スキー板のおすすめ10選!初心者でも安心【2019年版】

スキー板のおすすめ10選!初心者でも安心【2019年版】

レンタルはそろそろ卒業して、自分用のスキー板を買いませんか?初心者・中級者・上級者で選ぶべきスキー板は異なります。また、オールラウンドスキー、スリースタイルスキー、オールマウンテンスキーなど、ランディングスタイルごとに最適なスキー板があります。サロモンをはじめ、2018年から2019年にかけて日本でも人気が高いメーカーのスキー板や、激安スキー板をAmazonなどの評価と共にご紹介します!

自分用のスキー板を買ってみよう!

自分用のスキー板を買ってみよう!

レンタルも気軽で良いのですが、ある程度慣れてきたら自分用のスキー板が欲しくなるものです。スキーの楽しみ方によって、買うべきスキー板は変わります。スキー板はタイプ、形状、板の反り方、柔らかさ、長さ、スペックが細かく分かれていて、操作性やパフォーマンスに差が出ます。整備された雪に適したもの、フリースタイルに適したものなど様々な種類があります。

スキー板の選び方

目的に合ったタイプで選ぶ

初心者はここから!オールラウンドスキー

初心者はここから!オールラウンドスキー

出典:Amazon.co.jp

オールラウンドスキーとは、競い合ったりスキーの技術向上を目指したりするのではなく、楽しみながらゲレンデを滑るためのスキー板です。スキーを始めたばかりの初心者に最適です。突出した特徴はありませんが、裏を返せばどんなゲレンデでも滑りやすいスキー板と言えるでしょう。初めて自分のスキー板を購入するのなら、オールラウンドスキーがおすすめです。

技術の向上を目指すならデモスキー

技術の向上を目指すならデモスキー

出典:Amazon.co.jp

デモスキーとは、基礎スキーとも呼ばれるターンの質やスピードなどを競うスキー競技の一種です。日本独自の採点競技なので、デモスキーも基本的には日本独自のモデルとなります。ただし海外メーカーのスキー板にデモスキーがないのかと言えばそうではなく、競技用のスキー板をデモスキー向けに改良したものや、表示がなくてもデモスキーに適したモデルもあります。

技を楽しむフリースタイルスキー

技を楽しむフリースタイルスキー

出典:Amazon.co.jp

フリースタイルスキーとは、滑降しながらジャンプをしたり宙返りをしたりするアクロバティックなスキー競技のことです。オリンピック競技として有名なモーグルも、フリースタイルスキーの一種です。フリースタイルスキーは、ツインチップ(トップ(先端)とテール(末端)の両方が反り上がっている形状)であることが特徴です。ただしアクロバティックな技だけではなく、ゲレンデでのスキーも楽しみたい場合は、ツインチップ構造を避けて硬めのしっかりとした板を選ぶ方が良いでしょう。

コブ斜面に特化したモーグル

コブ斜面に特化したモーグル

出典:Amazon.co.jp

モーグルスキーは、コブ状の斜面を滑降しながらジャンプやスピードを競う競技です。コブの衝撃を吸収できるように柔らかく作られた板から、スピードや安定性の面で効果を発揮する硬めの板までそろっています。板の長さは長すぎるとコブに渡ってしまい、短すぎるとコブとコブの間にはまり込んでしまうため、170cm程度が目安と言われています。ただし、体格によって最適な板は異なります。

スタイルに合わせた板の形状

楽にターンできるカービングスキー

楽にターンできるカービングスキー

出典:Amazon.co.jp

カービングスキーとは、スキー板のウエストと呼ばれる中央部分が細くなっているスキー板のことです。トップとテールは幅が広くウエストだけ幅を狭くすることで、スピードを落とさずに簡単にターンをすることができます。また、ウエストが細くなることで板全体が接雪しやすくなることから、ストレートスキー(トップからテールの太さがほぼ同じもの)に比べて板が短いことも特長のひとつです。ターンのしやすさや操作性の高さから、初心者が扱いやすいスキー板だと言われています。

ファットスキーは新雪やパウダースノーに最適

ファットスキーは新雪やパウダースノーに最適

出典:Amazon.co.jp

ファットスキーとは、スキー板のウエスト幅が通常よりも太めのスキー板のことです。ウエストを広くすることで浮力が増すため、新雪やパウダースノーなどの圧雪されていない雪でも沈むことなく安定して滑ることができます。また、ウエスト幅によって得意分野が異なります。腰ほどの深さがある新雪を滑る場合はウエスト幅120mm程度の太めの板が、パウダースノーも滑りたいけれどゲレンデがメインの場合はウエスト幅90mm程度の板がおすすめです。

パフォーマンスに合った板の反り方

ゲレンデで安定感を発揮するキャンバー

ゲレンデで安定感を発揮するキャンバー

出典:Amazon.co.jp

キャンバーとは、平らな床に置いたときにウエスト部分が浮くように反っているスキー板のことです。トップとテールが床についているので、板を踏み込むことでスキー板全体が設雪面となり安定性に優れています。整備されたゲレンデや、ある程度硬い雪面を滑る際には威力を発揮します。ただし、新雪やパウダースノーなどの柔らかい雪面の場合は、トップやテールが雪に埋もれやすくひっかかりを感じることがあります。

新雪にも埋もれないロッカー

新雪にも埋もれないロッカー

出典:Amazon.co.jp

ロッカーとは、ウエストは雪面に接地した状態で、トップとテールが反り上がった形状のスキー板です。浮力が働くため深雪や新雪でもスキー板が雪に埋もれにくく、うしろに体重をかけて意識してトップを引き上げる必要がありません。ただし、トップを反り上げていることから接雪点がウエスト寄りになっているため、スキー板を踏み込んでも設雪面が短めになるというデメリットもあります。同じ長さのスキー板と比べると安定性が劣るため、ターンを思いっきり楽しみたい人にはやや不向きです。

2つの特徴を融合したキャンバーロッカー

2つの特徴を融合したキャンバーロッカー

出典:Amazon.co.jp

キャンバーとロッカーの良いとこ取りをしたスキー板です。通常のロッカーが船底のような形をしていることに比べ、キャンバーロッカーはウエストを浮かした形状でトップとテールも反り上げています。横から見ると、なだらかなWを描いた形状です。整備された雪面ではキャンバーがパフォーマンスを発揮ますし、深雪や新雪でも雪に埋もれて引っかかることがありません。キャンバーロッカーは、雪質を選ばずに操作性が高く扱いやすいスキー板です。

レベルで選びたい板の柔らかさ

スキー板のフレックス(たわみ)が強いものほど硬い板、フレックスが弱いものは柔らかい板となります。硬いスキー板は高速時やターンでも安定性を保てるため、中・上級者向けとなります。反対に、柔らかいスキー板は低速でも操作性が高く扱いやすいため、初心者に好まれています。

板の長さは身長と体重で決まる

基本的に初心者の場合は、身長よりも5~10cm短いスキー板がおすすめです。一般的には男性で160~170cm、女性で155~165cm程度の長さが目安だと言われています。スキー板は長くなればなるほど接雪面が大きくなるため、安定性に優れています。ただし板が長い分重たくなるので、女性や力のない方にとっては扱いにくくなります。また、体重が重たく、板が沈みやすい方は長めのスキー板がおすすめです。

操作性を左右するスペック

スリーサイズはトップからテールまでの曲線

スキー板におけるスリーサイズとは、トップの最大幅、ウエスト幅、テールの最大幅で描く曲線のことで、サイズカットとも呼ばれています。スキー板の幅はトップからテールまで全て同じものばかりではなく、板によってウエスト幅が狭いもの、広いものなど様々な形状がそろっています。ウエスト幅はオールラウンドスキーで80mm前後となり、幅が狭くなると小回りがきき、幅が広くなると浮力が生じます。スキー板を床に置いて真上から見ると、スリーサイズの曲線がわかりやすくなります。

ラディウスが小さいと小回りが得意

ラディウスとは、スリーサイズの曲線の回転半径のことを指します。R:○○mと表示され、数字が小さくなるほど小回りがききます。ラディウスの数字が小さいスキー板は、エッジングを強く意識しなくてもターンしやすいというメリットがある反面、高速で直進する場合には正確なコントロールが求められます。ラディウスが大きいものは大回り向け、ラディウスが小さなものは小回り向けと覚えておくとよいでしょう。

スキー板のおすすめ10選

初心者向け

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値29,900円(税込)
4.50(2件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値45,200円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値29,800円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値59,800円(税込)
1.00(1件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値73,440円(税込)
-(0件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

中級者向け

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値57,800円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値91,577円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値74,800円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値67,834円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値49,866円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

おすすめ記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー