天体望遠鏡のおすすめ人気ランキング3選&選び方【子供や初心者も】

天体望遠鏡は、星や月を観察するときによく使われます。キャンプ場などで星や月をもっと近くで見たい、と思ったときや、子供の自由研究などでも使うことができるでしょう。天体望遠鏡を使えば、美しい星や月をより身近に感じることができるかもしれません。でも、メーカーや倍率、使い方などわからないことも多いのではないでしょうか。今回は、天体望遠鏡の選び方や使い方をご紹介します。また、ビクセンなどの初心者の方でも使えるおすすめ商品もご紹介しています。

天体望遠鏡の仕組み

天体望遠鏡の仕組みをご紹介します。なぜ、天体望遠鏡をのぞくと、遠くの星や月をアップで見ることできるのでしょうか。それは、レンズの仕組みをうまく使っているからです。例えば、シンプルなレンズを使った虫めがねや普通の眼鏡では、宇宙まで見ることはできません。天体望遠鏡は、遠くの像が見えるように2枚のレンズを使ったり、反射鏡で光を集めることで、かなり遠くのものを拡大して見えるように工夫がされているのです。また、スタンダードな天体望遠鏡を使うには、3つの部品を揃える必要があるので、ご紹介します。

天体望遠鏡の要である鏡筒

出典:Amazon

鏡筒(きょうとう)とは、望遠鏡の筒の部分です。望遠鏡の要となる部分で、レンズや反射鏡などの天体観測をするのに最も重要な部品が入っています。鏡筒には種類があり、レンズの種類や構成、経口によって見え方が異なります。レンズの倍率を変えれば、拡大できる範囲も変わります。

鏡筒を支える架台

架台とは、天体望遠鏡の要となる鏡筒を三脚部分に固定する部分のことです。別名「マウント」とも呼ばれています。鏡筒を固定して、スムーズに高さや左右の向きを変えられるようにします。天体観測は、屋外で行うので少し風が吹いただけで架台が揺れると、鏡筒も揺れ、見える像も揺れ動いてしまいます。そうすると、思うように天体観測を行うことができなくなりますので、しっかりと鏡筒を支えることができる架台がおすすめです。

鏡筒を立たせる三脚

出典:Amazon

三脚とは、架台に接続した天体望遠鏡の鏡筒を立たせるためのものです。安定して天体観測をするには必須の部品です。架台と同じように、きちんと鏡筒を支えられないと、安心して天体観測を楽しめないので安定性の高いものがおすすめです。

天体望遠鏡の選び方

天体望遠鏡を選ぶポイントで重要なのは、像の「見え方」です。どんなものを観察したいのか、どの程度まで拡大して見たいのか、などを明確にし、天体望遠鏡を選ぶと良いでしょう。

鏡胴の種類で選ぶ

像の見え方に直結する鏡胴は、大きく分けて3種類あります。

屈折式

出典:Amazon

天体望遠鏡の中で最もよく使われているのが、屈折式の天体望遠鏡です。スリムな形の鏡胴で、鏡筒の後ろからのぞくタイプです。実は、屈折式の天体望遠鏡で見ている景色は「逆さまの景色」になります。近くを見るためのレンズ(接眼レンズ)で景色を拡大し、ピントを合わせるため、もう1枚のレンズ(対物レンズ)を置いて目的の像を逆さまに映します。この2枚のレンズをうまく使うことで遠くの宇宙にある星や月を拡大して見ることができるのです。少し重たいですが、難しいメンテナンスもほぼ必要なく、初心者の方や子どもでも安心して使うことができます。

反射式

出典:Amazon

反射式の天体望遠鏡は、凹レンズを使って像を映しだします。屈折式では、ピントを合わせるために対物レンズを使っていましたが、反射式は凹面鏡を使います。つまり、凹面鏡でつくった像を接眼レンズで拡大して観察します。覗き口が鏡筒の横についているのが特徴です。自分が見たい先に望遠鏡を向けるのが少し難しいので、コツをつかむのに時間がかかるかもしれません。見える像は、屈折式に比べるとシャープです。反射式は、レンズの他に主鏡と斜鏡の手入れが必要になるので、屈折式に比べるとメンテナンスする部分が増えてしまいます。より、本格的な天体観測をしたい方におすすめです。

タディオプトリック式

タディオプトリック式の天体望遠鏡は、屈折式・反射式のメリットを両方もっています。鏡筒の長さが短く、持ち運びがしやすいのが特徴です。急激な温度変化に弱く、レンズが収縮することで像が乱れたり、衝撃で光軸がずれてしまと、修正が必要になります。初心者の方や子どもには少し難しいでしょう。

レンズの大きさで選ぶ

レンズの大きさは「口径」と呼びます。口径が大きいほど、たくさんの光を集められるので、像が明るくなり、鮮明に見ることができます。口径が大きいと、それだけ重たくなるので、持ち運びや取り扱いが大変になってしまうという面もあります。例えば、口径が50mmと小さいものでも、月のクレーターの存在がハッキリとわかるくらいです。倍の100mmあると、月の小さなクレーターや、木星の細かい表面模様まで確認することができるので、見たいものによって選ぶと良いでしょう。

倍率で選ぶ

レンズの大きさだけでなく、レンズの倍率にも注目しましょう。倍率が高いほど、天体の細かい部分まで見ることが可能です。ですが、倍率を高くしすぎると、ピントが合いにくくなります。また、像の明るさも暗くなるので、うまく細部まで見ることができないこともあります。うまく見るためには、有効最高倍率を確認しましょう。有効最高場率は、口径の大きさによって決まります。有効最大倍率は、口径のサイズの1.5倍~2倍とされています。倍率の数字だけでなく、口径との兼ね合いも考えると良いでしょう。

天体観測の準備

天体観測をするには、下準備も大切です。なんとなく天体望遠鏡をのぞいても、見たい像が見られるとは限りません。ポイントを押さえて天体観測に出かけましょう。

観測する星を決める

どんな星を見たいのかを、あらかじめ決めておくと良いでしょう。星は季節や時間、場所によって見られるものが限られてきます。星座早見盤や星座表アプリなど、星座の位置が調べられるものがあると便利です。

観測日を決める

星を見たいのであれば、新月に近い日や月の出てないときがおすすめです。なぜなら、月明かりが少ないほうが、暗い星も見えやすくなるからです。これは、電気の明かりが少ない田舎や山だと、夜空がきれいに見える原理と同じです。月を観察したいのであれば、満月に近い日や月が良く見える日に観察しましょう。

観測場所に合わせた準備

観測する場所に合わせて、持ち物や服装などを準備しましょう。天体観測は暗いところで行うことが多いので、懐中電灯は必須です。レジャーシートや寝袋、夜は冷えるので防寒着などの用意もあると良いでしょう。きれいな星を見たい一心から、立ち入り禁止の場所や、危険な場所まで入っていってしまうと、トラブルの原因になります。安全な場所かどうかも十分確認してから天体観測を行いましょう。

天体望遠鏡の使い方

天体望遠鏡ってなんだか難しそう…と感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。まずは触って慣れていくことが大切です。以下のサイトに天体望遠鏡の使い方が紹介されているので、ぜひ参考にしてみてください。

星を見るための準備と天体望遠鏡と使い方 | 天体望遠鏡専門ページ

天体望遠鏡のおすすめ人気ランキング

最安値8,208円(税込)

3.97(35件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

有名望遠鏡メーカー、セレストロンの屈折式天体望遠鏡です。トラベルスコープというだけあり、軽量でコンパクトなところが特徴です。肉眼の100倍もの光を集めることができるので、明るくシャープに見ることができます。リュックが付属品としてついているので、本体から三脚、レンズなどをすべて収納することができます。キャンプに持って行きたい方や旅行先で星空を楽しみたい方におすすめです。

最安値3,499円(税込)

4.00(21件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

屈折式のコンパクトな天体望遠鏡です。初めて天体望遠鏡を使う方でも簡単に組み立てができ、月のクレーターもきれいに見ることができます。三脚が33cmと低めなので小さな子どもでも扱いやすいのが特徴です。リーズナブルな価格が魅力で、本格的なものというよりは、一度使ってみたい!という方や子どもの自由研究などで使いたい方におすすめです。

最安値12,044円(税込)

4.83(12件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

ビクセンの屈折式天体望遠鏡です。口径50mmで、月面や土星の環などを観察することができます。伸縮性の三脚や5倍ファインダー、星座早見盤などもセットになっているので、これから天体観測を始める方におすすめです。ビクセンは、天体望遠鏡セット以外にもレンズやファインダーなど数多く取り揃えているので、入門機として購入した後も部品を交換することで、カスタマイズすることが可能です。しっかりした入門機を使いたいという方にぴったりです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。きれいな夜空はそのまま見ても楽しめますが、天体望遠鏡があれば、神秘的な宇宙の世界をもっと楽しむことができそうです。あなたも月のクレーターや土星の環を見て、ちょっとした宇宙旅行を楽しんでみませんか?

おすすめ記事