グランドシートのおすすめ10選!ソロキャンプ用も

グランドシートのおすすめ10選!ソロキャンプ用も

グランドシートは、キャンプや登山を行うときにテントの下に敷くマットのことを指します。リビングシートとも呼ばれます。グランドシートを敷くことで、雨や汚れからテントを保護することができます。グランドシートには、ソロキャンプにおすすめの軽量なコンパクトサイズや、悪天候でも使える防水性能の高いものなど様々な種類があります。今回はグランドシートの選び方と、コールマンの「オレゴニアンキャンパー」、スノーピークやロゴスなどのおすすめの商品を紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

グランドシートとは

グランドシートとは

出典:Amazon.co.jp

グランドシートとは、テントの下に敷くことで、雨水や泥など汚れからテントを保護するマットのことです。テントを設置する前にペグで地面に固定し、グランドシートの上にテントを設営して使用します。紐で直接テントに取り付けるタイプもあります。テントの底が地面に触れないので、テントが泥で汚れたり小石などで傷付くのを防いでくれます。またテントが汚れにくくなるので、使用後のテントのメンテナンスが簡単になるというメリットがあります。

グランドシートの選び方

使用するテントに合ったサイズを選ぶ

テントよりも少し小さめのサイズがおすすめ

テントよりも少し小さめのサイズがおすすめ

出典:Amazon.co.jp

グランドシートを選ぶときは、テントより一回り小さいサイズがおすすめです。テントよりもグランドシートが大きいと、テントの周りに雨水や汚れが溜まってしまうことがあります。テントより少し小さめのグランドシートを使うことで、テントを衛生的に使用することができます。テントに比べてグランドシートが小さすぎると、今度はテントを保護する効果が薄くなるので注意が必要です。

テントの収容人数や形に合わせて選ぶ

テントの収容人数や形に合わせて選ぶ

出典:Amazon.co.jp

グランドシートには、ソロキャンプ用のコンパクトなサイズや、大人数用のテントに合わせた大きなサイズなど幅広いサイズがあります。グランドシートを選ぶときは、使用するテントの収容人数や形に合わせて選びましょう。テントのメーカーと同じメーカーのグランドシートなら、一緒に使うことが想定されているので、ぴったりなサイズで設置することができます。特殊な形状のテントフロアにグランドシートを合わせたいときは、同じメーカーのグランドシートから選ぶのがおすすめです。

悪天候でも使用できる防水性能で選ぶ

防水性能の基準となる耐水圧を確認する

防水性能の基準となる耐水圧を確認する

出典:Amazon.co.jp

グランドシートやテントの防水性能は、「耐水圧」という単位で判断でき、「mm(ミリメートル)」で表わされます。グランドシートの耐水圧は、使われている素材や防水加工によって様々です。耐水圧が低いグランドシートは激しい風雨に耐えられず、テントに雨水が染み込んでしまうことがあります。グランドシートの耐水圧は、強い雨にも耐えられる1,500mm以上を選ぶのがおすすめです。

水を通さない合成樹脂素材もおすすめ

水を通さない合成樹脂素材もおすすめ

出典:Amazon.co.jp

ポリエチレンや塩化ビニルなど合成樹脂素材のグランドシートは、水を通さないので防水性能が高いというメリットがあります。悪天候でもテントを設置したい方におすすめです。ただし、合成樹脂素材のグランドシートはかさばりやすいので、荷物をコンパクトにしたいときには注意が必要です。

長く使いたい場合は耐久性が高いタイプを選ぶ

長く使いたい場合は耐久性が高いタイプを選ぶ

出典:Amazon.co.jp

グランドシートの耐久性は、「D(デニール)」という単位で表されます。Dとは糸の太さのことで、Dが大きくなる程グランドシートの厚みが増し、丈夫で耐久性が高くなるという特徴があります。70D以上のグランドシートを選べば、十分な耐久性が期待できます。一つのグランドシートを長く大切に使いたい人には、Dが大きいグランドシートがおすすめです。グランドシートのDが大きくなるにつれ、重量が重たくなるというデメリットもあります。グランドシートの重さを確認し、持ち運びに差し支えないか調べておきましょう。

持ち運びのしやすい収納袋付きがおすすめ

持ち運びのしやすい収納袋付きがおすすめ

出典:Amazon.co.jp

コンパクトにたためるグランドシートは、持ち運びやすいというメリットがあります。多くの荷物をリュックで持ち運ぶ人には、収納袋付きのグランドシートがおすすめです。収納袋付きのグランドシートなら、荷物を小さくまとめることができます。グランドシートが汚れたとき、収納袋があれば汚れを広げず持ち帰ることができます。グランドシートを使わないときも、場所を取らず収納できるのが魅力です。

グランドシートのおすすめ8選

出典:Amazon.co.jp

4〜6人向けのテントに対応の大人数向け

210Dのポリエステルオックス素材で、高い耐久性が特徴のグランドシートです。テントフロアが300×300cmサイズの4〜6人向けのテントに対応しているので、家族や友人同士など大人数のキャンプで使用することができます。メッシュ素材の収納袋が付属しており、コンパクトに収納することができるので、場所を取らずに持ち運べるのがメリットです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

4〜6人向けのテントに対応の大人数向け

210Dのポリエステルオックス素材で、高い耐久性が特徴のグランドシートです。テントフロアが300×300cmサイズの4〜6人向けのテントに対応しているので、家族や友人同士など大人数のキャンプで使用することができます。メッシュ素材の収納袋が付属しており、コンパクトに収納することができるので、場所を取らずに持ち運べるのがメリットです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

210Dのポリエステルオックス素材で冷気や泥から守る

大人4人を収容できるグランドシートです。スノーピークの山岳用テント「ヴァール Pro.air 4」を想定して設計されています。耐水圧約1,800mmで、急な天候の変化にも対応することができます。210Dのポリエステルオックス素材で、地上からの冷気や泥などの汚れなどからテントをしっかり保護します。重さが1kg以下と軽量で、収納袋が付属しているので、かさばらず持ち運びしやすいのが魅力です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

210Dのポリエステルオックス素材で冷気や泥から守る

大人4人を収容できるグランドシートです。スノーピークの山岳用テント「ヴァール Pro.air 4」を想定して設計されています。耐水圧約1,800mmで、急な天候の変化にも対応することができます。210Dのポリエステルオックス素材で、地上からの冷気や泥などの汚れなどからテントをしっかり保護します。重さが1kg以下と軽量で、収納袋が付属しているので、かさばらず持ち運びしやすいのが魅力です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

スノーピークの台形テント「ランドロック」専用のグランドシート

スノーピークの大型テント、「ランドロック」専用のグランドシートです。台形の様な特殊な形状のランドロックにフィットするように、グランドシートも台形でデザインされています。耐水圧が約1,800mmなので、テントの中に水が侵入するのを防ぐことができます。素材は210Dのポリエステルオックスで、しっかりとした厚みがあり、地面からの冷えを軽減してくれます。ランドロックをより快適に使用したいときにおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

スノーピークの台形テント「ランドロック」専用のグランドシート

スノーピークの大型テント、「ランドロック」専用のグランドシートです。台形の様な特殊な形状のランドロックにフィットするように、グランドシートも台形でデザインされています。耐水圧が約1,800mmなので、テントの中に水が侵入するのを防ぐことができます。素材は210Dのポリエステルオックスで、しっかりとした厚みがあり、地面からの冷えを軽減してくれます。ランドロックをより快適に使用したいときにおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

紐を結ぶだけで設置できる初心者向けのタイプ

正方形タイプのグランドシートです。テントフロアが200×200cmのテントに合わせて使用することができます。素材はPE(ポリエチレン)ラミネートクロスで、夜露などの湿気からテントを保護してくれます。ペグなどの工具を使わず、グランドシートの四隅の紐をテントフレームに結ぶだけで設置できるので、初心者の利用に適しています。テントにグランドシートをセットしたまま移動できるので、テントの場所を変えたいときにスムーズです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

紐を結ぶだけで設置できる初心者向けのタイプ

正方形タイプのグランドシートです。テントフロアが200×200cmのテントに合わせて使用することができます。素材はPE(ポリエチレン)ラミネートクロスで、夜露などの湿気からテントを保護してくれます。ペグなどの工具を使わず、グランドシートの四隅の紐をテントフレームに結ぶだけで設置できるので、初心者の利用に適しています。テントにグランドシートをセットしたまま移動できるので、テントの場所を変えたいときにスムーズです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

PVCコーティングが雨や泥を弾くからお手入れも簡単

雨に強いPVC(ポリ塩化ビニル)コーティングがされているグランドシートです。6ケ所にペグ用のハトメが付いているので、しっかり地面に固定することができ、風に吹き飛ばされにくいのが特徴です。雨や泥を弾き、汚れたときも手入れしやすいので、簡単にメンテンナンスできるグランドシートを探している方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

PVCコーティングが雨や泥を弾くからお手入れも簡単

雨に強いPVC(ポリ塩化ビニル)コーティングがされているグランドシートです。6ケ所にペグ用のハトメが付いているので、しっかり地面に固定することができ、風に吹き飛ばされにくいのが特徴です。雨や泥を弾き、汚れたときも手入れしやすいので、簡単にメンテンナンスできるグランドシートを探している方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

ピクニックシートとしても使える厚手のキャンパス生地

3〜4人向けのグランドシートです。裏面に防水加工がされており、地面からの湿気を遮断するので、テント内で快適に過ごすことができます。使用した後はしっかり乾燥させることで、防水効果を長く保つことができます。厚手のキャンバス生地なので、直接座っても違和感が少なく、単品でピクニックシートの代わりに利用することができます。キャンプやピクニックなど幅広いシーンで使えるので、マルチシートとして活用できます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

ピクニックシートとしても使える厚手のキャンパス生地

3〜4人向けのグランドシートです。裏面に防水加工がされており、地面からの湿気を遮断するので、テント内で快適に過ごすことができます。使用した後はしっかり乾燥させることで、防水効果を長く保つことができます。厚手のキャンバス生地なので、直接座っても違和感が少なく、単品でピクニックシートの代わりに利用することができます。キャンプやピクニックなど幅広いシーンで使えるので、マルチシートとして活用できます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

激しい雨からテントをまもる5,000mmの高い耐水圧

耐水圧約5,000mmで、激しい雨からテントを守るグランドシートです。PU(ポリウレタン)コーティングが施されているので、雨の染み込みを防いでくれます。素材は210Dのポリエステルで、ゴワゴワせずにしなやかな質感で、かさばりにくいのが特徴です。ショックコードが付属しているので、地面に打ち込んだペグにショックコードを引っ掛けるだけで簡単に設置することができます。表面にDODのブランドマークが2ヶ所入っているので、自分のグランドシートをひと目で見分けることができ便利です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

激しい雨からテントをまもる5,000mmの高い耐水圧

耐水圧約5,000mmで、激しい雨からテントを守るグランドシートです。PU(ポリウレタン)コーティングが施されているので、雨の染み込みを防いでくれます。素材は210Dのポリエステルで、ゴワゴワせずにしなやかな質感で、かさばりにくいのが特徴です。ショックコードが付属しているので、地面に打ち込んだペグにショックコードを引っ掛けるだけで簡単に設置することができます。表面にDODのブランドマークが2ヶ所入っているので、自分のグランドシートをひと目で見分けることができ便利です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

厚さ5mmのクッション材入りだから足場の悪いところでも快適に使用できる

クッション性があり、使い心地の良いグランドシートです。厚さ5mmのクッション材が入っているので底づき感が少なく、デコボコしている地面や、小石が多い場所でもストレスなく使用することができます。裏面にはポリエチレン素材を採用しているので、雨が染み込みにくいのが特徴です。使用後は折りたたむことができ、ストラップで肩にかけて持ち運ぶことができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

厚さ5mmのクッション材入りだから足場の悪いところでも快適に使用できる

クッション性があり、使い心地の良いグランドシートです。厚さ5mmのクッション材が入っているので底づき感が少なく、デコボコしている地面や、小石が多い場所でもストレスなく使用することができます。裏面にはポリエチレン素材を採用しているので、雨が染み込みにくいのが特徴です。使用後は折りたたむことができ、ストラップで肩にかけて持ち運ぶことができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

ソロキャンプ用のグランドシートおすすめ2選

出典:Amazon.co.jp

ロゴスのテント「SOLO」シリーズ対応モデル

ソロキャンプで活躍するグランドシートです。ロゴスの「SOLO」シリーズのテントに合うようにデザインされています。素材にはPEラミネートクロスが採用されており、汚れが付きづらく落としやすいというメリットがあります。重さが300g以下で、小さく畳むことができるので、登山など徒歩で移動するときに負担にならないのが魅力です。テントを撤収するときに、道具などを置く場所として兼用できるので、荷物を増やしたくないときに役立ちます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

ロゴスのテント「SOLO」シリーズ対応モデル

ソロキャンプで活躍するグランドシートです。ロゴスの「SOLO」シリーズのテントに合うようにデザインされています。素材にはPEラミネートクロスが採用されており、汚れが付きづらく落としやすいというメリットがあります。重さが300g以下で、小さく畳むことができるので、登山など徒歩で移動するときに負担にならないのが魅力です。テントを撤収するときに、道具などを置く場所として兼用できるので、荷物を増やしたくないときに役立ちます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

開閉タイプの穴でワンポールテントの設営もしやすい

ソロキャンプ用のグランドシートです。バンドックのテント「ソロベース」や「ソロティピー」を想定したサイズで作られています。耐水圧約5,000mmで、悪天候の中でもテントを安全に設置することができます。中央にポール用の穴が開いているので、ワンポールテントを設営しやすい仕様です。ポール用の穴は面ファスナーで閉じることができ、ワンポールテント以外のテントで使用することもできるので、色々な形のテントで使えるというメリットがあります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

開閉タイプの穴でワンポールテントの設営もしやすい

ソロキャンプ用のグランドシートです。バンドックのテント「ソロベース」や「ソロティピー」を想定したサイズで作られています。耐水圧約5,000mmで、悪天候の中でもテントを安全に設置することができます。中央にポール用の穴が開いているので、ワンポールテントを設営しやすい仕様です。ポール用の穴は面ファスナーで閉じることができ、ワンポールテント以外のテントで使用することもできるので、色々な形のテントで使えるというメリットがあります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

場所に適したペグを使って安全にテントを設置しよう

グランドシートやテントを設置するときに欠かせないのが、ペグです。付属しているものもありますが、地面のタイプや場所に合わせて専用のものを使用し、より安全に固定してあげましょう。ペグの選び方とおすすめ商品を紹介しているので、チェックしてみてください。

グランドシートのおすすめ商品比較表

商品画像
マルチグランドシート300
ヴァール Pro.air グランドシート4
ランドロック グランドシート
ぴったりグランドシート 正方形タイプ
グランドシート
WP グランドシート
ワンポールテントM用グランドシート
折りたたみ グランドシート 厚手タイプ
テントぴったりグランドシート SOLO
グランドシート ソロベース ソロティピー対応
メーカーコールマンスノーピークスノーピークロゴスオレゴニアンキャンパーオレゴニアンキャンパービーズクローバーロゴスカワセ
商品名マルチグランドシート300ヴァール Pro.air グランドシート4ランドロック グランドシートぴったりグランドシート 正方形タイプグランドシートWP グランドシートDOD ワンポールテントM用グランドシートフィールドア 折りたたみ グランドシート 厚手タイプテントぴったりグランドシート SOLOバンドック グランドシート ソロベース ソロティピー対応
最安値
Amazon9,600円(税込)
Amazon8,580円(税込)
Amazon10,780円(税込)
楽天市場1,097円(税込)
Amazon4,180円(税込)
Amazon2,640円(税込)
Amazon3,514円(税込)
参考価格4,010円(税込)
Yahoo!ショッピング2,672円(税込)
Amazon2,709円(税込)
販売サイト
この記事の修正依頼を送る

関連記事

人気記事