輪行袋のおすすめ10選!クロスバイク、折り畳み自転車向けも

輪行袋のおすすめ10選!クロスバイク、折り畳み自転車向けも

輪行袋(りんこうぶくろ)は、折りたたみ自転車やクロスバイク、ロードバイク、ピストバイク、ミニベロ、ランドナーを傷つけずに持ち運べる袋です。車の移動には前輪のみ外すタイプが、収納しやすくおすすめです。飛行機や電車で運ぶときは、規定のサイズにあった、輪行袋の選び方や使い方が必要です。この記事では、GUEE、オーストリッチ、モンベルといった、人気のメーカーのアイテムをご紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

輪行袋の種類

輪行袋には前輪のみを外して収納するタイプと、両輪を外すタイプがあります。両輪はずすタイプは、自転車を縦に置くか横に置くかで分けられます。3種類の中から、用途に合った輪行袋の種類を選ぶようにしましょう。

前輪のみを外して入れる輪行袋

前輪のみを外して入れる輪行袋

出典:Amazon.co.jp

前輪のみを外して収納する輪行袋は、比較的取り外しやすい前輪のみを外し、後輪は外さずに持ち運びます。後輪を外す必要がなく手間がかからないというメリットがあり、車に入れてロードバイクを運ぶ際に使いやすいタイプです。ただ、電車に入れて持ち運ぶには、サイズが大きいため手荷物として持ち運べない可能性があります。電車で持ち運ぶには、前後輪ともに外れる輪行袋を選ぶと良いでしょう。

前後輪を外して入れる輪行袋

コンパクトにしまえる縦型輪行袋

コンパクトにしまえる縦型輪行袋

出典:Amazon.co.jp

輪行袋の中で最もコンパクトに収納できるのが、両輪をはずしたロードバイクを縦型に収納するタイプの輪行袋です。ハンドルを上になるように垂直に収納するので、手荷物として場所を取らずに持ち運べます。ただ、フレームを直立させる形状のため、リアエンドを保護するための金具が必要になり、慣れるまでに時間のかかるタイプです。余裕を持って収納できるように、練習することが大切です。

担ぎやすく安定感のある横型輪行袋

担ぎやすく安定感のある横型輪行袋

出典:Amazon.co.jp

横型の輪行袋は、ホイールを外した自転車本体を、逆さにして収納するタイプです。サドルとハンドルが袋の底に位置するので安定感があり、女性でも肩に担いで運びやすいというメリットがあります。縦置きタイプのような収納の手間はかからず、輪行に慣れていないときにも、ストレスなく扱うことができます。ただ、縦置きタイプよりは横幅があるため、電車で運ぶときには周囲への気配りが必要になります。混雑時の電車は避けるようにしましょう。

輪行袋の選び方

移動手段に合わせて選ぶ

移動手段に合わせて選ぶ

出典:Amazon.co.jp

輪行袋は車や電車、飛行機などの移動手段に合わせて最適なものを選びましょう。手荷物として持ち運ぶ場合は、各交通会社の規定をあらかじめ確認しておいてください。

車での移動には入れやすい大きな袋を

車で移動するときには、小さくすることを考慮する必要がないので、収納に手間のかからない、入れやすい大きめの袋を用意すると良いでしょう。前輪のみ外すタイプの輪行袋が、収納しやすく最適です。

電車やバスでの移動は規定に従ったサイズを

電車やバスで、ロードバイクを輪行するときは、運営会社の手荷物の規定に従うようにしてください。例えばJRは、車内に持ち込み可能な荷物の規定として「縦横高さの合計が250cmの荷物(長さは2mまで)2個まで持ち込み可能」という規定があります。また、ロードバイクに関しては「解体して専用の袋に収納したもの」という規定があるため、輪行袋が必須となります。バスは電車よりも車内が狭いため、バスによっては輪行できない場合もあります。事前に規定を確認するようにしましょう。

飛行機では袋のほかダンボール箱や専用ケースが必要

飛行機は預けてから積み下ろしまで、多くの人の手に渡るため、厳密な梱包が求められます。そのため、破損をさけるための専用の段ボール箱や、クッション素材の専用ケースが必要になります。各航空会社の規定を、あらかじめチェックするようにしてください。

汚れが付きにくい素材を選ぶ

汚れが付きにくい素材を選ぶ

出典:Amazon.co.jp

雨やホコリ、泥で汚れたロードバイクを収納するには汚れが目立たないカラーの輪行袋を選ぶと良いでしょう。黒色や、ネイビーだとオイルで汚れても目立ちません。素材としては、軽く丈夫で、洗ってもすぐに乾くポリエステル製がおすすめです。輪行袋の中には、底に通気口が付いていて、輪行袋の中に入った汚れや、洗った際の水を抜くことができるアイテムもあります。メンテナンスしやすい素材を、選ぶようにしてください。

収納性で選ぶ

ホイールポケットの有無をチェック

ロードバイクから取り外したホイールは、輪行袋の中で動かないように、ストラップで固定をするのが一般的です。ホイールポケットの付属している輪行袋であれば、ホイールを固定する必要がなく、スムーズな収納が可能になります。駅にロードバイクで向かい、その場で解体して収納する必要があるときなど、手早く収納したいときにおすすめです。

生地の伸縮性を確認

輪行袋はロードバイクにフィットするサイズで作られているので、生地に余裕がないことが多くあります。ロードバイク自体が大きくかさばるので、袋に入れる際につっかえて、入りにくい可能性もあります。そこで、伸縮性のある生地の輪行袋なら、袋を引っ張りながら収納できるので、格段に収納しやすくなります。

輪行袋の人気メーカー

オーストリッチ(OSTRICH)

「オーストリッチ」は東京に本社を置く「アズマ産業株式会社」の製品です。職人によってつくられている輪行袋は、軽量で扱いやすいクオリティの高さで人気があります。製品展開も豊富で、扱いやすいアイテムが、必ず見つかるメーカーです。

ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER)

「ドッペルギャンガー」は大阪に本社を置く「ビーズ株式会社」のアウトドアラインです。キャンプやオートバイ用品、自転車用品製造で有名で、特に自転車は本体からパーツまで取り扱っています。ドッペルギャンガーの輪行袋は、様々なラインナップを取りそろえ、コストパフォーマンスの良さでも知られています。

モンベル(mont-bell)

「モンベル」は国内の登山用品メーカーです。フリースや登山用リュックが有名で、質の高さにより、国内だけでなく、世界中に愛用者がいます。モンベルの輪行袋は、頑丈で軽量、シンプルで無駄のないデザインが人気です。使用していないときは、畳むと手のひらサイズになり、自転車に乗っているときにも荷物にならないことが特徴です。

ビコット(BIKOT)

「ビコット」は、京都の「きゅうべえ」発の自転車ブランドです。ネイビーや黒のシンプルなデザインの多い輪行袋の中で、カラフルでデザイン性の高い、和柄のアイテムが目を引きます。使用していないときはガイドに沿って畳むと、コンパクトになるので、持ち運びにも便利です。

前輪を外して入れる輪行袋のおすすめ3選

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値3,300円(税込)

この商品の特徴

シーンに合わせて4通りの使い方ができる輪行キャリングバッグです。車両をすっぽりと包み込んで収納し、そのまま運搬・車輪を外して運搬・後輪を転がして運搬ができるほか、カバーとしても活躍します。軽量・強固で防水性にも優れた生地でありながら、生地自体に負担のかからない自転車釣り下げ方式を採用しています。様々なスタイルで自転車を運ぶほか、室内保管用にも使えるものをお求めの方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

シーンに合わせて4通りの使い方ができる輪行キャリングバッグです。車両をすっぽりと包み込んで収納し、そのまま運搬・車輪を外して運搬・後輪を転がして運搬ができるほか、カバーとしても活躍します。軽量・強固で防水性にも優れた生地でありながら、生地自体に負担のかからない自転車釣り下げ方式を採用しています。様々なスタイルで自転車を運ぶほか、室内保管用にも使えるものをお求めの方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値3,850円(税込)

この商品の特徴

2通りのスタイルで自転車を運搬することができる輪行袋です。薄くて軽い70デニールナイロン生地を採用しており、撥水加工がされているので雨や汚れも防ぎます。前輪を外すだけで簡単に自転車を入れることができ、全体を収納して肩に担いでも、ジッパーを外してベルクロで止め後輪で転がして運ぶこともできます。自転車を車や電車で運搬する機会の多い方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

2通りのスタイルで自転車を運搬することができる輪行袋です。薄くて軽い70デニールナイロン生地を採用しており、撥水加工がされているので雨や汚れも防ぎます。前輪を外すだけで簡単に自転車を入れることができ、全体を収納して肩に担いでも、ジッパーを外してベルクロで止め後輪で転がして運ぶこともできます。自転車を車や電車で運搬する機会の多い方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値9,238円(税込)

この商品の特徴

厚手に強化された生地でしっかりと自転車を運搬できる輪行袋です。前輪を外して簡単に入れることが出来るタイプで、ロード、MTB、クロスバイクのほか、前後キャリアを装着状態でも収納ができるのでランドナーにも対応しています。使わないときはコンパクトに畳んでサドルなどに引っ掛けて持ち運ぶことが可能です。車種に合った輪行バッグがなかなか見つからないという方にもおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

厚手に強化された生地でしっかりと自転車を運搬できる輪行袋です。前輪を外して簡単に入れることが出来るタイプで、ロード、MTB、クロスバイクのほか、前後キャリアを装着状態でも収納ができるのでランドナーにも対応しています。使わないときはコンパクトに畳んでサドルなどに引っ掛けて持ち運ぶことが可能です。車種に合った輪行バッグがなかなか見つからないという方にもおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

縦型輪行袋のおすすめ5選

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値2,312円(税込)

この商品の特徴

コンパクトに収納でき持ち運びやすい輪行キャリングバッグです。一般的な700Cクロスバイク・ロードバイクに対応しており、収納時に手を通してフレームを直接持つことのできる開閉フラップや、荷重の加わりやすい底面への保護生地、設置位置のイラスト表示など、使いやすさに徹底的にこだわっています。人の多い電車や、収納スペースの限られた車での自転車運搬に最適です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

コンパクトに収納でき持ち運びやすい輪行キャリングバッグです。一般的な700Cクロスバイク・ロードバイクに対応しており、収納時に手を通してフレームを直接持つことのできる開閉フラップや、荷重の加わりやすい底面への保護生地、設置位置のイラスト表示など、使いやすさに徹底的にこだわっています。人の多い電車や、収納スペースの限られた車での自転車運搬に最適です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値4,665円(税込)

この商品の特徴

オーストリッチの輪行袋です。とても軽く、コンパクトサイズで、かつ耐久性もあるので、ロードバイクのアクセサリー関係で人気のあるアイテムになっています。また、実際に使うときもロードバイクをコンパクトに収納できるので、電車への持ち込みも問題なくできます。求めやすい輪行袋を探している方におすすめの商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

オーストリッチの輪行袋です。とても軽く、コンパクトサイズで、かつ耐久性もあるので、ロードバイクのアクセサリー関係で人気のあるアイテムになっています。また、実際に使うときもロードバイクをコンパクトに収納できるので、電車への持ち込みも問題なくできます。求めやすい輪行袋を探している方におすすめの商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値5,280円(税込)

この商品の特徴

ロード用の輪行袋です。伸縮性のあるストレッチナイロンを採用しています。そのため、よりスムーズに3ステップだけで簡単に収納できるのが特徴です。その際、フレームを持ち上げることがないので、自転車を傷つける心配もありません。また、付属ポーチに収納することでサドルレールにセットができ、携帯性にも優れています。少ない荷物でロードバイクをしたい方におすすめの商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ロード用の輪行袋です。伸縮性のあるストレッチナイロンを採用しています。そのため、よりスムーズに3ステップだけで簡単に収納できるのが特徴です。その際、フレームを持ち上げることがないので、自転車を傷つける心配もありません。また、付属ポーチに収納することでサドルレールにセットができ、携帯性にも優れています。少ない荷物でロードバイクをしたい方におすすめの商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値6,264円(税込)

この商品の特徴

ロードバイク、マウンテンバイク、クロスバイクに対応した縦型の輪行袋です。材質はレオナWリップ66ナイロンです。サイズは高さ110cm×幅95cm×奥行25cmで、重さはオーストリッチの中で最も軽い200gです。ショルダーベルトと中綿ベルトが付いています。小さくたたんでサドルバッグに入れることができるので、いざという時のために軽くて丈夫な輪行袋をお探しの方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ロードバイク、マウンテンバイク、クロスバイクに対応した縦型の輪行袋です。材質はレオナWリップ66ナイロンです。サイズは高さ110cm×幅95cm×奥行25cmで、重さはオーストリッチの中で最も軽い200gです。ショルダーベルトと中綿ベルトが付いています。小さくたたんでサドルバッグに入れることができるので、いざという時のために軽くて丈夫な輪行袋をお探しの方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値7,000円(税込)

この商品の特徴

ロードバイク用の縦型輪行袋です。厚みのある生地が使用されており、サイズは高さ107cm×幅83cm×奥行20cm、重さは820gです。リア用のエンド金具やショルダーベルト、中綿ベルト、小さなフレームカバーが付いています。過酷な条件下でもしっかりと自転車を守り、安心して使うことができる輪行袋をお探しの方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ロードバイク用の縦型輪行袋です。厚みのある生地が使用されており、サイズは高さ107cm×幅83cm×奥行20cm、重さは820gです。リア用のエンド金具やショルダーベルト、中綿ベルト、小さなフレームカバーが付いています。過酷な条件下でもしっかりと自転車を守り、安心して使うことができる輪行袋をお探しの方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

横型輪行袋のおすすめ2選

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値5,335円(税込)

この商品の特徴

モンベルのコンパクトリンコウバッグです。26~29インチの自転車に対応。筒状のシートを畳んだ自転車にかぶせるだけの極めてシンプルな方法で、煩わしいジッパー操作もなく素早く自転車を収納できます。内側のポケットが収納ケースとして使用できるポケッタブルデザインで、使用しない時にはコンパクトになりおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

モンベルのコンパクトリンコウバッグです。26~29インチの自転車に対応。筒状のシートを畳んだ自転車にかぶせるだけの極めてシンプルな方法で、煩わしいジッパー操作もなく素早く自転車を収納できます。内側のポケットが収納ケースとして使用できるポケッタブルデザインで、使用しない時にはコンパクトになりおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値5,899円(税込)

この商品の特徴

女性の目線で使い易さを最優先に考案した、トートバッグタイプの輪行バックです。フレームサイズ520mm以下のロードレーサー専用です。前後のホイールを外し、逆さまにして入れる収納タイプです。収納袋が輪行袋と一体化しており、輪行時には内ポケットとして使えます。軽くて、肩紐は長さの調整ができ、楽に持ち運べておすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

女性の目線で使い易さを最優先に考案した、トートバッグタイプの輪行バックです。フレームサイズ520mm以下のロードレーサー専用です。前後のホイールを外し、逆さまにして入れる収納タイプです。収納袋が輪行袋と一体化しており、輪行時には内ポケットとして使えます。軽くて、肩紐は長さの調整ができ、楽に持ち運べておすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

輪行袋のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー