ニッパーのおすすめ10選!プラスチック専用も

ニッパーのおすすめ10選!プラスチック専用も

ニッパーは、配線、インシュロックなどのプラスチック素材、ピアノ線などを切断するための工具です。細かな作業に合ったマイクロニッパーや、プラモデル制作などに適したプラスチックニッパー、鉄線などの硬い物を切断する電工ニッパーなど、素材・用途によって様々なタイプがあります。今回は、ニッパーの種類、ニッパーの選び方、おすすめの商品を紹介します。

ニッパーの種類

電子部品をカットする精密ニッパー

電子部品をカットする精密ニッパー

出典:Amazon.co.jp

精密ニッパーは、配線コードを切断するなどの精密作業用のニッパーです。精密ニッパーは、刃が薄く、サイズも100~140mm程度、ヘッド部もコンパクトなのが特徴です。そのため、狭い場所での作業に向いています。「マイクロニッパー」や「エレクトロニクスニッパー」とも呼ばれています。

プラモデル制作などに適したプラスチックニッパー

プラモデル制作などに適したプラスチックニッパー

出典:Amazon.co.jp

プラスチックニッパーは、プラスチック素材を簡単に切断できるニッパーです。やわらかいプラスチックの切断を目的としてつくられているため、硬い金属などは切断できません。ただしプラスチックの切れ味が良く、断面をきれいに切断できるというメリットがあります。一般的に両刃のプラスチックニッパーとは異なり、片刃のプラスチックニッパーは、プラスチックの切断面をより平らにカットすることが可能で、プラモデル制作などにおすすめです。

鉄線やVA線をカットする鋼線ニッパー

鉄線やVA線をカットする鋼線ニッパー

出典:Amazon.co.jp

鋼線ニッパーは、鉄線やVA線、針金などをカットすることができるニッパーです。硬い物を切断するため、強靭な刃がついていることが特徴です。家庭用として使用されるより、電気工事などの現場で活躍しています。サイズも精密ニッパーより大きい物が主流で、グリップも握りやすくなっています。「電工ニッパー」とも呼ばれています。

刃が斜めになった斜めニッパー

刃が斜めになった斜めニッパー

出典:Amazon.co.jp

斜めニッパーは、刃先が斜めに傾斜しているニッパーのことです。刃先が並行な一般的なニッパーとは異なり、刃先に傾斜がつくことで、より切れ味が鋭くなっています。はみ出したハンダを切断したり、電線の被膜を剥く作業に適しています。刃の形状から「斜(しゃ)ニッパー」とも呼ばれています。

釘の頭を切断するエンドニッパー

釘の頭を切断するエンドニッパー

出典:Amazon.co.jp

エンドニッパーは刃がハンドルに対して垂直についているニッパーのことです。刃が直角になることで、切断面をより平面的にすることができ、釘の頭などを切断するのに適しています。「喰い切りニッパー」とも呼ばれています。

ニッパーの選び方

刃の表面形状で選ぶ

切れ味重視ならラウンド刃

切れ味重視ならラウンド刃

出典:Amazon.co.jp

ラウンド刃は、表面が丸みを帯びた形状になっています。切れ味が良く、R形状の刃を活かしてえぐるように切断することができるため、切り残しが少なくなることが特徴です。鋼線ニッパーなどの硬い素材を切るニッパーに、多く採用されています。

切断面を平らにできるストレート刃

切断面を平らにできるストレート刃

出典:Amazon.co.jp

ストレート刃は、表面が平らな形状になっています。そのため切断面をフラットにすることができます。プラスチックニッパーなどは、ストレート刃が多いです。切断面が平らの方が綺麗に見える、プラモデル作成などの用途におすすめです。

刃の強さで選ぶ

適切なニッパーを選ぶためのポイントとして、刃の強度が挙げられます。刃の強度は刃の厚みによって異なり、刃に角度がついた物は刃が厚くなり強度が増します。反対に刃の角度が小さい物は、刃が薄くなり切断力が弱くなります。刃が厚くなることで切断力は高まりますが、切断面があまりきれいではなかったり、狭い場所に入れないことがあります。切断したい物にあわせて、最適な刃の強度を選ぶことが大切です。

サイズで選ぶ

ニッパーを購入する際には、サイズ選びも慎重に行いましょう。ニッパーは、大きいほど切断能力が上がり、楽に作業ができます。ただし大きすぎると、狭い場所での作業に適さないデメリットもあります。また手が小さい方にとっても、作業がしにくく感じるでしょう。ニッパーの標準サイズは150mmだと言われていますが、100~200mmまで様々なサイズが揃っています。作業場所や作業内容、持ちやすさや収納場所など様々な点を考慮して、最適なサイズのニッパーを選びましょう。

切断する素材に合ったタイプを選ぶ

ニッパーは、鉄線、プラスチック、ピアノ線など素材ごとに、それぞれ適したタイプがあります。ニッパーによっては、複数の素材に適応しているタイプや、特定の素材しか切断できないタイプもあります。ニッパーのタイプ別の特性を理解し、切断する素材に合わせたニッパーを選ぶようにしましょう。

切断する物の太さに合わせて選ぶ

切断する物の太さに合わせて選ぶ

出典:Amazon.co.jp

切断する物の太さによって、ニッパーのタイプが異なります。ニッパーの能力を超える太さの物を切断すると、刃の破損につながり、思わぬ怪我や事故を引き起こす危険性があります。製品によってはパッケージに切断できる物の太さが表示されているため、切断する物の太さに合わせたニッパーを選ぶようにしましょう。

作業効率を上げる機能もチェック

ワイヤーストリッパー付きニッパー

ワイヤーストリッパー付きニッパー

出典:Amazon.co.jp

ワイヤーストリッパー付きのニッパーは、電線の被膜が簡単に剥くことのできるニッパーのことです。ニッパーに皮むき用の溝が付いていて、その溝に電線をはめ込んでハンドルを握ることで、電線は残し周辺の被膜だけを切断することができます。配線作業のときに、便利なニッパーです。

バネ付きニッパー

バネ付きニッパー

出典:Amazon.co.jp

バネ付きのニッパーは、ハンドルを握った後に、自動的に刃先が開くニッパーです。切断した後に、自然に刃先が開くため、連続切断を行うときにおすすめのニッパーです。

ニッパーの正しい使い方

人さし指と親指の間にニッパーを挟むように握り、切断する素材の切断位置に刃を食い込ませます。その後、ハンドルを握ることで、簡単に切断することができます。切断しづらいときは、素材の切断位置を変えることで切りやすくなります。切断の際に、挟んだまま、左右に揺らしたり、ひねったりすると、刃が傷む原因になるため注意しましょう。

ニッパーのおすすめ10選

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

電工用のニッパです。一般的な工具鋼材よりも強度の高い物が使われているため、鋭い切れ味と耐久性に優れています。刃先の角度が鋭角に仕上がっていることで、太い線でも綺麗に切断することが可能になっています。本格的に使えるニッパをお探しの方におすすめです。

この商品の特徴

電工用のニッパです。一般的な工具鋼材よりも強度の高い物が使われているため、鋭い切れ味と耐久性に優れています。刃先の角度が鋭角に仕上がっていることで、太い線でも綺麗に切断することが可能になっています。本格的に使えるニッパをお探しの方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

電気配線作業に適したニッパです。銅線類や、軟鉄線などを簡単に切断することが可能です。必要以上に開かないサイドストッパー・自然に刃が開くスプリングが付いているため、連続作業がしやすくなります。はんだの切断作業を行う方におすすめです。

この商品の特徴

電気配線作業に適したニッパです。銅線類や、軟鉄線などを簡単に切断することが可能です。必要以上に開かないサイドストッパー・自然に刃が開くスプリングが付いているため、連続作業がしやすくなります。はんだの切断作業を行う方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

プラスチック専用のニッパです。刃の形状は、フラットで切断面が平らになり、狭い場所や細材の切断に適しています。柄の部分まで、刃が付いているため、素材の奥まで差し込んでも切断することが可能です。プラスチック用のニッパを探している方におすすめです。

この商品の特徴

プラスチック専用のニッパです。刃の形状は、フラットで切断面が平らになり、狭い場所や細材の切断に適しています。柄の部分まで、刃が付いているため、素材の奥まで差し込んでも切断することが可能です。プラスチック用のニッパを探している方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

小型なヘッドで、細かな作業に適したニッパです。鋭利な刃角で、切れ味にも優れています。持ち手のグリップは、フィットしやすい設計になっており、環境にも配慮したエラストマーという素材を使っています。静電気対策も付いているため、安心して作業を進めることができます。

この商品の特徴

小型なヘッドで、細かな作業に適したニッパです。鋭利な刃角で、切れ味にも優れています。持ち手のグリップは、フィットしやすい設計になっており、環境にも配慮したエラストマーという素材を使っています。静電気対策も付いているため、安心して作業を進めることができます。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

ワイヤークラフトや、アクセサリーづくりで活躍する、ステンレス製のラバーグリップニッパーです。細めのステンレスワイヤーやテグス、アルミ線、銅線などの切断に使用できます。軟鉄線などの線材のカットができる、サイド刃も付いています。本体は高強度、高硬度を誇るステンレス製です。開閉スプリング採用で、常にニッパーが開いた状態なのでスムーズに作業できます。

この商品の特徴

ワイヤークラフトや、アクセサリーづくりで活躍する、ステンレス製のラバーグリップニッパーです。細めのステンレスワイヤーやテグス、アルミ線、銅線などの切断に使用できます。軟鉄線などの線材のカットができる、サイド刃も付いています。本体は高強度、高硬度を誇るステンレス製です。開閉スプリング採用で、常にニッパーが開いた状態なのでスムーズに作業できます。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

切れ味のよいラウンド刃のニッパです。厳しい品質検査がなされており、耐久性にも優れています。電気工事、土木、DIYなど様々な用途で使うことができます。柄の部分には、スプリングが付いているため、刃が開きやすくなっています。普段からニッパを使う方におすすめです。

この商品の特徴

切れ味のよいラウンド刃のニッパです。厳しい品質検査がなされており、耐久性にも優れています。電気工事、土木、DIYなど様々な用途で使うことができます。柄の部分には、スプリングが付いているため、刃が開きやすくなっています。普段からニッパを使う方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

ビニール線などの被膜を剥がす作業に適したニッパーです。刃に付いている穴に配線を通し、グリップを握ることで、簡単に被膜を剥がすことができます。また、刃先の切れ味も優れており、切断面を綺麗に仕上げることも可能です。配線作業を行う方におすすめです。

この商品の特徴

ビニール線などの被膜を剥がす作業に適したニッパーです。刃に付いている穴に配線を通し、グリップを握ることで、簡単に被膜を剥がすことができます。また、刃先の切れ味も優れており、切断面を綺麗に仕上げることも可能です。配線作業を行う方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

小型軽量タイプのニッパです。狭い所での作業や、線材、細いプラスチックの切断に適しています。持ち手の部分は、握りやすいソフトグリップになっています。柄の部分には、スプリングが付いているため、自然に刃が開き作業しやすい設計にもなっています。細かな作業をする方におすすめです。

この商品の特徴

小型軽量タイプのニッパです。狭い所での作業や、線材、細いプラスチックの切断に適しています。持ち手の部分は、握りやすいソフトグリップになっています。柄の部分には、スプリングが付いているため、自然に刃が開き作業しやすい設計にもなっています。細かな作業をする方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

鉄線、銅線類の切断に優れたニッパです。大きめのサイズなため、しっかりと素材を切ることができます。ワイヤーストリッパー付きで、配線作業にも便利です。また、切れ味がよいため、サクサクと作業を進められます。基本的なニッパを探している方にもおすすめです。

この商品の特徴

鉄線、銅線類の切断に優れたニッパです。大きめのサイズなため、しっかりと素材を切ることができます。ワイヤーストリッパー付きで、配線作業にも便利です。また、切れ味がよいため、サクサクと作業を進められます。基本的なニッパを探している方にもおすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

持ち手に対して、刃が垂直に付いたのが特徴的なエンドニッパーです。垂直に刃が付いているため、切る対象が囲まれていても簡単に切断ができます。スプリング付きなため、連続作業での疲れも軽減させてくれます。エンドニッパーをお探しの方におすすめです。

この商品の特徴

持ち手に対して、刃が垂直に付いたのが特徴的なエンドニッパーです。垂直に刃が付いているため、切る対象が囲まれていても簡単に切断ができます。スプリング付きなため、連続作業での疲れも軽減させてくれます。エンドニッパーをお探しの方におすすめです。

ニッパーのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー