入れ歯ケア用品の選び方&おすすめ3選【長く安全に使うために】

入れ歯ケア用品の選び方&おすすめ3選【長く安全に使うために】

歯が欠けてしまったときの代わりとして活躍する「入れ歯」ですが、毎日のお手入れが欠かせません。入れ歯ケア用品には歯ブラシタイプや洗浄剤など様々な種類があり、価格や成分にも違いがあるため、どれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。今回は入れ歯ケア用品の選び方や、ポリデントなどのおすすめ商品をご紹介します。

入れ歯ケア用品とは

入れ歯は自分の口腔内に合うようにオーダーメイドで作られているので、その分費用もかかります。できるだけ長く安全に使い続けるためには、自身でのケアがとても大切です。入れ歯のケアを怠ると、壊れの原因や口臭の発生、また口腔内を傷つける可能性もあります。

入れ歯ケア用品の種類と特徴

入れ歯をケアするものとして販売されているアイテムは、大きく2つに分けることができます。

入れ歯を洗浄するアイテム

入れ歯洗浄剤

テレビのCMなどで目にしたことがあるかもしれません。タブレットのような洗浄剤をコップに入れ、その中に入れ歯を浸けておくことで入れ歯に着いた汚れを落とすことができます。使用される薬剤は、「次亜鉛素酸」「過酸化物」「酸」「酵素」「生薬」「銀系無機抗菌剤」などがあります。入れ歯によっては使用できない薬剤もありますので、使用前には必ず確認が必要です。

入れ歯ブラシ

入れ歯をきれいに磨くための専用ブラシです。普通の歯ブラシでも磨くことは可能ですが、入れ歯は複雑な形をしていて汚れがたまりやすいので、専用ブラシを使うことですっきりときれいに洗浄することができます。普通の歯ブラシよりも毛は硬く、手の力が衰えていたり不自由な高齢者でも使いやすいよう柄の部分が太くなっているのが入れ歯ブラシの特徴です。2種類の毛が植毛されているブラシでは、植毛部分が大きい部分は歯間部や入れ歯全体に、小さい部分はクラスプと呼ばれるバネの部分のお手入れがしやすいように設計されています。

入れ歯用歯磨剤

研磨剤が含まれていない入れ歯専用の歯磨き粉です。普通の歯磨き粉に含まれている研磨剤により入れ歯に傷が付く恐れがあるので、入れ歯を磨く際には専用の歯磨き粉を使用するようにしましょう。

入れ歯を安定させるアイテム

入れ歯の維持・安定が悪い場合に入れ歯と歯ぐきの間を接着させ、一時的に入れ歯を安定させる製剤です。入れ歯の種類や使用時の悩みによって使い分けが大切です。安定剤を使用する前には、必ず入れ歯を洗いよく水気を拭っておきましょう。

入れ歯粘着剤

粉末タイプ、クリームタイプ、テープ・シールタイプの3つがあります。入れ歯を歯ぐきにしっかり固定することで、細かい食べカスが挟まりにくくなり、食事も安心して美味しく食べることができます。また硬めの食材も心配せずに食べられるようになります。

ホームリライナー

密着性を向上させるクッションタイプの総入れ歯用の安定剤です。ゴムのようなクッションで、入れ歯と歯ぐきの隙間が大きくてもしっかりと埋め安定させます。粘着剤タイプのように粘着部分がべたつかず汚れにくいですが、接着力が強いので入れ歯から剥がしにくいのが難点です。また、ホームリライナーは均等に伸ばしにくいので、長く使い続けると噛み合わせがずれたり、あごの関節に異常が起こる可能性もあります。長期間使用する際には注意が必要です。

入れ歯洗浄剤の選び方

汚れの落としやすさで選ぶ

発泡タイプの洗浄剤は、泡と過酸化水素でしっかり汚れを落とします。食べカスや着色汚れをよく落とします。このタイプは入れ歯のクラスプが変色する恐れがあるので使用の際には注意が必要です。

殺菌効果の有無で選ぶ

次亜鉛素酸系の洗浄剤は殺菌力が強く、漂白作用もあります。ただし、長時間浸けておくと入れ歯の素材にダメージを与えることがあります。

入れ歯安定剤の選び方

使いやすさで選ぶ

入れ歯は毎日の食事や外出の際に必要なものです。その入れ歯を安定させるケア用品は、使い方が簡単で手間がかからないものを選ぶようにしましょう。特に粉末タイプはふりかけるだけで簡単に使うことができます。

粘着力で選ぶ

水になじんでしっかりとくっつくクリームタイプや粉末タイプは粘着力が高い商品が多くあります。入れ歯をしっかりと安定させるのに必要な粘着力があるかどうか、確認しておきましょう。

洗いやすさで選ぶ

入れ歯安定剤がきれいに洗いきれず入れ歯に付着したままの状態だと、細菌が繁殖したリ歯ぐきを傷める原因にもなります。落としやすいものや、落とし方が説明されているものを選びましょう。

入れ歯ケア用品の主なメーカー

小林製薬

あったらいいなをカタチにする」をスローガンに掲げ、医薬品や衛生雑貨の製造・販売を行うメーカーです。口腔ケア商品の他に、解熱用の貼る「熱さまシート」、眼球を洗浄する「アイボン」など、便利な商品を多数開発しています。

アース製薬

口腔ケア商品や衛生雑貨も多数製造・販売していますが、有名なのは殺虫剤シリーズです。さまざまな日用品を製造するメーカーで、入れ歯ケア用品では「ポリデント」シリーズを販売しています。

入れ歯ケア用品おすすめ3

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値522円(税込)

この商品の特徴

機能的なデザインで使いやすい入れ歯専用の歯ブラシです。植毛部分が小さい青いブラシでは金属部分などの細かい箇所を、白いブラシでは歯の間をしっかりと磨くことができます。柄の部分も握りやすく使いやすいデザインとなっています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

機能的なデザインで使いやすい入れ歯専用の歯ブラシです。植毛部分が小さい青いブラシでは金属部分などの細かい箇所を、白いブラシでは歯の間をしっかりと磨くことができます。柄の部分も握りやすく使いやすいデザインとなっています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値507円(税込)

この商品の特徴

洗浄・除菌・汚れ落としのパワーがギュッと一つに詰まった入れ歯洗浄剤です。嫌な匂いの元であるプラークを取り、さわやかなミントの香りがするので気持ちよく入れ歯を使うことができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

洗浄・除菌・汚れ落としのパワーがギュッと一つに詰まった入れ歯洗浄剤です。嫌な匂いの元であるプラークを取り、さわやかなミントの香りがするので気持ちよく入れ歯を使うことができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値498円(税込)

この商品の特徴

弾力のあるクッションタイプの入れ歯安定剤で、歯ぐきと入れ歯の隙間もしっかりと埋めてくれます。食事中にも溶ける心配がなく、また一度入れ歯に着けると洗って2~3日は使うことができるので便利で経済的です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

弾力のあるクッションタイプの入れ歯安定剤で、歯ぐきと入れ歯の隙間もしっかりと埋めてくれます。食事中にも溶ける心配がなく、また一度入れ歯に着けると洗って2~3日は使うことができるので便利で経済的です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー