自転車用スマホホルダーのおすすめ11選!防水も【2020年版】

自転車用スマホホルダーのおすすめ11選!防水も【2020年版】

自転車用スマホホルダーとは、ロードバイクなどの自転車にスマホを固定するためのアイテムです。「スマホスタンド」とも呼ばれています。自転車用スマホホルダーの装着は法律違反ではなく、安全に留意して使用すれば、便利なアイテムです。自転車用スマホホルダーは、iPhoneやXperiaなど幅広い機種に対応しており、シリコン製、防水対応、ステムタイプ、充電器を装着できるタイプなど、種類も豊富です。今回は、そんな自転車用スマホホルダーの選び方や落ちない固定方法、おすすめ商品などをご紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

自転車用スマホホルダーの選び方

スマホのサイズに対応しているかどうかで選ぶ

スマホのサイズに対応しているかどうかで選ぶ

出典:Amazon.co.jp

自転車用スマホホルダーを選ぶ際は、自分のスマホとサイズが合うかどうかを確認しましょう。スマホは機種によってサイズが異なりますが、自転車用スマホホルダーも、商品によって対応サイズが異なります。ホルダーのサイズが大きすぎると、スマホをしっかりと固定できず、落下してしまう危険性があるので注意が必要です。自転車用スマホホルダーには、対応機種やサイズが記載されている場合が多いので、購入前にチェックしましょう。

ハンドルの径にあうかをチェック

自転車用スマホホルダーは、取り付け部分が自転車のハンドルの径(太さ)に合うかどうかも重要なポイントです。取り付け部分がハンドルの径と合わないと、走行時の衝撃でぐらついたり、スマホが落下する危険性があります。対応するハンドルの径は商品に記載されている場合が多いので、購入前に確認しましょう。

ハンドルの幅にあうかも確認

商品を選ぶ場合は、ホルダーの取り付け部分がハンドルの幅に合うかも念のためチェックすることをおすすめします。ハンドル幅の狭い自転車にホルダーを取り付ける場合、幅の広いクリップだとサイズが合わず、スマホが落下してしまう可能性があります。折りたたみ式自転車などのハンドルが狭いタイプは、注意が必要です。

ハンドルとの固定方法で選ぶ

盗難の心配が少ない「ボルト」

「ボルト」タイプは、ホルダーの本体を六角レンチなどを使ってボルトで固定するタイプです。しっかりと固定できるので安定感があります。走行時のぐらつきを防いでしっかりと取り付けたい方におすすめです。簡単には取り外せないので、盗難などの心配がないというメリットもあります。ただし、取り付けや取り外しの際に工具が必要なので、手間がかかるというデメリットもあります。

着脱が簡単で固定できる「手回しネジ」

着脱が簡単で固定できる「手回しネジ」

出典:Amazon.co.jp

工具が不要な「手回しネジ」タイプのメリットは、取り付けや取り外し、位置の調整が簡単にできることです。手回しネジタイプには、直接ネジを手で回すものや、レバーを動かすことでネジを回すものなど、様々な種類があります。回しやすさで選ぶなら、レバーを動かすタイプがおすすめです。しかし、誰でも着脱できるので、盗難のリスクもあります。

簡単に付け替えもできる「クリップ」

簡単に付け替えもできる「クリップ」

出典:Amazon.co.jp

「クリップ」は、ハンドルに挟むだけで取り付けることができるタイプです。着脱や、他の自転車などへの付け替えが簡単にできるのがメリットです。しかし、手回しネジタイプと同様に、誰にでも着脱が簡単にできるので、盗難やいたずらのリスクもあるので注意が必要です。

角度調節もしやすい「ベルトで巻きつけるタイプ」

角度調節もしやすい「ベルトで巻きつけるタイプ」

出典:Amazon.co.jp

スマホホルダーには、ハンドルにベルトを巻きつけて取り付けるタイプもあります。着脱が簡単にできるのでおすすめです。また、巻き付け方によってホルダーの角度も微調整しやすいというメリットもあります。しかし、他のタイプよりも固定力が弱く、位置ずれしやすいというデメリットがあります。位置ずれを防ぐためには、滑り止めが付いたタイプやシリコンラバー素材のものがおすすめです。

スマホの固定方法で選ぶ

安定感がある「フック」

安定感がある「フック」

出典:Amazon.co.jp

スマホの上下や四隅を「フック」で固定するタイプは、ホールド力が高く安定感があるというメリットがあります。フックタイプは商品によって固定箇所の点数が異なります。固定する箇所が多いほど安定感が出るので、なるべく多い箇所で固定できるタイプがおすすめです。スマホとホルダーのサイズが合わないとしっかりと固定できないので、注意してください。

スマホを傷つけにくい「シリコンラバーバンド」

スマホを傷つけにくい「シリコンラバーバンド」

出典:Amazon.co.jp

「シリコンラバーバンド」は柔らかい素材なので、スマホ画面や本体を傷つけにくく、簡単に装着できます。また伸縮性があるので、機種変更などでスマホのサイズが多少変わっても、固定できる場合もあります。ただし、シリコンラバーバンドは経年劣化する素材なので、定期的に買い替える必要があります。また、バンド部分が画面に重なると、見えづらくなる可能性もあります。

画面を邪魔しない「クリップアーム」

画面を邪魔しない「クリップアーム」

出典:Amazon.co.jp

スマホホルダーには、伸縮する「クリップアーム」でスマホを両サイドから固定するタイプもあります。スマホの両サイドで固定するので、画面の邪魔をしません。他のタイプよりも安定感が低いので、シリコンラバーバンドを併用するタイプもあります。ホルダーのパーツがスマホ画面に重なるのを防ぎたい方におすすめです。

雨や傷から保護しやすい「フレームバッグ」

雨や傷から保護しやすい「フレームバッグ」

出典:Amazon.co.jp

「フレームバッグ」とは、スマホを収納できるバッグ型のスマホフレームです。スマホを収納したまま自転車に装着し、透明窓から画面操作ができます。突然の雨による水濡れや、小傷からスマホを守れるタイプです。また、小銭や鍵などの貴重品を一緒に収納できるタイプもあるので、使い勝手が良いです。自転車への装着は、粘着テープ付きのベルトなどで行うタイプが多く、商品によっては固定力が低い場合があります。

安定感が抜群の「スライドロック」

安定感が抜群の「スライドロック」

出典:Amazon.co.jp

「スライドロック」は、スマホを専用ケースに入れて、ケースの裏とホルダーの連結部にある凹凸を合わせて回し、ロックをかけることで固定するタイプです。他のタイプよりも安定感が高いです。また、スマホの裏面で固定するので、画面を邪魔するものがないというメリットもあります。ケースのサイズとスマホのサイズが合わないと使えないので、購入前に必ずサイズを確認しておきましょう。

ホルダー部の向き・左右の角度調節ができるか

ホルダー部の向き・左右の角度調節ができるか

出典:Amazon.co.jp

スマホホルダーは、ホルダーの向きを自由に変えられるタイプがおすすめです。スマホ操作をするときは縦向きに、地図を見るときは横向きに変更できれば使い勝手がよくなります。ホルダーの向きは、縦横に変更できるものや、360°回せるものなど、商品によって様々な種類があります。また、自転車での走行時に日光が反射すると、スマホ画面が見えにくくなる場合があります。画面を見えやすい角度に変えられるように、左右の角度調節もできるタイプがおすすめです。

防水機能で選ぶ

防水機能で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

サイクリングをしていると、急な雨に見舞われることがあります。自転車で長距離を走行する方や防水機能のないスマホを使っている方などは、防水機能があるものをおすすめします。「フレームバッグ」タイプには、透明窓に防水機能が付いた商品があります。水濡れに対する耐久性は商品によって異なるので、使用前に商品の説明書を確認してください。

装着しながらコードをさせるかどうかで選ぶ

装着しながらコードをさせるかどうかで選ぶ

出典:Amazon.co.jp

長距離のサイクリングでは、途中でバッテリーを充電しなければいけない場合があります。そのため、装着時も充電コードなどをさせるタイプの自転車用スマホホルダーがおすすめです。スマホの充電ジャックの場所は機種によって異なるので、ホルダーによってはスマホに装着するとジャックを塞いでしまうものもあります。購入前に、必ず確認しておきましょう。

フック固定タイプの自転車用スマホホルダーおすすめ2選

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値1,599円(税込)

この商品の特徴

強烈な振動でも落下する心配のないスマホホルダーです。靭性に優れたナイロン材料を使用しているので、四角をしっかりと固定できるだけでなく、ぶつかり防止にもなって安心です。角度調節や厚さ調節もできるので、好きな位置で固定させることが可能です。地図を見ながらツーリングを楽しむ方におすすめの商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

強烈な振動でも落下する心配のないスマホホルダーです。靭性に優れたナイロン材料を使用しているので、四角をしっかりと固定できるだけでなく、ぶつかり防止にもなって安心です。角度調節や厚さ調節もできるので、好きな位置で固定させることが可能です。地図を見ながらツーリングを楽しむ方におすすめの商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値1,120円(税込)

この商品の特徴

自転車に取り付けて使うスマホホルダーで、360度自由に回転させられるのが特徴です。縦向きでも横向きでも簡単に調整可能で、用途によって使い分けができるので変便利です。四点固定なので、四隅がしっかりと固定され、落下の心配はありません。iPhoneからAndriodまでほぼすべての機種に対応しています。価格もリーズナブルで、コスパの高い商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

自転車に取り付けて使うスマホホルダーで、360度自由に回転させられるのが特徴です。縦向きでも横向きでも簡単に調整可能で、用途によって使い分けができるので変便利です。四点固定なので、四隅がしっかりと固定され、落下の心配はありません。iPhoneからAndriodまでほぼすべての機種に対応しています。価格もリーズナブルで、コスパの高い商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

バンド固定タイプの自転車用スマホホルダーおすすめ2選

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値1,880円(税込)

この商品の特徴

着脱簡単な自転車用スマホホルダーです。シリコン製ホルダーを上下に伸ばしてスマホを固定し、背面のベルトを自転車のバーに巻き付けるだけで、U字がスマホをしっかりと固定します。自転車から外れる心配もありません。最高品質のシリコン素材が、運転中の衝撃を吸収してくれます。様々なサイズに対応しており、バギーなど丸みを帯びたハンドルにも取り付け可能です。蓄光機能で夜道も安心です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

着脱簡単な自転車用スマホホルダーです。シリコン製ホルダーを上下に伸ばしてスマホを固定し、背面のベルトを自転車のバーに巻き付けるだけで、U字がスマホをしっかりと固定します。自転車から外れる心配もありません。最高品質のシリコン素材が、運転中の衝撃を吸収してくれます。様々なサイズに対応しており、バギーなど丸みを帯びたハンドルにも取り付け可能です。蓄光機能で夜道も安心です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値-(税込)

この商品の特徴

色々なところに取り付け可能な自転車用スマホホルダーです。付属のラバーリングを引っ掛けるだけと、取り付けが簡単で、自転車フレームのあらゆる場所を有効に使うことができます。エンジニアドラバーが採用されており、走行中の揺れや振動を吸収し、どんな場所にもフィットします。ホールドバンドがあるので、スマホ以外のものも乗せてサイクリングを楽しめます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

色々なところに取り付け可能な自転車用スマホホルダーです。付属のラバーリングを引っ掛けるだけと、取り付けが簡単で、自転車フレームのあらゆる場所を有効に使うことができます。エンジニアドラバーが採用されており、走行中の揺れや振動を吸収し、どんな場所にもフィットします。ホールドバンドがあるので、スマホ以外のものも乗せてサイクリングを楽しめます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

アーム固定タイプの自転車用スマホホルダーおすすめ3選

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値2,269円(税込)

この商品の特徴

LWクランプモデルの自転車用スマホホルダーです。軽量アルミ製で、360度調整できる仕様になっています。強い衝撃でもウィングが開かないロック機構や、ホルダー本体裏側に落下防止用のシリコンバンド装着フックがあり、安心して使える設計です。下り坂でも電話が前方に移動しないよう、ストッパーが付いています。付属の延長アームを使用うと、iPhone6 Plusなどの大きなサイズのスマホにも対応できます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

LWクランプモデルの自転車用スマホホルダーです。軽量アルミ製で、360度調整できる仕様になっています。強い衝撃でもウィングが開かないロック機構や、ホルダー本体裏側に落下防止用のシリコンバンド装着フックがあり、安心して使える設計です。下り坂でも電話が前方に移動しないよう、ストッパーが付いています。付属の延長アームを使用うと、iPhone6 Plusなどの大きなサイズのスマホにも対応できます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値998円(税込)

この商品の特徴

安心して使用できるスマホホルダーです。アームで挟んで、アンカーバンドでしっかりとホールドする、スマホを二重に保護してくれる商品です。固定ホルダーの螺旋締め付けで、ハンドルにしっかりと固定します。スライドアームを使っているので、大きめサイズのデバイスにも対応しております。360度回転可能なボールジョイントを使用しており、上下左右にもそれぞれ30度の角度調節が可能です。見やすい向きに自由自在に角度調節ができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

安心して使用できるスマホホルダーです。アームで挟んで、アンカーバンドでしっかりとホールドする、スマホを二重に保護してくれる商品です。固定ホルダーの螺旋締め付けで、ハンドルにしっかりと固定します。スライドアームを使っているので、大きめサイズのデバイスにも対応しております。360度回転可能なボールジョイントを使用しており、上下左右にもそれぞれ30度の角度調節が可能です。見やすい向きに自由自在に角度調節ができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値5,547円(税込)

この商品の特徴

軽量・コンパクトな自転車用スマホホルダーです。六角レンチで固定しますので、ホルダーの盗難や脱落する心配が減少します。クランプは、直径22〜29mmに対応しており、装着可能な機器のサイズは厚さ9~15mm、幅は58~68mmです。機器の固定には、ウイングラッチ式を採用しており、しっかりと固定しながら、ボタン一つでロックが解除できて着脱がスムーズです。スマホをナビとして、使う方におすすめの商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

軽量・コンパクトな自転車用スマホホルダーです。六角レンチで固定しますので、ホルダーの盗難や脱落する心配が減少します。クランプは、直径22〜29mmに対応しており、装着可能な機器のサイズは厚さ9~15mm、幅は58~68mmです。機器の固定には、ウイングラッチ式を採用しており、しっかりと固定しながら、ボタン一つでロックが解除できて着脱がスムーズです。スマホをナビとして、使う方におすすめの商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

フレームバッグ・マウント装着タイプの自転車用スマホホルダーおすすめ4選

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値2,980円(税込)

この商品の特徴

大容量バッテリーとLightningコネクタを内蔵している、iPhone6/6s専用自転車用スマホホルダーです。走行中に、約2回フル充電できます。 ワンタッチで着脱でき、防水カバーも付いています。縦にも横にもセットできます。スタイリッシュなデザインで、画面が見やすい商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

大容量バッテリーとLightningコネクタを内蔵している、iPhone6/6s専用自転車用スマホホルダーです。走行中に、約2回フル充電できます。 ワンタッチで着脱でき、防水カバーも付いています。縦にも横にもセットできます。スタイリッシュなデザインで、画面が見やすい商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値1,780円(税込)

この商品の特徴

本体ケースの縫い目を無くし、防水性を高めている自転車用スマホホルダーです。ケースの外側からのタッチ操作も可能です。高さ調整用のクッションが付属されており、スマホの厚さに高さを合わせることができます。着脱が簡単なスライド式で、しっかりと固定します。360°回転が可能です。ハンドルの傷を防止する傷防止ゴムと、落下防止ワイヤーが付属しています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

本体ケースの縫い目を無くし、防水性を高めている自転車用スマホホルダーです。ケースの外側からのタッチ操作も可能です。高さ調整用のクッションが付属されており、スマホの厚さに高さを合わせることができます。着脱が簡単なスライド式で、しっかりと固定します。360°回転が可能です。ハンドルの傷を防止する傷防止ゴムと、落下防止ワイヤーが付属しています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値2,699円(税込)

この商品の特徴

iPhoneX/XS対応のスマートフォンホルダーです。自転車やバイクに装着して使用します。360度回転式で角度を自由に変えることができるので、ドライブレコーダーとして使うこともできます。軍用級の耐衝撃性や防水性を備えており、雨の日や路面の悪い道でも安心して使うことができます。天候や道の状態に左右されずに使うことができるホルダーを探している方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

iPhoneX/XS対応のスマートフォンホルダーです。自転車やバイクに装着して使用します。360度回転式で角度を自由に変えることができるので、ドライブレコーダーとして使うこともできます。軍用級の耐衝撃性や防水性を備えており、雨の日や路面の悪い道でも安心して使うことができます。天候や道の状態に左右されずに使うことができるホルダーを探している方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値1,399円(税込)

この商品の特徴

6インチ以下のスマホに対応した、自転車用スマホホルダーです。ケースは防水仕様です。指紋認証以外のタッチスクリーン操作が可能なので、ケースに入れたまま電話やメールの確認をすることができます。1.5cm〜4.5cmのハンドルに対応しており、ベビーカーでも使うことができます。ケースはマジックテープ式なので、手軽に持ち運びができるホルダーを探している方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

6インチ以下のスマホに対応した、自転車用スマホホルダーです。ケースは防水仕様です。指紋認証以外のタッチスクリーン操作が可能なので、ケースに入れたまま電話やメールの確認をすることができます。1.5cm〜4.5cmのハンドルに対応しており、ベビーカーでも使うことができます。ケースはマジックテープ式なので、手軽に持ち運びができるホルダーを探している方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

自転車用スマホホルダーのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー