自転車用レインカバーのおすすめ10選!雨や風から子供を守る

自転車用レインカバーのおすすめ10選!雨や風から子供を守る

保育園や幼稚園の通園で、雨の日の小さな子供の送り迎えは大変ですよね。レインカバーがあると、子どもはもちろん、荷物が濡れないようにしてくれます。ただ、自転車に後付けでレインカバーを付ける場合や、つけっぱなしでも大丈夫なカバー、盗難防止に特化したカバーなど様々な種類があるため、どれを選べばいいのか悩んでしまいます。今回は、自転車用レインカバーの選び方や人気商品をご紹介します。

雨の日は自転車で子どもが濡れてしまう

雨の日は自転車で子どもが濡れてしまう

出典:Amazon.co.jp

雨の日でも、買い物や子どもの送り迎えなど、どうしても自転車に乗らないといけないこともありますよね。でも、自転車の前や後ろに子どもを乗せていると、雨で濡れてしまって、機嫌が悪くなったりなど、大変なこともあります。また、花粉や風が気になることもあるでしょう。

そんなときにおすすめなのが、レインカバーです。雨の日だけでなく、突然の雨や夏場の虫除け、強い風の日にも子どもや荷物を守ってくれます。レインコートを子どもに着せるよりも、自転車から乗り降りしやすく、濡れにくいというメリットがあります。

自転車用レインカバーの選び方

自転車用のレインカバーは種類が豊富です。選ぶポイントをご紹介しますので、今の自転車にはどれが合うのかチェックしてみてくださいね。

自転車やチャイルドシートに適合するタイプで選ぶ

自転車やチャイルドシートに適合するタイプで選ぶ

出典:Amazon.co.jp

レインカバーには、前乗り用、後ろ乗り用によってレインカバーの構造が違います。また、自転車用チャイルドシートがある場合には特に、適合していないものを使うと外れてしまいます。メーカーによっては、いくつかの自転車に対応しているカバーもあります。大人と子どもが一緒のカバーに入ることができるポンチョタイプなら、自転車の機種を問わず使用が可能です。

レインカバーが着脱可能かどうかで選ぶ

レインカバーは基本的には雨の日だけに使うものです。そのため、普段は取り外して保管するか、また天候の変化や雨の日以外にも使用することを考え、つけっぱなしにしておくかでも選び方が変わってきます。

つけっぱなしタイプ

雨の日だけでなく、急な雨や風、虫除けにも使用できるつけっぱなしタイプであれば、取り外す手間がかからず、天気を気にする必要はありません。ただし乗り降りのときに、大きさによっては邪魔になることもあります。また装着方法によっては、盗難に遭うこともありますので注意が必要です。

使うときだけ装着するタイプ

使うときだけに装着するタイプもあります。つけっぱなしにするよりは、レインカバーの劣化や日焼け、また盗難トラブルを防ぐことができます。毎回装着する必要があるため、朝慌ただしいときには面倒に感じることもあります。

設置のしやすさで選ぶ

レインカバーにはかぶせるだけで簡単に装着ができるタイプや、専用のベルトやバンドを使って固定するもの、また上下が別々で、天候や気候に合わせて装着するタイプなどがあります。忙しいときや急な雨のときにも対応できるよう、自分が使うときに装着しやすいものを選びましょう。

子どもを乗せやすいかどうかもチェック

子どもを雨から守るためのレインカバーですが、乗り降りをする際に、レインカバーを取り外すところから始めるのは大変です。レインカバーによっては、ファスナーがついていて、側面を開閉してそこから乗り降りが簡単にできるタイプもあります。子どもが自分で乗り降りできるかどうかも確認しましょう。

耐久性・防水性など性能で選ぶ

レインカバーであっても、長時間の雨に耐えられないものもあります。また、布地によっては、使い続けている間に破けてしまうこともあり、安全性の面からも頑丈なものを選ぶ必要があります。さらに、子どもがレインカバーの中で最適に過ごせるよう、通気性など機能性もチェックしておくと良いでしょう。特に夏場は紫外線もあり、暑さで蒸れやすくなるので注意が必要です。

前につける自転車用レインカバーのおすすめ5選

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値4,590円(税込)
3.86(329件)

この商品の特徴

チャイルドシートも製造販売している、OGKの前用のレインカバーです。天井に芯が入っており、型崩れしにくくいです。また、上部が片面全開になるため、そこから子どもを乗せることができます。OGK社のヘッドレスト付きのチャイルドシートに対応しています。デザインがシンプルで長く使えます。取り外した後に入れることができる専用の袋が付属しています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

チャイルドシートも製造販売している、OGKの前用のレインカバーです。天井に芯が入っており、型崩れしにくくいです。また、上部が片面全開になるため、そこから子どもを乗せることができます。OGK社のヘッドレスト付きのチャイルドシートに対応しています。デザインがシンプルで長く使えます。取り外した後に入れることができる専用の袋が付属しています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値5,480円(税込)
3.18(60件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値3,069円(税込)
3.69(51件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値3,180円(税込)
2.80(45件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値9,720円(税込)
4.20(9件)

この商品の特徴

天板を取り付けることができ、天井を設置することが可能な前乗り用のレインカバーです。ファスナーが大きく開くので、乗せるのも簡単です。シックなデザインとカラーでおしゃれです。さらに前後に反射板がついていて、安全性が高い点もおすすめポイントです。ただし、素材は頑丈ですが通気性はあまり良くないため、夏場の使用はしないことをおすすめします。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

天板を取り付けることができ、天井を設置することが可能な前乗り用のレインカバーです。ファスナーが大きく開くので、乗せるのも簡単です。シックなデザインとカラーでおしゃれです。さらに前後に反射板がついていて、安全性が高い点もおすすめポイントです。ただし、素材は頑丈ですが通気性はあまり良くないため、夏場の使用はしないことをおすすめします。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

後ろにつける自転車用レインカバーのおすすめ5選

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値6,023円(税込)
4.32(323件)

この商品の特徴

ラキアのレインカバーは、雨の日だけでなく1年を通して使うことができます。生地には撥水加工がされていて、メッシュ素材で通気性があるほか、厚みのある生地で耐久性や防寒性もあります。サイドファスナーでレインカバーを取り付けたまま乗り降りが可能なほか、正面の透明カバーも開くため、そこから子どもを乗せることもできます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ラキアのレインカバーは、雨の日だけでなく1年を通して使うことができます。生地には撥水加工がされていて、メッシュ素材で通気性があるほか、厚みのある生地で耐久性や防寒性もあります。サイドファスナーでレインカバーを取り付けたまま乗り降りが可能なほか、正面の透明カバーも開くため、そこから子どもを乗せることもできます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値4,500円(税込)
4.10(99件)

この商品の特徴

後ろ用のレインカバーです。透明窓部分が大きく、開放感があふれるつくりになっています。さらに独自素材を使用しており、耐久性があることに加え、シワが伸びやすくなっています。全開できるファスナーが後部にあり、乗り降りが簡単にできます。撥水加工と共にUVカットの加工もしてあるため、外部の刺激から子どもを守ります。また、反射素材がついているので暗い道でも安心です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

後ろ用のレインカバーです。透明窓部分が大きく、開放感があふれるつくりになっています。さらに独自素材を使用しており、耐久性があることに加え、シワが伸びやすくなっています。全開できるファスナーが後部にあり、乗り降りが簡単にできます。撥水加工と共にUVカットの加工もしてあるため、外部の刺激から子どもを守ります。また、反射素材がついているので暗い道でも安心です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値2,880円(税込)
4.38(1,118件)

この商品の特徴

ハイバック型のチャイルドシートに対応したレインカバーです。頭を支えるレストがついているので、快適に座ることができます。ヘッドレストにゴムをかけて固定するため、設置がしやすく取り外しも簡単です。足下まですっぽりとカバーされていてゴム付きなので、濡れることはないでしょう。防水、防寒もしっかりしていて1年中使用できます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ハイバック型のチャイルドシートに対応したレインカバーです。頭を支えるレストがついているので、快適に座ることができます。ヘッドレストにゴムをかけて固定するため、設置がしやすく取り外しも簡単です。足下まですっぽりとカバーされていてゴム付きなので、濡れることはないでしょう。防水、防寒もしっかりしていて1年中使用できます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値3,004円(税込)
3.90(71件)

この商品の特徴

雨の日のお迎えにどうしても自転車を使わないといけないとき、子どもがレインカバーを嫌がってなかなかカバーをつけてくれないという経験をした保護者の方におすすめの商品です。このレインカバーはフロントの窓部分が大きめに作られているため、子どもが窮屈に感じる心配もありません。また、両サイドと後部に通気口があるので通気性も抜群です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

雨の日のお迎えにどうしても自転車を使わないといけないとき、子どもがレインカバーを嫌がってなかなかカバーをつけてくれないという経験をした保護者の方におすすめの商品です。このレインカバーはフロントの窓部分が大きめに作られているため、子どもが窮屈に感じる心配もありません。また、両サイドと後部に通気口があるので通気性も抜群です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値3,780円(税込)
3.40(22件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー