ルーフテントのおすすめ8選!種類や人気メーカーを紹介

ルーフテントのおすすめ8選!種類や人気メーカーを紹介

簡単に快適なキャンプを実現してくれるのが「ルーフテント」です。車の屋根の上に設置することでキャンピングカーのように変身でき、ジムニーやハスラーなど軽自動車にも取り付けできます。ダイキやフジカーズジャパンなどのメーカー品があり、2万円前後の安いものから40万円以上のものまで、幅広い価格で販売されています。今回はルーフテントの選び方やコロンブスやスカイキャンプ、Altair130などの人気商品を紹介します。

アイキャッチ画像出典:ziferjapan.com

車中泊をルーフテントでより快適に 

車中泊をルーフテントでより快適に 

出典:ziferjapan.com

「ボート遊び」「釣り」「バーベキュー」「燻製料理作り」「キャンプファイヤー」など、キャンプには街中では味わえない特別な時間を楽しむことができるので、家族や友人とキャンプをしてみたいと思う方は多いのではないでしょうか。しかし、いざキャンプを始めようとしても、「テントの設営が大変そう」「車中泊は寝心地が悪そう」など、初心者の方にとってはハードルが高くなりがちです。そんな方におすすめなのが「ルーフテント」です。車の屋根に取り付けることで、簡単に開閉させられ、車をキャンピングカーのように変身させることができます。通常のテントを使用するよりも手軽に快適なキャンプができるので、キャンプ初心者の方にもおすすめのアイテムです。

ルーフテントを使うメリット・デメリット

メリット 

設置・展開が簡単にできる 

設置・展開が簡単にできる 

出典:ziferjapan.com

ルーフテントは、設置や展開を簡単に行うことができます。設置方法には、「手動式」「電動式」「ダンパー式」の3種類がありますが、いずれも通常のテントをキャンプ場に設営するよりも簡単に作業ができます。ルーフテントは、テントの設営に不慣れな初心者の方におすすめです。

車中泊よりも快適に過ごせる 

キャンプの手軽さを重視する場合、「車中泊」という選択肢もあります。しかし、車中泊では車のシートの段差やカーブにより身体に負担がかかるので、寝心地が悪く感じる方も多いでしょう。一方で、ルーフテントは車の屋根の上に設営するアイテムです。底面は平らな状態になるので、テント内でも快適に眠ることができます。

キャンピングカーを購入するより安く済む 

ルーフテントは、自家用車をキャンピングカーのように使用できるのが大きなメリットです。キャンピングカーを購入すると中古車でも150万~300万前後はかかりますが、ルーフテントの人気商品の場合、20万~30万円くらいで購入できます。ルーフテントは、安い値段で必要なときだけ自家用車をキャンピングカーのように使用できるので、キャンピングカーよりもコスパが良いと言えます。

軽自動車の屋根にも設置できる 

ルーフテントは、軽自動車などのコンパクトサイズの車にも設営ができます。軽トラなど少し車体が長めの車に取り付ければ、大人が足を伸ばして寝ることも可能です。コスパの良い軽自動車をキャンピングカー代わりに利用できるのは、コスト面での大きなメリットです。

デメリット 

風の影響を受けやすい 

ルーフテントは、車の屋根の上という高い位置に設営するので、風の影響を受けやすくなります。強風時や台風時に使用するのは大変危険です。風の影響を受けない天候の良いタイミングで使用することをおすすめします。

真夏や真冬の使用には向かない

キャンピングカーとは異なり、ルーフテントには冷暖房設備がありません。真夏や真冬などの極端に気温が高くなる(低くなる)季節の使用には適さないので注意が必要です。春や秋などの気温の変化がある時期でも、念のためヒーターや扇風機などの冷暖房などを持ち込むことをおすすめします。

車のサイズによっては積めない場合がある 

ルーフテントはコンパクトに収納できるタイプが多いですが、軽自動車など車の収納スペースが小さい場合は、荷物として積めない可能性があります。購入前には、ルーフテントの収納時のサイズが車の収納スペースに入ることを確認することをおすすめします。

ルーフテントの選び方 

種類で選ぶ 

開閉が簡単にできる「シェルタイプ」

開閉が簡単にできる「シェルタイプ」

出典:ziferjapan.com

「シェルタイプ」とは、横から見ると貝のように三角形のタイプのことです。「シェルタイプ」のメリットは、とにかく開閉が簡単にできることです。「ダンパー式」という開閉方法を採用しており、少し手を添えるだけで自動で開閉してくれます。力の弱い女性や1人旅の方にもおすすめです。ただし、テント内のスペースは狭めなので、人数や身体の大きさによっては窮屈に感じる場合もあります。 

高さがあるので過ごしやすい「タワータイプ」

高さがあるので過ごしやすい「タワータイプ」

出典:ziferjapan.com

「タワータイプ」とは、他のタイプよりも高さのある四角い形状のタイプのことです。高さがあるので、テント内で座ったり移動するなどしても過ごしやすいのが特徴です。また、四辺に壁があるので、通気性がよいタイプが多いというメリットもあります。

カスタマイズもできる「トップテントタイプ」

カスタマイズもできる「トップテントタイプ」

出典:ziferjapan.com

「トップテントタイプ」とは、一般的なテントそのものの形状のタイプです。 テントとしての機能性が抜群なので、しっかりと居住空間を確保することができます。また、別売りのキャンプ用アイテムを取り付けて、カスタマイズできるのも「トップテントタイプ」の魅力です。

設置方法で選ぶ 

価格が安い「手動式」

「手動式」は、取り付けたハンドルをくるくると回すことで、ルーフテントの開閉を行うタイプです。ハンドルを回す手間と少し力が必要なタイプですが、その分他のタイプよりも価格が安いのが特徴です。コストを安く抑えたい方や、力のある男性などにおすすめのタイプです。 

ロックを外してスイッチを押す「電動式」

「電動式」は、ロックを解除してリモコンのスイッチを押すだけで、ルーフテントが自動的にゆっくりと開くタイプです。力も手間もかからないので、とにかく楽に開閉作業を行いたい方におすすめです。価格は「手動式」よりは高くなります。 

ロックを外すだけの「ダンパー式」 

「ダンパー式」は、ロックを解除するだけで、ルーフテントが一気に開くタイプです。開く時は「電動式」よりもさらに作業が少なく済みますが、閉めるときは手動になります。価格は、「手動式」よりも高くなります。

ルーフテント使用上の注意点 

車高に注意する 

ルーフテントを取り付けるとその分、車高が高くなります。取り付け後の車高を事前に計測しておくことをおすすめします。ルーフテントを取り付けた状態で、立体駐車場などに停車する必要がある場合は、特に注意が必要です。

強風や台風時の使用は控える 

前述しましたが、ルーフテントは高い位置に設置するアイテムなので、風の影響を受けやすくなります。強風や台風時の使用は控えることをおすすめします。

ルーフテントのおすすめメーカー 

ZIFER JAPAN 

「ZIFER JAPAN」は、1958年イタリアで「ジフェル・イタリア社」が発明したルーフテントの正規輸入元です。「マジョリーナ」「コロンブス」などの人気商品がある世界的メーカーです。

ダイキ 

「ダイキ」は、愛知県を拠点とするルーフテントの販売元です。「Easy Camperシリーズ」などの人気商品を取り扱い、購入を予定する人向けのレンタル制度などもあります。

フジカーズジャパン 

「フジカーズジャパン」は、東京本社で全国展開するキャンピングカーメーカーです。「シェル型」「タワー型」「テント型」の3種類を取り揃えており、アフターケアも充実しています。

ルーフテントジャパン 

「ルーフテントジャパン」は、愛知県を拠点とするルーフテントメーカーです。軽量さと通気性などの機能性を追求した「Altair」などの人気商品があります。

シェルタイプのルーフテントのおすすめ2選

コロンブス・ヴァリアント

出典: ziferjapan.com

最安値426,600円(税込)

この商品の特徴

車での旅のパートナーとして最適なルーフテントです。繊維強化プラスティックを採用しており、断熱性に優れた生地は、夏の暑さや冬の寒さからテント内をしっかりと守ってくれるので快適に過ごすことができます。外装は車用のカーシャンプーやワックスを使用することができ、お手入れも簡単です。見た目にも機能性にもこだわって作られたテントです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

車での旅のパートナーとして最適なルーフテントです。繊維強化プラスティックを採用しており、断熱性に優れた生地は、夏の暑さや冬の寒さからテント内をしっかりと守ってくれるので快適に過ごすことができます。外装は車用のカーシャンプーやワックスを使用することができ、お手入れも簡単です。見た目にも機能性にもこだわって作られたテントです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

最安値198,000円(税込)

この商品の特徴

多くの車種に対応できるルーフテントです。ダンパー式を採用しておい展開を簡単に行うことができます。材質は繊維強化プラスチックで、強度もあり安心です。断熱性にも優れており、テント内では快適に過ごすことができます。リア側には雨の日にも風通しが良いようにシェード付きです。収納時のサイズは215×127×29cm、展開時のサイズは215×127×100cmです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

多くの車種に対応できるルーフテントです。ダンパー式を採用しておい展開を簡単に行うことができます。材質は繊維強化プラスチックで、強度もあり安心です。断熱性にも優れており、テント内では快適に過ごすことができます。リア側には雨の日にも風通しが良いようにシェード付きです。収納時のサイズは215×127×29cm、展開時のサイズは215×127×100cmです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

タワータイプのルーフテントのおすすめ4選

30秒で開閉できる車載型ルーフトップテント

出典: weed10.com

最安値398,000円(税込)

この商品の特徴

短時間で開閉可能な車載型ルーフトップテントです。3秒で蓋が開き、30秒程度で伸縮パネルを引き出すことができます。はしごを設置すれば設置完了です。1分以内に作業が終わります。取り換え可能な生地でできており、夏はメッシュテントで風通しを良く、冬場はキャンバス素材に戻すことができるので快適です。伸縮自在の延長ボード付きなので広々とした空間を作ることができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

短時間で開閉可能な車載型ルーフトップテントです。3秒で蓋が開き、30秒程度で伸縮パネルを引き出すことができます。はしごを設置すれば設置完了です。1分以内に作業が終わります。取り換え可能な生地でできており、夏はメッシュテントで風通しを良く、冬場はキャンバス素材に戻すことができるので快適です。伸縮自在の延長ボード付きなので広々とした空間を作ることができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

最安値149,900円(税込)

この商品の特徴

車の天井に取り付けるタイプのテントです。アルミパイプで作られた軽量なフレームと、「ダブルウォール」構造で外側・内側に防水処理された安心空間のテントの中には、ターポリン床が装備され、4cmと薄いマットレスでも最高の寝心地を感じられます。キャンパーは130の場合で左右に2名寝る事ができます。軽量で寝やすいルーフテントをお求めの方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

車の天井に取り付けるタイプのテントです。アルミパイプで作られた軽量なフレームと、「ダブルウォール」構造で外側・内側に防水処理された安心空間のテントの中には、ターポリン床が装備され、4cmと薄いマットレスでも最高の寝心地を感じられます。キャンパーは130の場合で左右に2名寝る事ができます。軽量で寝やすいルーフテントをお求めの方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

ダンパー式ルーフテント

出典: enjoycamper.com

最安値277,000円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

マジョリーナ・エアランダー

出典: ziferjapan.com

最安値395,000円(税込)

この商品の特徴

ジファージャパンのルーフテントです。ベテラン職人の手によって作られたFRP(繊維強化プラスチック)製のテントは剛性や扱い易さに優れ、外装も高い断熱性で夏の暑さや冬の寒さからテント内を守ってくれます。小さな車からクロカン四駆など、様々な車両に搭載できます。アウトドア好きな方、より良い性能のルーフテントをお探しの方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ジファージャパンのルーフテントです。ベテラン職人の手によって作られたFRP(繊維強化プラスチック)製のテントは剛性や扱い易さに優れ、外装も高い断熱性で夏の暑さや冬の寒さからテント内を守ってくれます。小さな車からクロカン四駆など、様々な車両に搭載できます。アウトドア好きな方、より良い性能のルーフテントをお探しの方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

トップテントタイプのルーフテントのおすすめ2選

Overland オーバーランド

出典: ziferjapan.com

最安値350,000円(税込)

この商品の特徴

家のような外観のルーフテントです。テント床面に組込まれたブラケットが本体とハシゴを一体化させ、収納時もしっかりと固定させることができます。また、固定用C型ガイドレールの向きを変えることで、テント展開方向を2通りの中から選ぶことができ、状況に応じて使い分けられます。特に力を入れることなく、素早く展開収納できるのも特徴の1つです。アウトドアを楽しみたい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

家のような外観のルーフテントです。テント床面に組込まれたブラケットが本体とハシゴを一体化させ、収納時もしっかりと固定させることができます。また、固定用C型ガイドレールの向きを変えることで、テント展開方向を2通りの中から選ぶことができ、状況に応じて使い分けられます。特に力を入れることなく、素早く展開収納できるのも特徴の1つです。アウトドアを楽しみたい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

最安値128,000円(税込)

この商品の特徴

フジカーズジャパンのルーフトップテントです。収納時の124cm×124cm×29cmから約2倍の240cm×124cm×130cmに展開し、広々とした空間を作れます。展開方法もラダーを引き下げるだけと簡単です。収納時も専用カバー付きで、テントを汚すことなく保管できます。自家用車で気軽にキャンプに出掛けたい方におすすめのテントです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

フジカーズジャパンのルーフトップテントです。収納時の124cm×124cm×29cmから約2倍の240cm×124cm×130cmに展開し、広々とした空間を作れます。展開方法もラダーを引き下げるだけと簡単です。収納時も専用カバー付きで、テントを汚すことなく保管できます。自家用車で気軽にキャンプに出掛けたい方におすすめのテントです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

ルーフテントのおすすめ商品比較表

おすすめ記事

ルーフテントの人気売れ筋ランキング

おすすめキーワード

紹介されているメーカー