ゼリーの素おすすめ12選!コーヒー味やこんにゃくタイプも

ゼリーの素おすすめ12選!コーヒー味やこんにゃくタイプも

ゼリーの素は、お湯で溶かして固めるだけで家で手軽にゼリーを食べられる商品です。ゼリーは、ゼラチンや寒天、アガー、こんにゃくなどといった原料でできているので、ヘルシーなおやつとしても人気です。ぶどうやオレンジ、ピーチなど様々なテイストを味わうことができ、アレンジすればグミやムースをつくることもできます。パッケージに表記された、固まる時間や作り方に従えば、簡単に美味しいゼリーがつくれます。今回は、ゼリーの素の選び方やおすすめの商品をご紹介します。

ゼリーの素の選び方

味で選ぶ

大人に人気のビターな「コーヒー」

大人に人気のビターな「コーヒー」

出典:Amazon.co.jp

ビターなテイストが癖になる「コーヒーゼリー」は大人に人気のゼリーです。甘いスイーツが苦手な方でも食べやすく、すっきりとした後味で食後のデザートにも最適です。定番のフレッシュをかけて食べても美味しいですが、ミルクやホイップクリーム、バニラアイスと一緒に食べると、さらに満足感のある大人のおやつになります。さらに、クラッシュしたゼリーを牛乳に入れると、暑い季節のドリンクとしても楽しむことができます。

酸味が癖になる「ブドウ」

酸味が癖になる「ブドウ」

出典:Amazon.co.jp

さっぱりとした酸味と深い甘さのバランスが絶妙な「ブドウゼリー」は、ゼリーの素でつくれる定番のゼリーです。そのまま溶かして固めても美味しいブドウゼリーですが、本物のブドウやナタデココを混ぜ合わせると、グレードアップした満足感のあるゼリーになります。ブドウゼリーをカットして、サイダーや炭酸水に浮かべるのもおすすめです。

子どもに大人気「ストロベリー」

子どもに大人気「ストロベリー」

出典:Amazon.co.jp

甘い風味で子どもに人気の「ストロベリーゼリー」ですが、市販のゼリーだとなかなか見つけることが難しいので、お家でつくって楽しみましょう。ストロベリーとマッチする、ミルクやヨーグルトと合わせると、甘さが和らいで大人でも食べやすくなります。子ども向けなら、生クリームやカルピスと合わせると、さらに甘さが引き立ちます。

すっきりした味わいの「柑橘」

すっきりした味わいの「柑橘」

出典:Amazon.co.jp

甘酸っぱい風味が食べやすい、オレンジやミカンなどの「柑橘系ゼリー」は、食欲が落ちる風邪のときにも食べやすい味です。ミカンの缶詰をそのまま入れて固めたゼリーは、手軽にビタミン補給できて、風邪気味のときにもぴったりです。ミントやミルク寒天、炭酸水、カルピスなど、色々なテイストにも合わせやすいので、オリジナルレシピを編み出して楽しむことができます。

甘さ控えめの「メロン」

ゼリーで定番の味と言えば「メロン」です。甘さ控えめの優しい味は、子どものおやつにも最適です。ミルク寒天やホイップクリームと相性が良いので、ひと手間かけるとより贅沢感のあるテイストを味わうことができます。

原材料で選ぶ

弾力のある食感の「ゼラチン」

タンパク質の一種である、コラーゲンからつくられたのが「ゼラチン」です。プルンとした舌触りと、しっかりとした食感が魅力のゼラチンは、熱で溶けやすく、口に入れるとじんわり溶ける食感がやみつきになります。常温に置いておくと溶けてしまうので、冷蔵庫から取り出したら早めに食べましょう。なお、ゼラチンを原料としたゼリーの素を使うときは、パイナップルやキウイなどを、一緒に入れるのは避けましょう。果物の持つ酵素が、ゼラチンのタンパク質を分解するので、固まらない可能性があります。

ほろっとした歯ごたえの「寒天」

ほろっとした歯ごたえの「寒天」

出典:Amazon.co.jp

テングサやオゴノリなどの、海藻からできた「寒天」は、食物繊維を多く含んでいるヘルシーな食材です。スプーンでつつけばほろっと塊で崩れ、口の中でもなめらかに崩れます。ゼラチンよりも固まりやすく崩れにくいので、初めてつくる方でも失敗しにくいのが魅力です。ゼリー型に入れて固めると、型の通りに固まるので、パーティ用に見栄えの良いゼリーをつくりたいときにも最適です。

しっかりした食感の「こんにゃく粉」

こんにゃくいもを乾燥させた「こんにゃく粉」を用いたゼリーは、しっかりした噛みごたえが特徴です。わずかな量でも弾力性があるため、海藻を原材料としたアガーなどと合わせるのが一般的です。こんにゃく特有の、しっかりした食感が魅力なこんにゃくゼリーですが、喉に詰まりやすいので、お年寄りや小さな子どもが食べるときには注意が必要です。あらかじめ細かく砕いたり、凍らせたりすることで、安全に食べることができます。

一袋で作れる量を確認

一袋で作れる量を確認

出典:Amazon.co.jp

ゼリー好きの方や、家庭のおやつ用に多めにストックしておきたいなら、一袋でたくさんつくれるものを選びましょう。多くの製品が一袋で5食分調理できますが、市販されているものの中には、25食や50食といった、大量につくれる業務用のものもあります。ストック用以外にも、ホームパーティーでゼリーをふるまう機会があるときに、大容量のものがあると重宝します。なお、どれぐらいつくれるかは、パッケージに表記してあるので、確認して選びましょう。

手軽につくれるものを選ぶ

本格的な道具を必要とせずに、手軽につくることができるのもゼリーの魅力です。もともと手軽につくることができるゼリーですが、70~80℃のお湯でつくれるものなら、わざわざお湯をやかんで沸騰させなくても、常備しているポットのお湯を使ってつくることができます。カップにゼリーの素とお湯を注いで、固まらせるだけなので、子どものおやつや夜食にもぴったりです。中には常温で固まるものもあるので、お湯を注いで置いておくだけで、美味しいゼリーを味わうことができるものもあります。

ゼリーの素でムースやグミも作れる

ゼリーの素を使って、ムースやグミといったデザートも作ることができます。ゼリーの素が余り、ゼリー以外のものが食べたくなった時に、ぜひ作ってみて下さい。

ゼリーの素を使ったムースの作り方

ゼリーの素を使ったムースの作り方

ゼリーの素と生クリームを1:2の比率で用意し、果物を混ぜて冷やすだけで、簡単においしいムースをつくることができます。

用意するもの

  • ゼリーの素100g
  • 生クリーム200g
  • お好みの果物

ゼリーの素を使ったグミの作り方

ゼリーの素を使ったグミの作り方

ゼリーの素、熱湯、ゼラチンを10:5:1の割合で混ぜ、冷蔵庫で冷やすことで、グミをつくることもできます。

用意するもの

  • ゼリーの素100g
  • 熱湯50cc
  • ゼラチン10g

ゼリーの素のおすすめ12選

出典:Amazon.co.jp

最安値146円(税込)
4.38(8件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値771円(税込)
4.90(38件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値1,360円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値259円(税込)
-(0件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値926円(税込)
-(0件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値750円(税込)
4.86(14件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値1,159円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値540円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値545円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値1,150円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値359円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値3,090円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

ゼリーの素おすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

おすすめ記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー