調理スプーンのおすすめ4選【シリコン製も】

調理スプーンのおすすめ4選【シリコン製も】

調理スプーンは、調理において炒める・混ぜる・すくうときに役立つキッチングッズです。菜箸やヘラ、おたまのように使えるので、調理スプーンが1本あれば調理が完結する、と言っても過言ではありません。シリコン製や木製など素材も様々で、100均でも売り出されています。今回は、調理スプーンのメリットや選び方をご紹介します。おすすめ商品では、無印のシリコンスプーンなどの人気商品をご紹介しています。

調理スプーンの種類と特徴

調理スプーンの種類と特徴

出典:Amazon.co.jp

調理スプーンは木製、シリコン製、ナイロン樹脂製などがあり、サイズも幅広いので、フライパンの大きさや扱いやすさに合わせて選ぶことができます。スプーンを大きくしたような形状をしていますが、この形こそが、食材を炒めるのはもちろん、とろみのある料理の盛り付けや、ジャガイモをつぶすときなどに重宝します。基本的に鍋肌を傷つけにくい素材で作られており、ソースをきれいにすくうことができるので後片付けが楽になったり、必要以上に調理器具を使わなくて済むので洗い物が減る効果もあります。

調理スプーンのメリット

1つで3役

1つで3役

出典:Amazon.co.jp

調理スプーンは、商品にもよりますが1つで「炒める、混ぜる、よそう」の3つの役割を果たします。また、すくったりひっくり返すこともできます。今までは菜箸、ターナー、お玉など1つの料理で2〜3つのツールが必要だったのが、調理スプーンがあればこれ1つで完結してしまいます。洗い物も減るというメリットがあります。

鍋を傷つけにくい

鍋を傷つけにくい

出典:Amazon.co.jp

調理スプーンは、木製、シリコン製、ナイロン樹脂製などでできており、特にシリコン製の場合は、鍋を傷つけにくいです。炒めているときに、鍋肌が傷ついてしまうと、鍋の劣化の原因にもなります。やわらかい素材の調理スプーンなら、その心配はありません。

調理スプーンの選び方

調理スプーンは、便利で使いやすいアイテムですが、長く使うためには自分に合った商品を選びたいですよね。ここでは、調理スプーンを選ぶポイントをご紹介します。

素材

調理スプーンは、柔軟なしなりが特徴のシリコン製や、鍋肌を傷つけにくいナイロン樹脂製、ナチュラルな雰囲気の木製などでつくられています。主に、鍋の表面に傷が付きにくく、耐熱温度の高い素材が用いられます。調理の中でいつ使うのかによって、使いやすい素材を選びましょう。例えば、シリコン製なら、しなりを活かして汁など鍋底に少し残ったものもきれいにすくうことができます。木製の場合は、あまり力強く混ぜると野菜などが崩れてしまうこともあるかもしれませんが、食卓に出すだけでおしゃれにみせることができそうです。ただし、同じ素材であっても製品によって柄の傾斜や長さ、すくいやすさ、しなり具合、汚れ落ちが違いますので、製品の特徴は必ずチェックしてください。

形状

調理スプーンの形状には丸みを帯びたタイプやスリムなタイプ、スクレーパーとおたまを合わせたようなタイプなどがあります。また、コンパクトなサイズや、大きめのフライパンにぴったりのサイズまであるの、で自分にとって使い勝手の良いサイズを選ぶことができます。使用中のキッチンツールの長さと合わせて、スッキリ収納するのも良いですね。

お手入れのしやすさ

1本で混ぜる・すくう・盛り付けができる便利さが魅力の調理スプーンですが、より快適に使うためにもお手入れのしやすさはチェックしたいポイントです。食洗機対応しているかどうかなどもチェックしてみましょう。クリアタイプや色付きのものは着色汚れが目立ってしまうことがあるので、目立ちにくい色や汚れにくい加工が施された製品がおすすめです。

調理スプーンのおすすめ4選

グループセブジャパンティファール スプーン キッチンツール エピスAmazon最安値345円(税込)

調理スプーンのおすすめ商品比較表

商品画像
シリコーン調理スプーン
スプーン キッチンツール エピス
残さずすくえるスプーンヘラ
シリコン サーバースプーン
メーカー

良品計画

グループセブジャパン

マーナ

サンクラフト

商品名

無印良品 シリコーン調理スプーン

ティファール スプーン キッチンツール エピス

残さずすくえるスプーンヘラ

シリコン サーバースプーン

最安値
590円(税込)
Amazon345円(税込)
楽天市場1,158円(税込)
Amazon346円(税込)
商品リンク
この記事の修正依頼を送る

関連記事