オイルボトルのおすすめ11選!液だれしないガラス製も

オイルボトルのおすすめ11選!液だれしないガラス製も

オイルボトルは、調理油・オリーブオイル・ごま油など、様々なオイルを入れるための容器です。市販の油の容器は大きく重いものが多いため、オイルボトルを利用することで、油が使いやすくなり、キッチンの収納スペースもコンパクトにすることができます。注ぎ口からオイルが液だれしないものや、遮光性の高いガラス容器のものなど、オイルの種類や用途に応じて様々な種類があります。今回は、オイルボトルの選び方や、ニトリやIKEA、ハリオなどのおすすめ商品を紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

オイルボトルの選び方

液だれしないものを選ぶ

液だれしないものを選ぶ

出典:Amazon.co.jp

オイルボトルを選ぶ際に注意したいのが、注ぎ口からオイルが液だれしないことです。注ぎ口を蓋で密閉できるタイプや、オイルが漏れないような形状に工夫されているタイプを選びましょう。オイルが漏れてしまうと、トレーやテーブルなども油でベタベタになってしまいます。また、注ぎ口の付近に油のべたつきが残ってしまうと後の掃除の手間が増えてしまうため、注ぎ口はこまめに手入れを行いましょう。

注ぎ口の形状で選ぶ

使いやすい注ぐタイプ

使いやすい注ぐタイプ

出典:Amazon.co.jp

最も一般的な注ぎ口の形状で日常的にも使いやすいのが、注ぐタイプです。しかし、オイルでべたつきがちな注ぎ口なのでこまめな手入れが必要です。また、注ぎ口の付近にほこりや雑菌が付いて繁殖してしまいやすいのも難点です。その場合は、雑菌などが付かないように、注ぎ口をカバーでふさいでるものや、さらにしっかりと注ぎ口をキャップで密閉しているものを選ぶと良いでしょう。

量を調整しやすいスプレータイプ

量を調整しやすいスプレータイプ

出典:Amazon.co.jp

ポンプを動かすことでオイルをスプレー噴射することができるのがスプレータイプです。一回に出る量が決まっており、量を調整しやすく、まんべんなくオイルをかけられるのがメリットです。オイルが出る量が一定なので、出し過ぎてしまうこともありません。また、鉄板焼きなどをする際には、広い範囲に均一にオイルを引きたいときに便利です。

使用量の調整しやすさで選ぶ

オイルの量を調整しやすいかどうかは、特に調理で使うときには重要です。料理の際にきっちりと使用したい分だけオイルを出せるように調節しやすいものを選びましょう。例えば、ワンプッシュで常に同量のオイルを出せるタイプなどは便利です。一度に必要となる使用量は、オイルの用途によって変わります。用途に応じて、適切な量に調節しやすいオイルボトルを選びましょう。

ふたの開けやすさで選ぶ

ふたが片手でワンタッチで開けられるように工夫されているものもあります。密封性の高いふたが付いているボトルはオイルの漏れや劣化を防いでくれるため、ふたがあるものが望ましいですが、密封性が高く、ふたが外しにくいものなどは、オイルを使うときに不便に感じるため、楽に開閉できるものだと便利です。

耐熱性で選ぶ

オイルボトルは、火の近くで使用することが多いため、耐熱性に注目することも重要です。また、オイルボトルの雑菌などが繁殖を防ぐために熱湯による煮沸消毒を行いたい場合にも、熱湯の温度に耐えられるような耐熱性があるものを選ぶ必要があります。

入れ替えのしやすさで選ぶ

普段オイルボトルを使うときだけでなく、オイルの詰め替えのしやすさも忘れずにチェックしましょう。詰め替える際は、入れ替え口が幅広く開いているタイプを選ぶと、詰替えも楽に行うことができます。

内容量で選ぶ

内容量で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

使用するオイルの用途によって、オイルボトルの内容量を選びましょう。例えば、キッチン、コンロの近くで使うときには容量が多いもの、食卓で使う場合には容量が少ないオイルボトルを選ぶのがおすすめです。オイルボトルのサイズは様々ですが、150mlから500mlのものが多く揃っています。一般的には、150ml前後がファミリーサイズの容量になります。

素材で選ぶ

スタイリッシュなガラス製

スタイリッシュなガラス製

出典:Amazon.co.jp

ガラス製のオイルボトルは、定番の素材で、スタイリッシュでデザイン性に富んだもの多く、キッチンや食卓に置いておくだけで見栄えが良くなるのが魅力です。しかし、透明のガラスは光を通してしまい、中のオイルが酸化してしまうことがあるので、光を通しにくいように色が付いているガラスを使ったオイルボトルも多く販売されています。

少量のオイルを入れるならプラスティック製

少量のオイルを入れるならプラスティック製

出典:Amazon.co.jp

プラスティック製のオイルボトルは、軽量で扱いやすい素材です。しかし、光や熱、水分からの保護力が弱く、またプラスティックの小さな分子が溶け出してオイルの品質低下につながる場合もあるため、オイルを長期間保存したい場合は、注意が必要です。そのため、長期間保存する場合よりも、少量のオイルをこまめに入れ替えて食卓で使用する場合におすすめの素材です。

保存性に優れたステンレス製

保存性に優れたステンレス製

出典:Amazon.co.jp

ステンレス製のオイルボトルは、保存性やデザイン性に優れています。光や熱によるオイルの劣化を防ぎ、オイルを長期間保存するのに適している素材です。また洗いやすいので衛生的で、傷も付きにくいのがメリットです。

目盛りの有無で選ぶ

オイルボトルの中には、中身のオイルの容量がわかりやすいように、表面に目盛りが記載されているものがあります。オイルの使用量が一目で分かり、管理しやすくなります。また、キッチンで使う場合は、調理で使う容量も測りやすく便利です。

BPAフリー商品もチェック

BPAフリーとは、ビスフェノールAという化学物質が含まれていない素材の商品のことです。ビスフェノールAは、主にプラスチック製品に含まれており、人体への悪影響が指摘されている物質です。プラスチックは軽く価格も手頃なのでオイルボトルにもよく使われていますが、購入の際に確認してみてください。

オイルボトルのおすすめ11選

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値983円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:www.cainz.com

最安値298円(税込)

この商品の特徴

容器を傾けるとふたが開く、オイル・ビネガー等液体調味料の保存容器です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

容器を傾けるとふたが開く、オイル・ビネガー等液体調味料の保存容器です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値336円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値1,993円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値398円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値3,300円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値1,121円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

最安値304円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値1,202円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値1,048円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:www.ikea.com

最安値999円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

オイルボトルのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー