灯油用ポリタンクのおすすめ12選!ノズル付きも

灯油用ポリタンクのおすすめ12選!ノズル付きも

灯油用ポリタンクとは、灯油を保管、携行するための専用の容器です。使われている材質は高密度ポリエチレンです。タンクの容量は10L、20Lなどがあり、カラフルでおしゃれなラインアップもそろい、様々な種類があります。コンパクトなサイズや最小クラスは予備の燃料を持ち運ぶのに便利です。タンクの寿命は約5年なので、劣化したら買い替えましょう。今回は灯油用ポリタンクの選び方と、おすすめの商品を紹介します。

灯油用ポリタンクとは

灯油用ポリタンクとは

出典:Amazon.co.jp

灯油用ポリタンクは、灯油を保管したり、持ち運んだりするために使用する、高密度ポリエチレン製の容器です。一般的に灯油専用で使用します。東日本では赤色、西日本では青色のポリタンクが主流です。容量は5L、10L、18L、20Lなど、商品によって様々なサイズがあります。時間の経過とともに劣化が進むため、購入から約5年が買い替えの目安です。5年以内であっても、色あせやひび割れなどが起こったら、すみやかに買い替えましょう。

灯油用ポリタンクの選び方

容量で選ぶ

持ち運びやすい10Lサイズ

持ち運びやすい10Lサイズ

出典:Amazon.co.jp

10Lサイズの灯油用ポリタンクは、中に灯油を入れても軽量で、持ち運びやすいです。石油ストーブや石油ファンヒーターなどの暖房器具を使用する1人暮らしの方などにもおすすめです。ただし、灯油の消費量が多いとタンクが空になりやすく、購入の頻度が増えます。そのため、10Lサイズを複数購入して、予備の灯油を保管しておくと便利です。18Lや20Lなどの大容量のタンクを1つ持つのと比較しても、ラクに持ち運べます。

一般的な18Lサイズ

一般的な18Lサイズ

出典:Amazon.co.jp

18Lの灯油用ポリタンクは、昔ながらの定番の容量です。高密度ポリエチレン製のタンクが使われる前は、一斗缶(いっとかん)と呼ばれる金属製の容器に灯油を入れて保管および携行するのが一般的でした。「一斗(いっと)」とは、体積を表す単位で18Lに相当し、その名残で18Lのポリタンクが販売されています。10Lタイプよりも、灯油を多く入れられますが、その分、重さが増すのが注意点です。

1度に多くの灯油を保管できる20Lサイズ

1度に多くの灯油を保管できる20Lサイズ

出典:Amazon.co.jp

20Lの容量がある灯油用ポリタンクは、1度に多くの灯油を保管、携行できるメリットがあります。購入頻度が少なくてすむため、灯油を使う暖房器具の数や消費量が多い家庭などに適しています。ただし、灯油を入れたときにかなりの重量があるので、力の弱い方が1人で運ぶのは大変な作業です。また、タンクのサイズも大きくなるため、設置するスペースも必要です。

保管や使用法に合わせて選ぶ

給油しやすいノズル付き

給油しやすいノズル付き

出典:Amazon.co.jp

灯油用ポリタンクの種類によって、給油に使用するノズルが付属するもの、しないものがあります。ノズルが付属しない場合は、別途購入が必要です。そのため、ノズルが付いている商品を選ぶのがおすすめです。ノズルが付いていれば、購入後すぐに使えるメリットがあります。

場所を取らない重ねおき可能なタイプ

場所を取らない重ねおき可能なタイプ

出典:Amazon.co.jp

灯油用ポリタンクを複数使用する場合は、重ねおきできる商品が便利です。灯油用ポリタンクは危険物の灯油を入れるので、保管や携行時の安定感を高めるために、幅広で背は低めという形状が多く見られます。置いたときの安定性には優れるものの、複数を横に並べる場合、広い設置場所が必要です。そのため、積み重ねておける商品がおすすめです。

品質や安全性が保証されたJISマークの有無で選ぶ

品質や安全性が保証されたJISマークの有無で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

灯油用ポリタンクを選ぶ際は、JISマークの付いた商品を選ぶことをおすすめします。JISマーク付きの商品は、JIS(日本産業企画)に適合しており、日本の国家規格として認証されたものです。品質や安全性が保証されているので、危険物に分類される灯油を入れる容器のポリタンクは、JISマーク付きの商品を使用しましょう。

東日本では赤色・西日本では青色が主に使われている

東日本では赤色・西日本では青色が主に使われている

出典:Amazon.co.jp

灯油用ポリタンクの色には、赤、青、グレーなど、様々な種類があります。特に色の指定はないため、何色のタンクを使っても問題ありません。ただし、白色のポリタンクは、飲料水と間違えられたり、紫外線の影響を受けて灯油が劣化したり、などのリスクがあるため、ほかの色を選ぶのがおすすめです。なお、関東圏や東日本では赤色、西日本では青色のポリタンクが主に使用されています。

【10L以下】灯油用ポリタンクのおすすめ4選

出典:Amazon.co.jp

JISマーク付きで安全な灯油用ポリタンク

JISマークの付いている、赤色の灯油用ポリタンクです。日本産業規格(JIS)に適合している商品のため、安心して使えます。ノズルが付属しないため、必要に応じて用意することをおすすめします。キャップ口径は、両口ともに50mmです。容量10Lのタイプで、給油したり、持ち運んだりしやすいメリットがあります。本体の重量は約0.81kgです。

JISマーク付きで安全な灯油用ポリタンク

JISマークの付いている、赤色の灯油用ポリタンクです。日本産業規格(JIS)に適合している商品のため、安心して使えます。ノズルが付属しないため、必要に応じて用意することをおすすめします。キャップ口径は、両口ともに50mmです。容量10Lのタイプで、給油したり、持ち運んだりしやすいメリットがあります。本体の重量は約0.81kgです。

出典:Amazon.co.jp

ガソリンなどの第一石油類を携行できる

第一石油類を携行できる灯油用ポリタンクです。灯油のほか、ガソリン、ホワイトガソリン軽油、燃料用アルコールなどを入れることが可能です。容量は10Lですが、燃料の種類によって、携行できる容量が制限される場合があるため注意しましょう。タンクのカラーはグレーで、ノズルが付属します。上に同じ商品を重ねおきできるので便利です。UN(国連)規格および消防法に適合しています。

ガソリンなどの第一石油類を携行できる

第一石油類を携行できる灯油用ポリタンクです。灯油のほか、ガソリン、ホワイトガソリン軽油、燃料用アルコールなどを入れることが可能です。容量は10Lですが、燃料の種類によって、携行できる容量が制限される場合があるため注意しましょう。タンクのカラーはグレーで、ノズルが付属します。上に同じ商品を重ねおきできるので便利です。UN(国連)規格および消防法に適合しています。

出典:Amazon.co.jp

青色の灯油用ポリタンク

ブルーの灯油用ポリタンクです。容量は10Lで、力の弱い方でも持ち運びしやすいメリットがあります。JISマーク認証表示が付いており、安心して使用できます。シーズン終了後はタンクの中身を空にして、直射日光が当たらない日陰で保管しましょう。なお、タンクが色あせたり、ひび割れが生じたり、などの場合はすみやかに新しいものに替えることをおすすめします。

青色の灯油用ポリタンク

ブルーの灯油用ポリタンクです。容量は10Lで、力の弱い方でも持ち運びしやすいメリットがあります。JISマーク認証表示が付いており、安心して使用できます。シーズン終了後はタンクの中身を空にして、直射日光が当たらない日陰で保管しましょう。なお、タンクが色あせたり、ひび割れが生じたり、などの場合はすみやかに新しいものに替えることをおすすめします。

出典:Amazon.co.jp

軽量で持ち運びやすい

ノズル付きの灯油用ポリタンクです。容量5Lの小型のタンクで、軽量で携行しやすいメリットがあります。予備の燃料の携帯におすすめです。注ぎ口が湾曲したノズルが付属し、給油しやすいのが特徴です。UN(国連)規格認証品で、危険物運搬容器に分類されます。ただし、ガソリンスタンドで給油できないケースがあるため、注意しましょう。

軽量で持ち運びやすい

ノズル付きの灯油用ポリタンクです。容量5Lの小型のタンクで、軽量で携行しやすいメリットがあります。予備の燃料の携帯におすすめです。注ぎ口が湾曲したノズルが付属し、給油しやすいのが特徴です。UN(国連)規格認証品で、危険物運搬容器に分類されます。ただし、ガソリンスタンドで給油できないケースがあるため、注意しましょう。

【18L】灯油用ポリタンクのおすすめ2選

開口部が2カ所ある赤色の灯油用ポリタンク

容量18Lの灯油用ポリタンクです。タンクの色は、主に関東圏での使用が多く見られる、赤が使われています。JIS規格に適合しており、危険物運搬容器の品質検査に合格した商品です。そのため、安心して使えるメリットがあります。開口部は2カ所あり、口径は50mmです。

開口部が2カ所ある赤色の灯油用ポリタンク

容量18Lの灯油用ポリタンクです。タンクの色は、主に関東圏での使用が多く見られる、赤が使われています。JIS規格に適合しており、危険物運搬容器の品質検査に合格した商品です。そのため、安心して使えるメリットがあります。開口部は2カ所あり、口径は50mmです。

出典:Amazon.co.jp

JIS規格に適合しており安全性が高い

本体のカラーがブルーの灯油用ポリタンクです。灯油専用品で、ガソリンなど、ほかの燃料を入れられないので注意しましょう。JIS規格に適合した国産の商品で、安心して使えるメリットがあります。フタの密閉性が高く、口がしっかり閉まるので、保管や持ち運びの際も安心です。保管の際は、直射日光が当たらない場所を選びましょう。ノズルが付属しないので、別途用意が必要です。

JIS規格に適合しており安全性が高い

本体のカラーがブルーの灯油用ポリタンクです。灯油専用品で、ガソリンなど、ほかの燃料を入れられないので注意しましょう。JIS規格に適合した国産の商品で、安心して使えるメリットがあります。フタの密閉性が高く、口がしっかり閉まるので、保管や持ち運びの際も安心です。保管の際は、直射日光が当たらない場所を選びましょう。ノズルが付属しないので、別途用意が必要です。

【20L】灯油用ポリタンクのおすすめ6選

出典:Amazon.co.jp

メモリ付きで量がわかりやすい

ライトサンドカラーの灯油用ポリタンクです。タンクの容量は20Lです。本体側面に、読容量を示す目盛りが付いています。開口部は2ヶ所あります。ノズルがついていないため、必要に応じて用意しましょう。国産の商品で、安心して使用できます。

メモリ付きで量がわかりやすい

ライトサンドカラーの灯油用ポリタンクです。タンクの容量は20Lです。本体側面に、読容量を示す目盛りが付いています。開口部は2ヶ所あります。ノズルがついていないため、必要に応じて用意しましょう。国産の商品で、安心して使用できます。

出典:Amazon.co.jp

ホイール付きでスムーズに運ぶことができる

ホイール付きの灯油用ポリタンクです。ハンドルを持って転がせるので、力の弱い方もスムーズに運搬することができます。ハンドルの長さは2段階で変えられ、身長に合わせて使い分けることも可能です。使わないときにはハンドルを折りたたんでおけ、上にタンクを積み重ねてすっきり収納できます。

ホイール付きでスムーズに運ぶことができる

ホイール付きの灯油用ポリタンクです。ハンドルを持って転がせるので、力の弱い方もスムーズに運搬することができます。ハンドルの長さは2段階で変えられ、身長に合わせて使い分けることも可能です。使わないときにはハンドルを折りたたんでおけ、上にタンクを積み重ねてすっきり収納できます。

出典:Amazon.co.jp

キャップにパッキン付きで中身が漏れにくい

JISマーク認証を受けた、灯油用ポリタンクです。日本工業規格をクリアした高い品質で、灯油の運搬や保管を安全に行いたい方におすすめです。キャップにはパッキンが設けてあるので、運搬時に中身が揺れたときでも、漏れを心配せずに持ち運べます。

キャップにパッキン付きで中身が漏れにくい

JISマーク認証を受けた、灯油用ポリタンクです。日本工業規格をクリアした高い品質で、灯油の運搬や保管を安全に行いたい方におすすめです。キャップにはパッキンが設けてあるので、運搬時に中身が揺れたときでも、漏れを心配せずに持ち運べます。

出典:Amazon.co.jp

給油しやすいノズル付き

ノズルが側面に取り付けられた、燃料ポリタンクです。必要なときにサッと取り出して使えるので、キャンプなどのアウトドアにもおすすめです。高密度ポリエチレン素材の硬質な本体で、運搬時の衝撃から灯油や水などの内容物を守ります。スタイリッシュなデザインと、機能性の高さを兼ね備えた商品です。

給油しやすいノズル付き

ノズルが側面に取り付けられた、燃料ポリタンクです。必要なときにサッと取り出して使えるので、キャンプなどのアウトドアにもおすすめです。高密度ポリエチレン素材の硬質な本体で、運搬時の衝撃から灯油や水などの内容物を守ります。スタイリッシュなデザインと、機能性の高さを兼ね備えた商品です。

出典:Amazon.co.jp

縦に長い形状で場所を取りにくい

JIS適合マークが付いている、容量20Lの灯油用ポリタンクです。本体のカラーは赤色で、灯油用とわかりやすいメリットがあります。ノズルが付属しないため、必要に応じて用意しましょう。縦に長いスリムな形状で、省スペースで設置できるのが魅力です。保管する際は、直射日光の当たらない場所に置きましょう。

縦に長い形状で場所を取りにくい

JIS適合マークが付いている、容量20Lの灯油用ポリタンクです。本体のカラーは赤色で、灯油用とわかりやすいメリットがあります。ノズルが付属しないため、必要に応じて用意しましょう。縦に長いスリムな形状で、省スペースで設置できるのが魅力です。保管する際は、直射日光の当たらない場所に置きましょう。

出典:Amazon.co.jp

使用頻度の多い方におすすめ!容量の多いタイプ

国内で製造された、容量の大きい灯油用ポリタンクです。灯油を使った暖房器具の、使用頻度の高い家庭におすすめです。底部に丸みがあり安定感が高いので、灯油を満杯まで入れても倒れることなく保管できます。車のトランクルームに入れて運ぶときにも、転倒の心配なく運搬できるのが特徴です。

使用頻度の多い方におすすめ!容量の多いタイプ

国内で製造された、容量の大きい灯油用ポリタンクです。灯油を使った暖房器具の、使用頻度の高い家庭におすすめです。底部に丸みがあり安定感が高いので、灯油を満杯まで入れても倒れることなく保管できます。車のトランクルームに入れて運ぶときにも、転倒の心配なく運搬できるのが特徴です。

灯油の保管方法

灯油用ポリタンクは日光の当たらない場所に保管する

灯油用ポリタンクは日光の当たらない場所に保管する

出典:Amazon.co.jp

灯油用ポリタンクを保管するときは、直射日光が当たらない場所に置きましょう。直射日光、すなわち紫外線の影響を受けると、ポリタンクが劣化しやすくなるデメリットがあります。加えて、ポリタンクに入っている灯油も変質、劣化を起こす可能性が高まります。また、劣化したポリタンクは買い替えが必要です。

灯油用ポリタンクに灯油以外のものを入れない

灯油用ポリタンクに灯油以外のものを入れない

出典:www.photo-ac.com

灯油用ポリタンクには、灯油以外のものを入れないのが原則です。消防法により、ポリタンクにガソリンを入れるのは禁止されています。タンクが溶けたり、変形したりする可能性があるためです。また、灯油に不純物が混ざっている場合も同様のリスクがあるほか、その灯油を使うことで、暖房器具の故障につながります。なお、ポリタンクの種類によっては、灯油以外のガソリン、軽油、燃料用アルコールなどを入れられるタイプもあります。

灯油用のポリタンクの寿命は約5年

灯油用のポリタンクの寿命は約5年

出典:Amazon.co.jp

灯油用のポリタンクの寿命は、約5年です。ポリタンクを長期間使っていると、色あせしたり、ひび割れが生じたり、などの劣化が起こります。劣化が進むと、中の灯油が変質したり、外にもれ出したり、といったリスクが生じます。近くに火気器具などがあった場合、火災につながる恐れがあるため、劣化したポリタンクの使用は非常に危険です。また、購入から5年以内であっても、色あせやひび割れのあるタンクの使用は避け、新しいものに買い替えましょう。

給油しやすい灯油ポンプもチェック

灯油ポンプは、ストーブに灯油を移すときに使うアイテムです。灯油ポンプの選び方とおすすめ商品を紹介しています。あわせてチェックしてみてください。

灯油用ポリタンクのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

紹介されているメーカー