自転車用スマホホルダーのおすすめ15選!防水から落ちないものまで

「自転車用スマホホルダー」とは、ロードバイクなどにスマホを固定するアイテムです。「スマホスタンド」とも呼ばれています。装着は法律違反ではなく、安全に留意して使用すれば、とても便利なアイテムです。iPhoneやXperiaなど幅広い機種に対応している自転車用スマホホルダーは、シリコン製、防水対応、ステムタイプ、充電器を装着できるタイプなど、種類も豊富です。ドンキやビックカメラ、100均などの販売店で気軽に購入できます。今回は自転車用スマホホルダーの選び方、落ちない固定方法、2018年のランキング上位のおすすめ商品をご紹介します。

自転車に乗りながらスマホの画面を見たい

自転車での行動範囲が広い方の中には、「自転車にもナビを付けたい!」と思う方は多いのではないでしょうか。地図を見ながら自転車で走行するのは危険行為になりますし、何度も停車して地図を確認するのも手間がかかりますよね。

出典:Amazon

そんな方におすすめなのが「自転車用スマホホルダー」です。自転車用スマホホルダーは、スマホを自転車のハンドルやステムに取り付けるアイテムです。ナビやマップを表示させることで、ナビ代わりとして活用できます。ただし、自転車の走行中にスマホ画面を注視したり操作するのは違法行為なので注意が必要です。音声ナビを活用したり、信号待ちなどの停車中に見るなど、上手に使う必要があります。

自転車用スマホホルダーの選び方

自分のスマホに取り付け可能か

自転車用スマホホルダーを選ぶ際は、自分のスマホとサイズが合うかどうかを確認しましょう。スマホは機種によってサイズが異なりますが、自転車用スマホホルダーも、商品によって対応サイズが異なります。ホルダーのサイズが大きすぎると、スマホをしっかりと固定できず、落下してしまう危険性があるので注意が必要です。自転車用スマホホルダーには、対応機種やサイズが記載されている場合が多いので、購入前にチェックすることをおすすめします。

ハンドルの径にあうかをチェック

自転車用スマホホルダーは、取り付け部分が自転車のハンドルの径(太さ)に合うことが重要なポイントです。ハンドルの径と合わないと走行時の衝撃でぐらついたり、スマホが落下する危険性があります。対応するハンドルの径は商品に記載されている場合が多いので、購入前に確認しましょう。

ハンドルの幅にあうか

商品を選ぶ場合は、ホルダーの取り付け部分がハンドルの幅に合うかも念のためチェックすることをおすすめします。ハンドル幅の狭い自転車にホルダーを取り付ける場合、幅の広いクリップだとサイズが合わない可能性があります。折り畳み式自転車などハンドルが狭いタイプは、注意が必要です。

ハンドルへの固定方法で選ぶ

自転車用スマホホルダーは、商品によってハンドルへの固定方法が異なります。取り外しの容易さや使い勝手に応じて選ぶことをおすすめします。

盗難の心配が少ない「ボルト」

「ボルト」タイプは、ホルダーの本体を六角レンチなどを使ってボルトで固定するタイプです。しっかりと固定できるので安定感があります。走行時のぐらつきを防いでしっかりと取り付けたい方におすすめです。簡単には取り外せないので、盗難などの心配がないというメリットもあります。ただし、取り付けや取り外しの際に工具が必要なので、手間がかかるというデメリットもあります。

着脱が簡単で固定できる「手回しネジ」

出典:Amazon

工具が不要な「手回しネジ」タイプのメリットは、取り付けや取り外し、位置の調整が簡単にできることです。手回しネジタイプには、直接ネジを手で回すものや、レバーを動かすことでネジを回すものなど、様々な種類があります。回しやすさで選ぶなら、レバーを動かすタイプがおすすめです。しかし、誰にでも着脱が簡単なので、盗難のリスクがあります。

簡単に付け替えもできる「クリップ」

出典:Amazon

「クリップ」は、ハンドルに挟むだけで取り付けることができるタイプです。着脱や、他の自転車などへの付け替えが簡単にできるのがメリットです。しかし、手回しネジタイプと同様に、誰にでも着脱が簡単にできるので、盗難やいたずらのリスクもあるので注意が必要です。

角度調節もしやすい「ベルトで巻きつけるタイプ」

出典:Amazon

スマホホルダーには、ハンドルにベルトを巻きつけて取り付けるタイプもあります。着脱が簡単にできるのでおすすめです。また、巻き付け方によってホルダーの角度も微調整しやすいというメリットもあります。しかし、他のタイプよりも固定力が弱く、位置ずれしやすいというデメリットがあります。位置ずれを防ぐためには、滑り止めが付いたタイプやシリコンラバー素材のものがおすすめです。

スマホの固定方法で選ぶ

安定感がある「フック」

出典:Amazon

スマホの上下や四隅を「フック」で固定するタイプは、ホールド力が高く安定感があるというメリットがあります。フックタイプは商品によって固定箇所の点数が異なります。固定する箇所が多いほど安定感が出るので、なるべく多い箇所で固定できるタイプがおすすめです。しかし、スマホとホルダーのサイズが合わないとしっかりと固定できないので、注意してください。

スマホを傷つけにくい「シリコンラバーバンド」

出典:Amazon

「シリコンラバーバンド」は柔らかい素材なので、スマホ画面や本体を傷つけにくく、簡単に装着できます。また伸縮性があるので、機種変更などでスマホのサイズが多少変わっても、固定できる場合もあります。ただし、シリコンラバーバンドは経年劣化する素材なので、定期的に買い替える必要があります。バンド部分が画面に重なると、見えづらくなる可能性もあります。

画面を邪魔しない「クリップアーム」

出典:Amazon

スマホホルダーには、伸縮する「クリップアーム」でスマホを両サイドから固定するタイプもあります。スマホの両サイドで固定するので、画面の邪魔をしません。他のタイプよりも安定感が低いので、シリコンラバーバンドを併用するタイプもあります。ホルダーのパーツがスマホ画面に重なるのを防ぎたい方におすすめです。

雨や傷から保護しやすい「フレームバッグ」

出典:Amazon

「フレームバッグ」とは、スマホを収納できるバッグ型のスマホフレームです。スマホを収納したまま自転車に装着し、透明窓から画面操作ができます。突然の雨による水濡れや、小傷からスマホを守れるタイプです。また、小銭や鍵などの貴重品を一緒に収納できるタイプもあるので、使い勝手が良いです。自転車への装着は粘着テープ付きのベルトなどで行うタイプが多く、商品によっては固定力が低い場合があります。

安定感が抜群の「スライドロック」

出典:Amazon

「スライドロック」は、スマホを専用ケースに入れて、ケースの裏とホルダーの連結部にある凹凸を合わせて回し、ロックをかけることで固定するタイプです。他のタイプよりも安定感が高いです。また、スマホの裏面で固定するので、画面を邪魔するものがないというメリットもあります。ケースのサイズとスマホのサイズが合わないと使えないので、購入前に必ずサイズを確認しておきましょう。

ホルダー部の向き・左右の角度調節ができるか

出典:Amazon

スマホホルダーは、ホルダーの向きを自由に変えられるタイプがおすすめです。スマホ操作をするときは縦向きに、地図を見るときは横向きに変更できれば使い勝手がよくなります。ホルダーの向きは、縦横に変更できるものや、360°回せるものなど、商品によって様々な種類があります。また、自転車での走行時に日光が反射すると、スマホ画面が見えにくくなる場合があります。画面を見えやすい角度に変えられるように、左右の角度調節もできるタイプがおすすめです。

防水機能で選ぶ

出典:Amazon

サイクリングをしていると、急な雨に見舞われることがあります。自転車で長距離を走行する方や防水機能のないスマホを使っている方などは、防水機能があるものをおすすめします。「フレームバッグ」タイプには、透明窓に防水機能が付いた商品があります。水濡れに対する耐久性は商品によって異なるので、使用前に商品の説明書を確認してください。

装着しながらコードをさせるかどうか

出典:Amazon

長距離のサイクリングでは、途中でバッテリーを充電しなければいけない場合があります。そのため、装着時も充電コードなどをさせるタイプの自転車用スマホホルダーがおすすめです。スマホの充電穴の場所は機種によって異なるので、ホルダーによってはスマホに装着すると充電穴を塞いでしまうものもあります。購入前に、必ず確認しておきましょう。

フックで固定するタイプのおすすめ2選

バンドで固定するタイプのおすすめ4選

最安値999円(税込)

3.60(611件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

サイクリングにもっと自由を:音楽/通話/ナビ/Skype/スマホ/携帯/PSP/GPS活用しましょう。マウンテンバイク・通勤・通学などのシーンで、オールシーズン通して大活躍!スマートフォンでルート案内をしてもらえば、道を間違えて引き返すことはなくなります。 幅5cmから10cmのハンドルがある交通工具に適用、完璧な安全設計コンセプトで移動装置の安全を保障しています。 360度回転可能で、好きな角度を自由に調節できます。 操作も簡単で、一つのリリースボタンでご利用されるデバイスのサイズに合わせるまで簡単に調整できます。 裏での特別な留金デザイン、鷹のように携帯を繋いでいて、音楽を聞いても、電話をかけても、振動や落ちることを心配する必要がありません。

最安値1,680円(税込)

3.90(220件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

アームで固定するタイプのおすすめ3選

最安値2,545円(税込)

4.00(281件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値6,888円(税込)

4.00(436件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

フレームバッグ・マウント装着タイプのおすすめ6選

まとめ

自転車用スマホホルダーには、固定方法やデザインに豊富な種類があります。用途や使い勝手に応じて、お気に入りの商品を見つけてください。

おすすめキーワード

紹介されているメーカー

自転車用スマホホルダーの人気売れ筋ランキング

おすすめ記事