体組成計のおすすめ6選&選び方【2020年版】

体組成計のおすすめ6選&選び方【2020年版】

体重は落ちたけど、すぐリバウンドしてしまう…。それは「脂肪」ではなく「筋肉」が落ちているのかもしれません。その判断ができるのが筋肉量や骨量まで、高い精度で測定することができる「体組成計」です。最近はダイエットやトレーニングに適した独自機能や、スマホとの連動機能を備えたものもあります。今回は体組成計の基礎知識や、タニタやオムロンの有名メーカーのおすすめ商品をご紹介します。

体組成計とは

体重を測定するものに「体重計」、体脂肪を測定するものに「体脂肪計」がありますが、「体組成計」とはそれらの他に、筋肉や骨、水分などといった体を構成する成分を測定することができます。これらの成分は均整の取れた体作りや健康管理に大きくかかわってくるものです。間違ったダイエットや生活習慣病を防ぐためにも、体組成のバランスを知ることは大切です。

体組成計の選び方

体組成計は様々なメーカーから販売されており、その機能も多岐にわたります。どういったものを選べばいいかわからないという方のために、体組成計を選ぶ際のポイントをまとめました。

測定項目

体重

体組成計でももちろん体重を測定することができます。より正確に記録したいという方は50g単位で測定できるものを選びましょう。

BMI

体の大きさを表す国際基準で、体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)で算出します。標準範囲は18.5〜25で理想は22とされています。自分で計算もできますが、測定してくれるものだと楽です。

体脂肪率

体重のうち、体脂肪の重さが占める割合が体脂肪率です。体脂肪率が高すぎる場合は、高血圧や糖尿病などの生活習慣病を引き起こしてしまうことがあります。ただし、体脂肪率を算出する基準データはメーカーによって異なるため、体組成計によって体脂肪率の数値が異なります。

内臓脂肪レベル

内臓の周りについている脂肪の状態を表します。内臓脂肪も生活習慣病と大きな関わりがあり、定期的にチェックすることが大切です。状態は各メーカー独自の判定法によって判定されるため目安程度に捉え、最終的には医師に相談しましょう。

筋肉量

体重に占める筋肉の割合や筋肉の重さを測定します。筋肉量は姿勢の美しさや基礎代謝量に関係しており、体脂肪量を減らし、筋肉量を増やすのが理想的なダイエットのポイントです。

基礎代謝量

生命維持に必要なエネルギー量で、基礎代謝が高いと太りにくくダイエットに適した体になります。商品によっては、基礎代謝量をレベル判定してくれたり、同年代の人のデータと視覚してくれたりするものもあります。

体水分量

体内に含まれる水分の量を表します。定期的に測定することで、体のむくみ具合も知ることができます。

使用目的

ダイエット

ダイエット目的で使用する場合は、体脂肪率や基礎代謝率、BMIが測定できるものがおすすめです。また、体組成計によっては、減量目標が設定できたり、同年代や近い体重の人との比較ができたりするものもあります。スマートフォンなどと連動したものだと、記録や確認が簡単にできるため大変便利です。

トレーニング

トレーニング目的で使用する場合は、体脂肪率や筋肉量が測定できるものがおすすめです。ハイスペックモデルになると、部位ごとの筋肉量や筋肉の質を測定できるタイプもあります。また、ハイレベルなトレーニングを行っている方は、一般人より筋肉量や骨量が多いため、アスリート用のモードがついているタイプがおすすめです。

健康管理

毎日の健康管理で使用する場合は、乗るだけで個人を識別して測定ができたり、ディスプレイが大きく見やすかったりなど、シンプルで使いやすい機能のものがおすすめです。また、機種によっては6歳から体脂肪率の測定が可能なものもあるので、家族で使うこともできます。

測定タイプ

両手両足測定タイプ

電極が付いたグリップを握って、両手足から電流を流して測定するタイプです。体型や体内水分量の影響を受けにくく、より正確な測定ができます。

両足測定タイプ

乗るだけで手軽に測定できるタイプです。体内水分量の影響を受けやすいとされていますが、近年では性能も上がり、体組成計の主流となっています。

機能性

手軽に使いたいなら、乗るだけで測定できるものや、立てかけた状態からの誤差を自動で補正してくれるものがおすすめです。また、スマホと連動しているものは、測定値の記録や管理ができ、その変動を長期間にわたって把握することができます。家族で使う場合には、登録可能人数の多いものや、個人を自動で識別してくれるものが便利です。

体組成計を正しく使うために

測定する場所

柔らかくクッション性のある床では正確に計測できないため、固く平坦な床で計測するようにしましょう。また、たてかけて収納していた場合は、正確な数値が出るまで時間がかかることがあります。平坦な床にしばらく置いてから計測することがポイントです。

測定するタイミング

体組成計の多くは体内の水分や体温などによって数値が変動してしまうことがあります。それを避けるためにも、できるだけ同じ時間、同じ状態などの同条件下で測定するようにしましょう。

また、起床後、食事後、入浴後は水分量や体温の変化が大きいため、2時間ほど間をあけてから計測することが大切です。

体組成計の主なメーカー

タニタ

世界初の体脂肪計、部位別体組成計を開発した、体重計市場のシェアトップメーカーです。プロも使用するアスリートモードや、筋肉の質を測定する機能、従来より高い精度を誇る測定法など、ニーズに合わせた独自機能が多数搭載されており、価格も幅広く展開されているため、多くの人気を集めています。

オムロン

オムロンの体組成計は、高性能でありながらも比較的リーズナブルであるため、多くの指示を集めています。シンプルでわかりやすい機能と、約4秒の早さを誇るスピード測定が特徴で、どんな方にも使いやすい万能型の体組成計です。スマートフォンと連動するものも多いため、データ管理のしやすさにも定評があります。

パナソニック

家電メーカーのシェアトップを誇るパナソニックの体組成計は、展開数こそ少ないものの、コストパフォーマンスに優れた製品が多いと評判です。特に、ダイエットに関する機能が充実しており、女性から多くの指示を得ています。あまり多くの機能が必要ではなく、シンプルに使いたい方におすすめです。

体組成計おすすめ6選

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値4,930円(税込)

この商品の特徴

8つの測定項目と50g単位の高精度表示で、どんな目的の方にもおすすめできる体組成計です。乗るだけで個人を識別する機能や、体重が急激に変化した場合に知らせる機能など、価格の割に機能面も大変充実しています。立てかけで生じた誤差を自動で補正してくれる機能もあり、27mmの薄さを生かした収納力も嬉しいポイントです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

8つの測定項目と50g単位の高精度表示で、どんな目的の方にもおすすめできる体組成計です。乗るだけで個人を識別する機能や、体重が急激に変化した場合に知らせる機能など、価格の割に機能面も大変充実しています。立てかけで生じた誤差を自動で補正してくれる機能もあり、27mmの薄さを生かした収納力も嬉しいポイントです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値29,800円(税込)

この商品の特徴

両手両足測定とデュアル周波数測定による、より正確な測定ができる体組成計です。脈拍数や筋肉の質など業界最多レベルの26項目が測定でき、連動するスマホアプリで常にデータを確認することができます。アスリートモードも搭載しており、より効果的なトレーニングをしたい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

両手両足測定とデュアル周波数測定による、より正確な測定ができる体組成計です。脈拍数や筋肉の質など業界最多レベルの26項目が測定でき、連動するスマホアプリで常にデータを確認することができます。アスリートモードも搭載しており、より効果的なトレーニングをしたい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値4,273円(税込)

この商品の特徴

乗るだけで個人を推定し、体重、体脂肪率、骨格筋率、内臓脂肪レベル、体年齢、基礎代謝、BMIの7項目が測定できる体組成計です。体重、体脂肪率、骨格筋率、基礎代謝は6歳からでも測定できるため、家族での健康管理に役立ちます。体重計には珍しいダークブルーやグリーンなどの深みのあるカラーで、インテリアにもぴったりです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

乗るだけで個人を推定し、体重、体脂肪率、骨格筋率、内臓脂肪レベル、体年齢、基礎代謝、BMIの7項目が測定できる体組成計です。体重、体脂肪率、骨格筋率、基礎代謝は6歳からでも測定できるため、家族での健康管理に役立ちます。体重計には珍しいダークブルーやグリーンなどの深みのあるカラーで、インテリアにもぴったりです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値9,981円(税込)

この商品の特徴

両手両足で測定するため、より正確な数値が測定できる体組成計です。部位別の体重、皮下脂肪率、骨格筋率がわかり、それぞれダイエットの進捗状況を教えてくれるので、効果的なダイエットメニューを組むことができます。気になる部位のダイエットを考えている方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

両手両足で測定するため、より正確な数値が測定できる体組成計です。部位別の体重、皮下脂肪率、骨格筋率がわかり、それぞれダイエットの進捗状況を教えてくれるので、効果的なダイエットメニューを組むことができます。気になる部位のダイエットを考えている方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値7,170円(税込)

この商品の特徴

1ヶ月の減量目標を設定すると、測定値と目標値までの差が表示されるなど、ダイエットの強い味方となる体組成計です。また、一定以上の体重減少があると、画面にキラキラしたエフェクトが出るのもモチベーションを高めてくれます。1週間前〜最長1年前の体重とも比較できるので、ダイエットで体重管理をしたい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

1ヶ月の減量目標を設定すると、測定値と目標値までの差が表示されるなど、ダイエットの強い味方となる体組成計です。また、一定以上の体重減少があると、画面にキラキラしたエフェクトが出るのもモチベーションを高めてくれます。1週間前〜最長1年前の体重とも比較できるので、ダイエットで体重管理をしたい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値3,480円(税込)

この商品の特徴

厚さ17mmのコンパクトさと、大画面のディスプレイが使いやすい体組成計です。体重、体脂肪率、体水分率、筋肉量、推定骨量、基礎代謝量、内臓脂肪レベルと、基本的な7項目が測定でき、日常使いに十分な機能を有しています。シンプルな体組成計をお求めの方や、初めて体組成計を使う方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

厚さ17mmのコンパクトさと、大画面のディスプレイが使いやすい体組成計です。体重、体脂肪率、体水分率、筋肉量、推定骨量、基礎代謝量、内臓脂肪レベルと、基本的な7項目が測定でき、日常使いに十分な機能を有しています。シンプルな体組成計をお求めの方や、初めて体組成計を使う方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー