アウトドア用ストーブおすすめ10選【2019年版】

冬のキャンプに欠かせないのが、アウトドア用ストーブです。フジカやアルパカ、コールマン、イワタニ、ユニフレーム、スノーピークなどから販売され、燃料も石油、薪、ガス、電気など種類が多いので、選び方に迷ってしまいます。そこで今回は、アウトドア用ストーブの比較や、おすすめの商品を紹介します。テント内やソロキャンプ向けの商品、人気のカセットガスやクイックヒーター、テント内で使用できる小型のポータブルタイプもあります。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

冬でもキャンプを楽しもう

冬でもキャンプを楽しもう

春・夏だけではなく、秋や冬にもキャンプを楽しみたいのなら、暖房器具が必須です。自然の中にあるキャンプサイトは、居住空間よりも気温の変化が激しく、特に朝夕は寒さが厳しくなります。せっかくのキャンプで風邪をひいてしまったり、体調を崩してしまっては残念な思い出が残ってしまいます。ただ、アウトドア初心者にとって、アウトドア用のストーブはどのようなものを選べば良いのか迷ってしまいますよね。そこで今回は、秋・冬のキャンプを充実させるためのアウトドア用ストーブについて紹介します。

アウトドア用ストーブの選び方

燃料で選ぶ

アウトドア初心者にもおすすめのガスストーブ

アウトドア初心者にもおすすめのガスストーブ

出典:Amazon

ガスストーブは、カセットコンロの要領でガス缶をセットするだけで簡単に使用できるため、アウトドア初心者にもおすすめの燃料です。本体も軽くてコンパクトなデザインが多いので、荷物の量を減らすこともできます。

使用するガス缶は、アウトドア専用のOB缶と自宅用カセットコンロでおなじみのCB缶がありますが、アウトドア用ストーブの燃料はCB缶(カセットボンベ)が主流です。ホームセンターやスーパー、コンビニなどで手軽に燃料が手に入ることもメリットのひとつです。

デメリットは、石油ストーブや薪ストーブと比較すると火力が劣ることです。ソロキャンプや少人数でのキャンプ、もしくはサブ的な使い方に向いています。

火力が強く暖かい石油ストーブ

火力が強く暖かい石油ストーブ

出典:Amazon

石油ストーブは火力が強く、広範囲を暖めることができます。そのため、真冬のキャンプや大人数での使用にも適しています。

アウトドア専用のストーブではなく、自宅で普段から使用している製品を活用することもでき、燃料が灯油であるなどコスパの良さもメリットのひとつです。本体の形状によっては、やかんをかけてお湯を沸かしたり、煮込み料理の調理に活用することもできます。

デメリットは、大きいので荷物がかさ張ることと、徒歩やバイク・自転車では持ち運べないため、車でしか運べないことです。

アウトドアの醍醐味の薪ストーブ

アウトドアの醍醐味の薪ストーブ

出典:Amazon

薪ストーブのメリットは、アウトドア用ストーブの中でもっとも火力が強いことです。キャンプサイト全体を、しっかりと暖めることができます。

また、薪をくべて使用する薪ストーブは、アウトドアの醍醐味と言っても良いでしょう。ゆらゆらと揺れる炎を見ながらお酒を飲んだり、薪ストーブの火力で調理をしたりと、キャンプやアウトドアならではの雰囲気を味わうことができます。

デメリットは、本体が大きく、燃料となる薪を準備しなければならないので運搬が大変なことと、アウトドア初心者にとっては扱いが難しいこと、テント内で使用する場合は薪ストーブに対応したテントでなければならないことです。

手軽で安全な電気ストーブ

手軽で安全な電気ストーブ

出典:Amazon

キャンプサイトにAC電源が設置されている「AC電源付きサイト」なら、手軽で安全に使用できる電気ストーブもおすすめです。

灯油やガスを使用しないため、比較的安全で、キャンプ初心者でも手軽に使用することができます。コンパクトなサイズもあるので携帯性にも優れ、別途燃料を準備する必要もありません。

ただし、アウトドアの雰囲気が味わえないことや、石油ストーブや薪ストーブに比べると火力が弱く、足元だけやスポット的にしか暖められないなどのデメリットもあります。ソロキャンプや、テント内を安全に暖めたい場合などに適しています。

用途で選ぶ

ソロキャンプや足元用

ソロキャンプや足元用

1人で行うソロキャンプや、足元を暖める、サブ的に使用するなどであれば、手軽に使用できるストーブがおすすめです。AC電源付きのキャンプサイトであれば、燃料の準備が必要ない電気ストーブがもっとも便利でしょう。

AC電源が付いていないキャンプサイトの場合は、CB缶に対応したガスストーブがおすすめです。万が一、燃料切れた場合は簡単に調達でき、燃料が余っても自宅で使用するカセットコンロ用にすることができます。

大人数のキャンプや料理にも使いたい

大人数のキャンプや料理にも使いたい

キャンプサイト全体を暖めたいのなら、薪ストーブや石油ストーブがおすすめです。石油ストーブの場合は、できれば輻射式(ふくしゃしき)ではなく、対流式(たいりゅうしき)がおすすめです。

庭や屋外で筒状の石油ストーブが使用されているのを見たことがあるかもしれませんが、この対流式石油ストーブは、前方だけを暖めるのではなく空気を暖めることで、空間そのものを暖かくする効果があります。

また、薪ストーブや石油ストーブの場合、天板に鍋やフライパンを置いて、調理をすることも可能です。みんなで火を囲んで、わいわいと楽しく調理をすることができます。

アウトドアに慣れているなら薪ストーブ

アウトドアに慣れているなら薪ストーブ

出典:Amazon

キャンプを複数回体験し、そろそろ本格的に冬キャンプを楽しみたいと言う方は、薪ストーブに挑戦してみてはいかがでしょうか。薪ストーブは前述のとおり、「暖かい」「アウトドアらしい雰囲気が味わえる」「調理もできる」とたくさんのメリットがあります。

しかし、その反面、デメリットも少なくありません。「本体と燃料にお金がかかる」「かさ張るので持ち運びにくい」「テント内での使用は一酸化炭素中毒の危険性がある」「一晩中火を絶やさないためには、途中で起きて薪をくべなければならない」などです。ただストーブで暖まるだけでも、これだけの苦労がかかります。しかし、これぞアウトドアだという充実感が得られるでしょう。

コストで選ぶ

コストで選ぶ

秋・冬のキャンプやアウトドアに興味はあるけれど、使用頻度が少なかったり、長続きするかどうかわからなかったりする方には、できるだけコストを抑えたストーブを選ぶことをおすすめします。コストで選ぶ場合に注目したいポイントは、「本体価格」「燃料費」「自宅用として併用できるかどうか」の3つのポイントとなるでしょう。これらを考慮した上で、コスパが良いと感じられるストーブを選びましょう。

安全機能を確かめよう

ストーブを使用する際の、安全性についても確認しておきましょう。特にテント内で使用する予定がある場合は注意が必要です。燃料の種類によって安全機能は異なりますが、ぶつかったり地震の揺れ感知して自動的に消火する機能や、転倒時に自動消火する機能が一般的です。

コンパクトかどうかもチェック

オートキャンプで荷物の量が気にならない方は大きなストーブが暖かくて便利ですが、ソロキャンプなどで荷物をコンパクトにまとめたい方は携帯性についての確認が必要です。このときに本体だけではなく、燃料のかさも考慮しておきましょう。暖かさは求めるけれど、できるだけコンパクトにしたいと言う方は、石油ストーブがおすすめです。

アウトドア用ストーブを使うときの注意点

換気はこまめに

テント内でストーブを使用する場合は、こまめに換気を行いましょう。特に一酸化炭素は空気よりも軽いので、上部のベンチレーションを開けることが大切です。

周りに燃えやすいものを置かない

ストーブは火を使用するため、引火の可能性がゼロではありません。近くに燃えやすいものを置かないように、充分に注意しましょう。また、小さな子どもやペットと一緒にキャンプを楽しむ場合は、ストーブガードがあると安心です。

テントの仕様やヒーターの使い方をチェック

テントの仕様やヒーターの使い方をチェック

最適な換気の仕方は、テントの仕様やストーブの種類によって異なります。あらかじめテントの仕様や、安全なストーブの使い方をしっかりとチェックしておきましょう。

アウトドア用ストーブのおすすめ10選

最安値11,664円(税込)

4.36(253件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値4,854円(税込)

3.80(141件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値6,466円(税込)

3.82(560件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値54,000円(税込)

4.20(100件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値17,249円(税込)

4.43(177件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値13,999円(税込)

4.06(49件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値10,800円(税込)

4.40(62件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値22,000円(税込)

4.50(192件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値16,740円(税込)

4.37(27件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

この商品の特徴

たき火で発生した熱を電気に変換してファンをまわし、燃焼効率を上げるキャンプストーブ。 ガスやガソリンなどを使わず小枝などの自然燃料を活用して、強力で安定したたき火や調理を楽しめます。前モデルに比べ発電量が1.5倍になり、より安定した蓄電が可能になりました。 発電した電気は本体に蓄電され、たき火をしていない時にも電子機器に充電できます。4段階の風力調節機能と発電量、風力蓄電量が一目でわかるLEDのインジケータと、USBポートにつなげて手元を照らせるフレックスライトつき。

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

この商品の特徴

たき火で発生した熱を電気に変換してファンをまわし、燃焼効率を上げるキャンプストーブ。 ガスやガソリンなどを使わず小枝などの自然燃料を活用して、強力で安定したたき火や調理を楽しめます。前モデルに比べ発電量が1.5倍になり、より安定した蓄電が可能になりました。 発電した電気は本体に蓄電され、たき火をしていない時にも電子機器に充電できます。4段階の風力調節機能と発電量、風力蓄電量が一目でわかるLEDのインジケータと、USBポートにつなげて手元を照らせるフレックスライトつき。

最安値2,280円(税込)

4.30(448件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

まとめ

アウトドア用ストーブがあれば、寒い季節でもキャンプやアウトドアを楽しむことができます。燃料の種類やコスト、安全性などを確認して、お気に入りのアウトドア用ストーブを選んでください。

この記事内の商品比較表

おすすめ記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー