コーヒー豆のおすすめ10選!産地や種類・保存方法も紹介

コーヒー豆のおすすめ10選!産地や種類・保存方法も紹介

コーヒー豆を使ってドリップした美味しいコーヒーが飲みたい、という方は多いのではないでしょうか。しかしいざ選ぶとなると、どんなものを選べば良いのかわかりにくいものです。今回はギフトにもおすすめの、コーヒー豆の選び方についてご紹介します。おいしいコーヒー豆ランキングで上位の、東京で人気の珈琲店が販売しているコーヒー豆や、渋谷で安いと人気の店舗で購入できる商品なども、たくさんご紹介しています。コーヒー豆の種類や産地、焙煎方法やおいしく保存するコツなどについても解説します。

おいしいこだわりのコーヒーが飲みたい

仕事や家事の合間に、ほっと一息つきたいときに飲みたくなるのが、美味しいコーヒーですよね。自分の好みに合う、おいしいと感じるコーヒーを飲みながらのちょっとした休憩は、心も体も芯からほぐしてくれるような気がします。しかし、なかなかおいしいと思えるコーヒーに出会えない、という方も多いのではないでしょうか?

おいしいこだわりのコーヒーが飲みたい

自分の好みに合った、こだわりのコーヒー豆を使えば、老舗の喫茶店やコーヒー専門店で飲むような、本格的で美味しいコーヒーを味わうことができます。

コーヒー豆の種類

コーヒーには主に、「アラビカ種」と「ロブスタ種」の2つの種類があります。それぞれに違った特徴があるので、事前に確認しておくと良いでしょう。

華やかな香りの「アラビカ種」

「アラビカ種」とは、酸味が強いコーヒー豆です。フローラルとよばれる花のような香りがします。アフリカのエチオピアが産地で、世界中で飲まれるコーヒーの6割はアラビカ種と言われています。

苦みが強い「ロブスタ種」

「ロブスタ種」とは、苦みが強いコーヒーです。渋みやコクを求める方に人気の種類で、香ばしい香りが特徴です。アラビカ種は高地で栽培されますが、ロブスタ種は低地で栽培されます。

粉コーヒーとの違い

コーヒーには「コーヒー豆」で入れるものと、「粉コーヒー」で入れるものがあります。コーヒー豆は、そのままではコーヒーを入れることができません。コーヒー豆は「ミル」という、コーヒー豆を挽いて粉にする過程が必要です。粉コーヒーは、コーヒー豆を粉末に加工したもので、お湯を注ぐだけでコーヒーとしてすぐに飲むことができます。

粉コーヒーとの違い

コーヒー豆から挽いたばかりの粉は香りが強く、味にもしまりが出やすいので、おいしいと感じやすいものです。ミルの手間がかかりますが、鮮度の高いコーヒーを飲みたいのであれば、コーヒー豆から入れたものがおすすめです。ミルの手間をかけずに、手軽においしいコーヒーが飲みたいという方は、粉コーヒーの記事で、気になるものを見つけてみてください。

コーヒー豆の選び方

味や風味が決まる「焙煎度合い」で選ぶ

コーヒー豆は、焙煎の度合いによって味や風味が変わります。好みの焙煎度合いを知っておくと、たくさんの種類の中からでも、自分の好みに近いものを選びやすくなります。

「浅煎り」は酸味が強くすっきりとした味わい

浅煎りとは、短時間で焙煎したものです。浅煎りの特徴は、酸味が強く、すっきりとした味わいで、ホットコーヒーに向いています。飲み物のコーヒー用に使える浅煎りの中で、もっとも浅く焙煎されているものを「ミディアムロースト」と言います。その後「ハイロースト」、「シティロースト」と進むにしたがって、焙煎が深くなっていきます。

苦みとコクがある「深煎り」

深煎りは、じっくりと時間をかけて焙煎したものです。味は苦みが強く、コクを楽しむことができます。ミルクや砂糖を入れたホットコーヒーや、アイスコーヒーにおすすめの焙煎方法です。深煎りは「フルシティロースト」、「フレンチロースト」、「イタリアンロースト」と進むに従って、焙煎がさらに深くなります。

ブレンドかストレートかで選ぶ

コーヒー豆は、ひとつの種類の豆だけを使った「ストレート」と、複数の豆を混ぜて使った「ブレンド」があります。ストレートは、好みのコーヒー豆が分かっている場合に選びやすいでしょう。一方、ブレンドは、店舗やメーカーが独自に豆を混ぜてつくっているので、これと言った決まりがありません。一般的には「キリマンジャロブレンド」や「モカブレンド」など、同じ産地の豆を混ぜてつくられているものが多いようです。ブレンドを選ぶ場合は、ブレンドされている豆の産地を元に選ぶという方法もあります。

好みの飲み方に合わせる

好みの飲み方に合わせる

コーヒー豆を選ぶときには、自分がどんな飲み方をしたいかも考えておきましょう。ブラックで飲むのか、カフェオレにして飲むのか、などでも選ぶコーヒー豆が変わります。コーヒー豆の多くは「このブレンドは、この飲み方に合う」など、飲み方のイメージを元につくられています。そのため、普段ブラックで飲むのであれば、ブラックに向いているブレンドが良く、カフェオレで飲むのであれば、カフェオレに合ったブレンドのものが良いでしょう。自分の飲み方に合っているコーヒー豆がどれかわからない場合は、店員さんへ希望の飲み方を伝えると、合っているコーヒー豆を教えてもらえます。通販などの場合は、口コミなどを参考にすると良いでしょう。

ホットコーヒー用かアイスコーヒー用かチェック

ホットコーヒー用かアイスコーヒー用かチェック

コーヒー豆を購入するときは、ホットで飲みたいのか、アイスで飲みたいのかも考えておきましょう。ホットで飲むのであれば浅煎りのコーヒー豆、アイスコーヒーとして飲むのであれば深煎りのコーヒー豆など、飲み方に向いているものがおすすめです。ホットでもアイスでも飲みたいという方は、シティローストから試してみると良いかもしれません。ハイローストは、多くの喫茶店などでも使われている深めの浅煎りで、苦みと酸味のバランスが比較的取れています。

産地で選ぶ

産地で選ぶ

コーヒー豆は、ワインなどと同じで、産地によって味の特徴が違います。自分の好みに近い産地を知っておくと、お気に入りのコーヒー豆を見つけやすくなるでしょう。コーヒー豆の産地は世界にいくつもありますが、特に有名なのは、ジャマイカの「ブルーマウンテン」、エチオピアの「モカ」、タンザニアの「キリマンジャロ」などです。他にもアメリカの「ハワイ・コナ」やグァテマラの「グァテマラ」、ブラジルの「ブラジル」、コロンビアの「コロンビア」などがあります。

好みの豆がわからない場合は1粒持参する

気に入っているコーヒーの豆があれば、購入するときに店舗へ持って行くことをおすすめします。気に入っているコーヒー豆と形や色が似ているものを選べば、自分の好みに近いものが選べるためです。見分けがつかない場合は、店員さんへ豆を渡して、近いものを選んでもらうと良いでしょう。

世界のコーヒーの特徴

コーヒー豆は、産地によって様々な違いがあります。代表的な3つのコーヒー豆について紹介します。

風味が人気の「ブルーマウンテン」

ブルーマウンテンは、ジャマイカのブルーマウンテン地区で栽培されているコーヒー豆です。酸味・苦み・甘味のバランスが良く、どんな飲み方にも合わせやすいという特徴があります。風味も良いので、ホットコーヒーとして飲みたい方に人気のコーヒー豆です。

上品な味わいの「キリマンジャロ」

キリマンジャロは、タンザニアで栽培されているアラビカ種のコーヒー豆です。苦みよりも酸味が強く、あっさりとした味わいを好む方に人気です。香りは芳醇で、全体的に上品な印象を受けます。

バランスの良い「モカ」

モカは、エチオピア・イエメンのハラー地区で栽培されているコーヒー豆です。酸味とコクを兼ね備えたバランスの良い豆で、様々な飲み方をしたい方におすすめです。酸味がまろやかなので、一般的なコーヒーの酸味が苦手な方でも飲みやすいでしょう。香りが独特なので好みが分かれますが、好きな方には香りも楽しめると評判です。

そのほかのコーヒー豆も

次に紹介するリンクでは、コーヒー豆について分かりやすく解説されています。自分の好みのコーヒー豆を見つける参考になるので、ぜひチェックしてみてください。

コーヒー豆からコーヒーを飲む方法

コーヒー豆は粉コーヒーのように、購入した状態ですぐにお湯を注いでも、飲むことができません。コーヒー豆は「挽く」という作業が必要です。店舗でコーヒー豆を購入する場合は、サービスで挽いてもらうことができる場合もあります。しかし自宅で挽けば、より鮮度の高いコーヒーを飲むことができます。

コーヒー豆からコーヒーを飲む方法

コーヒー豆を挽くには「ミル」という道具が必要です。ミルは電動で豆を挽くタイプと、手動でくるくると回すことで豆を挽くタイプがあります。こだわりのコーヒーを自宅で楽しみたいという方は、「電動コーヒーミル」と「手挽きコーヒーミル」の記事もチェックしてみてくださいね。

コーヒー豆の保存方法や賞味期限

コーヒー豆は食品なので、賞味期限があります。商品によって多少差はありますが、一般的には「常温で1ヶ月、冷凍で3ヶ月以内」がおいしく飲む目安です。しかし、コーヒー豆は開封と同時に酸化が始まるので、開封後はできるだけ早く使い切った方が良いでしょう。また、コーヒー豆は、密閉した状態で保存します。焙煎から5日ほどの保存であれば、常温で、蓋がしっかりとしまる缶などに入れておけば品質を保てます。密閉した状態であっても、外からの光が缶の中まで通ってしまうと劣化しやすくなります。そのため、光を通さない缶がおすすめです。

保存日数によっても保存方法が変わる

焙煎から5日ほどの保存であれば、光を通さない、密閉された缶などで保管します。しかし、焙煎から2週間ほど保存したい場合は、密閉された袋で冷蔵保存をします。口にファスナーがついた食品などにも使える密閉袋がおすすめです。さらに、焙煎から1ヶ月ほど保存しておきたい場合は、密閉されたアルミ袋で冷凍保存をするのがおすすめです。できるだけ中の空気を抜いておけば、通常の保存よりも鮮度を保ちやすくなります。

コーヒー豆のおすすめ10選

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値2,650円(税込)

この商品の特徴

ジニスコーヒーのコーヒー豆です。産地の気候や土壌にあった豆を栽培している農家から探し出し、栽培から精製処理までの徹底した品質管理で健康的に熟した生豆を手作業で選別し、豆が持つ風味を最大限に生かす焙煎方法で仕上げました。冷めても美味しく、苦みや渋みのないフルーティーな風味を感じるコーヒーができあがります。日頃コーヒーを良く飲まれる方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ジニスコーヒーのコーヒー豆です。産地の気候や土壌にあった豆を栽培している農家から探し出し、栽培から精製処理までの徹底した品質管理で健康的に熟した生豆を手作業で選別し、豆が持つ風味を最大限に生かす焙煎方法で仕上げました。冷めても美味しく、苦みや渋みのないフルーティーな風味を感じるコーヒーができあがります。日頃コーヒーを良く飲まれる方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値1,652円(税込)

この商品の特徴

イタリアで創業したムセッティー社のコーヒー豆です。コーヒー農園の生産管理から生豆の選定、ブレンド、焙煎など、全ての行程においての厳しい基準を満たした良質の豆です。イタリア語で楽園を意味する“パラディソ”の名前がついた豆で作ったコーヒーは、甘い香りとほのかに感じる果実のような味わいが特徴です。ブラックでも飲みやすいので、苦みが苦手な方にもおすすめのコーヒー豆です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

イタリアで創業したムセッティー社のコーヒー豆です。コーヒー農園の生産管理から生豆の選定、ブレンド、焙煎など、全ての行程においての厳しい基準を満たした良質の豆です。イタリア語で楽園を意味する“パラディソ”の名前がついた豆で作ったコーヒーは、甘い香りとほのかに感じる果実のような味わいが特徴です。ブラックでも飲みやすいので、苦みが苦手な方にもおすすめのコーヒー豆です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値2,198円(税込)

この商品の特徴

グァテマラのコーヒー生豆博覧会にて、3度にわたり1位を獲得した、カペティロ農園産の“レッドブルボン種”というコーヒー豆です。コーヒーの原種と呼べるもので、環境の変化に弱いため、収穫するまでに手間がかかり、生産量が少ない希少な品種の豆で入れたコーヒーは柑橘系の爽やかさとナッツの甘さを併せ持つ上品な香りと、後味のチョコレートの甘さが特徴です。コーヒーにこだわりのある方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

グァテマラのコーヒー生豆博覧会にて、3度にわたり1位を獲得した、カペティロ農園産の“レッドブルボン種”というコーヒー豆です。コーヒーの原種と呼べるもので、環境の変化に弱いため、収穫するまでに手間がかかり、生産量が少ない希少な品種の豆で入れたコーヒーは柑橘系の爽やかさとナッツの甘さを併せ持つ上品な香りと、後味のチョコレートの甘さが特徴です。コーヒーにこだわりのある方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値23,800円(税込)

この商品の特徴

スターバックスのコーヒー豆です。程よい香りと癖のない苦味、控えめな酸味で、幅広い人の味覚に合うコーヒーを作れます。お好みに応じて濃さ薄さを調節したり、砂糖やシナモンを入れたりと楽しみ方も様々です。コスパも良く、大勢でコーヒーを飲む機会が多い方、日々の生活にコーヒーが欠かせないという方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

スターバックスのコーヒー豆です。程よい香りと癖のない苦味、控えめな酸味で、幅広い人の味覚に合うコーヒーを作れます。お好みに応じて濃さ薄さを調節したり、砂糖やシナモンを入れたりと楽しみ方も様々です。コスパも良く、大勢でコーヒーを飲む機会が多い方、日々の生活にコーヒーが欠かせないという方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値1,838円(税込)

この商品の特徴

エスプレッソブレンドのコーヒー豆です。酸味が少なく、スターバックス特有の香りとビターな風合い、甘く深いコクのある味わいは品質の高さを感じさせ、値段以上のコストパフォーマンスです。特にカフェラテに最適で、コーヒーミル等でお好みに合わせて挽いて飲めば気軽に美味しく楽しめます。酸味が少なく、濃いめのコーヒーが好きな方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

エスプレッソブレンドのコーヒー豆です。酸味が少なく、スターバックス特有の香りとビターな風合い、甘く深いコクのある味わいは品質の高さを感じさせ、値段以上のコストパフォーマンスです。特にカフェラテに最適で、コーヒーミル等でお好みに合わせて挽いて飲めば気軽に美味しく楽しめます。酸味が少なく、濃いめのコーヒーが好きな方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値2,727円(税込)

この商品の特徴

澤井珈琲の2種類のブレンドコーヒーが入っている福袋です。「ブレンド・フォルテシモ」は、ブラジルの最上クラスのコーヒー豆である「サントス#2」をベースとし、あっさりとした味わいとナッツのような香ばしい香りを持つコーヒーです。「ビクトリーブレンド」は通常よりも焙煎時間を長くし、酸味がなくコクのあるコーヒーです。すっきりとした味わいと濃厚な味わいのどちらも楽しみたい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

澤井珈琲の2種類のブレンドコーヒーが入っている福袋です。「ブレンド・フォルテシモ」は、ブラジルの最上クラスのコーヒー豆である「サントス#2」をベースとし、あっさりとした味わいとナッツのような香ばしい香りを持つコーヒーです。「ビクトリーブレンド」は通常よりも焙煎時間を長くし、酸味がなくコクのあるコーヒーです。すっきりとした味わいと濃厚な味わいのどちらも楽しみたい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値621円(税込)

この商品の特徴

国太桜のコーヒー豆です。豆の状態で500g入っています。キリマンジャロブレンドで、キレのある酸味とコクのある味わいが特徴です。タンザニアやコロンビアなどのコーヒーベルトと呼ばれる亜熱帯地域で栽培されるアラビカ種の新豆をセラミック焙煎をしています。それぞれ焙煎した豆がブレンドされており、産地の特性を活かした味と香りを楽しむことができるコーヒーです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

国太桜のコーヒー豆です。豆の状態で500g入っています。キリマンジャロブレンドで、キレのある酸味とコクのある味わいが特徴です。タンザニアやコロンビアなどのコーヒーベルトと呼ばれる亜熱帯地域で栽培されるアラビカ種の新豆をセラミック焙煎をしています。それぞれ焙煎した豆がブレンドされており、産地の特性を活かした味と香りを楽しむことができるコーヒーです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値633円(税込)

この商品の特徴

小川珈琲のモカブレンドコーヒーです。豆の状態で170g入っています。中煎りで焙煎された有機エチオピア産の豆が55%、中煎りで焙煎された有機グアテマラ産の豆が45%ブレンドされており、フェアトレード製品です。エチオピアモカのフルーティーな香りが活かされた、すっきりとした味わいが特徴です。香り高く、爽やかで甘みのあるコーヒーをお探しの方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

小川珈琲のモカブレンドコーヒーです。豆の状態で170g入っています。中煎りで焙煎された有機エチオピア産の豆が55%、中煎りで焙煎された有機グアテマラ産の豆が45%ブレンドされており、フェアトレード製品です。エチオピアモカのフルーティーな香りが活かされた、すっきりとした味わいが特徴です。香り高く、爽やかで甘みのあるコーヒーをお探しの方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値434円(税込)

この商品の特徴

KEYCOFFEEを代表するブレンドコーヒーです。ブラジル産やコロンビア産のアラビカコーヒー豆が100%使用されています。やや深煎りに焙煎されており、酸味と苦味が調和した深い味わいが特徴です。2018年度には国際味覚審査機構が開催する品評会でダイヤモンド味覚賞を受賞したコーヒーです。レギュラーコーヒーとして毎日飲みたくなるコーヒー豆をお探しの方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

KEYCOFFEEを代表するブレンドコーヒーです。ブラジル産やコロンビア産のアラビカコーヒー豆が100%使用されています。やや深煎りに焙煎されており、酸味と苦味が調和した深い味わいが特徴です。2018年度には国際味覚審査機構が開催する品評会でダイヤモンド味覚賞を受賞したコーヒーです。レギュラーコーヒーとして毎日飲みたくなるコーヒー豆をお探しの方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値1,134円(税込)

この商品の特徴

安心・安全にこだわった「成城石井」のコーヒー豆、エスプレッソです。商品レビューにおいても、そのコスパの良さは高く評価されています。切れの良い苦味と深い香りとコクが特徴のシアトル系コーヒーです。酸味が苦手な方や、アイスでも楽しみたい方には、満足いただける味です。ドリップはもちろん、エスプレッソにも適した深煎りのコーヒー豆です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

安心・安全にこだわった「成城石井」のコーヒー豆、エスプレッソです。商品レビューにおいても、そのコスパの良さは高く評価されています。切れの良い苦味と深い香りとコクが特徴のシアトル系コーヒーです。酸味が苦手な方や、アイスでも楽しみたい方には、満足いただける味です。ドリップはもちろん、エスプレッソにも適した深煎りのコーヒー豆です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー