家庭用燻製器・スモーカーのおすすめ5選!初心者向けも

家庭用燻製器・スモーカーのおすすめ5選!初心者向けも

家庭用燻製器・スモーカーは、食材を燻製(くんせい)することができる商品です。燻製って難しそうなイメージがありますよね。実は家庭用コンロで使用できる商品もあり、気軽にチャレンジできます。今回は家庭用燻製器・スモーカーの選び方と、初心者の方が始めやすい紙製の商品から上級者向けの機能性の高い商品まで、おすすめ商品を紹介します。

燻製器・スモーカーとは

食品を、「スモークチップ」という香りのいい木片を使って燻す(いぶす)ことができる道具です。肉やチーズ、ゆでたまご、魚などのさまざまな食品を、火や煙を使って燻製(くんせい)にすることができます。その豊かな香りに人気があり、手作りして振る舞うと喜ばれることも多いです。スモーカーを家庭に用意しておけば、お庭やアウトドアで楽しむことができます。

燻製器・スモーカーの種類と特徴

素材

紙製

もっとも手軽に燻製に挑戦できるのが、紙製のスモーカーです。「自分で燻製を作るとどうなるんだろう?ちょっと挑戦してみたい!」という方におすすめです。ダンボール製の商品が多く、軽くて持ち運びやすいので、キャンプの際も楽々運ぶことができますよ。アウトドアでバーベキューをしながら燻製に挑戦してもいいですね。

金属製

繰り返し使うことができる金属製のスモーカーは、アウトドアが好きな方や燻製を趣味にしたいと考えている方におすすめです。ステンレス、スチール製の商品が多いです。長方形や円形の筒型になっている商品が人気です。食材を網に置いて燻すだけでなく、肉などをぶら下げて燻すためのフックをかけることができる商品もあります。

鍋型

家庭用鍋のような形状のスモーカーです。素材は陶器やステンレスなどいろいろあります。繰り返し使用することができます。土鍋のような形をしていて、一見スモーカーと分からないような見た目です。家庭のコンロで使えるものもあるので、家で燻製調理に挑戦してみたいという方におすすめです。使い方は商品によって異なりますが、鍋底部分にスモークチップを敷き、その上に付属の網を置き、網の上に燻したい食品を置いて蓋をするタイプが人気です。大きすぎないサイズを選べば、通常の鍋やホットプレートと同じように収納できるのがうれしいですね。

燻製器・スモーカーの選び方

サイズ

「収納場所」と「食材の量」の2つの観点から、購入するサイズを決めましょう。省スペースで収納できるとうれしいですが、あまりに小さめのサイズを購入すると、一度に燻製できる食材の量が少なくなってしまいます。収納できるサイズの中で、一度に燻製にしたい食品の量に近いスモーカーを選ぶといいでしょう。スモーカー本体のサイズや付属品の網のサイズを確認してみてください。

機能性

どのような形状でも、密閉性の高い商品を選ぶことが大切です。煙が隙間から逃げてしまうと、スモークチップの香りが食材にうまくうつらないことがあるためです。長く使えるスモーカーを探している方は、温度計が付属しているかどうか、温度調整機能があるかどうかに注目してみてください。温度を確認しながら燻すことで、美味しく仕上がりやすくなります。

燻製方法について

スモーカーを購入したら、早速燻製に挑戦しましょう。ここでは、代表的な燻製の方法についてご説明します。スモーカーの使い方や使用できる温度は商品ごとに異なるので、付属の説明書をよく読んで正しく使用してくださいね。

熱燻(ねっくん)

80度以上の高温で燻す方法です。蒸し焼きをするような状態なので、早ければ1時間程度ででき上がります。アウトドアやキャンプなど、素早く美味しい燻製をつくって、その場で食べたいという場合におすすめです。高温で燻すと水分が食材に残りますので、ジューシーな仕上がりになります。

温燻(おんくん)

熱燻よりやや低い温度で燻します。ハムやベーコンを燻すときは温燻で行うことが多く、もっともスタンダードな燻製方法です。温度は50度から80度です。家庭用のスモーカーとして販売されている商品は、ほとんどの場合、温燻ができるようになっています。

冷燻(れいくん)

25度以下の低温で燻製にします。外気温が25度以上のときは適さないので、使う環境を選びます。生ハムなどをつくるときにこの方法を用います。燻製を完成させるのにかなりの期間を要するので、家庭ではあまり行われません。燻す際の温度が低いほど食材から水分が抜けるので、冷燻で作ったものは、一般的に保存に適していると言われています。

燻製器・スモーカーの主なメーカー

SOTO(ソト)

SOTOは、新富士バーナー株式会社のブランドです。気軽に使えるアウトドア用品から本格的な商品まで、幅広く揃っています。自宅のコンロで使える、温度計付き鍋型のスモーカーが人気です。ダンボール製のものも扱っています。

コールマン

キャンプ用品・アウトドア用品を扱う、有名ブランドです。テントやリュックの評判がいいです。スモーカーも販売しています。

燻製器・スモーカーのおすすめ5選

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

簡単に燻製がつくれる、日本製の燻製鍋です。直径27cmと大きめなサイズで、大人数でのパーティーやBBQなどの際にも活躍します。鉄製なので熱伝導が良く、高熱でも変形したり割れたりしないのも嬉しいポイントです。IHには対応していません。チーズ、肉、魚、卵など好みの食材をいぶして香ばしく調理できます。

この商品の特徴

簡単に燻製がつくれる、日本製の燻製鍋です。直径27cmと大きめなサイズで、大人数でのパーティーやBBQなどの際にも活躍します。鉄製なので熱伝導が良く、高熱でも変形したり割れたりしないのも嬉しいポイントです。IHには対応していません。チーズ、肉、魚、卵など好みの食材をいぶして香ばしく調理できます。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

初心者の方におすすめの、ダンボール製スモーカーです。一度だけでなく繰り返し使用できるのも特徴です。また、折りたたんで収納できるので、そのまま保管したり、アウトドアやキャンプでの持ち運びにも便利です。さくらのミニスモークウッドや、網などもセットになっているため、すぐに使用できます。

この商品の特徴

初心者の方におすすめの、ダンボール製スモーカーです。一度だけでなく繰り返し使用できるのも特徴です。また、折りたたんで収納できるので、そのまま保管したり、アウトドアやキャンプでの持ち運びにも便利です。さくらのミニスモークウッドや、網などもセットになっているため、すぐに使用できます。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

人気ブランド、コールマンのスモーカーです。金属製のスモーカーで、スタイリッシュな印象です。蓋の裏にフックをかける場所があり、魚や肉を吊るして燻製にすることができます。内部は2段式になっているので、一度に十分な量を燻すことができます。

この商品の特徴

人気ブランド、コールマンのスモーカーです。金属製のスモーカーで、スタイリッシュな印象です。蓋の裏にフックをかける場所があり、魚や肉を吊るして燻製にすることができます。内部は2段式になっているので、一度に十分な量を燻すことができます。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

どんな方でも簡単に、家庭のキッチンで燻製をつくることができる燻製鍋です。チップから出る煙とスモーカー内の高い温度を利用して食材を過熱調理する熱燻という調理法で、主に燻製独特の香りと食材の凝縮された旨みのハーモニーを楽しむことができます。真空断熱された魔法瓶構造の保温容器と、超耐熱セラミックス鍋の組み合わせで、従来のスモーカーに比べて加熱時間が短く、出る煙の量も少なくなっています。

この商品の特徴

どんな方でも簡単に、家庭のキッチンで燻製をつくることができる燻製鍋です。チップから出る煙とスモーカー内の高い温度を利用して食材を過熱調理する熱燻という調理法で、主に燻製独特の香りと食材の凝縮された旨みのハーモニーを楽しむことができます。真空断熱された魔法瓶構造の保温容器と、超耐熱セラミックス鍋の組み合わせで、従来のスモーカーに比べて加熱時間が短く、出る煙の量も少なくなっています。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

大型の燻製器です。シックな色味でおしゃれな印象です。大人数で燻製料理を楽しみたいときに便利です。木炭を使用します。大きな肉や魚を一尾そのまま吊り下げて燻すこともできます。重さは14kgです。

この商品の特徴

大型の燻製器です。シックな色味でおしゃれな印象です。大人数で燻製料理を楽しみたいときに便利です。木炭を使用します。大きな肉や魚を一尾そのまま吊り下げて燻すこともできます。重さは14kgです。

スモークチップ、スークウッドも一緒にチェック

燻製材のスモークチップ、スモークウッドによって、燻製の出来は左右されます。選び方やおすすめ商品を見てみましょう。

家庭用燻製器・スモーカーのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー