スノーシューのおすすめ6選!人気のMSRやTSLも紹介

スノーシューのおすすめ6選!人気のMSRやTSLも紹介

ハイキングツアーやトレッキングコースなど、雪の中を歩くときに役立つのがスノーシューです。いつもの登山靴やブーツの上から簡単に装着でき、雪の中に沈み込まないのでサクサク歩くことができます。様々なブランドがありますが、MSRは特にラインナップが豊富だと人気です。今回は、おすすめのスノーシューやサイズなどの選び方、適した服装などについてご紹介します。おすすめ商品では、MSRやTSLなどの人気メーカーの商品もご紹介しています。

雪の上を楽に歩きたい

雪の上を楽に歩きたい

雪の上を歩くときは、どうしても雪に足が沈み込んでしまいますよね。 雪に足を取られず、サクサクと歩くことができるアイテムがスノーシューです。スノーシューは雪の上を歩く専用のアイテムで、滑り止めの刃がついた登山用や、新雪の上を歩くことができる平地用などの種類があります。目的にあったスノーシューを使うことで、雪の深い山でのハイキングやトレッキングなども、快適に楽しむことができます。

スノーシューを使うメリット

浮力が大きい

スノーシューは、短いスキー板のような形をしています。普通の靴と比べて、フレームの分雪との設置面積が増えることで浮力が上がり、雪の上を快適に歩ける仕組みになっています。柔らかい新雪の上や深い雪でも、足がはまることなく歩けるのがメリットです。

装着しやすいモデルが多い

スノーシューは、登山用の靴やブーツの上から、ベルトやバックルで固定するタイプが多いです。手袋をつけたまま簡単に着脱することができるため、手間がかからないのもメリットのひとつです。スノーシューのメーカーと同じ靴を選ぶのが良いとされていますが、装着部分が柔らかく工夫されているものも多いです。どんな靴にも馴染みやすいタイプを選べば、ブーツの種類を選ばず着脱できるでしょう。

スノーシューの選び方

用途で選ぶ

浮力が高い平地・緩斜面用

平地・緩斜面用のスノーシューは、浮力が高いのが特徴です。裏面は刃がなくシンプルなつくりになっていて、柔らかい新雪の上も難なく歩くことができます。平地でのトレッキングツアーやハイキングなどにおすすめです。軽さや接地面の広さ、着脱のしやすさなど、歩きやすさを優先したタイプです。 

グリップ力のある登山用

登山用のスノーシューは、裏側に「クランポン」というギザギザとした刃がついているのが特徴です。この刃のおかげで、雪山登山など傾斜の多い場所でも、すべらずに登っていくことができます。登山用と名前にあるとおり、主に傾斜の多い雪山登山やバックカントリースキーで使用されるタイプです。

軽さに優れたランニング用

ランニング用スノーシューは、他の種類に比べてサイズも小さめでとにかく軽いのが特徴です。トレイルランニングなどの、スノーシューレースで使われることが多いです。 シューレースの場合は、すでに踏み固められた雪道を走ることが多いので、グリップ力はそれほどなく、軽さと走ることに特化したタイプとなります。

最適なフレームのサイズをチェック

スノーシューのフレームのサイズは、基本的に雪の状態と荷重から選びます。まずは、スノーシューの耐荷重は必ずチェックします。荷重は「自分の体重+荷物の重さ」で計算するので注意しましょう。また、新雪など柔らかく深い雪の上を歩く場合は、大きめのサイズを選びます。例えば、MSRのスノーシューの場合は、41〜57kgの女性はかたい雪の上なら22インチ、柔らかい雪の上なら25インチが目安となっています。

フレームの素材で選ぶ

プラスチック

プラスチック素材はグリップ力があるのが特徴です。雪の質が場所によって異なっていたり、傾斜があって滑りやすい山での使用にぴったりの素材です。ただし、深雪での歩きやすさはイマイチというデメリットもあります。

アルミニウム

アルミニウム

出典:Amazon.co.jp

アルミニウム素材は丈夫で軽く、腐食もしにくいのが特徴です。浮力は高いですがグリップ力は小さいため、平らな深雪で歩くのに向いています。プラスチックタイプよりも軽いものが多いため、トレッキングツアーなどで持ち運びしたい場合にも便利です。

バインディングの取り付けやすさ・固定具合をチェック

バインディングは、スノーシューと自分のブーツを固定するベルトの役割をする部分のことです。バインディングにはベルト式やラチェット式、ダイヤル式などがあります。寒い中で装着することになるので、取り付けやすさは重要です。登山など使用する場所によっては、脱げにくさの方を重視すると良いでしょう。目的によって、取り付けやすさと固定具合のバランスがいいものを選ぶことをおすすめします。

グリップ力はクランポンを確認

グリップ力はクランポンを確認

出典:Amazon.co.jp

スノーシューの底面についている、ギザギザした滑り止めの刃のことを「クランポン」といいます。グリップ力は、このクランポンの数や大きさ・角度によって異なります。特に、グリップ力が必要な雪山登山が目的の場合、クランポンの数が多いものを選ぶようにしましょう。

耐久性も重要

基本的には、1番スノーシューに対して負荷がかかりやすい、登山用の耐久性が高くなっています。フレームの厚さやクランポンの素材、バインディングの素材や仕組みなど、全体のつくりが壊れにくくないかチェックしましょう。また、口コミで「使用◯年経過」など、耐久性に関するものを見ておくのもおすすめです。

スノーシューを使うときの注意点

服装は少し涼しいくらいがおすすめ

寒いので防寒は必要ですが、少し涼しいかな?と感じるくらいにしておくのがおすすめです。スノーシューを使って歩いていると暑くなってきますし、厚着しすぎると動きにくくなってしまいます。簡単に脱ぎ着して調整できるような服装にしておくのも良いでしょう。手袋と帽子は忘れないように注意してください。

足を開き気味にして進むと歩きやすい

スノーシューは、他のブーツに比べてフレームの分幅があるため、足を開き気味で歩くことを意識しましょう。スキーのときに使うストックのようなポールがあると、さらにバランスをとりやすくなります。

スノーシューのおすすめ6選

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値45,360円(税込)

この商品の特徴

MSRの中でも人気の高い万能型スノーシューです。フレーム全体にクランポンがついていて、グリップ力が高いのが特徴です。基本的には登山向けで、急斜面でもしっかり食らいついてくれます。ラチェット式のバインディング4本で固定する仕組みで、柔らかさのあるウレタン素材なので、手袋をつけたままでも操作しやすい工夫がされています。長時間歩いていても緩まないのもポイントです。様々な地形の山にチャレンジしたい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

MSRの中でも人気の高い万能型スノーシューです。フレーム全体にクランポンがついていて、グリップ力が高いのが特徴です。基本的には登山向けで、急斜面でもしっかり食らいついてくれます。ラチェット式のバインディング4本で固定する仕組みで、柔らかさのあるウレタン素材なので、手袋をつけたままでも操作しやすい工夫がされています。長時間歩いていても緩まないのもポイントです。様々な地形の山にチャレンジしたい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値29,092円(税込)

この商品の特徴

MSRのバランス型登山用スノーシューです。フレームは耐久性と柔軟性の高いプラスチック素材で、耐久性の高さと歩きやすさのバランスがいいのが特徴です。フレーム上部が持ち上がった、立体的な形状とシェイプしたフレームで、歩きやすいと初心者から上級者の方まで人気の高いスノーシューです。歩行性も耐久性も高いので、初めてスノーシューで登山する方に、まずは試してみてほしい一足です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

MSRのバランス型登山用スノーシューです。フレームは耐久性と柔軟性の高いプラスチック素材で、耐久性の高さと歩きやすさのバランスがいいのが特徴です。フレーム上部が持ち上がった、立体的な形状とシェイプしたフレームで、歩きやすいと初心者から上級者の方まで人気の高いスノーシューです。歩行性も耐久性も高いので、初めてスノーシューで登山する方に、まずは試してみてほしい一足です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値5,887円(税込)

この商品の特徴

軽くて錆びにくいアルミフレームを採用したスノーシューです。サイズは43×19×8cm、重量は約0.5kg×2とコンパクトで、持ち運びが楽です。材質はシート部分がPE、スパイクはアルミ合金、フレームはアルミです。着脱しやすく女性やお子様にも最適です。小回りが利きますので、雪中作業をする方におすすめの商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

軽くて錆びにくいアルミフレームを採用したスノーシューです。サイズは43×19×8cm、重量は約0.5kg×2とコンパクトで、持ち運びが楽です。材質はシート部分がPE、スパイクはアルミ合金、フレームはアルミです。着脱しやすく女性やお子様にも最適です。小回りが利きますので、雪中作業をする方におすすめの商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値5,434円(税込)

この商品の特徴

アルミ合金フレームの軽量スノーシューです。サイズは25inch(635×213mm)、重量は1.89kg(ペア)、2WAYキャリーバッグが付属されています。ラチェットバインディングを採用しており、着脱が容易です。アルミ製フロントクランポンで雪面をしっかりグリップします。 デッキ材質は高密度ポリエチレンを採用しています。雪山歩きをする方におすすめの商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

アルミ合金フレームの軽量スノーシューです。サイズは25inch(635×213mm)、重量は1.89kg(ペア)、2WAYキャリーバッグが付属されています。ラチェットバインディングを採用しており、着脱が容易です。アルミ製フロントクランポンで雪面をしっかりグリップします。 デッキ材質は高密度ポリエチレンを採用しています。雪山歩きをする方におすすめの商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値5,434円(税込)

この商品の特徴

2WAYキャリングバッグ付きレッドモデルスノーシューです。サイズは25inch(635×213mm)、重量は1.89kg(ペア)です。フレームには高強度のアルミ合金6061を採用しており、フレームやリベットにはアルマイト加工が施されているので美しく軽量です。ラチェットバインディングで素早い調整が可能です。フロントクランポンでロスの少ない歩行を実現します。雪山歩きをする方におすすめの商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

2WAYキャリングバッグ付きレッドモデルスノーシューです。サイズは25inch(635×213mm)、重量は1.89kg(ペア)です。フレームには高強度のアルミ合金6061を採用しており、フレームやリベットにはアルマイト加工が施されているので美しく軽量です。ラチェットバインディングで素早い調整が可能です。フロントクランポンでロスの少ない歩行を実現します。雪山歩きをする方におすすめの商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値15,950円(税込)

この商品の特徴

GROMバインディングを装備したキッズ仕様のスノーシューです。サイズは51.0cm、重量(ペア)は1.02kg、適合荷重は23~54kgです。ヒールクリート機能によりで安定性に優れており、様々な地形を走破するけん引力をもってます。耐久性が高く適合荷重の範囲広いので、長く使用することができます。また、適合荷重内であれば大人の方の使用も可能です。雪山登山するキッズにおすすめの商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

GROMバインディングを装備したキッズ仕様のスノーシューです。サイズは51.0cm、重量(ペア)は1.02kg、適合荷重は23~54kgです。ヒールクリート機能によりで安定性に優れており、様々な地形を走破するけん引力をもってます。耐久性が高く適合荷重の範囲広いので、長く使用することができます。また、適合荷重内であれば大人の方の使用も可能です。雪山登山するキッズにおすすめの商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー