ベビーフォトフレームのおすすめ4選!オルゴール付きも

ベビーフォトフレームのおすすめ4選!オルゴール付きも

ベビーフォトフレームはかわいい赤ちゃんの写真をより可愛く飾ることができるアイテムです。フレーム自体のデザインが美しいものも多く、出産祝いとしてもおすすめです。しかし、12か月の成長を記録できるものや名入れできるもの、赤ちゃんの手形と一緒に飾ることができるものなど、種類が多くてどれにしようか迷ってしまいますよね。今回はそんなベビーフォトフレームの特徴や選び方、おすすめ商品など購入に役立つ情報をご紹介します。人気ブランドのラドンナの商品もご紹介するのでぜひチェックしてみてください。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

ベビーフォトフレームの種類と特徴

特徴

誕生から1歳になるまでの12か月分の写真を飾って成長を感じることができるものから、手形・足形と一緒に一番のお気に入りの写真を飾れるものなど、ただのフォトフレームではなく「記念」の要素が強いフォトフレームです。そのメモリアル性の高さから出産祝いなどに選ばれることも多く、デザインは男女問わずに使えるものが多いのも特徴です。

種類

べーシックタイプ

据え置き・壁掛けともにシンプルに写真のみを飾るタイプです。飾ることができる枚数にも種類があり、用途や置く場所のサイズによって選ぶことができます。四角形だけではなく円形や観覧車型などデザイン性の高いフレームも多くあり、プレゼントにもおすすめです。

多機能タイプ

フォトフレームとしてだけではなく、インテリアやオルゴール、身長計などその他の機能も持つベビーフォトフレームです。手形や足形を実際に形として残すことができるタイプも人気です。

ベビーフォトフレームの選び方

写真の枚数

1枚の写真を大きく飾るものから、小さな写真を複数枚飾れるものなど、飾れる写真の枚数で選ぶのもおすすめです。特に気に入った写真がある方は1枚タイプ、日々の成長を常に目に見える形にしたい方は複数枚タイプを選びましょう。

写真以外の機能

ベビーフォトフレームの他に粘土が付属していて、手形や足形が取れるものなら、その時の赤ちゃんの手足の大きさを写真と一緒に記録することができます。またオルゴールが内蔵されているメリーゴーランドのようなデザインもあり、その優しい音色を聞きながら赤ちゃんとゆっくりと過ごすこともできます。

素材

透明感が美しいガラス素材のや素朴なぬくもりが嬉しい木製までその素材も様々です。インテリアとして飾るならガラス、丈夫さを重視するならプラスチックや木製と素材で選ぶのもおすすめです。

デザイン

三つ折りタイプで収納もコンパクトにできるデザインから、複数の写真をデザイン性高く飾ることができる物など写真をより可愛く見せてくれるデザインの物がたくさんあります。ゆるやかなカーブを描くガラス製のフォトフレームはスタイリッシュなリビング空間にもマッチすると人気です。また身長計も兼ねているデザインのフォトフレームもあるので、身長体重なども一緒に記録しておきたいという方にはおすすめです。

飾り方

一般的なフォトフレームと同様に置いて飾るタイプと、壁にかけて飾るタイプの大きく2種類に分かれています。賃貸住宅などであれば壁に飾るのは難しいので簡単に飾れる置き型タイプを選ぶなど、飾りたい場所に合わせてベビーフォトフレームを選ぶのがおすすめです。

ベビーフォトフレームの購入方法

ベビー用品専門店で購入

ベビー用品専門店や大手百貨店の赤ちゃん用品売り場のアルバムコーナーに一緒に陳列されていることが多いです。さほどバリエーションはありませんが、重さや素材感などを手に取ってしっかりと確かめることができるので、安心感を得ながら選ぶことができます。ギフトとして探している方にもおすすめの購入方法です。

写真館で購入

メモリアルフォトを写真館で撮影した際に一緒にベビーフォトフレームを購入することができる場合があります。ハーフバースディなどで写真館を利用した際に購入を考えてみてもいいのではないでしょうか。

インターネットで購入

幅広いデザインやサイズの中から手軽に選ぶことができるインターネット購入もおすすめです。自宅まで届けてくれるため小さな赤ちゃんと一緒の外出をする必要がありません。商品によっては誕生日や出生時の身長や体重などを印字してくれるサービスもあります。

ベビーフォトフレームの主なメーカー

ラドンナ

フォトフレームやデジタルフォトフレームをメインとして製造・販売しているメーカーです。シンプルでスタイリッシュなキッチンツールから、あると嬉しいライフスタイルグッズまで生活用品も多く手掛けています。

キシマ

「あたたかさとやさしさ」とキーワードとし、生活用品や照明器具などを手掛けているメーカーです。消臭効果のあるアーティフォシャルフラワーは玄関先のインテリアとしても大活躍です。またフォトフレームはもちろん、プレイマットなど赤ちゃんと一緒に心地よく過ごせる商品も手掛けています。

ベビーフォトフレームのおすすめ4選

出典:Amazon.co.jp

赤ちゃんの手形・足形を残し、写真と共に飾ることが出来るキットです。手形と足形を残すための粘土は無臭・無害で、万が一赤ちゃんが口に入れてしまっても大丈夫です。パイン材のフレームは長期保存にも最適です。シンプルなホワイトカラーの枠と台紙に写真とメッセージを一緒に飾ることが出来ます。お子様の成長の記録を長く飾って楽しみたい方におすすめします。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

赤ちゃんの手形・足形を残し、写真と共に飾ることが出来るキットです。手形と足形を残すための粘土は無臭・無害で、万が一赤ちゃんが口に入れてしまっても大丈夫です。パイン材のフレームは長期保存にも最適です。シンプルなホワイトカラーの枠と台紙に写真とメッセージを一緒に飾ることが出来ます。お子様の成長の記録を長く飾って楽しみたい方におすすめします。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

一般的な写真のサイズ「L版」の写真を入れて飾ることのできるベビーフォトフレームです。フレームの1つには名前や出生時の身長・体重を記入できる紙が入っており、手書きのメッセージなども書くことができます。木製の暖かなぬくもりと手書きの優しさで写真をより美しく飾ることができる商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

一般的な写真のサイズ「L版」の写真を入れて飾ることのできるベビーフォトフレームです。フレームの1つには名前や出生時の身長・体重を記入できる紙が入っており、手書きのメッセージなども書くことができます。木製の暖かなぬくもりと手書きの優しさで写真をより美しく飾ることができる商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

子どもの12ヶ月間の成長を楽しめるフォトフレーム

子どもの成長が1ヶ月単位で楽しめるベビーフォトフレームです。周囲の小さなフレームには、12ヶ月分の子どもの写真が月別に飾れ、1ヶ月ごとに変化する子どもの成長過程が目で見て楽しめ、真ん中の大きなフレームには大きめの写真が飾れます。耐久性の高いスチール素材に銀メッキ加工が施されており、見た目の高級感もあります。ギフトボックス入りなので、出産祝いや誕生日プレゼントのギフトにもおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

子どもの12ヶ月間の成長を楽しめるフォトフレーム

子どもの成長が1ヶ月単位で楽しめるベビーフォトフレームです。周囲の小さなフレームには、12ヶ月分の子どもの写真が月別に飾れ、1ヶ月ごとに変化する子どもの成長過程が目で見て楽しめ、真ん中の大きなフレームには大きめの写真が飾れます。耐久性の高いスチール素材に銀メッキ加工が施されており、見た目の高級感もあります。ギフトボックス入りなので、出産祝いや誕生日プレゼントのギフトにもおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

12枚の写真とともに、手形・足形を飾ることができます。7匹いるクマのデザインがかわいらしい、ホワイトカラーのフレームです。パイロットインキの「おたんじょうきろく」の手形色紙を採用しているので、手形足形を取るときに失敗してもやり直すことができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

12枚の写真とともに、手形・足形を飾ることができます。7匹いるクマのデザインがかわいらしい、ホワイトカラーのフレームです。パイロットインキの「おたんじょうきろく」の手形色紙を採用しているので、手形足形を取るときに失敗してもやり直すことができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

ベビーフォトフレームのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

人気記事