練り消しのおすすめ8選!デッサン用やにおい付きも

練り消しのおすすめ8選!デッサン用やにおい付きも

練り消しはプラスチックの消しゴムと異なり消しカスが出ないので、画材や文房具として幅広く使われています。練り消し独特のふわふわな感触は、主成分の合成ゴムに鉱物油などの軟化剤を加えてつくり出されています。保管の仕方にもよりますが、基本的に黒くべたべたになって寿命がくるまでは繰り返し使うことができます。デッサンやパステル画、色鉛筆画用の消しゴムとして使うほか、練り消しゴムアートにするなど、様々な使い方ができます。今回は練り消しの選び方と、クサカベやホルベインなど画材用の練り消しや、かわいい色のもの、ケース付きのものなど、おすすめの商品を紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

練り消しの特徴

紙を傷めにくい

一般的なプラスチックの消しゴムや砂消しゴムは硬さがあって、消すときに摩擦が起こるので、紙の表面が徐々に削られます。紙の表面に凸凹ができると、鉛筆などで再び描いたときに見た目に違和感が生じてしまいます。一方で練り消しは手で練って軟らかくして使うことができるので、摩擦が起きにくく、紙を傷めたくないときに役立ちます。

画面を汚しにくい

画面を汚しにくい

デッサンで使う軟らかい鉛筆や木炭、パステルなどの描画材は粉がたくさん出るので、こすって消そうとすると反対に粉を広げてしまいます。そんなときは粘着性のある練り消しをトントンと上から押し当てて粉を取り除くことで、画面を汚すことなく特定の範囲だけを消すことができます。また、使った後は粉が付いた部分を中に練り込んでおけば、次使うときにも画面を汚さずにすみます。

光の表現に

光の表現に

練り消しは消すこと以外にも、白を塗るイメージで画面に白い部分を足すことができます。練り消しを薄く伸ばして線を入れるように消すと、紙の白さが浮き出て、まるで白い線を上から描いたように見せることができます。また、塗ってあるところの一部を練り消しを押し当てて薄くすることで、光の当たっている部分のハイライトが表現できます。特にデッサンの場合は画面上がモノクロなので、練り消しをうまく利用して濃淡をつけることで、立体感や物体の余白をよりリアルに表すことができます。

ぼかしにも

練り消しの平たい面を紙に押し当てることで、作品に柔らかな雰囲気を与えることができます。鉛筆でつくった濃淡の境に練り消しを使うことで、境目がぼかされてより自然になります。ぼかし表現には綿棒やティッシュを使うこともできるので、サイズやぼかし加減に合わせて使い分けると良いでしょう。また、紙の表面はツルツルしたものよりも凸凹のあるものを選ぶとぼかしがきれいに出やすくなります。

練り消しの選び方

用途で選ぶ

デッサン用は粘着力や硬さで選ぶ

デッサン用は粘着力や硬さで選ぶ

出典:Amazon.co.jp

デッサン用の練り消しは使い勝手に合わせた大きさにちぎり、軟らかく練ってから使います。粘着力や硬さから好みの商品を選びましょう。新しいものほど粘着力が強く硬いので、きれいなものと使いかけのものを両方持っておくと便利です。

ホビー用は香りや色で選ぶ

ホビー用は香りや色で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

ホビー用の練り消しは文字や絵を消す用ではなく、練って遊ぶことを目的としてつくられていることが多いです。一般的に消す力は弱いので、あくまで楽しみ用に使うと良いでしょう。色のバリエーションや香り付きなど様々な種類があるので、好みのものを選びましょう。

べたつき具合で選ぶ

練り消しは粘着性を活かして消すことができますが、べたべたし過ぎると使いにくいこともあります。べたつきが気になる方は硬めのタイプや初心者向けのパウダーが入ったタイプを選ぶと良いでしょう。反対にさらさらし過ぎていると消えづらいので、使い方に合わせて適度な粘り気があるものを選びましょう。

硬さで選ぶ

硬さで選ぶ

出典:Amazon.co.jp

練り消しは製品によって硬さが異なります。ソフトなタッチの絵を描くときは軟らかいものを、くっきりとした絵や力強い絵を描くときは硬いものを使うと良いでしょう。光を足す目的で使う場合、ぼかしには軟らかいものを、ハイライトには硬いものを使うとうまく表現しやすいです。紙の種類や筆圧との相性もあるので、複数用意して使い心地を比較してみると良いでしょう。

練り消しの使い方

デッサンや下書き

デッサンや下書き

消したい部分に合わせて適当な大きさにし、手で練って軟らかくします。ぼかしたいときや全体を薄くしたいときは、平たくした練り消しを押し付けるようにして描画材の粉を取り除きます。細かな部分を消したいときは、先端を尖らせてペンのようにして使います。表面が凸凹した紙を使う場合は食パンで代用することもできます。

鉛筆画やパステル画

鉛筆画やパステル画

基本的な使い方はデッサンと同じで、ゴシゴシと擦らずに上から押し当てるか、トントンと軽く叩くようにして使います。表面の凸凹が少ない紙を使う場合は、適度な幅でスーッと引くように消しても問題ありません。圧力のかけ方によって濃淡をつくることができるので、力を加減しながら使うと良いでしょう。複数の色を使って絵を描く場合は、練り消しに付いた色が他の色と混ざらないように、消した後は粉を内側に練り込むことを忘れないようにしましょう。

練り消しゴムアート

練り消しゴムアート

色の付いた練り消しを数種類用意すれば、練り消しゴムアートを楽しむことができます。粘土アートのように動物や恐竜、花や食べ物など好きなものを形づくってみましょう。好みの色が見つからないときは、白い練り消しにパステルを削って混ぜ込んでオリジナルの色をつくるのも良いでしょう。

練り消しのおすすめ8選

文房堂ネリゴム ARTIST CLEANER楽天市場最安値297円(税込)

出典:Amazon.co.jp

一般的な練り消しゴムよりも、大きめサイズでたっぷり使える練り消しゴムです。ベタつきのないさらっとした使用感で、練りのコシが強いので扱いやすいです。紙を傷めにくく消字能力にも優れており、消したあとの粉っぽさもありません。コンテやパステル画、デッサン、スケッチ、絵画、製図などに役立ちます。

一般的な練り消しゴムよりも、大きめサイズでたっぷり使える練り消しゴムです。ベタつきのないさらっとした使用感で、練りのコシが強いので扱いやすいです。紙を傷めにくく消字能力にも優れており、消したあとの粉っぽさもありません。コンテやパステル画、デッサン、スケッチ、絵画、製図などに役立ちます。

ホルベインネリゴム KNEADED RUBBER No.1 (3個入り)
価格情報がありません

出典:Amazon.co.jp

ホルベインネリゴム KNEADED RUBBER No.1 (3個入り)

価格情報がありません

べたつかず使いやすい練り消しです。デッサンやスケッチなどで、紙を傷めずに消したりぼかしたりするのに使用できます。自由に練って形を変えることができるので、散らばった消しカスをまとめることなどにも使えます。木炭との相性がいいので、木炭デッサンをする方におすすめです。

べたつかず使いやすい練り消しです。デッサンやスケッチなどで、紙を傷めずに消したりぼかしたりするのに使用できます。自由に練って形を変えることができるので、散らばった消しカスをまとめることなどにも使えます。木炭との相性がいいので、木炭デッサンをする方におすすめです。

ヌベールイレーザー (ネリ消しゴム)Amazon最安値540円(税込)

出典:Amazon.co.jp

デッサンやパステル画におすすめの練り消しです。デッサンにおいて練り消しは、消すことよりも白を足すために使うものです。木炭やコンテ、パステルなどのハイライト表現に使うことができます。練っていくことでやわらかくなるので、押し付けるようにして使ったり、とがらせて細かく使ったりと、様々な使い方をすることができます。

デッサンやパステル画におすすめの練り消しです。デッサンにおいて練り消しは、消すことよりも白を足すために使うものです。木炭やコンテ、パステルなどのハイライト表現に使うことができます。練っていくことでやわらかくなるので、押し付けるようにして使ったり、とがらせて細かく使ったりと、様々な使い方をすることができます。

クサカベ練りゴム Artists' Eraser 3個セット
価格情報がありません

出典:Amazon.co.jp

クサカベ練りゴム Artists' Eraser 3個セット

価格情報がありません

やわらかく練って使いやすい練り消しです。消しカスが出ないので、野外でスケッチをする際など、ごみを出したくない場面にも便利です。デッサンやスケッチでの修正や、ハイライトなど様々な用途があります。べたつかずさらさらとした使い心地で、やわらかくなりやすく使いやすいです。

やわらかく練って使いやすい練り消しです。消しカスが出ないので、野外でスケッチをする際など、ごみを出したくない場面にも便利です。デッサンやスケッチでの修正や、ハイライトなど様々な用途があります。べたつかずさらさらとした使い心地で、やわらかくなりやすく使いやすいです。

シード粘土 モデリング イレーザー クレイAmazon最安値440円(税込)

出典:Amazon.co.jp

練り消しからうまれたモデリング用粘土です。簡単に形をつくることができ、何度でも作り直すことができます。白と黒の二色が入っているので、色を混ぜて使うこともできます。やわらかいので形を変えてもぽろぽろと裂けたりしにくく、固まらないです。手先を細かく使えるので、気分転換やストレス発散にもなります。

練り消しからうまれたモデリング用粘土です。簡単に形をつくることができ、何度でも作り直すことができます。白と黒の二色が入っているので、色を混ぜて使うこともできます。やわらかいので形を変えてもぽろぽろと裂けたりしにくく、固まらないです。手先を細かく使えるので、気分転換やストレス発散にもなります。

ドラパス練り消しゴム楽天市場最安値1,485円(税込)

出典:Amazon.co.jp

木炭用の練り消しゴムです。木炭だけでなく鉛筆の粉もよく吸着します。粘り気があるので、紙を傷めることなく、しっかりと消しカスを吸着してくれます。やわらかく練りやすいので、形を細かく変えて使用することで、パステル画の濃淡を出すのに利用できます。

木炭用の練り消しゴムです。木炭だけでなく鉛筆の粉もよく吸着します。粘り気があるので、紙を傷めることなく、しっかりと消しカスを吸着してくれます。やわらかく練りやすいので、形を細かく変えて使用することで、パステル画の濃淡を出すのに利用できます。

クラックスMELODY LIGHT[消しゴム]トリプルねりけしAmazon最安値139円(税込)

出典:Amazon.co.jp

ソーダ、いちご、メロンの三種類の香りがする練り消しです。青、ピンク、緑とカラフルなので、三つを混ぜ合わせて香りや色の変化を楽しむことができます。パッケージも音符やピアノでかわいらしいので、小学校にもっていくのもおすすめです。

ソーダ、いちご、メロンの三種類の香りがする練り消しです。青、ピンク、緑とカラフルなので、三つを混ぜ合わせて香りや色の変化を楽しむことができます。パッケージも音符やピアノでかわいらしいので、小学校にもっていくのもおすすめです。

バニーコルアートバニーコルアート イージークリーナー楽天市場最安値209円(税込)

出典:Amazon.co.jp

バニーコルアートバニーコルアート イージークリーナー

楽天市場最安値209円(税込)

チャコールやパステル、コンテを消すときに使用することができる練り消しです。やわらかく練りやすく、紙を傷めることなくしっかり消すことができます。普通の消しゴムとは異なり、消しカスが出ないので、ストレスなくデッサンやスケッチを行えます。

チャコールやパステル、コンテを消すときに使用することができる練り消しです。やわらかく練りやすく、紙を傷めることなくしっかり消すことができます。普通の消しゴムとは異なり、消しカスが出ないので、ストレスなくデッサンやスケッチを行えます。

ほかにも便利な画材がたくさん

休みの日や空いた時間にいつでもデッサンやお絵かきが楽しめるように、必要な画材を揃えましょう。クレヨンや色鉛筆、鉛筆から絵の具など、自分の描きたい絵に合わせて好みの画材を使ってみてください。

練り消しのおすすめ商品比較表

商品画像
ネリゴム ARTIST CLEANER
ネリゴム KNEADED RUBBER No.1 (3個入り)
イレーザー (ネリ消しゴム)
練りゴム Artists' Eraser 3個セット
粘土 モデリング イレーザー クレイ
練り消しゴム
MELODY LIGHT[消しゴム]トリプルねりけし
バニーコルアート イージークリーナー
メーカー

文房堂

ホルベイン

ヌベール

クサカベ

シード

ドラパス

クラックス

バニーコルアート

商品名

ネリゴム ARTIST CLEANER

ネリゴム KNEADED RUBBER No.1 (3個入り)

イレーザー (ネリ消しゴム)

練りゴム Artists' Eraser 3個セット

粘土 モデリング イレーザー クレイ

練り消しゴム

MELODY LIGHT[消しゴム]トリプルねりけし

バニーコルアート イージークリーナー

最安値
楽天市場297円(税込)
価格情報がありません
Amazon540円(税込)
価格情報がありません
Amazon440円(税込)
楽天市場1,485円(税込)
Amazon139円(税込)
楽天市場209円(税込)
商品リンク
この記事の修正依頼を送る

関連記事