暗視鏡のおすすめ4選&選び方【暗闇ではっきり見える!】

暗視鏡のおすすめ4選&選び方【暗闇ではっきり見える!】

サバゲーなどでも使われる「暗視鏡」は、夜間や暗い場所で視界を確保するための装置のことで、肉眼では見えにくい暗闇の光景を映し出すことができます。暗視鏡には1つのレンズがついた単眼鏡と、2つのレンズがついた双眼鏡があり、中にはヘルメットのように装着できるものもあります。第0世代・第1世代・第2世代、第3世代に分けることができ、暗視装置に使われる方式が異なります。今回は暗視鏡の基礎知識と選び方、人気ランキングでおなじみのおすすめ商品をご紹介していきます。

暗闇でもはっきりとものを見たい

暗闇でもはっきりとものを見たい

出典:Amazon.co.jp

サバゲーや夜行性の動物を観察しようとしたけど、視界が暗すぎて思うように楽しめなかった!なんて経験はありませんか。そんなときに暗視鏡を使うと暗闇の中でもはっきりと視界を確保できます。暗視鏡は、暗視装置やナイトビジョン、暗視スコープとも呼ばれ、もとは軍事兵器として開発されました。現在ではサバゲー(サバイバルゲーム)や警備、動物の観察などに使用されています。暗視鏡には1つのレンズがついた単眼鏡と、2つのレンズがついた双眼鏡があり、用途に応じて使い分けることができます。また、録画機能のついたデジタル暗視鏡もあります。

暗視鏡の選び方

暗視装置の世代で選ぶ

暗視装置には第0世代・第1世代・第2世代・第3世代があり、暗い中で物を見る仕組みが異なります。第3世代については、軍事用として使用されており、輸出入規制などが行われているので一般ユーザーの方が購入することは困難となっています。

完全な暗闇でも見える第0世代

完全な暗闇でも見える第0世代

出典:Amazon.co.jp

第0世代の暗視鏡は赤外線を放出し、対象のものから反射した赤外線を可視光に変える仕組みです。そのため、わずかな光さえない場所でも視界を確保することができます。この仕組みをアクティブ方式といい、一般的に販売されている暗視鏡にもよく使われていますが、赤外線が届かない範囲に関しては全く見えなくなるというデメリットもあります。

わずかな光を増幅させる第1世代

わずかな光を増幅させる第1世代

出典:Amazon.co.jp

第1世代の暗視鏡は月明かりなど、ひとの目では見えにくいわずかな光を増やし、対象のものが見える仕組みです。およそ100メートル先まで視認することができると言われ、見え方はモノクロとなります。この仕組みをパッシブ方式といい、比較的安価に手に入れることができます。ただし光を増幅させて見えるようにしてくれるため、完全な暗闇では見ることができません。

性能抜群な第2世代

性能抜群な第2世代

出典:Amazon.co.jp

第2世代の暗視鏡は、MCP(マイクロチャンネルプレート)型光電子増倍管による可視光増幅方式が採用されており、その性能は第1世代のおよそ20倍といわれています。距離があってもはっきり見やすく、見え方は緑色になります。価格は高めになりますが、性能を重視する場合におすすめです。

レンズの数(単眼/双眼)で選ぶ

暗視鏡には「単眼」と「双眼」があります。単眼暗視鏡はレンズが1枚付いており、片目で見ます。コンパクトなので持ち運びやすく、価格がお手頃なのがメリットです。対して双眼暗視鏡はレンズが2枚付いており、広い視野を見ることができます。動物の観察や、広い範囲を見る必要があるときにおすすめです。

暗視鏡の種類で選ぶ

映像として保存ができるデジタル暗視鏡

映像として保存ができるデジタル暗視鏡

出典:Amazon.co.jp

デジタル暗視鏡は、内蔵のCMOSセンサーにより画像を表示できる仕組みになっています。光を電子エネルギーに変換し、きれいな映像を映し出すことができます。また、テレビにつないで撮影した画像や動画を確認することが可能です。USBケーブルでパソコンにつないでデータを保存することもできます。

サーマル暗視スコープ

サーマル暗視スコープ

出典:Amazon.co.jp

サーマル暗視スコープには、熱を可視化する機能がついています。サーモグラフィーのように色で判断できますので、動物の生態観察や人命救助などに役立ちます。

対物レンズ径で選ぶ

対物レンズ径とは、レンズの大きさのことです。レンズが大きいほどハッキリと見ることができます。ただし、レンズが大きいほど重たくなりますので、持ち運びを考慮して選んでください。

レンズの倍率も確認しよう

暗視鏡のレンズの倍率は、2倍~6倍まで幅広いのが特徴です。高倍率であるほど遠くからでもはっきりと目的物を見ることができます。暗視鏡を使うときに遠くまで見渡したいという場合におすすめです。

視野の広さを確認

暗視鏡を使う際、視野の広さを「実視界」と「見かけ視界」と呼び、それぞれ角度で「6度」などのように数値で表します。実視界とは暗視鏡が写しこめる範囲を指し、見かけ視界は実際にのぞき込んだときに見える視界の広さを表します。二つの数値が大きいほど広範囲にものを見ることができます。

暗視鏡のおすすめ4選

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値24,990円(税込)

この商品の特徴

オン・オフの操作が分かりやすい単眼タイプの暗視鏡です。第1世代の方式で、赤外線照射装置が内蔵されています。使用状況によって約150m先まで届き、わずかな光もない暗闇でも視界を確保できます。また、レンズの取り外しができるのも特徴のひとつで、別売りの対物レンズに交換することもできます。バッテリーは連続20時間使用できるので、三脚に固定してセキュリティ監視などに使いたい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

オン・オフの操作が分かりやすい単眼タイプの暗視鏡です。第1世代の方式で、赤外線照射装置が内蔵されています。使用状況によって約150m先まで届き、わずかな光もない暗闇でも視界を確保できます。また、レンズの取り外しができるのも特徴のひとつで、別売りの対物レンズに交換することもできます。バッテリーは連続20時間使用できるので、三脚に固定してセキュリティ監視などに使いたい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値36,898円(税込)

この商品の特徴

3W赤外線LEDを内蔵した双眼デジタル暗視鏡です。暗闇の中で最大1300フィート/400mの距離を見ることができます。最大7倍の倍率と、2倍のデジタルズームに設定できます。また、テレビと繋いで画像や動画を表示でき、データをパソコンに転送することも可能です。別売りになりますが、マイクロSDカードにも対応しています。昼間も使用できるので、様々な用途に使いたい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

3W赤外線LEDを内蔵した双眼デジタル暗視鏡です。暗闇の中で最大1300フィート/400mの距離を見ることができます。最大7倍の倍率と、2倍のデジタルズームに設定できます。また、テレビと繋いで画像や動画を表示でき、データをパソコンに転送することも可能です。別売りになりますが、マイクロSDカードにも対応しています。昼間も使用できるので、様々な用途に使いたい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値8,280円(税込)

この商品の特徴

コスパを重視する方におすすめの機能性を兼ね備えた暗視鏡です。4段階調節ができる赤外線放射装置を内蔵しており、完全な暗闇の中でも100メートル先まで視界が確保できます。また、望遠倍率が2.5倍あるので、対象物を拡大して見ることが可能です。電源は単三電池3本となっています。手のひらサイズの本体重量はおよそ130gと軽く、持ち運びがしやすいです。暗視鏡を初めて使う方にチェックしていただきたいです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

コスパを重視する方におすすめの機能性を兼ね備えた暗視鏡です。4段階調節ができる赤外線放射装置を内蔵しており、完全な暗闇の中でも100メートル先まで視界が確保できます。また、望遠倍率が2.5倍あるので、対象物を拡大して見ることが可能です。電源は単三電池3本となっています。手のひらサイズの本体重量はおよそ130gと軽く、持ち運びがしやすいです。暗視鏡を初めて使う方にチェックしていただきたいです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値53,370円(税込)

この商品の特徴

ヘッドギアが標準搭載された第1.5世代の暗視鏡です。最大探知能力はおよそ100mと広く、生活防水が搭載されているのでアウトドアでも問題なく使用することができます。ヘッドギアとして頭に装備したままでも、取り外して単体でも使用することができるので、用途に合わせて使い分けることができます。しかし本体とヘッドギアで合わせておよそ800gほどだそうなので、長時間の使用には向かないかもしれません。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ヘッドギアが標準搭載された第1.5世代の暗視鏡です。最大探知能力はおよそ100mと広く、生活防水が搭載されているのでアウトドアでも問題なく使用することができます。ヘッドギアとして頭に装備したままでも、取り外して単体でも使用することができるので、用途に合わせて使い分けることができます。しかし本体とヘッドギアで合わせておよそ800gほどだそうなので、長時間の使用には向かないかもしれません。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー