ロードバイクのおすすめ3選【2020年版】

ロードバイクのおすすめ3選【2020年版】

ロードバイクと聞くと、敷居の高い乗り物をイメージするかもしれませんが、シティサイクル(ママチャリなど)のように、女性でも気軽に乗ることのできる自転車です。「健康ブームにあやかってロードバイクに乗りたい!」、「爽快な走りを体験してみたい!」という想いがあっても選び方がわからないという方に向けて、今回はロードバイクの選び方をご紹介します。入門車として購入を考えている方も、ぜひ参考にしてみてください。

ロードバイクとは

ロードバイクとは

自転車というと、ママチャリ、シティーサイクルを思い浮かべる方も多いでしょう。ロードバイクは、自転車のなかでもスピードが出しやすいという特徴があります。本体は軽量で、ギア変速数は20段前後です。

他の自転車との大きな違いは、ドロップハンドルがついていることです。ボジションによって3種類の握り方ができるので、快適に走ることが可能です。ロードバイクは普通の自転車に比べてフレームや車輪が軽く、スピードが出しやすいために長距離を走るのに向いています。そのため、趣味やスポーツとして楽しむ方が多くなっています。

ロードバイクの選び方

ロードバイクの購入を検討するとき、いくつかのチェックポイントがあります。ぜひ、以下で紹介する項目を参考にしてみてください。ロードバイクの楽しみ方、予算などはひとそれぞれなので、自分の用途に合うモデルを選びたいですね。

価格

新しいロードバイクを買うとき、まず悩むのは値段ではないでしょうか。フレームの素材、装備されているものによって、値段が変化します。入門車として買うならあまり高くないものを、ある程度乗りこなしている方なら耐久性やこだわりに合うものを選ぶと良いでしょう。

自分に合ったサイズ

他の自転車と同じように、ロードバイクは自分の体格に合ったサイズを選ぶことが大切です。実際にお店に足を運びできるだけ試乗させてもらい、姿勢に無理がないか、疲れないかなどを確認しておくと安心でしょう。ロードバイクに慣れてきたら、長距離を走る機会も増えてきます。楽しく快適に走るためにも、適正サイズを選びましょう。

お手入れのしやすさ

好天の日はもちろん悪天候の日に、ロードバイクを走らせることもあります。埃、泥や砂がついたままでは、汚れが落ちにくくなってしまいます。ロードバイクは気がつかないうちに汚れがついているものなので、こまめなお手入れが大切です。普段は、拭き掃除が基本となります。

防犯対策は必須!

防犯対策は必須!

出典:Amazon.co.jp

ロードバイクを買うなら、防犯対策もきちんとしておきましょう。販売店で、防犯登録を勧められるので、ぜひお願いしておきましょう。万が一、盗難された場合に警察に届ける書類となります。高価なロードバイクを買って、盗難が心配な方は自転車盗難保険に加入しておくとより安心でしょう。

すぐにできる防犯対策としては、自転車の施錠をしっかりとすることです。鍵は2つ以上用意します。太いワイヤーのもの、ナンバー式のものなど、外すのに手間がかかるものほど、防犯力は高くなります。とくに、ロードバイクはタイヤを簡単に外せるので、タイヤとフレームを繋いでおくと良いでしょう。

ロードバイクのメンテナンスの方法

メンテナンスは、大きく分けると3つあります。本体を拭いてきれいにする、油を差す、タイヤに空気を入れるという作業が基本です。ロードバイクで快適に走るためには、メンテナンスがとても大切です。初心者の方は扱いに慣れていないため、メンテナンス用のスタンドを用意すると良いでしょう。拭き掃除はもちろん、他の作業もとてもしやすくなります。

ロードバイクを始めるために必要なもの

ヘルメット

ヘルメット

出典:Amazon.co.jp

他の自転車よりもかなり速いスピードが出せるロードバイクには、ヘルメットは必須です。軽快な走りを楽しめるのもロードバイクの醍醐味なので、しっかりと準備して走りましょう。

自転車用ウエア

自転車用ウエア

スピードがかなり出るロードバイクは、自転車用ウエアを着ておくと安心です。長距離の走行、万が一の転倒など、怪我などから体を守ってくれます。

グローブ

グローブ

出典:Amazon.co.jp

安全に運転をするために、的確なハンドル操作は欠かせません。シーンによって、持ち方を変えるロードバイクは、手の疲労感をできるだけ少なくしたいものです。地面から伝わる振動を和らげてくれたり、ハンドル操作の疲労も軽減されます。万が一、転倒した場合も、ケガから守ってくれます。

水分補給が大事!ボトルケージ&ボトル

水分補給が大事!ボトルケージ&ボトル

出典:Amazon.co.jp

長距離を走ることがあるロードバイクでは、水分補給はとても大切です。普段はもちろん、気温が高い夏は、こまめに飲めるように携帯しておくのが良いでしょう。ボトルケージを装着しておけば、ストレスなく快適に水分補給ができます。

サイクルコンピュータ

サイクルコンピュータ

出典:Amazon.co.jp

本格的にロードバイクを楽しみたい場合は、距離や速度を測れるグッズがあると便利です。心拍数、ペダルの回転数なども把握できるので、客観的に自分の走りを確認することができます。本体はコンパクトなモデルが多いので、違和感なく使えます。

ロードバイクおすすめ3選

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値64,864円(税込)

この商品の特徴

NESTOシリーズからスタンダードモデルのロードバイクです。最大の特徴は、9.7kgという軽量さで、通勤や通学、様々なシチュエーションで活躍します。サブブレーキバーが付いており、通常の自転車のハンドルの握り方で、乗ることができます。ロードバイク初心者の方におすすめしたい商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

NESTOシリーズからスタンダードモデルのロードバイクです。最大の特徴は、9.7kgという軽量さで、通勤や通学、様々なシチュエーションで活躍します。サブブレーキバーが付いており、通常の自転車のハンドルの握り方で、乗ることができます。ロードバイク初心者の方におすすめしたい商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値115,610円(税込)

この商品の特徴

初ロードバイクにオススメの入門用アイテムです。デザイン、カラー、フレームともにセンスが良く、乗り心地も優れています。アルミフレームがやや固めですが、こだわりの少ない初心者用なら、不自由なく使えるでしょう。重さは10キロ程度なので、持ち運びもしやすく使いやすいアイテムです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

初ロードバイクにオススメの入門用アイテムです。デザイン、カラー、フレームともにセンスが良く、乗り心地も優れています。アルミフレームがやや固めですが、こだわりの少ない初心者用なら、不自由なく使えるでしょう。重さは10キロ程度なので、持ち運びもしやすく使いやすいアイテムです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値17,780円(税込)

この商品の特徴

株式会社オオトモが製造するロードバイクです。コストパフォーマンスが良く、乗りやすいロードバイクで、通勤や通学にも活躍します。一色のみを使ったデザインは、シンプルさが魅力です。21段変速が搭載されているので、季節を問わず快適な走行を楽しめます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

株式会社オオトモが製造するロードバイクです。コストパフォーマンスが良く、乗りやすいロードバイクで、通勤や通学にも活躍します。一色のみを使ったデザインは、シンプルさが魅力です。21段変速が搭載されているので、季節を問わず快適な走行を楽しめます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

ロードバイクのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー