UVカット手袋・アームカバーのおすすめ4選&選び方【紫外線対策】

UVカット手袋・アームカバーのおすすめ4選&選び方【紫外線対策】

夏の直射日光やアウトドアの虫除けに効果的なアイテムが「UVカット手袋・アームカバー」です。女性だけでなく男性用もあり、スポーツや運転のときに着用できます。デザインも、ロングやショート丈、おしゃれなレース付きなど、いろいろな種類があります。今回はUVカット手袋・アームカバーの選び方、おすすめな商品についてご紹介します。

UVカット手袋・アームカバーの種類と特徴

UVカット手袋はUVカット加工された素材で腕全体を覆い、日焼け防止に役立つ手袋です。アームカバーは暑いときや寒いときの体温調整やアウトドアで虫から肌を守る役目もあります。日々の日焼け対策用の商品や、スポーツをする際に適した商品などがあります。

デザインが豊富で着け心地のいい日常用

デザインが豊富で着け心地のいい日常用

出典:amzn.asia

主に日常生活において日焼けをしないように、UVカット加工された素材で作られています。つけ心地がほどタイトな商品もあれば、逆にゆったりとしたデザインのものもあります。コットンや麻、ポリエステルの他、シルク素材もあります。

ズレにくく防寒にもなるスポーツ用

ズレにくく防寒にもなるスポーツ用

出典:amzn.asia

スポーツをするときに着用するもので、防寒目的や筋肉をサポートするように設計された作りとなっています。着圧感も普段使いの商品よりはしっかり感じられ、伸縮性の高い素材を使用しています。

UVカット手袋・アームカバーを選ぶポイント

繊維の密度でUVカット効果が変わる

繊維の密度でUVカット効果が変わる

出典:amzn.asia

紫外線をカットする効果は生地の厚さや繊維の密度によって変化します。レース生地や薄くて透けやすいものですと涼しくはなりますが、生地が厚いものや繊維の目が詰まった密度の高い商品の方がカット効果が高くなります。日焼け対策として選ぶ場合、素材も確認するようにしてください。

使用期間に合わせて加工方法をチェック

UVカットの加工には、素材の中にUVカット剤を練り込む方法と、完成した製品にUVカット効果を付着させる方法の2つあります。繊維に練り込む方法で紫外線カット加工された商品は紫外線対策の効果が高く、長期間使用することができます。後から付着させた商品は、洗濯などで効果が薄れてしまうことがありますが、比較的に価格が安いというメリットがあります。

UPF指数が高いほど効果が期待できる

UPF指数とはUV Protection factorの略で「紫外線保護指数」といい、紫外線からどのくらい肌を保護できるかを表す数値です。数値が高いほど効果が高いので、UVカット率と合わせてこちらの数値もチェックしておくとよいでしょう。

日焼け予防したい箇所にあった形を選ぶ

日焼け予防したい箇所にあった形を選ぶ

出典:amzn.asia

UVカット手袋には、指から手首、ひじ、肩まですっぽりカバーできる商品など、丈の長さもいろいろあります。肩まですっぽり覆えるタイプは約80cm前後あり、ノースリーブでも肩の日焼けを気にせずに過ごせます。ずれ落ちてしまったり締め付けが気になる場合は、ショルダー部分がつながったタイプもあります。

付け心地のよさも大切

スポーツやウォーキングには、動きやすくてほどよい締め付けがある商品がおすすめです。着圧が筋肉をサポートしてくれます。普段使いには、開き口の部分がきつすぎずソフトなゴムで作られているものだと締め付けの圧迫感もなくリラックスして使えます。

肌に優しいか素材かどうか

刺激を避けたい敏感肌の方にとっては、肌に優しい素材かどうかも選ぶポイントです。オーガニックコットンやシルク素材のUVカット手袋は肌に優しく、つけ心地も滑らかです。ふんわりと柔らかい肌触りが心地よく、特にシルク素材は綿に比べて吸湿性が優れているので、夏でも冬でも快適に着用できます。

蒸れにくい加工がしてあると暑くても使える

腕の内側にメッシュ素材を施してあるものは、通気性がよいので快適に過ごせます。また麻(リネン)素材は優しい肌触りのシャリ感があり、吸水性や速乾性に優れているので冷涼感も得られます。

色によっても紫外線予防効果が変化する

色は「紫外線透過率」によっても変わっていきます。濃い色の商品は、紫外線を通しにくくなり紫外線対策の効果が高くなります。例えば黒や紺、茶色、赤などです。特に黒は高い効果を得やすいのですが、熱を吸収しやすい色でもあります。

UVカット手袋・アームカバーの効果的な使い方

手元、特に手の甲は人目につきやすい部分であり、紫外線対策を怠っているとシミやしわがでやすいです。UVカット手袋やアームカバーでしっかりとケアしていきたいところです。紫外線が強い日のお出かけには、日焼け止めクリームを塗ってからUVカット手袋・アームカバーを着用すると、より一層日焼け対策への効果が高くなります。

UVカット手袋・アームカバーのおすすめ4選

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値865円(税込)

この商品の特徴

指あきタイプで二の腕まですっぽり覆ってくれるロングタイプです。ストレッチ素材とクール素材のため、ほどよい着圧感とともにひんやりとした冷涼感も体感できます。UPFは50+で紫外線(UV)カット率は99.7%と紫外線対策も期待できます。くるくるっと巻いて車のサイドポケットにも収納できるコンパクトさがうれしいです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

指あきタイプで二の腕まですっぽり覆ってくれるロングタイプです。ストレッチ素材とクール素材のため、ほどよい着圧感とともにひんやりとした冷涼感も体感できます。UPFは50+で紫外線(UV)カット率は99.7%と紫外線対策も期待できます。くるくるっと巻いて車のサイドポケットにも収納できるコンパクトさがうれしいです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値3,000円(税込)

この商品の特徴

アスリートにも人気のこちらの商品は、コールドブラックという特殊加工された生地を採用しています。これによりひんやりと涼しい着心地が得られるのです。また、吸汗速乾に優れ、ヒジの内側はメッシュ仕様なので、べとつかず快適です。袖口にはラッセルテープがついているので、ずり落ちてしまうわずらわしさからも解放されます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

アスリートにも人気のこちらの商品は、コールドブラックという特殊加工された生地を採用しています。これによりひんやりと涼しい着心地が得られるのです。また、吸汗速乾に優れ、ヒジの内側はメッシュ仕様なので、べとつかず快適です。袖口にはラッセルテープがついているので、ずり落ちてしまうわずらわしさからも解放されます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値900円(税込)

この商品の特徴

ブラック・ブラウン・グレー・ホワイトの4色から選べるおしゃれな指なしのUVカット手袋です。接触冷感加工によりひんやりとしたつけ心地は、夏の炎天下でも気持ちよく使えます。手首の深い部分までカバーしてくれるので、お手持ちの洋服とコーディネートしながら紫外線対策できます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ブラック・ブラウン・グレー・ホワイトの4色から選べるおしゃれな指なしのUVカット手袋です。接触冷感加工によりひんやりとしたつけ心地は、夏の炎天下でも気持ちよく使えます。手首の深い部分までカバーしてくれるので、お手持ちの洋服とコーディネートしながら紫外線対策できます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値1,100円(税込)

この商品の特徴

全部で5色(ブラック、グレー、ピンク、ホワイト、ブルー)から選べる紫外線(UV)カット率95%の手袋です。抗菌防臭や吸湿吸汗、ドライ機能がついているので、ガーデニングや屋外作業、ウォーキングといった日常生活から、アウトドア・レジャー・旅行にまで、幅広いシーンで活躍できます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

全部で5色(ブラック、グレー、ピンク、ホワイト、ブルー)から選べる紫外線(UV)カット率95%の手袋です。抗菌防臭や吸湿吸汗、ドライ機能がついているので、ガーデニングや屋外作業、ウォーキングといった日常生活から、アウトドア・レジャー・旅行にまで、幅広いシーンで活躍できます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー