外付けブルーレイドライブのおすすめ10選!MacやDVDにも対応

外付けブルーレイドライブのおすすめ10選!MacやDVDにも対応

外付けブルーレイドライブとは、ブールーレイを再生するための光学ドライブです。ブルーレイを再生するためのドライブが内臓されていない、パソコンやTVなどにUSBケーブルで繋ぐことで、DVDよりも高音質・高画質の映像を楽しむことが出来ます。しかし、多くのメーカーが様々な商品を販売しているため、どれを購入すべきか迷ってしまいますよね。今回は、再生ソフト付きの商品、データ書き込み速度が速い商品、Mac対応機器などの外付けブルーレイドライブの選び方から、おすすめメーカーが販売している商品をご紹介します。

パソコンできれいな画質の映像を見たい

パソコンできれいな画質の映像を見たい

ドラマや映画、アニメなどが好きな方の中には、借りてきた作品を「自分のパソコンで再生して見たい」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、パソコンに光学ドライブが内臓されていないと動画を再生することは出来ません。そういったパソコンをお使いの方には、「外付けブルーレイドライブ」がおすすめです。外付けブルーレイドライブを導入すれば、光学ドライブがパソコンに内蔵されていなくても、ブルーレイの動画を再生することが出来ます。

外付けブルーレイドライブの選び方

対応するメディアの種類で選ぶ

読み取り専用のBD-ROM

BD-ROMとは、読み取り専用のブルーレイディスクのことです。最初からデータが入っているため書き込むことは出来ませんが、中身を見ることは出来ます。つまり再生専用の記憶媒体です。外付けブルーレイディスクを購入する目的が「動画を再生する」だけの場合は、BD-ROMにさえ対応していれば問題ありません。他の機能を考える必要がないので、必要最低限の予算で選ぶことが出来ます。

安価で手に入るBD-R

安価で手に入るBD-R

出典:Amazon

BD-Rとは、一度だけ書き込みが出来るブルーレイディスクのことです。一度書き込んだらデータを上書きすることが出来ないため、データの長期的な保存を目的に使用されます。他のメディアに比べて安く手に入るのが特徴です。「この作品はこれからもずっと見たい」というときは、BD-Rに対応している外付けブルーレイドライブの購入をおすすめします。

繰り返し書き込みができるBD=RE

繰り返し書き込みができるBD=RE

出典:Amazon

BD=REとは、約1,000回~1万回ほどの間で、繰り返し何度も書き込みが出来るブルーレイディスクのことです。データの上書きも出来るため、一時的なデータの保存場所として使用されます。TVに内臓されているHDDの容量がいっぱいになってしまったときや、持ち運んで別の場所で視聴したいときは、BD=REに対応している外付けブルーレイディスクがおすすめです。

耐久性の高いM-DISC

耐久性の高いM-DISC

出典:Amazon

M-DISCとは、アメリカが開発した新しい記録メディアです。経年劣化に強く耐久性があることや、数百年にわたってデータを保存することが出来る、一般的なドライブで読み込みが出来る点などにおいて、重要な情報を記録するのに最適のメディアです。こういった用途で使用される方は、M-DISC対応の外付けブルーレイディスクの購入をおすすめします。

必要な容量を選ぶ

外付けブルーレイドライブに使用するメディアによって、BD-Rでは25GB、BD-R DLだと50GB、BD-R XLになると100GB のように、記録出来る容量が異なります。自分が保存したいデータの大体の量が分かっているのならば、先にブルーレイディスクなどのメディアを決めてから外付けブルーレイドライブを購入することをおすすめします。

機能で選ぶ

対応するOSをチェック

対応するOSをチェック

外付けブルーレイドライブをパソコンで使用するつもりの人は、対応OSを必ず確認してください。簡単に言えば、OSとはMacやWindowsのことです。OSがMacのPCを使っている人はMac対応のブルーレイドライブを、OSがWindowsのPCを使っている人はWindows対応のブルーレイドライブを購入してください。

4K再生に対応しているかを確認

外付けブルーレイドライブによっては、4K再生に対応していない機器もあります。より高音質で高画質、ダイナミックな映像を楽しみたい方は、4K再生対応のブルーレイドライブなのか必ず確認しましょう。もちろんその際は、再生する作品も4K対応でないといけないので注意してください。

3D再生機能の有無で選ぶ

映画館ではよく3D作品が上映されていて特別感がありますが、3D再生対応の外付けブルーレイドライブがあれば、家でも3D作品を視聴することが出来ます。普及率はまだ低く、3D再生機能が付いた機器は多く売られていませんが、「家で臨場感あふれる映像を楽しみたい!」という方にはおすすめの機能です。3D再生機能の有無は商品の説明欄に書かれているので、チェックしておきましょう。

テレビに接続できるかを確認

テレビに接続できるかを確認

外付けブルーレイドライブは基本的に、USBケーブルでパソコンと繋いで使用するものです。ですが機器によっては、テレビにも接続出来るものがあるため、大画面で視聴することが出来て便利です。「パソコンとテレビの両方で作品を見たい!」という方は、テレビに対応している外付けブルーレイドライブの購入をおすすめします。

書き込み速度も重要

データ保存のために外付けブルーレイドライブを購入する場合は、書き込み速度が重要になります。映画のような長時間作品や高画質の作品は容量が大きいため、1倍速での記録だと数時間では済まないほどに時間がかかってしまいます。購入するならば、2倍速、6倍速、12倍速のように、高速で記録出来るものがおすすめです。ただ、書き込み速度が早いほどブルーレイドライブの価格も高価になるので、予算と相談しながら選びましょう。

電源の種類で選ぶ

外出時に便利なバスパワー駆動

外出時に便利なバスパワー駆動

出典:Amazon

バスパワー駆動とは、USB端子から接続している機器に電力を供給する機能のことです。つまり、パソコンから電力を供給する形になります。ACアダプターなどの電源機器を必要としないため、配線がスッキリし持ち運びが便利になるというメリットがありますが、読み取りや書き込みの速度があまり高くないことがデメリットに上げられます。

パワーのあるAC電源

パワーのあるAC電源

出典:Amazon

AC電源とは、一言でいえばコンセントから供給されている電源のことを言います。バスパワー駆動と違い、力強い速度で読み取りや書き取りが出来ます。そこまで外出先で作品を見ない方は、AC電源の外付けブルーレイドライブがおすすめです。

端子口の規格に注意

ほとんどの外付けブルーレイドライブは「USB」が端子口となっています。しかし、最新の機器だと、USB3.1といった別売りのケーブルを購入しないと接続できない端子口もあるので注意しましょう。ちなみにUSB1.1とUSB2.0、USB3.0における差し込み口の形状はすべて同じなので、安心してください。

適した本体のサイズを選ぶ

映像が見ることができれば、外付けブルーレイドライブのサイズは気にしない、という方もいるかもしれませんが、外出での使用や収納性を考えると、出来るだけコンパクトな方がおすすめです。ネットで購入する場合は大きさが分かりにくいので、商品説明欄に記載されているサイズの数字を確認しておきましょう。

価格を確認

外付けブルーレイドライブの値段は、7,000円~1万5千円ほどになります。使用目的によってはハイスペックな商品は必要ないので、使用用途から逆算して、自分に合った最適な価格の外付けブルーレイドライブを購入しましょう。

外付けブルーレイドライブのおすすめ10選

最安値7,800円(税込)
3.60(100件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値9,698円(税込)
3.40(333件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値8,140円(税込)
3.30(6件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値12,500円(税込)
4.10(40件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値14,760円(税込)
3.50(65件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値14,731円(税込)
3.80(21件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値15,849円(税込)
3.40(23件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値14,854円(税込)
4.00(55件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

まとめ

今回は、外付けブルーレイドライブの選び方やおすすめ商品をご紹介しました。最適な商品を見つけて映像を楽しんでください。

この記事内のおすすめ商品比較表

商品画像
BDXL対応 USB2.0 ポータブルブルーレイドライブ BRXL-PT6U2V/N
Blu-ray ブルーレイ BDドライブ mac 外付け ポータブル USB3.0/バスパワー対応 薄型モデル EX-BD03
ポータブルブルーレイドライブ USB3.0 mac 薄型 シルバー LBD-PUD6U3MSV
BDXL対応 USB3.0用ポータブルブルーレイドライブ スリムタイプ BRXL-PT6U3シリーズ
ロジテック
USB3.0対応 BDXL対応 スロットイン型 ポータブルブルーレイドライブ シルバー BDR-XS06J
Ultra HD Blu-ray 再生対応 USB3.0 クラムシェル型ポータブルブルーレイドライブ USBタイプC変換ケーブル付 ブラック BDR-XD07J-UHD
16倍速書き込み BDXL対応 USB3.0用 外付ブルーレイドライブ BRXL-16U3V
ブルーレイドライブ 外付型/USB 3.0/BDXL/M-DISC/16倍速高速書き込み BRD-UT16WX
外付記録型ブルーレイドライブ Windows対応 スロットイン方式 BDXL対応 外付型ポータブル USB3.0接続 BD/DVD/CDライター シルバー BDR-XU03J
メーカーバッファローアイオーデータロジテックバッファローロジテックパイオニアパイオニアバッファローアイオーデータパイオニア
商品名BDXL対応 USB2.0 ポータブルブルーレイドライブ BRXL-PT6U2V/NBlu-ray ブルーレイ BDドライブ mac 外付け ポータブル USB3.0/バスパワー対応 薄型モデル EX-BD03ポータブルブルーレイドライブ USB3.0 mac 薄型 シルバー LBD-PUD6U3MSVBDXL対応 USB3.0用ポータブルブルーレイドライブ スリムタイプ BRXL-PT6U3シリーズロジテックUSB3.0対応 BDXL対応 スロットイン型 ポータブルブルーレイドライブ シルバー BDR-XS06JUltra HD Blu-ray 再生対応 USB3.0 クラムシェル型ポータブルブルーレイドライブ USBタイプC変換ケーブル付 ブラック BDR-XD07J-UHD16倍速書き込み BDXL対応 USB3.0用 外付ブルーレイドライブ BRXL-16U3Vブルーレイドライブ 外付型/USB 3.0/BDXL/M-DISC/16倍速高速書き込み BRD-UT16WX外付記録型ブルーレイドライブ Windows対応 スロットイン方式 BDXL対応 外付型ポータブル USB3.0接続 BD/DVD/CDライター シルバー BDR-XU03J
最安値7,800円7,980円8,140円10,400円14,760円14,731円14,919円15,849円14,854円20,019円
レビュー
3.60
3.40
3.30
4.10
3.50
3.80
3.70
3.40
4.00
3.40
商品リンク

おすすめ記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー