ジャンプスターターのおすすめ7選!モバイルバッテリー搭載商品も【2021年版】

ジャンプスターターのおすすめ7選!モバイルバッテリー搭載商品も【2021年版】

ジャンプスターターとは、車やバイクのバッテリーが上がってしまったときに、エンジンを始動させることができるアイテムです。トラックに対応できる24Vの商品や、日本製の商品、モバイルバッテリー機能を搭載した商品も販売されています。今回はジャンプスターターの選び方や使い方、日立、Anker、Arteck、Suaokiなどのメーカーのおすすめ商品を紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

ジャンプスターターとは

ジャンプスターターとは

出典:Amazon.co.jp

ジャンプスターターとは、車やバイクのバッテリーが上がってしまってエンジンが動かないときに、エンジンを始動させるために使う外付けのバッテリーです。バッテリーバルブにケーブル接続するだけで簡単に使うことができます。安全性が高くて高出力なリチウムイオンバッテリーを使用した商品が多く、モバイルバッテリー機能を備えたコンパクトな商品もあります。ジャンプスターターを充電した状態で用意しておくことで、業者を呼んだりせずに、すぐにエンジンを始動させることができます。

ジャンプスターターの選び方

使う車に合わせて電圧(V数)を選ぶ

使う車に合わせて電圧(V数)を選ぶ

出典:Amazon.co.jp

ジャンプスターターを選ぶ際は、乗っている車のカーバッテリーに合わせて電圧(V数)を選びましょう。ほとんどの車は12Vのバッテリーを積んでいますが、トラックやバスなどは24Vのバッテリーを積んでいるため、それぞれに合ったジャンプスターターを使う必要があります。異なる電圧のジャンプスターターを接続すると、故障の原因にもなるため注意しましょう。

使う車に合わせて最大電流(A数)を選ぶ

使う車に合わせて最大電流(A数)を選ぶ

出典:Amazon.co.jp

ジャンプスターターは、使う車に合わせて最大電流(A数)を選びましょう。始動する車のエンジンの大きさによって、必要な電流の大きさが異なります。普通車なら300Aほどで始動できますが、排気量の多い大型車には400A程度、また欧米車やスポーツカー、ディーゼル車、高級車などには700A程度ある商品がおすすめです。

電池容量(mAh)が多いと使用回数が多い

電池容量(mAh)が多いと使用回数が多い

出典:Amazon.co.jp

ジャンプスターターは、電池容量によって、エンジンを始動できる回数が異なります。10,000mAh前後のジャンプスターターの場合は、15回程度始動できるものが多いです。エンジンの始動に何度も失敗すると、電池容量がなくなって動作しなくなることもあるため、不安な方は、電池容量が大きくて何回か試すことができる商品を選びましょう。

ショートや逆接続が防げる保護機能付きもチェック

ショートや逆接続が防げる保護機能付きもチェック

出典:Amazon.co.jp

ジャンプスターターには、逆接続などの事故を防ぐための、保護機能が付いた商品もあります。保護機能がついていると、低電圧や高電圧、ショート、過充電といった事故の発生を未然に防げます。また、防水機能付きの商品は、野外で雨が降っていても使用できます。

用途に合わせたサイズを選ぶ

用途に合わせたサイズを選ぶ

出典:Amazon.co.jp

ジャンプスターターは、ガレージに常備しておくのか、車に積んでおくのか、自分で持ち歩くのかによって、適切なサイズが変わります。持ち運びを前提として購入する場合は、小型サイズの商品を選びましょう。大きいサイズの商品は、バッテリーの容量が大きかったり、LEDライトなどの付帯機能が搭載されていたりするタイプが多いです。実際の使用環境を想定して選ぶのがおすすめです。

非常時の備えにはモバイルバッテリー兼用がおすすめ

非常時の備えにはモバイルバッテリー兼用がおすすめ

出典:Amazon.co.jp

ジャンプスターターには、スマホなどのモバイル端末を充電できる商品もあり、非常時に備えておくのにおすすめです。2つ以上のUSBポートが付いている商品もあり、1度に複数台の電子機器をまとめて充電できます。

ジャンプスターターのおすすめ7選

出典:Amazon.co.jp

非常時や夜間作業に役立つLEDライトを搭載

12Vバッテリー搭載の車やバイク、24Vバッテリー搭載のトラックや農機に使用できるジャンプスターターです。コンパクトな軽量タイプで、専用ケースが付属しているため、携帯や収納がしやすいです。LEDライトが搭載されており、非常時や夜間作業に役立ちます。リチウムイオンバッテリーで、24,000mAhの大容量タイプです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

非常時や夜間作業に役立つLEDライトを搭載

12Vバッテリー搭載の車やバイク、24Vバッテリー搭載のトラックや農機に使用できるジャンプスターターです。コンパクトな軽量タイプで、専用ケースが付属しているため、携帯や収納がしやすいです。LEDライトが搭載されており、非常時や夜間作業に役立ちます。リチウムイオンバッテリーで、24,000mAhの大容量タイプです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

5.00(1件)

タブレットやスマホなどの電子機器も充電できる

最大電流が300Aで、12Vバッテリー対応のジャンプスターターです。最大約20回のジャンプスタートができます。120時間以上持続できる、LEDライトを搭載しており、非常時にも役立てることができます。タブレットやスマホなどの電子機器を充電することもできます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

タブレットやスマホなどの電子機器も充電できる

最大電流が300Aで、12Vバッテリー対応のジャンプスターターです。最大約20回のジャンプスタートができます。120時間以上持続できる、LEDライトを搭載しており、非常時にも役立てることができます。タブレットやスマホなどの電子機器を充電することもできます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

安心して使用できる9つの保護機能を搭載

安全性の高いリチウム電池を使用した、ジャンプスターターです。9つの保護機能が搭載されているので、安心して使用できる商品です。自動充電機能がついているため、電池切れの心配もありません。防水、防塵対策搭載で、LEDライトも備えています。約2,000サイクルの使用が可能で、長く使い続けられる商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

安心して使用できる9つの保護機能を搭載

安全性の高いリチウム電池を使用した、ジャンプスターターです。9つの保護機能が搭載されているので、安心して使用できる商品です。自動充電機能がついているため、電池切れの心配もありません。防水、防塵対策搭載で、LEDライトも備えています。約2,000サイクルの使用が可能で、長く使い続けられる商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

災害時のポータブル電源にも使えるジャンプスターター

排気量6L以下の12V車と、10.7L以下の24V車に対応しているジャンプスターターです。100VのAC電源やシガーソケット、USBポート、LEDライトなども備えているため、災害時のポータブル電源としても活躍します。様々なシーンで便利に使えるので、非常時に備えて持っておきたい方にもおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

災害時のポータブル電源にも使えるジャンプスターター

排気量6L以下の12V車と、10.7L以下の24V車に対応しているジャンプスターターです。100VのAC電源やシガーソケット、USBポート、LEDライトなども備えているため、災害時のポータブル電源としても活躍します。様々なシーンで便利に使えるので、非常時に備えて持っておきたい方にもおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最大6.0Lまでのガソリンエンジン車に対応

車のバッテリー切れの際に活躍する、頑丈でコンパクトなジャンプスターターです。最大6.0Lまでのガソリンエンジン車に対応していて、一度の充電で、約15回のジャンプスタートが可能です。2つのUSBポート付きで、スマートフォン等の充電も出来ます。LEDライト搭載で夜間も安全に過ごすことが出来ます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

最大6.0Lまでのガソリンエンジン車に対応

車のバッテリー切れの際に活躍する、頑丈でコンパクトなジャンプスターターです。最大6.0Lまでのガソリンエンジン車に対応していて、一度の充電で、約15回のジャンプスタートが可能です。2つのUSBポート付きで、スマートフォン等の充電も出来ます。LEDライト搭載で夜間も安全に過ごすことが出来ます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

12Vバッテリーと24Vバッテリーの両方に対応

12Vバッテリーと24Vバッテリーの両方に対応したジャンプスターターです。最大電流は800Aと大きく、バッテリー容量も26,000mAhと大容量なので、非常時にも安心して使えます。また、短絡や逆接続といった誤操作に対しては安全装置が作動するため、故障や事故も未然に防ぎやすい商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

12Vバッテリーと24Vバッテリーの両方に対応

12Vバッテリーと24Vバッテリーの両方に対応したジャンプスターターです。最大電流は800Aと大きく、バッテリー容量も26,000mAhと大容量なので、非常時にも安心して使えます。また、短絡や逆接続といった誤操作に対しては安全装置が作動するため、故障や事故も未然に防ぎやすい商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

バッテリーの電圧を確認できる液晶ディスプレイを搭載

12V車用のジャンプスターターです。バッテリーの容量が20,800mAhと大きいため、モバイルバッテリーとしても活躍します。また、ピーク電圧が2,000Aなので、排気量の大きいスポーツカーや外国車のエンジンでも、問題なく始動できます。液晶ディスプレイが搭載されており、車載バッテリーの電圧を確認することも可能です。USB Type-Cの入出力端子がついているので、ジャンプバッテリー本体の高速充電ができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

バッテリーの電圧を確認できる液晶ディスプレイを搭載

12V車用のジャンプスターターです。バッテリーの容量が20,800mAhと大きいため、モバイルバッテリーとしても活躍します。また、ピーク電圧が2,000Aなので、排気量の大きいスポーツカーや外国車のエンジンでも、問題なく始動できます。液晶ディスプレイが搭載されており、車載バッテリーの電圧を確認することも可能です。USB Type-Cの入出力端子がついているので、ジャンプバッテリー本体の高速充電ができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

ジャンプスターターの使い方

ジャンプスターターの使い方

出典:Amazon.co.jp

ジャンプスターターを使うときは、まず、赤色のケーブルのクリップをバッテリーの赤色の端子に繋ぎ、黒色のケーブルのクリップを黒色の端子に繋ぎます。順番を間違えるとショートする場合があるため、注意しましょう。エンジンをかけて始動したら、黒色のケーブルのクリップ、赤色のケーブルのクリップの順番に外して完了です。

バッテリーが上がりにくくするための対策

定期的にバッテリーの電圧を計測する

突然のバッテリー上がりを防ぐために、定期的にバッテリーの劣化がないかどうか、テスターを使って電圧を計測しましょう。バッテリーの寿命は、2年から5年程度と個体によって差があるため、2年を過ぎたあたりから数ヶ月に1度は電圧を確認して、劣化が進んでいないか確認すると安心です。バッテリー電圧は、エンジン停止時で12.5V、始動後で13.5V程度が目安なので、12Vを下回るようならばバッテリー交換を検討しましょう。

定期的にエンジンをかけて走行する

バッテリーは、エンジンを始動しないと自動で放電が進むため、定期的にエンジンをかけて走行し、充電する必要があります。新しいバッテリーの場合は、3ヶ月程度エンジンをかけなくても問題なくエンジン始動できる場合が多いですが、長く使用している場合は月に1度は運転してバッテリーを充電する必要があります。アイドリングや短距離の運転ではバッテリーの充電がしっかりできないので、目安としてエンジンの回転数を上げた状態で、2〜3時間程度はドライブし、しっかり充電するようにしましょう。

電源確保ができるUSBカーチャージャーもおすすめ

USBカーチャージャーは、車内で電子機器を使う際の電源確保に役立つアイテムです。ジャンプスターターを車内で保管する場合は、定期的にUSBカーチャージャーを使って満充電となるよう、充電しましょう。USBカーチャージャーの選び方やおすすめ商品を紹介しているので、あわせてチェックしてみてください。

ジャンプスターターのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

人気記事