防水カメラのおすすめ10選!アクションカメラも【2020年版】

防水カメラのおすすめ10選!アクションカメラも【2020年版】

海でのダイビングや釣り、プールなど、水場での遊びが多くなるサマーシーズン。そんな夏のレジャーをさらに楽しい物にしてくれる「防水性能」を兼ね備えたカメラが防水カメラ(水中カメラ)です。家電量販店でもシーズンになると多くの種類が並び、GoPro以外の製品を見ても、「どれも同じに見えちゃう…」という方も多いのではないでしょうか。今回はそんな防水カメラの詳しい選び方はもちろん、おすすめ商品もご紹介しますので、敷居が高くて購入できなかったという方もぜひ参考にしてみてください。シュノーケルなどのアウトドア遊びが楽しくなりますよ!

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

防水カメラとは

防水カメラとは

出典:Amazon.co.jp

「水中での撮影」が可能なカメラです。ダイビングをしながら魚の写真を撮ったり、ワイワイと遊ぶ仲間を撮影したりと夏の思い出を形にして残しておくのにぴったりのアイテムです。動きながら使用するのでコンパクトなサイズ感の物も多く、持ち運びもとても便利なようです。また水中で使用しない時は「ドライブレコーダー」「通常のカメラ」として使用することももちろん出来るので、アウトドアでレジャーを楽しむのが大好き!という方は1台持っておいて損はありません。

防水カメラの代用品

スマホのカメラを防水ケースに入れる

スマホのカメラを防水ケースに入れる

出典:Amazon.co.jp

100円均一でも販売している「スマートフォン用の防水ケース」を購入すれば自分のスマートフォンが水中カメラに早変わりします。ただ防水性能はそれほど高くないのでダイビングで深く潜って使用するといった使い方は少々注意が必要です。108円と安いお値段で購入することができ、ケースが汚れてしまっても簡単に買い替えることが出来るので使い捨て感覚で使用したいという方にぴったり。もちろん家電量販店などでも「完全防水パック」などが販売されていますので、100円ショップは少し不安という方はそちらもぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

ハウジングを使う

ハウジングを使う

出典:Amazon.co.jp

お手持ちのカメラにセットする「防水ケース」をハウジングと呼びます。オリンパスやニコンなど純正メーカーから出ている商品も多く、メーカーのカメラをすでにお持ちの方はハウジングを購入すれば水中カメラとして使用することが出来ます。ただ、純正品以外のハウジングを購入してしまうとカメラ本体との間に隙間が出来てしまい、浸水して故障してしまう可能性もあるので、純正品かしっかりと信用できる商品を選ぶ必要があります。

防水カメラの選び方

防水・防塵性能

防水・防塵性能

出典:Amazon.co.jp

当たり前ですが、水中で使用するカメラなので一番重視したいのが防水・防塵性能です。防水とはいえ、水中での使用環境にはシビアな製品が多いので、あらかじめ自分の使い方に合っているものかしっかりと確認することが大事です。水深10Mという浅めの防水設計から30M、45Mと機種によって防水設計が異なるので、ダイビングで深く潜って使用したい!という方などはメートル数が大きい物を選ぶのがおすすめです。水中の埃や砂浜の砂などにも効果を発揮する防塵性能も一緒にチェックしておくとさらに安心です。

また、防水性能の高さは「IPX~」という規格で記載されており、0〜8と段階別に分類があります。この規格は「IEC(国際電気標準会議)」によって定められている防水・防塵の保護規格で、数字が上がるほど防水性能が高い製品となります。水中でハードな使用をする場合などは、必ず確認すべき項目でしょう。

耐衝撃性

アクティビティなどで使用することの多い防水カメラです。水面に落としてしまった時の衝撃は思っているより強く、耐衝撃性の無い防水カメラなら壊れてしまう事もあります。動きを制限されずに思いっきりアクティビティを楽しみたい!という方は防水性能だけではなく「耐衝撃性」もぜひチェックしてみてください。

バッテリーの耐久性・駆動時間

バッテリー自体の寿命が長く持つものであることはもちろん、一度の充電によって何時間駆動するのかといったポイントも非常に重要です。水中のアクティビティ中は、地上のように簡単にバッテリーの交換ができません。「途中で電池が切れてしまった!」なんてことが起こらないよう、注意することが必要です。そういった点でも、駆動時間、撮影可能枚数が優れているカメラを選ぶことはとても大事です。バッテリーの容量やスペックを必ず確認しましょう。

耐低温性能

スキーをはじめとした雪中のアクティビティで使用する場合には、耐低温性能も重要な要素となります。低温になるとバッテリーやカメラ本体の性能が十分に発揮されない場合も想定されます。冬山やウィンタースポーツでの使用を主に考えてる方は、チェックしておいたほうが良い項目でしょう。

記録画素数

せっかく野外で撮影するのですから、綺麗な画質で写真や動画を残したいところです。SNSなどにUPするために見た目にこだわって撮影する方などは特に気にしておきたい「画素数」も選ぶ際の大切なポイントです。1200万画素カメラが搭載されているモデルが多く販売されていますが、中にはさらに高画質を楽しめる4Kカメラや1600万画素のカメラを搭載したものもあるので、SNSにUPするという方は画素数にこだわって商品を選ぶのもいいのではないでしょうか。

レンズのF値

レンズの明るさを示す数値を「F値」といいます。海の中などは深くなるにつれ明るさも減っていくのでレンズによる明るさの取り込みが重要となってきます。F値の数字が小さい物ほど多くの光を取り込んでくれるので、その数字に注目してみるのもおすすめです。

焦点距離

レンズから焦点までの距離を表す数値が焦点距離です。焦点距離の最小の値が小さければ小さいほど1枚の写真の中に広い範囲の風景を収めることができ、焦点距離の最大値が大きいほど望遠性能が高い物となります。特に水中で使用する場合は、なるべく被写体に寄った方がきれいに写すことができ、離れるとそれだけぼやけた写真になってしまいます。近くに寄りながら広い範囲を写すことができる広角が強いカメラはとても重宝するでしょう。このように、どのようなシーンで使用したいのかを事前にイメージして、主に使用するであろう焦点距離が含まれているカメラを選ぶのがおすすめです。

GPS(位置情報)

旅行やアクティビティといった、日常から離れたロケーションで使用することが多い場合は、撮影した写真にGPS(位置情報)の記録を行ってくれるものが便利です。GPS情報が記録されていると、写真を整理する際、どこでいつ撮った写真なのかすぐに判別することができます。長期旅行中に色んな場所で大量の写真を撮った場合も、あとからの管理が捗ります。

Wi-Fiに対応しているか

Wi-Fiに対応しているか

出典:Amazon.co.jp

Wi-Fiでスマートフォンに写真を簡単に送信できる機能も人気です。その場ですぐにSNSにUPしたり、友人と写真を共有したりと様々な使い方が出来るので、Wi-Fi搭載型のカメラを選ぶと、さらに楽しく防水カメラを使用することが出来ます。積極的にSNSに写真を投稿する方には、必須な機能ではないでしょうか。

遠隔操作ができるか

BluetoothやWi-Fiでスマートフォンに接続し、専用のアプリで遠隔操作を行えるカメラもあります。アクティビティによっては遠隔でシャッターを切ることができると重宝するシチュエーションもあるでしょう。使い方を想定して、遠隔操作機能があったほうが良い場合はチェックすべき機能です。

回転式液晶

自撮りをする際に便利な「回転式液晶」を搭載した商品を選ぶのもいいのではないでしょうか。回転式液晶ならアングルやポーズを確認しながら、スマートフォンのインカメラのような感覚で自撮りをすることが出来るので、自撮りといえども妥協したくない!という方は回転式液晶を搭載した機種を選ぶのがおすすめです。

防水カメラのおすすめ10選

エイプマンアクションカメラ 1
価格情報がありません

出典:www.apemans.com

この商品の特徴

170度の広角レンズを搭載し、広い範囲を撮影することが出来るカメラ。付属の防水ケースは水深30mまで対応しており、取り付けるだけで水中カメラへと早変わり。またその他のアタッチメントが多数ついており、水中での使用はもちろん、車や自転車などにも取り付けが可能です。バッテリー装着時でも58gと軽量なので、あらゆるレジャーシーンで使用することが出来ます。

この商品の特徴

170度の広角レンズを搭載し、広い範囲を撮影することが出来るカメラ。付属の防水ケースは水深30mまで対応しており、取り付けるだけで水中カメラへと早変わり。またその他のアタッチメントが多数ついており、水中での使用はもちろん、車や自転車などにも取り付けが可能です。バッテリー装着時でも58gと軽量なので、あらゆるレジャーシーンで使用することが出来ます。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

高画質の4Kカメラと搭載したアクションカメラ。防水ケースも付属しているので、カメラ本体にケースを装着するだけで水中カメラとしても使うことが出来ます。タイムスタンプ機能が搭載されており、撮影した写真や動画に日付や時刻を記録することが出来ます。レジャーのワンシーンを記録・思い出としてしっかり残したい方にはおすすめの機種となっています。

この商品の特徴

高画質の4Kカメラと搭載したアクションカメラ。防水ケースも付属しているので、カメラ本体にケースを装着するだけで水中カメラとしても使うことが出来ます。タイムスタンプ機能が搭載されており、撮影した写真や動画に日付や時刻を記録することが出来ます。レジャーのワンシーンを記録・思い出としてしっかり残したい方にはおすすめの機種となっています。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

本防水アクションスポーツカメラは新技術のUltraHDを採用しています。動画は4K、静止画は1200万画素の高画質撮影で広大なアウトドアフィールドを細部まで高精細に表現できます。また、アメリカのOV4689の映像処理チップを搭載し、再生時に劇的な臨場感を感じられます。2インチの液晶モニターが搭載されており、撮った映像や写真は直ぐに確認可能です。1.5インチのLCDよりはっきり見やすいです。

この商品の特徴

本防水アクションスポーツカメラは新技術のUltraHDを採用しています。動画は4K、静止画は1200万画素の高画質撮影で広大なアウトドアフィールドを細部まで高精細に表現できます。また、アメリカのOV4689の映像処理チップを搭載し、再生時に劇的な臨場感を感じられます。2インチの液晶モニターが搭載されており、撮った映像や写真は直ぐに確認可能です。1.5インチのLCDよりはっきり見やすいです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

片手でホールドしやすいサイズと形状に、ダイヤル式のコマンド、大きなシャッタボタンとフィールドで使用する際に使い勝手の良い仕様となっています。撮影した画像を自動でスマートフォンに転送できるSnapBridgeを搭載しているので、写真の管理やアップも手軽に行えます。JIS/IEC保護等級7(IPX7)相当の防水性能を有しているので、水際での使用も安心です。

この商品の特徴

片手でホールドしやすいサイズと形状に、ダイヤル式のコマンド、大きなシャッタボタンとフィールドで使用する際に使い勝手の良い仕様となっています。撮影した画像を自動でスマートフォンに転送できるSnapBridgeを搭載しているので、写真の管理やアップも手軽に行えます。JIS/IEC保護等級7(IPX7)相当の防水性能を有しているので、水際での使用も安心です。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

ハウジング不要で本体のみで防水20m、耐寒冷-10℃、耐衝撃2mを実現しています。画角は204°と広角で、広い範囲をダイナミックに撮影することができます。バッテリーが内蔵式ではなく交換可能なので、予備を用意すれば長時間の撮影も対応可能です。

この商品の特徴

ハウジング不要で本体のみで防水20m、耐寒冷-10℃、耐衝撃2mを実現しています。画角は204°と広角で、広い範囲をダイナミックに撮影することができます。バッテリーが内蔵式ではなく交換可能なので、予備を用意すれば長時間の撮影も対応可能です。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

水深14mでの水中撮影が可能な防水性能をはじめ、高さ1.6mからの耐落下衝撃性能やマイナス10℃までの耐寒構造を備えた防水コンパクトデジタルカメラです。 水中から雪山登山まで、これ1台でアウトドアのさまざまな撮影シーンに対応することができ、有効約1600万画素の高精細な静止画や、フルHD(1920×1080ピクセル)サイズの動画撮影が可能です。 また、モニターの明るさを素早く調整できるアウトドアモニター機能を備えており、屋外での視認性をさらに高めています。

この商品の特徴

水深14mでの水中撮影が可能な防水性能をはじめ、高さ1.6mからの耐落下衝撃性能やマイナス10℃までの耐寒構造を備えた防水コンパクトデジタルカメラです。 水中から雪山登山まで、これ1台でアウトドアのさまざまな撮影シーンに対応することができ、有効約1600万画素の高精細な静止画や、フルHD(1920×1080ピクセル)サイズの動画撮影が可能です。 また、モニターの明るさを素早く調整できるアウトドアモニター機能を備えており、屋外での視認性をさらに高めています。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

厳しい環境下でも高画質に残せるToughシリーズのフラッグシップモデルコンパクトデジタルカメラ「OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough」です。先代モデルの「TG-3 Tough」の機能に加え、より使いやすくなったバリアブルマクロシステムと、上級者から要望の多かった「RAW記録」、「AFターゲット選択」などの新機能を搭載し、今まで撮れなかったシーンで、今まで撮れなかった映像を残す、最強のアウトドアカメラとなりました。  ■主な特長 1. 2. 0の明るい大口径レンズで、暗いシーンでも、ぶれを抑えて高い画質で撮影が行えます。 2. 防水性能15m、防塵、耐落下衝撃2.1m、耐低温-10℃、耐荷重100kgf の5大タフ性能を搭載しております。 3. マクロ写真の表現を広げるバリアブルマクロシステムを搭載しております。 4. スマートフォンと連携するWi-Fiと高精度なGPSを搭載しております。 5. 「RAW記録」や「AFターゲット選択」など上級者の要望に応えた多彩な機能を新搭載しております。

この商品の特徴

厳しい環境下でも高画質に残せるToughシリーズのフラッグシップモデルコンパクトデジタルカメラ「OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough」です。先代モデルの「TG-3 Tough」の機能に加え、より使いやすくなったバリアブルマクロシステムと、上級者から要望の多かった「RAW記録」、「AFターゲット選択」などの新機能を搭載し、今まで撮れなかったシーンで、今まで撮れなかった映像を残す、最強のアウトドアカメラとなりました。  ■主な特長 1. 2. 0の明るい大口径レンズで、暗いシーンでも、ぶれを抑えて高い画質で撮影が行えます。 2. 防水性能15m、防塵、耐落下衝撃2.1m、耐低温-10℃、耐荷重100kgf の5大タフ性能を搭載しております。 3. マクロ写真の表現を広げるバリアブルマクロシステムを搭載しております。 4. スマートフォンと連携するWi-Fiと高精度なGPSを搭載しております。 5. 「RAW記録」や「AFターゲット選択」など上級者の要望に応えた多彩な機能を新搭載しております。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

水深30mまで潜れて、衝撃にも強く、明るいf/2.8レンズで描写力にも優れた本格派アウトドアカメラです。 ハウジングなしでアドバンスオープンウォーター(AOW)ライセンスに対応する、水深30mまでの本格防水仕様です。耐衝撃や耐寒、防じん性能に優れており、季節や場所を問わず多彩なアウトドアシーンに対応可能であり、快適に撮影を楽しめます。

この商品の特徴

水深30mまで潜れて、衝撃にも強く、明るいf/2.8レンズで描写力にも優れた本格派アウトドアカメラです。 ハウジングなしでアドバンスオープンウォーター(AOW)ライセンスに対応する、水深30mまでの本格防水仕様です。耐衝撃や耐寒、防じん性能に優れており、季節や場所を問わず多彩なアウトドアシーンに対応可能であり、快適に撮影を楽しめます。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

優れた防水性能と耐衝撃性能でさまざまなアウトドアスポーツに最適なカメラです。水深約5mまでの水圧に耐えられる防水性能、高さ約1.2mまでの落下に対する耐衝撃性能を兼ね備えていますから、アクティブなシーンでも安心して使用いただけます。2.7インチのカラー液晶モニターを搭載しており、撮影した画像をその場で確認できます。 ハイビジョンビデオモード搭載で、写真撮影モードだけでなく1280×720ピクセルのハイビジョンビデオモードを搭載しています。約130gの軽量コンパクトボディに約1600万画素のCCDセンサーを搭載しており、単三形乾電池2本で駆動するため、旅行などでも安心して使用できます。

この商品の特徴

優れた防水性能と耐衝撃性能でさまざまなアウトドアスポーツに最適なカメラです。水深約5mまでの水圧に耐えられる防水性能、高さ約1.2mまでの落下に対する耐衝撃性能を兼ね備えていますから、アクティブなシーンでも安心して使用いただけます。2.7インチのカラー液晶モニターを搭載しており、撮影した画像をその場で確認できます。 ハイビジョンビデオモード搭載で、写真撮影モードだけでなく1280×720ピクセルのハイビジョンビデオモードを搭載しています。約130gの軽量コンパクトボディに約1600万画素のCCDセンサーを搭載しており、単三形乾電池2本で駆動するため、旅行などでも安心して使用できます。

GoProもおすすめ!

GoProは、アクションカメラとしてSNSでも人気を集めている小型カメラです。頭部に装着することもでき、臨場感あふれる写真や動画を撮影することが出来ます。防水機構が施されているので、防水カメラとしても使用が可能です。本体価格は3万円程度~と少し高額ですが、1つあれば遊び・撮影の幅がグンと広がるので、1年を通して様々なアクティビティを楽しみたい!という方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

防水カメラのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー