寝袋・シュラフのおすすめ6選&選び方【登山やキャンプに】

寝袋・シュラフのおすすめ6選&選び方【登山やキャンプに】

キャンプなどのアウトドアを楽しむために必要なのが「寝袋・シュラフ」です。泊まる場所や環境によって、どのような寝袋を使うのが良いのかは異なります。使用後のことを考えると、洗濯できるシュラフの方が衛生的ですよね。今回は、寝袋・シュラフの選び方や、人気のモンベルやコールマンのおすすめ商品をご紹介します。

寝袋・シュラフとは

寝袋は、シュラフ、スリーピングバッグと呼ばれることもあります。主に、キャンプなどのアウトドアで使いますが、防災時の布団代わり、または車中泊で使うこともできます。

寝袋・シュラフの選び方

封筒型とマミー型があります。封筒型は長方形なので、寝袋の中に空間的余裕があります。空気が入るぶん保温効果は下がりますが、寝ている時に身動きが取れるというメリットがあります。普段、膝を曲げたり寝返りをうったりする人には、こちらのタイプがおすすめです。

マミータイプは、足元の幅が狭いので身動きが取れません。しかし、保温性が高いため、気候の厳しいところでも重宝します。また、収納したときにコンパクトで軽いというメリットもあります。

中綿

ダウンは軽く、一般的に保温性が高いといわれています。しかし、劣化に伴い保温性は下がります。価格も高いことがデメリットです。

化学繊維はダウン程軽くありませんが、水には強いです。洗濯できる商品が多く衛生面でも優れており、お手入れは楽です。値段が安いということもあり、化学繊維のシュラフの方が一般的には人気があります。

快適使用温度

「限界使用温度マイナス〇度まで」という表示は最低限の基準ですので、安眠できるかには不安が残ります。「快適睡眠温度域」や「適応温度域」といったものを参考にすることをおすすめします。

ただし、実際に使う環境の湿度や風の強さ、使用者の服装や体調によっても体感温度は変化します。万全の準備を整えておきましょう。

デザインと機能

ファスナーが付いたシュラフで、全部展開できるタイプなら、毛布やマット代わりに使うこともできます。シュラフ同士を連結できるタイプであれば、数人で入って保温し合うことも可能です。さらに、帽子がついたシュラフなら頭まで温かいですが、そうでない場合は帽子をかぶる必要があります。

アウトドアで使用するなら、安全性を良くするために明るい色のシュラフを選ぶと良いでしょう。

寝袋・シュラフの主なメーカー 

Coleman(コールマン)

アメリカのアウトドア用品を製造、販売している会社です。テント、アウトドアテーブル・チェア、寝袋、ランタンなどのキャンプ用品の他、登山グッズやアウトドアウェアやグッズまで幅広い商品を扱っています。

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)

テントやハンモック、ファニチャーなどのアウトドア用品から、ビーチでの遊び道具や、ガーデン用ファニチャー、カヌーやサイクリング用自転車まで扱っています。

Bears Rock(ベアーズロック)

テントと、テント内で使うマットや枕、シュラフなどが充実しています。かわいいクマのマークが特徴です。

LOGOS(ロゴス)

テント、ファニチャー、寝袋、ランタンなどのアウトドア用品の他、アウトドアウェアも販売しています。ディズニーやサンリオのキャラクターを取り入れた商品があります。

mont-bell(モンベル)

モンベルは3人の山仲間で設立された日本の会社です。自然保護活動や、子ども達への野外体験学習にも力を入れています。本格的な登山用品、アウトドア用品を製造、販売しており、防寒効果のあるウェアが人気です。

寝袋・シュラフのおすすめ4選

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値3,950円(税込)

この商品の特徴

封筒型の寝袋なので、多少の寝返りができます。表地も裏地も中綿も、ポリエステル素材で濡れに強く洗濯ができます。シュラフを直接太陽にあてると劣化を早めるため、裏返しにしたら風通しの良い日陰で干すと長持ちします。アウトドア用ではなく、家で冬用の毛布代わりに使う方もいるようです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

封筒型の寝袋なので、多少の寝返りができます。表地も裏地も中綿も、ポリエステル素材で濡れに強く洗濯ができます。シュラフを直接太陽にあてると劣化を早めるため、裏返しにしたら風通しの良い日陰で干すと長持ちします。アウトドア用ではなく、家で冬用の毛布代わりに使う方もいるようです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値2,764円(税込)

この商品の特徴

春から秋の3シーズンに適したシュラフです。適応温度は5度から25度です。肩口にショルダーチューブが付いているので、放熱したり冷気をカットできます。ファスナー部からも温度調節が可能です。貴重品用ポケットと、収納ケースも付いています。寝袋の素材は、収納ケース同様にすべてポリエステルで、約1.1kgと軽量です。サイズは約幅80×長さ210cmあります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

春から秋の3シーズンに適したシュラフです。適応温度は5度から25度です。肩口にショルダーチューブが付いているので、放熱したり冷気をカットできます。ファスナー部からも温度調節が可能です。貴重品用ポケットと、収納ケースも付いています。寝袋の素材は、収納ケース同様にすべてポリエステルで、約1.1kgと軽量です。サイズは約幅80×長さ210cmあります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値23,650円(税込)

この商品の特徴

ウィンター用シュラフです。保温性と速乾性に優れており、マイナス7度の気温でも快眠できる作りです。3000m級の冬山でも使用できるという、本格派の登山グッズでもあります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ウィンター用シュラフです。保温性と速乾性に優れており、マイナス7度の気温でも快眠できる作りです。3000m級の冬山でも使用できるという、本格派の登山グッズでもあります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値9,680円(税込)

この商品の特徴

夏のアウトドアでも重宝するコットン素材の封筒型シュラフです。吸収した水分をスムーズに外部へ逃がす機能があります。収納袋は寝袋と同じ、お洒落なストライプがらです。沖縄ではほぼ一年中使えますが、札幌では初夏から秋にかけてが使用目安です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

夏のアウトドアでも重宝するコットン素材の封筒型シュラフです。吸収した水分をスムーズに外部へ逃がす機能があります。収納袋は寝袋と同じ、お洒落なストライプがらです。沖縄ではほぼ一年中使えますが、札幌では初夏から秋にかけてが使用目安です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー