フィールドスコープのおすすめ10選!倍率の選び方も紹介

フィールドスコープのおすすめ10選!倍率の選び方も紹介

フィールドスコープは天体観測や野鳥の観察に使える望遠鏡です。ただ見るだけでなく一眼レフカメラの望遠レンズとして使うことができるものもあります。今回はフィールドスコープの選び方や使い方についてご紹介します。倍率の選び方や三脚を使った使い方、人気のニコンやビクセンの商品もご紹介しています。その他にも初心者におすすめの手軽なフィールドスコープもたくさんご紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

天体観測や野鳥観察を楽しみたい!

天体観測や野鳥観察を楽しみたい!

広い草原や川辺で野鳥や野生動物の姿を見たい!と思ったことはありませんか?夜は天体観測も素敵ですよね。でも普通の双眼鏡ではあまり見えなかったり、天体観測の道具を持って出掛けるのが大変だったりする場合もあります。

そんなときにあると便利なのが「フィールドスコープ」です。フィールドスコープは望遠鏡の一種で、主に屋外で遠くを見るために作られています。通常の望遠鏡と同じようにストレートタイプのフィールドスコープを対象物に合わせて見ることもできます。観察がしやすいように、曲がったアングルタイプは目の位置を変えずに上の方も見ることができます。

フィールドスコープの種類

初心者にもおすすめ「直視型」

初心者にもおすすめ「直視型」

出典:Amazon

フィールドスコープの直視型はストレートタイプとも呼ばれます。対象となるものに対して直線的に構えます。そのため初心者でも簡単に使うことができます。場合によって三脚を取り付ければ、楽に長時間観察をすることもできます。

高いところも楽に観察「傾斜型」

高いところも楽に観察「傾斜型」

出典:Amazon

アングルタイプとも呼ばれる傾斜型は、フィールドスコープの先を対象物に合わせますが、除く部分は上からのぞき込むようにできています。そのため高い場所を見るときでも首や腕が疲れません。椅子などに座ったままの天体観測なども可能です。のぞき込むタイプなので、身長が違う複数の人が交代で使う場合も調節が不要です。

フィールドスコープの選び方

フィールドスコープの選び方

出典:Amazon

見やすい倍率は20倍~40倍

フィールドスコープは通常の望遠鏡に比べると倍率が高く、遠くのものが良く見えるという特徴があります。通常の望遠鏡は倍率が6倍~10倍ですがフィールドスコープは20倍~90倍が一般的です。倍率は高いほど、遠くのものを大きく見ることができます。しかし倍率が高くなるほど、フィールドスコープは視野が暗くなります。倍率はフィールドスコープで見たいものに合わせて選ぶと良いです。ちなみにバードウォッチングなら20倍~40倍、天体観測なら10倍~30倍が見やすいと言われています。

使用用途が多い場合はズームタイプが便利

フィールドスコープの中には、ズームで倍率を変えられるものもあります。野鳥観察や天体観測に限らず、フィールドスコープで様々なものを観察したい方にはズームタイプがおすすめです。また、フィールドスコープは接眼レンズを取り替えることでも倍率を変えることができます。

撮影するなら対物レンズ有効径60mm以上

撮影するなら対物レンズ有効径60mm以上

出典:Amazon

対物レンズ有効径は、数値が大きいほど視野が明るくなり鮮明に見ることができます。そのため高い倍率で対象物を見たい場合は対物レンズ有効径が高いものの方が良いということになります。ただし対物レンズ有効径が高いものは、本体価格も高くなりますし、本体の重量も重たくなります。対物レンズ有効径は50mm・60mm・80mmが主流です。フィールドスコープを使って撮影をしたい方は60mm以上のものが良いでしょう。

防水機能は使う状況に合わせて選ぶ

フィールドスコープの多くは耐水性のあるパッキンなどを利用して、少量の水であれば本体に影響が出ないように作られています。しかし、急激な温度変化が予想される場合や草木のしずくなどが落ちてくる可能性がある場合は窒素ガスが充填してあるものや防塵ガラスが使われているものが良いでしょう。

耐久性のある素材を選ぶ

フィールドスコープは精密機器なので、衝撃に強くありません。フィールドスコープの本体にアルミニウム合金やマグネシウム合金が使われているものを選べば比較的衝撃に強く、安心です。また、本体のラバーコーティングは衝撃を吸収してくれます。ラバーの性質で持ちやすく、落としにくくなるなどのメリットもあります。

実視界の数値が大きいものを選ぶ

フィールドスコープには実視界の数値があります。実視界の数値は大きいほど、動いている動物などの確認をしやすくなります。野鳥など比較的動きが速いものを見るために使いたいのであればぜひ確認しておきたいポイントです。

メガネを使う場合はアイレリーフの長いものを選ぶ

フィールドスコープと目の間の距離のことをアイレリーフといいます。このアイレリーフが長いほど目を接眼レンズから離して使いやすくなるため、疲れ目などの症状が出にくくなります。

フィールドスコープの中には「ハイアイポイント」という機能がついているものがあります。ハイアイポイントはアイレリーフが15mm以上になるので、メガネをかけたままでもフィールドスコープの使用が可能です。もちろんメガネをかけていない方でも、目に優しい使い方ができるのでおすすめの機能です。

フィールドスコープの使い方

フィールドスコープの使い方

出典:Amazon

フィールドスコープの使い方はとても簡単です。レンズのカバーを取って、対象物を除くだけです。誰にでも、どこでも簡単に使うことができます。

しかし、フィールドスコープの使い方はそれだけではありません。「デジスコ」という使い方をすることもできます。デジスコとは、カメラやスマホにフィールドスコープを取り付けることで、望遠レンズで撮影するのと同じ状況を作り出す撮影方法です。カメラの望遠レンズは価格が高く、使い方にもコツやテクニックが必要です。その点フィールドスコープはとてもシンプルな造りをしています。

フィールドスコープとカメラやスマホを繋ぐアダプターやアタッチメントがあればフィールドスコープでのぞいた景色を写真や動画に収めることができます。

フィールドスコープのおすすめ10選

最安値5,980円(税込)
4.09(210件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

この商品の特徴

傾斜型のフィールドスコープです。防滴・防塵設計で場所を選ばずに使えます。上向きに45度傾斜しているので楽な姿勢で空を観察することができます。三脚やスマホホルダーも付属しています。倍率は25倍~75倍まで対応しています。バードウォッチングから天体観測までこれひとつで十分可能です。見るものによって倍率を変えることができます。対物レンズの有効径は70mm、アイレリーフは14~16mmです。アダプターをつけることでデジカメやスマホでの撮影が可能です。

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

この商品の特徴

傾斜型のフィールドスコープです。防滴・防塵設計で場所を選ばずに使えます。上向きに45度傾斜しているので楽な姿勢で空を観察することができます。三脚やスマホホルダーも付属しています。倍率は25倍~75倍まで対応しています。バードウォッチングから天体観測までこれひとつで十分可能です。見るものによって倍率を変えることができます。対物レンズの有効径は70mm、アイレリーフは14~16mmです。アダプターをつけることでデジカメやスマホでの撮影が可能です。

最安値9,950円(税込)
3.78(49件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

この商品の特徴

倍率は25倍~75倍で、バードウォッチングだけでなく射撃などにも適しています。内部に窒素ガスが充填されているので、結露や曇りがありません。防水は高レベルの7級です。傾斜型なのでテーブルに置いた状態でのスケッチなども楽にできます。対物レンズ有効径は70mmあるので、倍率を上げても視界が暗くなることがありません。そのため夜空やコンサートなどでもストレスなく使うことができます。スマホのサイズに合わせてアダプターを調節できます。

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

この商品の特徴

倍率は25倍~75倍で、バードウォッチングだけでなく射撃などにも適しています。内部に窒素ガスが充填されているので、結露や曇りがありません。防水は高レベルの7級です。傾斜型なのでテーブルに置いた状態でのスケッチなども楽にできます。対物レンズ有効径は70mmあるので、倍率を上げても視界が暗くなることがありません。そのため夜空やコンサートなどでもストレスなく使うことができます。スマホのサイズに合わせてアダプターを調節できます。

最安値60,369円(税込)
5.00(4件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

この商品の特徴

直視型のフィールドスコープです。本体がとてもスリムで軽く持ち歩きがしやすいことが特徴です。ちょうど牛乳パックの1Lサイズと同じ大きさです。重さは1㎏です。リュックやバッグに入れて携帯できます。目線に合わせて使うだけなので、フィールドスコープ初心者にもおすすめです。上級者はサイドスコープとして使っている方が多いようです。レンズの外には撥水加工がされているので多少の雨なら濡れても問題ありません。

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

この商品の特徴

直視型のフィールドスコープです。本体がとてもスリムで軽く持ち歩きがしやすいことが特徴です。ちょうど牛乳パックの1Lサイズと同じ大きさです。重さは1㎏です。リュックやバッグに入れて携帯できます。目線に合わせて使うだけなので、フィールドスコープ初心者にもおすすめです。上級者はサイドスコープとして使っている方が多いようです。レンズの外には撥水加工がされているので多少の雨なら濡れても問題ありません。

最安値7,900円(税込)
3.45(28件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

この商品の特徴

ノーブランド品ですが評価の良いフィールドスコープです。傾斜型で三脚が付いているので、安定した観察ができます。100mほど先の小鳥が鮮明に見えるという口コミも見られます。一般的なフィールドスコープに比べると安価なので、試しにフィールドスコープを使ってみたいという方にもおすすめです。倍率は20~60倍で、対物レンズ有効径は60mmです。この価格で三脚までついている商品はほとんどありません。

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

この商品の特徴

ノーブランド品ですが評価の良いフィールドスコープです。傾斜型で三脚が付いているので、安定した観察ができます。100mほど先の小鳥が鮮明に見えるという口コミも見られます。一般的なフィールドスコープに比べると安価なので、試しにフィールドスコープを使ってみたいという方にもおすすめです。倍率は20~60倍で、対物レンズ有効径は60mmです。この価格で三脚までついている商品はほとんどありません。

最安値14,883円(税込)
4.36(33件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

この商品の特徴

全長23cmの小型フィールドスコープです。45度の傾斜型でのぞきやすく出来ています。長時間の野鳥や星空の観察に向いています。倍率25倍の接眼レンズがついているので商品が到着したらすぐに使うことができます。また、この商品にはハンドホールディングケースがついています。そのため歩きながら必要なときにさっとフィールドスコープを構えられるようになっています。重さは約460gなので、ペットボトル1本分ほどです。バッグの中に入れておいてもさほど気にならない重さでしょう。小ぶりで無駄のないフォルムです。

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

この商品の特徴

全長23cmの小型フィールドスコープです。45度の傾斜型でのぞきやすく出来ています。長時間の野鳥や星空の観察に向いています。倍率25倍の接眼レンズがついているので商品が到着したらすぐに使うことができます。また、この商品にはハンドホールディングケースがついています。そのため歩きながら必要なときにさっとフィールドスコープを構えられるようになっています。重さは約460gなので、ペットボトル1本分ほどです。バッグの中に入れておいてもさほど気にならない重さでしょう。小ぶりで無駄のないフォルムです。

最安値27,862円(税込)
3.71(17件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

この商品の特徴

安心の有名メーカーのフィールドスコープが欲しいという方におすすめの商品です。対物レンズ有効径は50mmです。本体の重さは455gと軽量です。色のにじみを補正するEDガラスを対物レンズに使用しています。本体内部に窒素ガスが充填されているので木々の水滴などが落ちて来ても安心です。レンズには多層膜コーティングがされているので視野がクリアです。カラーはチャコールグレー・オリーブグリーン・ローズピンクから選べます。接眼レンズは付属していません。

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

この商品の特徴

安心の有名メーカーのフィールドスコープが欲しいという方におすすめの商品です。対物レンズ有効径は50mmです。本体の重さは455gと軽量です。色のにじみを補正するEDガラスを対物レンズに使用しています。本体内部に窒素ガスが充填されているので木々の水滴などが落ちて来ても安心です。レンズには多層膜コーティングがされているので視野がクリアです。カラーはチャコールグレー・オリーブグリーン・ローズピンクから選べます。接眼レンズは付属していません。

最安値46,686円(税込)
4.00(2件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

この商品の特徴

フィールドよりも天体観測に使うことが多いという方におすすめの商品です。40倍の天体望遠鏡として使うことができます。内部に90度のミラーを使用しているので天頂付近を観測することも可能です。別売りのアイピースを購入すれば倍率を変更して使うこともできます。カメラ用の望遠レンズとして使っている方も多いようです。対物レンズ有効径は60mmです。重さは3㎏近くあるので、本格的なフィールドスコープにおすすめです。

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

この商品の特徴

フィールドよりも天体観測に使うことが多いという方におすすめの商品です。40倍の天体望遠鏡として使うことができます。内部に90度のミラーを使用しているので天頂付近を観測することも可能です。別売りのアイピースを購入すれば倍率を変更して使うこともできます。カメラ用の望遠レンズとして使っている方も多いようです。対物レンズ有効径は60mmです。重さは3㎏近くあるので、本格的なフィールドスコープにおすすめです。

最安値99,629円(税込)
4.70(6件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

この商品の特徴

日本製のニコンの傾斜型フィールドスコープです。雨天時や温度差がある場所での使用も、内部に充填された窒素ガスによって曇りを防ぎます。防水に関しては精度が高く、2mの深さに10分間浸けていても本体に影響がないことが実証されています。また、機器を正しく取り付けていれば20mm以上の高さから10分間水を落としても内部に影響がないことも実証されています。タフでどこででも使えるフィールドスコープをお探しの方におすすめです。

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

この商品の特徴

日本製のニコンの傾斜型フィールドスコープです。雨天時や温度差がある場所での使用も、内部に充填された窒素ガスによって曇りを防ぎます。防水に関しては精度が高く、2mの深さに10分間浸けていても本体に影響がないことが実証されています。また、機器を正しく取り付けていれば20mm以上の高さから10分間水を落としても内部に影響がないことも実証されています。タフでどこででも使えるフィールドスコープをお探しの方におすすめです。

最安値19,229円(税込)
3.69(17件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

この商品の特徴

対物レンズ有効径52mmのフィールドスコープです。本体は片手で持ち歩けるほどのコンパクト設計です。女性の方や、気軽なフィールドスコープを探している方におすすめです。見たいものを見つけたらすぐに構えて使えるので、大事な瞬間を見逃しません。別売りのアダプターを使えば超望遠レンズとして撮影することもできます。三脚への取り付けも可能なので長時間の観察にもおすすめです。対物レンズには色にじみを抑えるEDガラスレンズを使っています。

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

この商品の特徴

対物レンズ有効径52mmのフィールドスコープです。本体は片手で持ち歩けるほどのコンパクト設計です。女性の方や、気軽なフィールドスコープを探している方におすすめです。見たいものを見つけたらすぐに構えて使えるので、大事な瞬間を見逃しません。別売りのアダプターを使えば超望遠レンズとして撮影することもできます。三脚への取り付けも可能なので長時間の観察にもおすすめです。対物レンズには色にじみを抑えるEDガラスレンズを使っています。

最安値53,157円(税込)
3.85(75件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

この商品の特徴

三脚とセットになったフィールドスコープです。レンズには色にじみを抑えるEDレンズが使われています。重量は2㎏未満と軽量です。対物レンズ有効径は82mmあります。対物レンズ有効径は他に60mm・65mm・80mmもあります。用途に合わせて選ぶと良さそうです。デュアルフォーカスで画質の微調整が可能です。本体内には窒素ガスが充填されているので防水・防霧で環境の悪いところでの使用も安心です。傾斜型で楽な姿勢での観察ができます。

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

この商品の特徴

三脚とセットになったフィールドスコープです。レンズには色にじみを抑えるEDレンズが使われています。重量は2㎏未満と軽量です。対物レンズ有効径は82mmあります。対物レンズ有効径は他に60mm・65mm・80mmもあります。用途に合わせて選ぶと良さそうです。デュアルフォーカスで画質の微調整が可能です。本体内には窒素ガスが充填されているので防水・防霧で環境の悪いところでの使用も安心です。傾斜型で楽な姿勢での観察ができます。

まとめ

フィールドスコープがあれば、肉眼では見ることができない遠くの鳥や星などを近くに感じることができます。ぜひこの機会にフィールドスコープで自然を身近に感じてみましょう。

この記事内のおすすめ商品比較表

おすすめ記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー