観葉植物のおすすめ5選【おしゃれインテリア用に】

観葉植物のおすすめ5選【おしゃれインテリア用に】

お部屋やオフィスにちょっとした緑があると、空間がおしゃれになり、気持ちもリラックスすることができますよね。そんなときにおすすめなのが「観葉植物(グリーン)」です。育て方は簡単なものが多く、鉢植えタイプ以外にも、人工の土を使うため虫がつきにくいハイドロカルチャーという種類などもあります。今回は観葉植物の選び方や、人気のパキラなど、通販で購入できるおすすめ商品をご紹介します。

観葉植物とは

基本的には花や実がついていない観賞用の植物のことを指します。「グリーン」とも呼ばれます。土に植えられている「鉢植え」をはじめ、人工の土を使用して水耕栽培で育てる「ハイドロカルチャー」、ガラス容器に入れて観賞する「テラリウム」などがあります。

年間を通して緑を保つためインテリアに適しており、分類される科目ごとに違いが見られる葉の色や形、枝ぶりなどを楽しむことができます。代表的なものとしてはヤシ科やサトイモ科、ワラビ科、ウコギ科など多数あり、見た目や性質の違いはもちろん、水やりの頻度などにわずかな違いがあります。これまで植物を育てた経験があまりないという方でも、基本的な管理方法をおさえておけば大丈夫です。

代表的な観葉植物

パキラ

金運や仕事運がアップすると言われています。寒さに弱いので、冬でも5℃以上の環境に置いておく必要があります。直射日光には当てず、あたたかい部屋に飾ると良いでしょう。葉っぱが茶色に変色してしまう場合は環境にあっていません。茶色くなった葉っぱは捨て、適した環境に置いてあげましょう。

モンステラ

暗い場所でも育てることができますが、光に当ててあげたほうがよく育ちます。葉が大きいため、ホコリがたまらないように掃き落とします。乾燥には強く、水やりの回数も比較的少なくてよいので、育てやすいといえます。

幸福の木

マッサンゲアナとも呼ばれます。玄関に飾ると幸せがやってくると言われています。何年か経つと背が高くなり、小さな鉢では根が詰まってしまいます。タイミングを見て植え替えてあげましょう。

アレカヤシ

出会い運がアップしたり、やる気が高まると言われています。細い葉がくるんとカーブしながらたくさん繁り、華やかなイメージを持たせることができます。アレカヤシは水を好むので、土が乾燥し始めたらすぐに水をやるようにしましょう。

観葉植物の選び方

サイズ

観葉植物を購入する際には、どこに置きたいのかを明確にイメージしておくとその場所に適した大きさを選びやすくなり、失敗を防ぐことができます。棚の上などに置く場合は幅や高さを把握しておくのがおすすめです。

また、高さのあるサイズを選ぶ場合は万が一ぶつかっても転倒しにくい、鉢に安定感のあるものを選ぶようにしましょう。見た目のバランスも良くなります。

葉の色・形

種類が多岐にわたる観葉植物でとくに雰囲気を左右させる葉は、小さめの葉、大きめの葉、細くて長い葉というように大きさがさまざまで、黄緑色、濃い緑色、斑入りなど色味にも違いがあります。お部屋を明るい印象にしたい場合は黄緑色や斑入りを、落ち着いた雰囲気を出したい方は深い緑色を選ぶと、空間にマッチします。

形状

観葉植物には、モンステラやサンセベリアのように葉をメインにしたタイプや、ウンベラータやシュフレラのように枝と葉のバランスが良いタイプ、エバーフレッシュのように枝の動きが楽しめるタイプがあります。

また、ユッカのように縦に伸びるタイプと、アレカヤシのように葉に広がりを見せるタイプに分かれます。好みで選ぶのが一番ですが、置き場のスペースが限られていたり、人がすぐ横を通る場所に置く場合は、葉の鋭くないボリュームがおさえめのタイプをおすすめします。

観葉植物を育てるポイント

置き場所

置き場所は直射日光とエアコンの風が直接当たる場所を避け、レースカーテン越し程度の光が当たるようにします。また、ほとんどが熱帯・亜熱帯原産であるため、急激な寒さに弱い性質があります。寒い季節は室内であっても窓辺から移動する、厚めのカーテンで寒さを遮るなどの工夫をしておくようにしましょう。

水やり

水やりに関しては、土がしっかり乾いてから水やりをするメリハリが大切です。しっかり育てようと思うほど、つい水を頻繁に与えてしまいがちですが、逆に根腐れを起こしてしまう原因になってしまいます。土が乾いてから、鉢底から流れるくらいたっぷり与え、受け皿にたまった水は捨てておきましょう。

観葉植物の主なメーカー

かわなみ緑化園(カワナミプランテーション)

造園、レンタルグリーン、生花販売を行うメーカーです。カワナミプランテーションでは多くの観葉植物を取り扱っており、鉢カバー付き、陶器鉢など、自宅用はもちろんギフトにも適したものまで揃っています。また、7号、8号、10号といったようにサイズも幅広くあります。

アジアンファーム

アジアンファームはたくさんの種類の観葉植物を取り扱う通販サイトです。インテリアになじむおしゃれな植物が豊富で、商品カテゴリから選ぶこともできます。各植物ごとに育て方などの説明も丁寧に記載されており、スタッフのおすすめや新商品が見やすいのもポイントです。

観葉植物のおすすめ5選

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値18,580円(税込)

この商品の特徴

プラスチック6号鉢に植えられたヒメモンステラです。鉢皿と籐の鉢カバーつきなのでインテリアのアクセントにぴったりです。比較的丈夫な植物なので、初心者の方はもちろんギフトにもおすすめです。約50cm〜60cm×幅約50cmとほど良いサイズです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

プラスチック6号鉢に植えられたヒメモンステラです。鉢皿と籐の鉢カバーつきなのでインテリアのアクセントにぴったりです。比較的丈夫な植物なので、初心者の方はもちろんギフトにもおすすめです。約50cm〜60cm×幅約50cmとほど良いサイズです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値4,760円(税込)

この商品の特徴

ハート型の葉が特徴のヒメモンステラは耐陰性、耐寒性があり、室内で育てやすくインテリアプランツとして人気です。大きくも小さくも育つので仕立てを楽しめるのも魅力のひとつです。花言葉は「うれしい便り、壮大な計画、深い関係」で、新しい事にチャレンジする人、事業を始める人、新築祝、家族や恋人へギフトとして人気です。成長速度があまり早くないため、コンパクトに仕立てた状態が保てます。乾燥に強く1年中室内で丈夫に育つ為、初心者でも安心して育てられます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ハート型の葉が特徴のヒメモンステラは耐陰性、耐寒性があり、室内で育てやすくインテリアプランツとして人気です。大きくも小さくも育つので仕立てを楽しめるのも魅力のひとつです。花言葉は「うれしい便り、壮大な計画、深い関係」で、新しい事にチャレンジする人、事業を始める人、新築祝、家族や恋人へギフトとして人気です。成長速度があまり早くないため、コンパクトに仕立てた状態が保てます。乾燥に強く1年中室内で丈夫に育つ為、初心者でも安心して育てられます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値19,500円(税込)

この商品の特徴

スクエアタイプの陶器鉢がスタイリッシュな印象的です。4本仕立てなのでほど良いボリューム感があります。葉の色も明るいのでお部屋を明るい印象にしてくれます。受け皿付きです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

スクエアタイプの陶器鉢がスタイリッシュな印象的です。4本仕立てなのでほど良いボリューム感があります。葉の色も明るいのでお部屋を明るい印象にしてくれます。受け皿付きです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値6,493円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値2,570円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー