ジャンプスターターのおすすめ7選【2019年版】

ジャンプスターターのおすすめ7選【2019年版】

ジャンプスターターは、ライトのつけっぱなしなどで、車やバイクのバッテリーがバッテリーが上がってしまったときにエンジンを始動するのに使う道具です。モバイルバッテリー機能やライトを備えた商品もあり、スマホの充電や懐中電灯として使用することもできます。今回は、ジャンプスターターの選び方をはじめ、日本製の日立の商品や、Anker、SUAOKI、Arteckといったメーカーのおすすめ商品をご紹介します。

ジャンプスターターの選び方

車格に対応した電圧(V)か確認する

車格に対応した電圧(V)か確認する

使っている車に対応しているかを確認しましょう。車格(エンジンの排気量)に応じて、必要な電力や出力数は変わってきます。車体や排気量が多いものは、ジャンプスターターも大きいものを選ばなければいけません。ディーゼル車を使っている方は特に、自分の車に対応しているかを確認しましょう。また、ほとんどの車は12Vのバッテリーを積んでいますが、小型のトラックなどは24Vのバッテリーを積んでいます。小型トラックの場合は、24Vに対応したジャンプスターターを購入しなければいけません。電圧が違うのに接続してしまうと、故障してしまう原因にもなるので、十分に注意してください。

ジャンプできる回数をチェックする

一度の充電で何回エンジンを始動できるかを確認しましょう。10,000mAh前後のジャンプスターターの場合は、15回程度始動できるものが多いです。

電流(A)の大きさをチェックする

始動する車のエンジンの大きさによって、必要な電流の大きさが異なります。普通車なら300Aほどで始動可能ですが、排気量の大きい大型車なら400A程度、また欧米車やスポーツカー、ディーゼル車、高級車などは700Aほどあると安心です。使用するクルマに適切か、ジャンプスターターの最大電流にも注意して選びましょう。

保護機能・防水機能の有無をチェックする

保護機能は、電気的な事故を防ぐための機能です。短絡や逆接、低電圧、高電圧、過充電など、ジャンプスターターを使っていると事故や故障の危険もあります。保護機能がついていると、事故などを防ぐこともできるので安心です。防水機能があると、車を停めた場所が外で、雨が降ってきてしまったときにも安心して充電できます。

スマホ充電にも対応していると便利

スマホ充電にも対応していると便利

車のバッテリーを始動するために買ったとしても、スマホなどのモバイル端末も充電できたら、非常に便利です。ジャンプスターターにUSBポートが付いているか、また「何個のUSBポートが付いているか」ということもチェックしましょう。2つ付いていれば一度に2台充電することもできて便利です。

用途に合わせたサイズ・機能を選ぶ

ガレージに常備しておくのか、車に積んでおくのか、自分で持ち歩くのかによって、適切なサイズが変わります。持ち運びを前提として購入する場合は、小型サイズのものを選びましょう。大きいサイズのものは、バッテリーの容量が大きかったり、付帯機能が搭載されているものが多いです。実際の使用環境を想定した上で、選ぶことが大切です。

ジャンプスターターのおすすめ7選

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値24,780円(税込)
4.52(57件)

この商品の特徴

安全性の高いリチウム電池を使用した日立のジャンプスターターです。使い方によっては、危険なリチウム電池でも、9つの保護機能が搭載されているので安心して使用できる商品です。自動充電機能がついているので、電池切れの心配もありません。防水、防塵対策搭載で、LEDライトも備えているので機能性の高さが魅力です。約2,000サイクル使用可能で長寿命構造もおすすめポイントです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

安全性の高いリチウム電池を使用した日立のジャンプスターターです。使い方によっては、危険なリチウム電池でも、9つの保護機能が搭載されているので安心して使用できる商品です。自動充電機能がついているので、電池切れの心配もありません。防水、防塵対策搭載で、LEDライトも備えているので機能性の高さが魅力です。約2,000サイクル使用可能で長寿命構造もおすすめポイントです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値117,500円(税込)
-(0件)

この商品の特徴

排気量6L以下の12V車と、10.7L以下の24V車に対応しています。また、100VのAC電源、シガーソケット、USBポート、LEDライトを備えているため、ジャンプアップスターターとしてだけでなく、災害時のポータブル電源としても活躍します。一台もっておくと様々なシーンで活躍が期待でくるジャンプスターターです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

排気量6L以下の12V車と、10.7L以下の24V車に対応しています。また、100VのAC電源、シガーソケット、USBポート、LEDライトを備えているため、ジャンプアップスターターとしてだけでなく、災害時のポータブル電源としても活躍します。一台もっておくと様々なシーンで活躍が期待でくるジャンプスターターです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値8,999円(税込)
4.40(265件)

この商品の特徴

自動車のバッテリーが上がってしまった時に使えるジャンプスターターです。耐久性の高いケーブルとクランプが内蔵されており、1回の充電で4.0リットルエンジンまでの車を最大20回まで始動することが出来ます。USBでスマートフォンなどの機器の充電も可能なほか、120時間持続するLEDライトも内臓されており、LED フラッシュライト、ストロボライト、SOS 信号ライト3つのモードで、緊急時にも対応しています。アウトドアなどの機会が多い方に、万が一に備えて車載しておくと安心なアイテムです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

自動車のバッテリーが上がってしまった時に使えるジャンプスターターです。耐久性の高いケーブルとクランプが内蔵されており、1回の充電で4.0リットルエンジンまでの車を最大20回まで始動することが出来ます。USBでスマートフォンなどの機器の充電も可能なほか、120時間持続するLEDライトも内臓されており、LED フラッシュライト、ストロボライト、SOS 信号ライト3つのモードで、緊急時にも対応しています。アウトドアなどの機会が多い方に、万が一に備えて車載しておくと安心なアイテムです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値7,999円(税込)
4.20(13件)

この商品の特徴

車のバッテリー切れの際に活躍する、頑丈でコンパクトなジャンプスターターです。排気量2.8L以下のガソリン12V車に対応し、一度の充電で約15回のジャンプスタートが可能です。2つのUSBポートでスマートフォン等の充電も出来、LEDライト搭載で夜間も安全に過ごすことが出来ます。グローブボックスに入るので、場所を取らずに安心に備えておきたい方にぴったりです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

車のバッテリー切れの際に活躍する、頑丈でコンパクトなジャンプスターターです。排気量2.8L以下のガソリン12V車に対応し、一度の充電で約15回のジャンプスタートが可能です。2つのUSBポートでスマートフォン等の充電も出来、LEDライト搭載で夜間も安全に過ごすことが出来ます。グローブボックスに入るので、場所を取らずに安心に備えておきたい方にぴったりです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値20,800円(税込)

この商品の特徴

12Vバッテリー搭載の乗用車とバイク、24Vバッテリー搭載のバスやトラックをはじめとした大型車、農作業用車に対応したジャンプスターターです。最大電流は800A、バッテリー容量は24,000と大容量かつ高スペックなため、いざというときにもエンジンを始動することができます。また、短絡や逆接続といった誤操作に対して安全装置が搭載されているので、故障や事故の防止対策も安心です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

12Vバッテリー搭載の乗用車とバイク、24Vバッテリー搭載のバスやトラックをはじめとした大型車、農作業用車に対応したジャンプスターターです。最大電流は800A、バッテリー容量は24,000と大容量かつ高スペックなため、いざというときにもエンジンを始動することができます。また、短絡や逆接続といった誤操作に対して安全装置が搭載されているので、故障や事故の防止対策も安心です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値8,199円(税込)

この商品の特徴

12V車用のジャンプスターターです。バッテリーの容量が20,800mAhと大きいため、モバイルバッテリーとしても活躍します。また、ピーク電圧が2,000Aなので、排気量の大きいスポーツカーや外国車のエンジンでも、問題なく始動できます。液晶ディスプレイが搭載されており、車載バッテリーの電圧を確認することも可能です。USB Type-Cの入/出力端子がついているので、ジャンプバッテリー本体の高速充電ができるのも利点です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

12V車用のジャンプスターターです。バッテリーの容量が20,800mAhと大きいため、モバイルバッテリーとしても活躍します。また、ピーク電圧が2,000Aなので、排気量の大きいスポーツカーや外国車のエンジンでも、問題なく始動できます。液晶ディスプレイが搭載されており、車載バッテリーの電圧を確認することも可能です。USB Type-Cの入/出力端子がついているので、ジャンプバッテリー本体の高速充電ができるのも利点です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値8,200円(税込)

この商品の特徴

ガレージや車庫に常備しておくタイプのジャンプスターターです。12Vガソリン車の6L車、ディーゼル車の5L車に対応しています。また、エアコンプレッサーを搭載しているため、タイヤの空気圧チェックならびに空気入れが可能です。その他、モバイルバッテリー機能、ライトが付帯機能としてついているので、アウトドアなどに持っていっても重宝します。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ガレージや車庫に常備しておくタイプのジャンプスターターです。12Vガソリン車の6L車、ディーゼル車の5L車に対応しています。また、エアコンプレッサーを搭載しているため、タイヤの空気圧チェックならびに空気入れが可能です。その他、モバイルバッテリー機能、ライトが付帯機能としてついているので、アウトドアなどに持っていっても重宝します。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

ジャンプスターターのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

おすすめ記事

ジャンプスターターの人気売れ筋ランキング

おすすめキーワード

紹介されているメーカー