれば一ヶ月以上長持ちします。キー配列はUS式です。スプレッドシートやエクセルなどの作業をされる方におすすめのキーボードです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

テンキー付きのApple製キーボードです。広いレイアウトの中に、画面を素早くスクロールできるようにする操作キーや、フルサイズの矢印キーを組み込んでいます。キーの安定性を向上させるシザー構造を採用し、充電式の内蔵バッテリーは一度充電すれば一ヶ月以上長持ちします。キー配列はUS式です。スプレッドシートやエクセルなどの作業をされる方におすすめのキーボードです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値13,589円(税込)

この商品の特徴

Mac用の有線キーボードです。往年のパソコンのようなデザインの、クリック感が強めのキースイッチを採用しています。Macユーザーに使いやすさを備えたファンクションキー搭載で、Appleキーボードのように、スクリーンの輝度や音量などの調節に使い勝手のよい仕様になっています。3つのUSBポートを備え、マウスやデジカメなど様々に使えます。少し古風なデザインに魅力を感じる方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

Mac用の有線キーボードです。往年のパソコンのようなデザインの、クリック感が強めのキースイッチを採用しています。Macユーザーに使いやすさを備えたファンクションキー搭載で、Appleキーボードのように、スクリーンの輝度や音量などの調節に使い勝手のよい仕様になっています。3つのUSBポートを備え、マウスやデジカメなど様々に使えます。少し古風なデザインに魅力を感じる方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値16,800円(税込)

この商品の特徴

バックライト付きのメカニカルキーボードです。最上級のアルミニウムで作られ、エクスポーズ、ダッシュボード、明るさ調整など、Macユーザーにとって親しみやすいレイアウトのデザインになっています。正確な距離感のキーや、専用の内蔵ボリューム調節機能、マットUV加工された着脱可能のパームレストなど、使い心地にもこだわった作りです。Macのためのフルサイズキーボードをお求めの方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

バックライト付きのメカニカルキーボードです。最上級のアルミニウムで作られ、エクスポーズ、ダッシュボード、明るさ調整など、Macユーザーにとって親しみやすいレイアウトのデザインになっています。正確な距離感のキーや、専用の内蔵ボリューム調節機能、マットUV加工された着脱可能のパームレストなど、使い心地にもこだわった作りです。Macのためのフルサイズキーボードをお求めの方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値2,800円(税込)

この商品の特徴

あらかじめ接続された3台のデバイスをワンタッチで切り替えることができるBluetooth搭載のキーボードです。Windows、Macパソコンのほかスマホやタブレットなども接続したデバイスを自動で認識してOS毎の独自ショートカットキーなどを違和感なく使用することができます。重量は400g、薄さ16mmとコンパクト設計だから持ち運びにも便利です。省エネ設計だから電池2本で約2年の使用が可能になります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

あらかじめ接続された3台のデバイスをワンタッチで切り替えることができるBluetooth搭載のキーボードです。Windows、Macパソコンのほかスマホやタブレットなども接続したデバイスを自動で認識してOS毎の独自ショートカットキーなどを違和感なく使用することができます。重量は400g、薄さ16mmとコンパクト設計だから持ち運びにも便利です。省エネ設計だから電池2本で約2年の使用が可能になります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー