ジップロックの「ごはん保存容器」でごはんを冷凍するべき3つの理由!

ジップロックの「ごはん保存容器」でごはんを冷凍するべき3つの理由!

ごはんがかなり残ってしまったとき、一膳分ずつラップに包んで冷凍保存するという方は多いのではないでしょうか。しかし、包んだ量が一膳分に満たなかったり、逆に多すぎたりと、ちょうどいい量を包むのは意外と難しいもの。今回は、人気シリーズ「ジップロック」のごはん保存容器をご紹介します。量、食感にこだわった、ごはんの冷凍に特化した保存容器です!

冷凍ごはんにぴったりのジップロック

バッグから空気を抜いてチャックをすることで真空状態を作りだすことができるフリーザーバッグや、様々なサイズから選んで便利に使えるコンテナを展開する「ジップロック」シリーズに、ごはん保存用のジップロックがあります。容量は290mlでお茶碗一杯分(180g)にぴったりのサイズです。形状も薄型なので冷凍庫のスペースを上手く使うことができそうです。もちろん、そのまま電子レンジでチンすることもできます。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値234円(税込)
4.13(81件)

この商品の特徴

ごはんの冷凍保存に最適なコンテナーです。容器側面の溝を、電子レンジ加熱時に発生するスチームが通り、ムラなく加熱できます。容器の底面は細かな凹凸形状で、加熱時の余分な水分が溝に落ち、ごはんがべたつきません。薄型の長方形で、冷凍庫内でもすっきり保存可能。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ごはんの冷凍保存に最適なコンテナーです。容器側面の溝を、電子レンジ加熱時に発生するスチームが通り、ムラなく加熱できます。容器の底面は細かな凹凸形状で、加熱時の余分な水分が溝に落ち、ごはんがべたつきません。薄型の長方形で、冷凍庫内でもすっきり保存可能。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

ちょうど一膳分に小分けできる

多めに炊いてしまったごはんをラップなどで包んで冷凍すると、一膳分になっていないことがよくあります。食べるときにちょっと物足りないな、と思ってもう一包み解凍してしまったことがある方もいるのではないでしょうか。

ちょうど一膳分に小分けできる

ジップロックに一膳分のごはんを詰めてみました。ちょうど容器がいっぱいになるくらいの量です。これなら毎回同じ量を取ることができそうです。量らずに一膳分をよそって、そのまま冷凍できるのはありがたいですね。

解凍してもごはんがベタつかない

解凍してもごはんがベタつかない

普通の保存容器でごはんを冷凍すると、解凍するときに底に水が溜まり、ごはんがベタついてしまいます。しかし、ごはんの保存に特化したジップロックは底に細かい凹凸がついていて、発生した水をへこんだ部分にためてくれます。そのため、ごはんが水に触れる時間を短くすることができ、ベタつきを防ぎます。

積み上げてコンパクトに保存できる

積み上げてコンパクトに保存できる

薄型なので冷凍庫に入れても邪魔になりません。フタのでっぱった部分が底面のヘコみにはまるようになっていて、積み上げても高くなりすぎず安定感があります。数日分まとめてごはんを炊いて、たくさん冷凍しておいても大丈夫そうです。

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー