冷凍枝豆のおすすめ8選!お酒のおつまみや夕食の1品にも

冷凍枝豆のおすすめ8選!お酒のおつまみや夕食の1品にも

冷凍枝豆は、お酒のおつまみや、おかずを足したいときの簡単な一品として、解凍すればすぐに食べることができる手軽さが魅力です。焼く、茹でる、炒めるなど様々な食べ方を楽しめます。ニチレイやイオン、業務スーパーやコンビニで気軽に購入することができ、調理の時短にも役立つので、冷凍枝豆を冷凍庫にストックしておくだけで重宝します。今回は、生の枝豆と冷凍枝豆の栄養の違いや、冷凍枝豆の選び方、通販サイトで人気ランキング上位の国産のおすすめのメーカーの商品を紹介します。

手間いらずで美味しい冷凍枝豆が食べたい

手間いらずで美味しい冷凍枝豆が食べたい

冷凍庫にストックしておくだけで、ビールのおつまみや、何か足りないときの一品など、解凍するだけで手軽に食べられる冷凍枝豆は、便利な食材の一つです。スーパーの冷凍コーナーには、色々な種類の冷凍枝豆が並んでいるので、迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。さや付き、むき身、だだちゃ豆をはじめとする茶豆など、手軽なものからブランド枝豆までたくさんあります。色々な種類の冷凍枝豆を食べ比べて、お気に入りの商品を見つけてみてください。

冷凍枝豆の選び方

豆の種類で選ぶ

一般的な緑色の枝豆

一般的な緑色の枝豆

出典:Amazon.co.jp

一般的な緑色の枝豆はスーパーやコンビニなど、日本中どこでも購入可能な枝豆の品種です。主に関東地方で生産されていますが、全国的に栽培されているところも特徴の一つです。さやの中の白い産毛から「白毛豆」、または、豆の色が薄い緑色をしているため「青豆」とも呼ばれます。また、居酒屋さんなどの飲食店だけでなく、家庭の食卓に登場することの多い緑色の枝豆は、クセがなく、ほんのり感じられる甘みと、独特の食感が子どもから大人まで万人受けします。ビールのおつまみの印象が強い緑色の枝豆ですが、料理のアクセントとしてはもちろん、そのままでもおいしく食べられるので、お弁当の彩りとしても重宝します。

独特の甘みと苦みが特徴の茶豆

見た目は、一般的な枝豆とほぼ同じです。ところが、さやの中にある豆の薄皮の色が、茶色ということで茶豆と呼ばれています。その多くが、東北地方で生産されています。白毛豆よりも収穫時期が遅く、8月上旬から9月中旬に収穫されます。白毛豆に比べて糖質が多く含まれるため、甘みが強く、茹でたてはまるでスイートコーンのような独特の香りがします。また、白毛豆に比べると後味に苦みを感じるので、お酒のおつまみにおすすめです。白毛豆にはない、濃厚な風味と凝縮された旨みが茶豆の特徴です。

大粒で深い甘味とコクが特徴の黒豆

大粒で深い甘味とコクが特徴の黒豆

出典:Amazon.co.jp

「丹波の黒豆」に聞き覚えのある方は多いのではないでしょうか。黒豆の多くは関西地方、特に京都の丹波地方で生産され、お節料理に欠かせません。枝豆用は、黒大豆がさやの中で黒くなる前に収穫されるので、薄皮だけがうっすら黒くなっています。茶豆より遅い収穫時期は、9月下旬から10月中旬です。収穫時期が短く収穫量も少ないため、なかなか市場に出回ることがなく、希少品種として注目されています。入手困難な黒豆の枝豆は、柔らかい歯ごたえと茹で上げたときの香ばしい香りが特徴です。

賞味期限のチェックも忘れずに

冷凍枝豆は冷凍食品のため、傷みにくいこともメリットですが、賞味期限ぎりぎりのものを店頭に置いて販売されている場合があります。傷みにくいといっても、賞味期限を過ぎた冷凍枝豆には、霜が大量について、味が落ちたり、嫌な匂いがついてしまう場合があるので、購入前には賞味期限のチェックを忘れず、日にちが長いものを選びましょう。また、冷凍枝豆を解凍すると急速に傷み始めるので、解凍後の賞味期限は2日から3日と思っていた方が良いでしょう。

種類別の味の違いを楽しもう

種類別の味の違いを楽しもう

塩茹でしてある冷凍枝豆の味の特徴は、クセがなく、ほんのりと甘みがあることです。また、ブランド枝豆として知られるだだちゃ豆などの茶豆は、普段よく見かける枝豆に比べて旨みが凝縮され、独特の甘みと風味を味わえます。さらに、希少性の高い黒豆には、独特の甘みとコクがあります。

コスパで選ぶなら業務用スーパー

コスパで選ぶなら業務用スーパー

出典:Amazon.co.jp

冷凍枝豆を購入するとき、気になるのがコスパです。コンビニで販売している商品は、120g~130gで110円前後、スーパーで販売されている300g~400gのもので200円前後となっています。ちなみに、業務用スーパーでは、500gの商品を200円以下で購入できます。容量や原産国によっても違いがありますが、頻繁に冷凍枝豆を利用される方は、コスパを考えると業務用スーパーの商品がお得です。

好みの食感で選ぶ

枝豆といえば、プリッとした独特の食感が魅力の一つです。枝豆の粒の大きさや茹で方によりますが、緑色の枝豆、茶豆などは、比較的しっかりとした歯ごたえのあるプリッとした食感が特徴です。スーパーに並ぶことの少ない黒豆の冷凍枝豆は、ほかの独特の柔らかい食感が特徴です。

素材重視なら産地にもこだわろう

素材重視なら産地にもこだわろう

大きく分けて3種類ある枝豆の産地は種類ごとに違い、一般的な緑色の枝豆は、主に関東地方で栽培されています。茶豆は山形県の庄内地方や、鶴岡市周辺が主要な産地で、希少性の高い黒豆は、関西の丹波地方が主な産地となっています。また、だだちゃ豆、黒崎茶豆、丹波篠山黒大豆など、ブランド枝豆と呼ばれているものは、限られた地域でしか栽培されず、生産量も少ないのが特徴です。スーパーでよく見かける冷凍枝豆は、国内産のほかに中国や台湾が原産国の商品も並んでいます。

使い勝手の良いタイプで選ぶ

スーパーやコンビニでよく見かけるさや付き

さやの中に入っているので、むき身の冷凍枝豆に比べて、解凍するときや調理するときに、栄養分や旨みが流れないので、枝豆本来の味を楽しめます。料理によっては、さやをむく手間がかかりますが、美味しさ重視の場合はさや付きをおすすめします。

さやをむく手間がいらない豆のみ

さやをむく手間がいらない豆のみ

枝豆を塩ゆでし、さやから出して、むき身のみを冷凍した商品です。豆ごはんやお菓子など、大量に枝豆を使用する際にさやから取り出す手間がいらないので、使い勝手の良さが魅力です。そのまま料理に使用できるので、調理の時短に役立ちます。忙しい人におすすめの冷凍枝豆です。

枝豆の解凍の仕方

一番簡単な自然解凍

枝豆の旨みや硬さもベストな状態で解凍できるのが自然解凍です。常温で、1時間から2時間放置するだけだと簡単ですが、枝豆をすぐ食べたいときに使えないというデメリットもあります。

すぐ使いたいときに便利なレンジ

すぐ使いたいときに便利なレンジ

すぐ枝豆を使いたいときは、袋から出してお皿に並べ、手軽に解凍できる電子レンジがおすすめです。出来上がりにばらつきが見られるので、短時間加熱して枝豆を混ぜて、再び過熱するという工程を繰り返すと上手に解凍できます。加熱し過ぎて柔らかくなりすぎないように、パッケージの裏面に記載されいる解凍時間を参考にすると良いです。

短時間で解凍できる流水

水道の水を流しっぱなしにして、4分から5分あてて解凍します。そのとき気をつけたいのが、枝豆に直接水をかけないことです。直接水に当てると、枝豆についている塩分や旨みまで一緒に流してしまい、美味しさが半減してしまう可能性があります。そのため、解凍する際は、保存用の袋から出さずに流水に当てることをおすすめします。

茹でて解凍すると茹でたての美味しさが味わえる

凍ったままの枝豆を塩の入った熱湯に、約30秒から1分加熱して解凍するという方法もあります。しかし、冷凍枝豆は一度茹でたものを冷凍しているので、茹でるというより、氷を解かすという風に解凍したほうが美味しく食べられます。少し手間がかかりますが、上手に解凍できると茹でたてのような美味しさを味わえます。

焼くと早くおいしく解凍できる

冷凍枝豆を「焼く」と、自然解凍したときと同様においしく、スピーディーに解凍できます。フライパンに冷凍枝豆を入れたら、さやについている霜を蒸発させるように弱火で約3分焼きます。さやに含まれている水分が蒸発して乾いたら、強火にして温めます。茹でたときに比べ、水溶性のビタミンが溶け出すこともなく、旨みたっぷりな枝豆の食感を楽しめます。

冷凍枝豆のおすすめ8選

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値2,780円(税込)

この商品の特徴

成澤農園の冷凍枝豆です。一年で約一ヵ月しか味わえない山形県鶴岡産のだだちゃ豆を、収穫後に急速冷凍しました。熱湯で一分ほど茹でればいつでも収穫したての味が楽しめます。濃厚で旨味と香り、コクのある味わいのだだちゃ豆にはシジミの3~5倍のオルニチン(成長ホルモンの分泌促進を促す物質)が含まれ、身体の健康にも効果的です。美味しい枝豆を探している方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

成澤農園の冷凍枝豆です。一年で約一ヵ月しか味わえない山形県鶴岡産のだだちゃ豆を、収穫後に急速冷凍しました。熱湯で一分ほど茹でればいつでも収穫したての味が楽しめます。濃厚で旨味と香り、コクのある味わいのだだちゃ豆にはシジミの3~5倍のオルニチン(成長ホルモンの分泌促進を促す物質)が含まれ、身体の健康にも効果的です。美味しい枝豆を探している方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値1,015円(税込)

この商品の特徴

東洋水産の台湾産むき枝豆です。粒が大きく、さやの色も濃緑鮮やかな、台湾産の品種を使用して、さやをむき、手軽に使えるむき枝豆にしました。自然解凍や流水解凍でそのまま食べられます。ビールのおつまみや夜食だけでなく、サラダの彩りなどにも使えます。内容量は500gです。簡単に食べられる枝豆がお好きな方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

東洋水産の台湾産むき枝豆です。粒が大きく、さやの色も濃緑鮮やかな、台湾産の品種を使用して、さやをむき、手軽に使えるむき枝豆にしました。自然解凍や流水解凍でそのまま食べられます。ビールのおつまみや夜食だけでなく、サラダの彩りなどにも使えます。内容量は500gです。簡単に食べられる枝豆がお好きな方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値3,100円(税込)

この商品の特徴

庄内協同ファームの冷凍枝豆です。有機質肥料をたっぷり使用した土壌で、化学肥料や化学合成農薬を使用しないで栽培した、独特の甘味と濃厚な味わいのだだちゃ豆を冷凍し、いつでも新鮮な味を堪能できるようにしました。そのままはもちろん、茹でればさらに味が濃くなります。おつまみ、料理の素材、お弁当など、様々な使い方で味わえます。普通の枝豆より1ランク上の味を試したい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

庄内協同ファームの冷凍枝豆です。有機質肥料をたっぷり使用した土壌で、化学肥料や化学合成農薬を使用しないで栽培した、独特の甘味と濃厚な味わいのだだちゃ豆を冷凍し、いつでも新鮮な味を堪能できるようにしました。そのままはもちろん、茹でればさらに味が濃くなります。おつまみ、料理の素材、お弁当など、様々な使い方で味わえます。普通の枝豆より1ランク上の味を試したい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値2,580円(税込)

この商品の特徴

えつすいの、黒豆枝豆です。内容量は1kgです。500gが2袋に分かれて入っているので、使いやすいです。原材料は遺伝子組み換えしていない大豆を使用した黒大豆と食塩です。瞬間冷凍しているので、品質が良いです。冷凍なので、いつでも食べることができ便利です。濃厚な味の黒豆枝豆が好きな方、豆にこだわりのある方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

えつすいの、黒豆枝豆です。内容量は1kgです。500gが2袋に分かれて入っているので、使いやすいです。原材料は遺伝子組み換えしていない大豆を使用した黒大豆と食塩です。瞬間冷凍しているので、品質が良いです。冷凍なので、いつでも食べることができ便利です。濃厚な味の黒豆枝豆が好きな方、豆にこだわりのある方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値333円(税込)

この商品の特徴

ノースイの鮮やか塩味枝豆です。内容量は500gです。冷凍された枝豆なので、解凍するだけですぐに食べることができます。元々塩味がついている枝豆なので、解凍後塩をつけなくてもおいしく食べることができます。枝豆は副菜として便利なので、毎日の献立に困っている主婦の方にも人気です。好きなタイミングで手軽に枝豆を食べたい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ノースイの鮮やか塩味枝豆です。内容量は500gです。冷凍された枝豆なので、解凍するだけですぐに食べることができます。元々塩味がついている枝豆なので、解凍後塩をつけなくてもおいしく食べることができます。枝豆は副菜として便利なので、毎日の献立に困っている主婦の方にも人気です。好きなタイミングで手軽に枝豆を食べたい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値459円(税込)

この商品の特徴

新井フーズの黒豆枝豆です。内容量は500gになります。枝豆が約160~180個入っています。1個当たりの大きさは約5mm×70mm×2mmです。冷凍保存された枝豆になります。完熟すると黒豆になる枝豆のサヤを早めに収穫し、塩で茹でたものです。さっぱりとした枝豆よりもコク・風味のある枝豆を食べたい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

新井フーズの黒豆枝豆です。内容量は500gになります。枝豆が約160~180個入っています。1個当たりの大きさは約5mm×70mm×2mmです。冷凍保存された枝豆になります。完熟すると黒豆になる枝豆のサヤを早めに収穫し、塩で茹でたものです。さっぱりとした枝豆よりもコク・風味のある枝豆を食べたい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値1,050円(税込)

この商品の特徴

北海道十勝中村内村特産の冷凍枝豆です。畑から収穫後、すぐに調理加工を施しおいしさをそのままに瞬間冷凍し仕上げています。冷凍加工品特有のべたつきがなく、旬の香りを楽しむことができます。土作りにこだわってつくられた国産豆で身体にも安心安全です。豆は加熱調理することなく、解凍後そのまま召し上がることができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

北海道十勝中村内村特産の冷凍枝豆です。畑から収穫後、すぐに調理加工を施しおいしさをそのままに瞬間冷凍し仕上げています。冷凍加工品特有のべたつきがなく、旬の香りを楽しむことができます。土作りにこだわってつくられた国産豆で身体にも安心安全です。豆は加熱調理することなく、解凍後そのまま召し上がることができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値267円(税込)

この商品の特徴

ちょっと1品ほしいとき、ビールのおつまみに、おやつとしてもおすすめの冷凍枝豆です。冷凍なので使いたい分だけさっと取り出して使うことができます。500gの大容量なのでたっぷり楽しむことができます。お弁当に彩りが欲しい時にもおすすめです。冷凍庫に常備しておくと食べたいときにいつでもおいしい枝豆を楽しむことができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ちょっと1品ほしいとき、ビールのおつまみに、おやつとしてもおすすめの冷凍枝豆です。冷凍なので使いたい分だけさっと取り出して使うことができます。500gの大容量なのでたっぷり楽しむことができます。お弁当に彩りが欲しい時にもおすすめです。冷凍庫に常備しておくと食べたいときにいつでもおいしい枝豆を楽しむことができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

冷凍枝豆のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー