コピーボードのおすすめ4選&選び方【会議や授業を効率化!】

コピーボードのおすすめ4選&選び方【会議や授業を効率化!】

「コピーボード」は黒板やホワイトボードを電子化したアイテムです。「電子黒板」などと呼ばれることもあります。板書された内容を、データとして残しておくことができます。会社での会議や、学校でのデジタル教材の使用の際などに活躍する商品です。今回はそんなコピーボードのメリットや選び方、プロジェクターやホワイトボードとの違いや比較、パナソニックやプラスなどの人気メーカーのおすすめ商品をご紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

板書をデジタル化して保存したい!

板書をデジタル化して保存したい!

会社の会議などで、ホワイトボードに書いたものをデータとしてパソコンやスマートフォン内に取り込みたくなったことがある方は多いのではないでしょうか。しかし黒板やホワイトボードに書いたものは、書き写してデータ化するしか方法はありません。

そんなときに役に立つのが「コピーボード」です。コピーボードとは、ボードマーカーで書いた内容を光学システムで読み取ることで、印刷したり、データとして保存できたりする商品です。かんたんに言うと、黒板やホワイドボードをデジタル化したものです。電子黒板・電子ボードなどとも呼ばれています。板書した内容をかんたんにデータで残すことができるので、様々な形でシェアすることが可能です。

コピーボードの特徴やメリット

コピーボードは、黒板やホワイトボードのように、「書いては消す」という動作が必要ありません。画面上を直接操作するので、時間的なロスを軽減することが可能です。一見、「プロジェクター」と同じような機能を持っているように感じますが、電子ボードと比較すると、プロジェクターは「表示する」ことに特化しているといえます。コピーボードは、リアルタイムで書き込みができ、拡大や縮小ができるものが多いので、物事をよりわかりやすく説明できます。また、ボードに書いた内容はデータとして残すことが可能なので、書き写す必要が無くなります。そして板書の内容をかんたんに共有することができるので、学校での授業や職場での会議を効率よく行うことができるのがメリットです。

コピーボードの選び方

タイプとそれぞれの特徴をチェック

しっかり書けるボードタイプ

しっかり書けるボードタイプ

ボードタイプのコピーボードは、見た目がホワイトボードとほぼ同じ形をしています。ボードの面が電子化しているので専用のペンで書きこむことで、コピーボードとして使うことができます。サイズが大きいので、教室や会議室など決まった部屋で使うのに向いています。足にローラーがついている場合が多いですが、サイズが大きいので持ち運びにはあまり向いていないでしょう。また、壁掛けできるような薄いタイプもあるので、場所を取りたくない場合は、壁に掛けられる商品がおすすめです。

どこでも使えるプロジェクタータイプ

どこでも使えるプロジェクタータイプ

出典:Amazon.co.jp

プロジェクタータイプのコピーボードは、白い壁などにプロジェクターの光を映すことで、壁にコピーボードを一瞬でつくりだします。壁などの映すことができるものがないと使えませんが、ボードタイプに比べると本体のサイズが小さく、持ち運んで使うことも可能です。いろいろな場所でボードを使うことができるので、家で仕事をする方や出張先でも会議をする方などにぴったりの商品です。

持ち運びやすい電子パッドタイプ

持ち運びやすい電子パッドタイプ

電子パッドタイプは、タブレットのような大きさなので、持ち運んで使うのにぴったりです。ボードタイプやプロジェクタータイプのように、使用するための条件がほぼありません。屋外でも手軽に使うことができます。小型なので、書き込めるスペースは小さいですが、個人用のメモや子どものお絵描きに使ったりと様々な使い方ができるのも魅力です。

使いたい機能を見つけよう

必要な機器に接続できるか

パソコンやプリンターなど、使いたい機器と接続できるかどうかを確認しましょう。中には、一切機器と接続せず、スマホのアプリで取り込みすることしかできないものなど、かんたんな仕組みのものもあります。パソコンでつくった資料などをそのまま使用したい場合は、パソコンと接続できるかを確認しましょう。

スキャンやスマホへの取り込みなどが可能か

板書したものを、どのように出力したいかを明確にしましょう。すべてのコピーボードが、スキャンやメール転送、スマホへの取り込みが行えるわけではありません。他の人にもデータとして送りたい場合はメール転送ができる商品、出張先や外出先でもデータをみたい方はスマホ連動型を選ぶなど、自分のスタイルに合った機能を見つけましょう。

印刷できるかどうか

コピーボードの中には、印刷機能がついているものもあります。ボードタイプの商品には、別途プリンターとつなぐ必要がなく、その場ですぐに印刷することが可能なものもあります。使った資料を印刷して活用することが多い方は、プリンターと一体型の商品を選んでも良いでしょう。

使いやすいサイズを確認

コピーボードは、タイプや商品によってかなりサイズが異なります。広い会議室や縦長の部屋で使う際は、遠くからでも見える大きめの商品を選びましょう。逆に狭い部屋で使用する場合は、圧迫感が出ないよう小さめなものを選ぶと良いでしょう。このように、使用目的や使用する場所の広さ・環境などで扱いやすいサイズを選びます。

コピーボードのおすすめ4選

コピーボードは、パナソニックやコクヨ、リコーなどのメーカーから出ている本格的なものから、リーズナブルな価格で購入しやすいものまで様々です。中古商品を購入したり、レンタルすることも可能ですが今回は、インターネットで手軽に購入できるおすすめ商品をご紹介します。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

ネットワーク機能が搭載された、薄型でシンプルなコピーボードです。カラープリンターとセットになっているので、板書の内容を手軽に印刷することができます。他にも、USB保存やパソコンに直接保存、ネットワークでの保存、スマホでの取り込みが可能です。標準的な機能が全てそろっているので、一通りコピーボードの機能を使いたい方におすすめです。

この商品の特徴

ネットワーク機能が搭載された、薄型でシンプルなコピーボードです。カラープリンターとセットになっているので、板書の内容を手軽に印刷することができます。他にも、USB保存やパソコンに直接保存、ネットワークでの保存、スマホでの取り込みが可能です。標準的な機能が全てそろっているので、一通りコピーボードの機能を使いたい方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

ホワイトボードをスマホやタブレットのカメラで撮影し、アプリで保存できるタイプのコピーボードです。ホワイドボードへの書き込みは通常どおり行いますが、アプリでかんたんに保存できるのが特徴です。アプリを使うと、板書の文字を自動補正し、見やすく軽い画像データに変換できます。そのため、通常のスマホやカメラで撮ったものとは、文字の読みやすさや容量の軽さが異なります。データをスマホで読み取れれば十分という方におすすめです。

この商品の特徴

ホワイトボードをスマホやタブレットのカメラで撮影し、アプリで保存できるタイプのコピーボードです。ホワイドボードへの書き込みは通常どおり行いますが、アプリでかんたんに保存できるのが特徴です。アプリを使うと、板書の文字を自動補正し、見やすく軽い画像データに変換できます。そのため、通常のスマホやカメラで撮ったものとは、文字の読みやすさや容量の軽さが異なります。データをスマホで読み取れれば十分という方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

液晶ディスプレイやスクリーンをホワイトボードにすることができる、プロジェクタータイプのコピーボードです。パソコンと連動しながら、ペンの動きをセンサーで読み取り、スクリーン上で書き込みを行うことができます。パソコンで作成した資料にリアルタイムで書き込みできるので、とても便利です。手書きだけでなく、パソコンで作成したデータを取り入れて使用したい方におすすめです。

この商品の特徴

液晶ディスプレイやスクリーンをホワイトボードにすることができる、プロジェクタータイプのコピーボードです。パソコンと連動しながら、ペンの動きをセンサーで読み取り、スクリーン上で書き込みを行うことができます。パソコンで作成した資料にリアルタイムで書き込みできるので、とても便利です。手書きだけでなく、パソコンで作成したデータを取り入れて使用したい方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

パナソニックのコピーボードです。接続されたパソコンの画面を映し出すことができ、ボード上を指でタッチすることでパソコンの操作を行うことができます。また、3人まで同時に操作することができる仕組みになっています。音声出力ができるようにスピーカーも搭載されています。学校などの教育現場での使用にぴったりな商品となっています。

この商品の特徴

パナソニックのコピーボードです。接続されたパソコンの画面を映し出すことができ、ボード上を指でタッチすることでパソコンの操作を行うことができます。また、3人まで同時に操作することができる仕組みになっています。音声出力ができるようにスピーカーも搭載されています。学校などの教育現場での使用にぴったりな商品となっています。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー