節分豆のおすすめ3選【2020年版】

節分豆のおすすめ3選【2020年版】

節分といえば「鬼は〜そと、福は〜うち」と言いながら豆を鬼に投げる「豆まき」ですよね。節分の豆まきで使われる豆は、福豆と呼ばれ、豆まきの後に「年の数+1個」食べると言われています。福豆は、小袋になっているものや、味付きのものなど種類も豊富になってきています。今回は、節分豆の基礎知識や子どもも喜ぶおすすめ福豆をご紹介します。炊き込みご飯やビスコッティなど、余った福豆をつかったリメイクレシピもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

節分豆とは

節分の日に、鬼や外に向かって投げる豆を節分豆といいます。毎年立春の前日が「節分の日」とされており、2018年の節分は2月3日(土)です。

豆まきの由来

豆は「魔滅(まめ)」と発音が同じことから、もともと無病息災を祈る意味があります。節分は季節の変わり目でありますが、その昔、季節の変わり目には「邪気」が入りやすいと考えられていました。そのため、昔はこの季節に厄払いや、鬼を追い払う儀式が行われていました。この風習が現代に伝わり、鬼に豆を投げつけるという文化に変わっていきました。

豆まきの方法

節分当日の朝、豆を神棚もしくはできるだけ高いところにおいておきます。そして、夜に家族がそろったところで歳男か歳女が中心になって、豆まきを始めます。歳男や歳女がいない場合は、家族で1番年上の人から始めます。「鬼は外」と言いながら、外へ向かって豆を投げ、「福は内」と言いながら部屋に投げます。豆まきが終わったら、残った豆を「自分の年齢+1個」食べましょう。

豆まきをすることで、邪気を外へ追い払い、幸福を呼び込むことができると信じられています。また、豆を自分の年齢より1つ多く食べることで、新年の厄払いになるそうです。

節分豆の選び方

容量

豆まきをする人数や家族の人数に応じて、容量を選びましょう。60gほどの小さい容量から、1㎏ほどの大きな容量まで幅広く売り出されています。

小袋になっているかどうか

節分豆は、大きな袋に豆が入っているタイプと、小袋に10粒ずつほどに分かれてセットで売り出されているタイプがあります。小袋になっていると、分けやすく便利です。シチュエーションに応じて、小袋のタイプにするかどうか決めましょう。

ノーマルな大豆だけではなく、砂糖がかかっているものや、青のりや塩がかかっているようなタイプもあります。残った豆をアレンジしたいのであれば、ノーマルなタイプを選んだり、おつまみとして食べたい場合は塩味がついたものを選ぶなど、好きな味を選んでみてください。

節分豆をつかったアレンジレシピ

大量に買った福豆が余ってしまった、なんてことはありませんか?節分豆を使ったアイディアレシピをご紹介しますので、ぜひ今年の節分の参考にしてみてください。

炒り豆の砂糖がらめ

甘くて美味しい砂糖がらめの豆をつくることができます。

トマトとバジルのおつまみ大豆

トマトとバジルのうまみが染みた簡単おつまみです。ビールやワインのおともにも最適です。

福豆ごはん

栄養たっぷり豆ご飯を余った福豆でつくれます。心も体も健康になれそうです。

ビスコッティ

コーヒーや紅茶のお茶うけにもなるビスコッティを、福豆でつくってみてはいかがですか?

パウンドケーキ

豆が香る和風パウンドケーキです。甘いものが苦手な方にもおすすめです。

豆番茶

いつものお茶に福豆を入れたら、香ばしい福豆茶がつくれます。

節分豆の主なメーカー

珍味の南風堂

豆菓子やナッツ、甘納豆、米菓を扱うメーカー。福豆だけではなく、わさびおつまみ豆やシュガーピーなどバリエーション豊富な豆のお菓子を売り出しています。

豆商黒田屋

創業76年の老舗豆屋です。佐賀県に本店があり、豆以外にもドライみかんやおしゃぶり昆布、干し梅なども売り出しています。

節分豆のおすすめ3選

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

1948年創業の豆菓子製造メーカー、みの屋の大豆です。無添加で、材料の選別から出荷まで国内工場で行っています。味がついていないタイプなので、豆まきで余ってしまっても、そのあとアレンジがしやすいです。

この商品の特徴

1948年創業の豆菓子製造メーカー、みの屋の大豆です。無添加で、材料の選別から出荷まで国内工場で行っています。味がついていないタイプなので、豆まきで余ってしまっても、そのあとアレンジがしやすいです。

南風堂節分豆
価格情報がありません

出典:

この商品の特徴

砂糖がけされたタイプの福豆です。コクのある味わいが特徴の九州産「フクユタカ」という豆に、甘い砂糖がかかっていますので、おやつ感覚で食べられます。ピンクや白、緑などきれいな色合いも特徴です。

この商品の特徴

砂糖がけされたタイプの福豆です。コクのある味わいが特徴の九州産「フクユタカ」という豆に、甘い砂糖がかかっていますので、おやつ感覚で食べられます。ピンクや白、緑などきれいな色合いも特徴です。

節分豆のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー