バターケースのおすすめ7選!ホーロー製や大きめサイズも

バターケースのおすすめ7選!ホーロー製や大きめサイズも

バターケースは、バターを使いやすく保管するためのアイテムです。プラスチック製やガラス製、木製など使われている素材は様々です。バターナイフも一緒に収納できるものや、フタを上から押すだけでバターを小さくカットできる商品もあります。今回はバターケースの選び方と、450gのバターが入る商品や密閉タイプの商品、東屋や野田琺瑯、ニトリなどのおすすめ商品を紹介します。

バターケースの選び方

角の部分の丸みで選ぶ

角の部分の丸みで選ぶ

出典:Amazon.co.jp

バターケースの隅の部分が直角になっていると、バターナイフをうまく入れられません。隅に詰まったバターは、最後まできれいに使い切るのが難しいです。角の部分に丸みのある商品を選ぶと、バターを残さず使い切ることができます。

密閉性の高さで選ぶ

バターは密閉した空間で保存することで、味や質をより良く保つことができます。おいしい状態でバターを保存するために、パッキン付きなど、酸化を防ぐ工夫が施された商品がおすすめです。

洗いやすさで選ぶ

洗いやすい方が良いという場合は、プラスチック製やホーロー製、ガラス製などがおすすめです。木製のバターケースは、つけおき洗いができないので注意しましょう。

カッター付きタイプも

カッター付きタイプも

出典:Amazon.co.jp

カットしてから保存したいという場合は、押すだけでカットできる機能のついたバターケースがおすすめです。一回分の大きさにカットしておけるので、バターを使うときに便利です。

バターナイフを収納できるタイプも

バターナイフを収納できるタイプも

出典:Amazon.co.jp

バターだけでなく、バターナイフを一緒に収納できる商品もあります。トーストをよく食べたり、お菓子やパンを作るなど、バターの使用頻度が高い方におすすめです。バターナイフを食器棚から取り出す手間がなくなるので、サッと使えて便利です。

バターケースのおすすめ7選

バターナイフのおすすめもチェック

こだわりのバターナイフで、美味しいトーストをつくりましょう。波型タイプなどのおすすめ商品を紹介しているので、あわせてチェックしてみてください。

バターケースのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー