自転車用のテールライトおすすめ12選!自動点灯式も

自転車用のテールライトおすすめ12選!自動点灯式も

自転車用のテールライトは、ロードバイクやクロスバイク、シティサイクルなどの自転車の後方に取り付けて、存在を知らせるアイテムです。テールランプやリアライトとも呼ばれ、防水性能の有無や、電池式、USB充電式、ソーラー充電式などの電源方式があります。自動点灯機能付きのオートライトもあり、点滅式のライトは反射板と併用する必要があるので注意が必要です。交通安全のために、遠くからでもはっきりとわかる明るいライトを選びましょう。今回は、自転車用テールライトの選び方と、キャットアイのLED搭載モデルなどのおすすめ商品を紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

自転車用のテールライトとは

自転車用のテールライトとは

自転車用のテールライトとは、自転車の後方部分に取り付けるライトです。前方を照らすフロントライトに対し、テールライトは後方から来るバイクや車に自転車の存在を知らせることができます。テールライトの仕様やライトのカラーには都道府県ごとに決まりがあるため、事前に住んでいる地域のきまりを確かめておきましょう。

自転車用のテールライトの選び方

取り付け位置にあったタイプを選ぶ

シートポストタイプはサドルが高い自転車に取付可能

シートポストタイプはサドルが高い自転車に取付可能

出典:Amazon.co.jp

シートポストタイプのテールライトは、自転車のサドルの下に取り付けて使います。テールライトに多く見られるタイプで、ベルクロや専用の金具などを使用してサドルの下部に取り付けます。サドルバッグなどを取り付けている場合は、バッグがライトを遮ったりお互いに干渉してしまったりすることがあるため注意が必要です。

シートステータイプはサドルバッグに干渉しにくい

シートステータイプはサドルバッグに干渉しにくい

出典:Amazon.co.jp

シートステータイプのテールライトは、自転車の後方側のフレームに取り付けて使います。ペダルやサドルバッグが干渉しにくいというメリットがあります。シートステータイプのライトを取り付けるときには、左右2本のフレームのうち、走行中に道路側を向く右側に装着するようにしましょう。

明るさで選ぶ

明るさで選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テールライトは、都道府県によっても異なりますが100m後方からでも視認できることが道路交通規則となっています。そのため、10〜15ルーメン程度の明るさが出るテールライトがおすすめです。LEDのライトは高輝度で長持ちしやすいため、テールライトにも適しています。

ライトの色を確認する

ライトの色を確認する

出典:Amazon.co.jp

自転車用テールライトを選ぶ時には、ライトの色も確認しましょう。テールライトのカラーはほとんどの都道府県で赤や橙など、暖色系の色が指定されています。明るくても白色や青色などのライトはテールライトとして使用できません。住んでいる地域のライトの指定に準じた色を選びましょう。

電源タイプで選ぶ

乾電池式は充電の手間がかからない

乾電池式は充電の手間がかからない

出典:Amazon.co.jp

乾電池式のテールライトは、一回の電池交換で明かりが長持ちするという点が魅力です。こまめに電池を交換する必要がなく、たとえ出先で電池が切れてしまったとしても、付近のコンビニなどですぐに電池を調達できます。手間の少なさを重視する方におすすめのタイプです。

充電式はコスパ重視の方におすすめ

充電式はコスパ重視の方におすすめ

出典:Amazon.co.jp

充電式のテールライトは、ランニングコストがあまりかからないという点が魅力です。バッテリーが切れたら、USBケーブルで家のコンセントや、モバイルバッテリーなどから手軽に充電することができます。コスパを重視する方におすすめのタイプです。

ソーラー式は充電や電池交換が面倒な方向き

ソーラー式は充電や電池交換が面倒な方向き

出典:Amazon.co.jp

ソーラー式のテールライトは、基本的に電池交換や充電の手間が一切かからないという点が魅力です。自転車を日の当たる場所に置いておくだけで充電されます。電池交換や充電が面倒な方におすすめのタイプです。

防水性能で選ぶ

雨の日でも自転車に乗るという方は、防水性能が高いテールライトを選ぶようにしましょう。防水性能が高いライトなら、走行中に突然雨が降ってきても安心です。防水性能は「IPX」という規格で性能を示し、後ろに表記する0〜8の等級に分類されます。数が大きいほど防水性能があがり、雨の日も走行する場合はIPX4以上の商品がおすすめです。

自動点灯タイプなら点け忘れを防げる

自動点灯タイプなら点け忘れを防げる

出典:Amazon.co.jp

自動点灯タイプのテールライトは、ライトの点け忘れを防げるのがメリットです。トンネルや夕暮れ時など周囲が暗くなってくると自動でテールライトを点灯するため、いちいち自転車を止めてライトを操作する必要がありません。

反射板(リフレクター)兼用タイプもチェック

反射板(リフレクター)兼用タイプもチェック

出典:Amazon.co.jp

テールライトには、反射板が付いているタイプもあります。反射板が付いていると、テールライトの電力が急に切れてしまっても反射光で自転車の存在を知らせることが可能です。また、点滅機能を使う場合は、反射板と併用することが道路交通法で定められているので必ず付けるようにしましょう。

自転車用のテールライトのメーカー別の特徴

キャットアイ:高性能なテールライトをラインナップ

キャットアイのテールライトは、高性能な商品が多いのが特徴です。加速度センサー搭載の「RAPID X2」や、防水性、耐久性に優れた「TIGHT」など、自転車に取り付ける上で必要となる機能を強化した商品を多数展開しています。高ルーメンのライトも多いため、暗い場所を走ることが多い方におすすめのメーカーです。

ノグ:デザイン性の高さが魅力

ノグのテールライトは、ユニークなデザインが特徴です。見た目がおしゃれなものが多く、自転車のアクセサリーにこだわりたい方におすすめのメーカーです。ライトの中に四角やバツなどのシルエットが浮かびあがる「BLINDER  REAR」などあそび心のあるテールライトを販売しています。

パナソニック:自動点滅機能を搭載したテールライトを展開

パナソニックのテールライトは、自動点灯機能を搭載しているのが特徴です。「LEDかしこいテールライト」シリーズを中心に自転車用テールライトを展開しています。また、電源方式のバリエーションが豊富な点も特徴で、電池式の扱いやすいものから、充電いらずのソーラー式のものまで、好みにあわせて選ぶことができます。

【シートポストタイプ】自転車用のテールライトおすすめ8選

出典:Amazon.co.jp

スリムな形状でリア部分にぴったり収まる

USB充電式のテールライトです。USBケーブルから充電できるので、コンセントがないところでもモバイルバッテリーやPCから充電できます。ライトは赤色で面発光タイプのため、遠くからでもはっきりと自転車の存在を知らせることが可能です。場面に応じてライトの発光パターンを6種類切り替えられます。スリムなデザインなので、おしゃれなテールライトがほしい方にもおすすめの商品です

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

スリムな形状でリア部分にぴったり収まる

USB充電式のテールライトです。USBケーブルから充電できるので、コンセントがないところでもモバイルバッテリーやPCから充電できます。ライトは赤色で面発光タイプのため、遠くからでもはっきりと自転車の存在を知らせることが可能です。場面に応じてライトの発光パターンを6種類切り替えられます。スリムなデザインなので、おしゃれなテールライトがほしい方にもおすすめの商品です

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

360°に配光するので安全に走行できる

LEDを3個使用した、高輝度な自転車用リアライトです。自動センサー付きで、トンネルなど暗いところで走行すると自動で発光するのが特徴です。コンパクトながら360°に配光するので、視認性を高めて安全に走れます。低消費電力設計で、単4形乾電池2本で、最長約350時間連続で点灯します。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

360°に配光するので安全に走行できる

LEDを3個使用した、高輝度な自転車用リアライトです。自動センサー付きで、トンネルなど暗いところで走行すると自動で発光するのが特徴です。コンパクトながら360°に配光するので、視認性を高めて安全に走れます。低消費電力設計で、単4形乾電池2本で、最長約350時間連続で点灯します。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

 

出典:Amazon.co.jp

電池交換やオンオフの手間がかからない

ソーラー充電式の、自転車用LEDリアライトです。センサー内蔵で、暗いところで走行すると自動でオンになるのが特徴です。電池交換やオンオフの手間なく、手軽に使いたい方におすすめです。強制オンオフスイッチ付きで、常時点滅させることも可能です。車体に手早く固定できる、ブラケットが付属します。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

電池交換やオンオフの手間がかからない

ソーラー充電式の、自転車用LEDリアライトです。センサー内蔵で、暗いところで走行すると自動でオンになるのが特徴です。電池交換やオンオフの手間なく、手軽に使いたい方におすすめです。強制オンオフスイッチ付きで、常時点滅させることも可能です。車体に手早く固定できる、ブラケットが付属します。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

 

出典:Amazon.co.jp

ラバーバンドで簡単に取付可能

乾電池式のテールライトです。付属のラバーバンドを巻き付けるだけで手軽に取り付けることができます。アルミ製で軽くコンパクトなので、発光させていない時にはあまり目立たない点も魅力です。ライトの発光モードは、点灯、点滅、スロー点滅の3モードで、ライトの部分を押すだけで簡単に操作することができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

ラバーバンドで簡単に取付可能

乾電池式のテールライトです。付属のラバーバンドを巻き付けるだけで手軽に取り付けることができます。アルミ製で軽くコンパクトなので、発光させていない時にはあまり目立たない点も魅力です。ライトの発光モードは、点灯、点滅、スロー点滅の3モードで、ライトの部分を押すだけで簡単に操作することができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

雨天でも安心!IPX7の高い防水性能

通勤通学などのタウンユースから、ロングライドまで活用できる、充電式の自転車用LEDリアライトです。最大光量75ルーメンの大光量フラッシュモードを搭載し、日中も対向車に存在をアピールできるのが特徴です。点灯モードでは4時間、75ルーメンのフラッシュモードでは最長10時間使用できます。IPX7の高い防水性能で、雨天時の走行にもおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

雨天でも安心!IPX7の高い防水性能

通勤通学などのタウンユースから、ロングライドまで活用できる、充電式の自転車用LEDリアライトです。最大光量75ルーメンの大光量フラッシュモードを搭載し、日中も対向車に存在をアピールできるのが特徴です。点灯モードでは4時間、75ルーメンのフラッシュモードでは最長10時間使用できます。IPX7の高い防水性能で、雨天時の走行にもおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

 

出典:Amazon.co.jp

5種類の点滅パターンが選べる

11ルーメンの、コンパクトな充電式リアライトです。120°のワイドな照射角で、対向車や歩行者への視認性を高めて安全に走行できるのが特徴です。5種類の点滅パターンから選べ、エコフラッシュモードでは最大約11時間使用できます。18gの軽量ボディで、車体を軽くしたい方にもおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

5種類の点滅パターンが選べる

11ルーメンの、コンパクトな充電式リアライトです。120°のワイドな照射角で、対向車や歩行者への視認性を高めて安全に走行できるのが特徴です。5種類の点滅パターンから選べ、エコフラッシュモードでは最大約11時間使用できます。18gの軽量ボディで、車体を軽くしたい方にもおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

 

出典:Amazon.co.jp

ワイドな形状で330度照らすことができる

大型のテールライトです。どこからでもライトがはっきりみえるよう、ライトが大きくカーブした形状にデザインされています。3種類のストラップが付属しているため、シートポストやハンドルバーなど、好みの場所に取り付けて使用できます。ライトにUSB充電用のプラグが付きで、ケーブルなしですぐに充電できる点も魅力です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

ワイドな形状で330度照らすことができる

大型のテールライトです。どこからでもライトがはっきりみえるよう、ライトが大きくカーブした形状にデザインされています。3種類のストラップが付属しているため、シートポストやハンドルバーなど、好みの場所に取り付けて使用できます。ライトにUSB充電用のプラグが付きで、ケーブルなしですぐに充電できる点も魅力です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

暗くなると自動的にライトが点灯

自動点灯機能搭載のテールライトです。夜間やトンネルなど、発光が必要な環境を感知すると、自動で点灯、点滅を行います。2つのホルダーを使い分ければ、シートポストにもシートステーにも取り付けられるため、サドルバッグを付けた自転車でも問題なく使用できます。乾電池式のため電力の持ちが良く、外出中に電池が切れても充電待ちをする必要がありません。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

暗くなると自動的にライトが点灯

自動点灯機能搭載のテールライトです。夜間やトンネルなど、発光が必要な環境を感知すると、自動で点灯、点滅を行います。2つのホルダーを使い分ければ、シートポストにもシートステーにも取り付けられるため、サドルバッグを付けた自転車でも問題なく使用できます。乾電池式のため電力の持ちが良く、外出中に電池が切れても充電待ちをする必要がありません。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

【シートステータイプ】自転車用のテールライトおすすめ4選

出典:Amazon.co.jp

残光機能により停車後も発光が続く

ソーラー充電とボタン電池から給電できる、自転車用LEDリアライトです。直射日光の当たる屋外に置くことで手間なく充電でき、4時間の充電で約22時間使用できます。暗いところで走行すると自動で点滅するオート機能搭載で、夜道も安全に走れます。また、残光機能により停車後も発光が続くので、信号待ちも安心です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

残光機能により停車後も発光が続く

ソーラー充電とボタン電池から給電できる、自転車用LEDリアライトです。直射日光の当たる屋外に置くことで手間なく充電でき、4時間の充電で約22時間使用できます。暗いところで走行すると自動で点滅するオート機能搭載で、夜道も安全に走れます。また、残光機能により停車後も発光が続くので、信号待ちも安心です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

 

出典:Amazon.co.jp

充電や電池交換不要のソーラー充電式!自動点灯機能も搭載

ソーラー充電式のテールライトです。太陽光で充電されるため、充電や電池交換の手間がかからず、低コストで利用できます。周囲の明るさを感知して電源を切り替える自動点灯機能搭載なので、ライトをつけ忘れてしまいがちな方にもおすすめです。バッテリーが切れてしまってもリフレクターが付いているため、自転車の存在を知らせることができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

充電や電池交換不要のソーラー充電式!自動点灯機能も搭載

ソーラー充電式のテールライトです。太陽光で充電されるため、充電や電池交換の手間がかからず、低コストで利用できます。周囲の明るさを感知して電源を切り替える自動点灯機能搭載なので、ライトをつけ忘れてしまいがちな方にもおすすめです。バッテリーが切れてしまってもリフレクターが付いているため、自転車の存在を知らせることができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

停止後も約1分間点滅し続ける残光機能搭載で安心

自動点滅機能搭載のテールライトです。2種類のセンサーが周囲の状況を感知して、自動でライトの切り替えを行います。反射板付きなので光が広範囲に広がりやすく、ライトの電源が切れてしまっても安心です。ネジでバッグホークに取り付けるタイプですが、別売りの取り付けバンドでシートポストに取り付けることもできます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

停止後も約1分間点滅し続ける残光機能搭載で安心

自動点滅機能搭載のテールライトです。2種類のセンサーが周囲の状況を感知して、自動でライトの切り替えを行います。反射板付きなので光が広範囲に広がりやすく、ライトの電源が切れてしまっても安心です。ネジでバッグホークに取り付けるタイプですが、別売りの取り付けバンドでシートポストに取り付けることもできます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

LEDを配置し視認性を高めたテールライト

乾電池式のテールライトです。スリムな形状で、車からの視認性を高めるようにLEDライトが配置されています。取り付けパーツはバッグホーク用とシートポスト用の2種類がついているため、自転車のデザインや使用感にあわせて付ける場所を変えられます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

LEDを配置し視認性を高めたテールライト

乾電池式のテールライトです。スリムな形状で、車からの視認性を高めるようにLEDライトが配置されています。取り付けパーツはバッグホーク用とシートポスト用の2種類がついているため、自転車のデザインや使用感にあわせて付ける場所を変えられます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

フロントライトもチェック

安全な走行のためにも、フロントライトも必ず付けるようにしましょう。ロードバイクやクロスバイク、シティサイクル別におすすめの商品を紹介しているのであわせてチェックしてみてください。

自転車用のテールライトのおすすめ商品比較表

商品画像
セーフティライト RAPID X リア用
テールライト OMNI3 AUTO
テールライト SOLAR SL-LD210-R
テールライト ORB 電池式 CALRORBB
自転車LEDリアライト KTVプロドライブ
BLINDER MINI CHIPPY
自転車ライト ビッグコバー リアライト
LEDスポーツかしこいテールライト
ソーラー充電式テールライト
セーフティライト  ソーラーパワー 自動点灯消灯
自動点滅テールライト
テールライト
メーカーキャットアイキャットアイキャットアイキャットアイレザインノグノグパナソニックキャットアイキャットアイキャットアイブリヂストンサイクル
商品名セーフティライト RAPID X リア用テールライト OMNI3 AUTOテールライト SOLAR SL-LD210-Rテールライト ORB 電池式 CALRORBB自転車LEDリアライト KTVプロドライブBLINDER MINI CHIPPY自転車ライト ビッグコバー リアライトLEDスポーツかしこいテールライトソーラー充電式テールライトセーフティライト ソーラーパワー 自動点灯消灯自動点滅テールライトテールライト
価格
Yahoo!ショッピング2,641円(税込)
Yahoo!ショッピング1,738円(税込)
Amazon2,845円(税込)
楽天市場1,157円(税込)
Amazon3,828円(税込)
Amazon3,520円(税込)
Amazon10,429円(税込)
Yahoo!ショッピング2,730円(税込)
Yahoo!ショッピング1,683円(税込)
Amazon1,708円(税込)
Yahoo!ショッピング1,957円(税込)
Amazon1,318円(税込)
販売サイト

自転車用のテールライトの売れ筋ランキングもチェック

自転車用のテールライトの楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピングの最新売れ筋ランキング情報は、以下のリンクから確認することができます。

この記事の修正依頼を送る

関連記事

人気記事