炭酸水メーカーのおすすめ3選!タイプや選び方も紹介【2019年版】

炭酸水メーカーのおすすめ3選!タイプや選び方も紹介【2019年版】

炭酸水メーカー(ソーダマシン・ソーダメーカー)は、自宅で簡単に炭酸水を作ることができるアイテムです。水代わりに炭酸水を飲む方や、ハイボールが好きな方におすすめです。水以外の飲料を炭酸にしたり、微炭酸や強炭酸など、炭酸の強さを調整してつくることができるタイプもあります。そこで今回は、「カードリッジ式」、「シリンダー式」の解説や選び方、グリーンハウスのツイスパソーダ、ソーダストリームなどの人気モデル、カートリッジ不要タイプなどのおすすめ炭酸水メーカーをご紹介します。

炭酸水メーカーと市販の炭酸水のコスパを比較

炭酸水メーカーと市販の炭酸水のコスパを比較

炭酸水メーカーは、5,000円〜10,000円ほどで購入できるものが多く、初期費用として本体価格はかかりますが、詰替え用カートリッジでの価格を見ると、炭酸水500mlあたり20円〜50円ほどになります。市販の炭酸水は500mlで100円前後なので、毎日炭酸水を飲むという方であればコスパが良いと言えるでしょう。

炭酸水メーカーのメリット

ペットボトルのゴミを減らせる

ペットボトルのゴミを減らせる

炭酸水を市販で購入すると、毎回ペットボトルのゴミが大量に出てしまいます。炭酸水のペットボトルは、小さくすることも難しく、毎日飲む方にとっては場所も取るし、ゴミ捨ても面倒です。炭酸水メーカーを使えば、ペットボトルゴミは劇的に減らすことができるでしょう。

好みの炭酸の強さに調整できる

好みの炭酸の強さに調整できる

商品によっては、炭酸の強さを調整することができます。普段飲むときには微炭酸にして、お酒で割るときには強めにするなど、自分好みの強さに調整できます。ホームパーティーなどでも活躍しそうなアイテムです。

ソーダマシンの選び方

ソーダマシンタイプを選ぶ

カードリッジ式

カードリッジ式

出典:Amazon.co.jp

使用時に小型のカードリッジをセットして炭酸水をつくります。カードリッジは使い捨てなので、お手入れが楽です。比較的コンパクトで、持ち運びにも適しています。

シリンダー式

シリンダー式

出典:Amazon.co.jp

本体にボンベをセットして炭酸水をつくります。シリンダーは使い捨てではないので、ランニングコストは安いといえます。ただし、空になったシリンダーはゴミに出すことができないので、メーカーに引き取ってもらう必要があります。

ボトルのタイプをチェック

つくった炭酸水を一度で飲み切る方もいれば、冷蔵庫で保存したいという方もいるかと思います。専用のボトルがキャップをつけて保存できるものかどうか、確認しておきましょう。

サイズをチェック

炭酸水を毎日の習慣として飲む方にとっては、使い終わったらしまうという保管方法は面倒になってしまいます。キッチンに出しっぱなしにしておくのがおすすめです。シリンダー式の炭酸水メーカーは比較的サイズが大きいので、購入前に設置場所を確保しておきましょう。

炭酸の強さを調整できるかどうか

炭酸の強さを調節できるものもあります。強炭酸や微炭酸など、そのときの気分に合わせて、好きな強さの炭酸をつくることができるのは嬉しいですね。そのまま飲むときと、お酒で割るときなどシチュエーションに応じて、炭酸の強さを調整してみるのも楽しいかもしれません。

水以外の飲料にも対応しているか

水以外の飲料にも対応しているか

出典:Amazon.co.jp

商品によっては、水以外の液体に使用することができます。例えばジュースをスカッシュにしたり、ウイスキーをハイボールにしたりすることができます。炭酸水を豊富なバリエーションで楽しみたい方は、水以外のものに対応しているかどうかもチェックしてみてください。

炭酸水メーカーの主なメーカー

グリーンハウス

パソコンやオーディオ関連から、キッチン用品まで幅広く取り扱っています。炭酸水メーカーは「ツイスパソーダ スターターキット」の1商品のみの取り扱いですが、高い人気を得ています。

ソーダストリーム

シリンダー式の炭酸水メーカーを取り扱っています。ボタン一つで炭酸の強さを選択でき、後は自動で炭酸水が生成される全自動タイプなどもあります。

ソーダスパークル

カードリッジ式の炭酸水メーカーを取り扱っています。コンパクトでお手頃な炭酸水メーカーで、初めて炭酸水メーカーを購入するという方におすすめのメーカーです。

日本炭酸瓦斯

ガスのカードリッジやレギュレーターを主に扱っています。炭酸水メーカーだけではなく、ガスの性質を利用して、ビールの泡付け器なども製造しています。

炭酸水メーカーおすすめ3選

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値5,800円(税込)
4.43(1,715件)

この商品の特徴

女性でも力を入れずに炭酸水を作ることができます。また独自の形状により、ジュースやお酒も炭酸にすることができます。パーティやアウトドアの場面で、その場で作れば、盛り上がること間違いなしですね!

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

女性でも力を入れずに炭酸水を作ることができます。また独自の形状により、ジュースやお酒も炭酸にすることができます。パーティやアウトドアの場面で、その場で作れば、盛り上がること間違いなしですね!

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値8,700円(税込)
4.14(98件)

この商品の特徴

350mlの飲みきりサイズの専用ボトルが付いており、一人暮らしの方におすすめです。本体もコンパクトなのでキッチンが狭くても、邪魔になることはありません。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

350mlの飲みきりサイズの専用ボトルが付いており、一人暮らしの方におすすめです。本体もコンパクトなのでキッチンが狭くても、邪魔になることはありません。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値31,320円(税込)
4.59(35件)

この商品の特徴

ボタン一つでお好みの強さの炭酸を作ることができます。少しお値段は高めですが、500mlペットボトル1本あたり18円で作れてしまうので、コストパフォーマンスは高いといえます。また有名デザイナーとの共同開発で、デザインにもこだわりがあります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ボタン一つでお好みの強さの炭酸を作ることができます。少しお値段は高めですが、500mlペットボトル1本あたり18円で作れてしまうので、コストパフォーマンスは高いといえます。また有名デザイナーとの共同開発で、デザインにもこだわりがあります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

炭酸水メーカーのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー