茶こしのおすすめ5選!手待ちタイプやティーバッグ式も

茶こしのおすすめ5選!手待ちタイプやティーバッグ式も

急須でお茶を淹れるときや、ポットで紅茶を入れるときに使用するのが「茶こし」です。100均などでも購入することができます。種類は一般的なステンレス製から銅製、目の細かいものや、おしゃれなデザインの商品まで様々です。今回は茶こしの選び方や、大きめサイズのカップにも使えるおすすめ商品などをご紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

茶こしの種類と特徴

茶こしとは、主にカップの上に設置して茶葉を受け止めるための道具です。ティーストレーナーと呼ぶこともあります。お茶や紅茶を淹れる際に欠かせない道具ですが、用途によって様々な種類があります。

回転式タイプ

カップの上に乗せるタイプの茶こしです。主に紅茶を淹れるときに使われることが多く、受け皿部分をカップのふちにかけるようにして使用します。直接茶葉を受け止めるほか、ポットについている茶こしでは抑えきれないような、細かな茶葉を受けるために使うこともあります。金属製の製品がほとんどで、受け皿と一体型になっているので機能的です。

手持ちタイプ

取っ手のついたシンプルな茶こしです。簡単で扱いやすい形状で、茶葉を捨てるのも簡単です。底の深いタイプであれば、カップに直接装着してお茶を抽出することもできます。オーソドックスなデザインと形状なので茶葉の種類を選びません。

ティーバッグタイプ

ティーバッグのように、茶葉を包むようにデザインされた茶こしをカップに直接入れて使います。ボール状やステッィク状のもの、他にもキャラクターなどのユニークな形状のものなど、種類が豊富にあります。

茶こしの選び方

素材

ステンレス

一般的に使用されている素材です。長期間使用しても変色しにくく、お手入れも楽であることが特徴です。

銅は抗菌性に優れており、調理器具などに広く使われています。色合いも趣がありますが、一般の茶こしと比べると高価になってしまいます。

ポリプロピレン

ポリプロピレンの茶こしは、カップの中に落として使うタイプのユニークな茶こしに多くあります。茶渋がつきやすいので、定期的に漂白をして茶渋を落とす必要があります。

目の細かさ

茶こしはよく見ると目の細かさが製品によって大きく異なります。大きめの茶葉のお茶を淹れる場合は問題ないですが、緑茶やほうじ茶などの細かな茶葉もしっかりと濾したい場合には、網が二重になっているタイプがおすすめです。網目がしっかりと詰まっており、細かな茶葉もしっかりとキャッチすることができます。

さらに口当たりの良いお茶が好みの場合には、畳織タイプという茶こしもあります。価格は高めになりますが、二重網タイプよりもさらに細かい茶葉を越すことができ、口当たりの良いお茶をいれることができます。ただし、目が細かいために、ミルクティーなどを濾す場合は目詰まりをしてしまうことがあります。

デザイン

茶こしは様々なデザインの製品が販売されており、価格も手頃なものが多いので、迷ったときはデザイン重視で選ぶのもおすすめです。気に入ったデザインの茶こしを使えば、毎日のお茶タイムも楽しくなります。

茶こしの主なメーカー

ルピシア

紅茶や緑茶だけでなく、台湾茶、フレーバードティー、ハーブティーなど、世界各地の茶葉を取り扱うお茶の専門店です。茶葉の扱いだけでなく、茶器や茶こしなどのグッズも取り扱いがあります。可愛らしいデザインでギフトにも喜ばれるブランドです。

アフタヌーンティ

可愛らしい雰囲気の雑貨を扱う「Afternoon Tea LIVING」と、ポットで紅茶を提供するカフェ「Afternoon Tea TEAROOM」を展開しています。紅茶に関わるグッズが多く、可愛らしい茶こしも扱っています。

キントー

おしゃれなデーブルウェアを多く展開しているキントーは、コーヒーや紅茶関連のグッズが豊富です。スタイリッシュなデザインのスティック型の茶こしなどを扱っています。

HARIO

耐熱ガラスメーカーのハリオはコーヒー器具で有名ですが、ティーポットや茶こしも取り扱っています。

茶こしのおすすめ5選

出典:Amazon.co.jp

手持ちタイプでは最も一般的な形状の茶こしです。二重メッシュになっており、作りもしっかりしているので、細かな茶葉にも対応してくれそうです。紅茶や緑茶、ほうじ茶など、お茶の種類にこだわらず使えるものを探している方におすすめです。

手持ちタイプでは最も一般的な形状の茶こしです。二重メッシュになっており、作りもしっかりしているので、細かな茶葉にも対応してくれそうです。紅茶や緑茶、ほうじ茶など、お茶の種類にこだわらず使えるものを探している方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

持ち手のデザインが華奢で、上品な雰囲気の手持ちタイプの茶こしです。細かいメッシュで茶葉をしっかりとキャッチしてくれます。扱いやすく、茶葉を捨てるのも楽なのでお手入れも簡単です。紅茶を淹れる際に使うとおしゃれな雰囲気で楽しめそうです。

持ち手のデザインが華奢で、上品な雰囲気の手持ちタイプの茶こしです。細かいメッシュで茶葉をしっかりとキャッチしてくれます。扱いやすく、茶葉を捨てるのも楽なのでお手入れも簡単です。紅茶を淹れる際に使うとおしゃれな雰囲気で楽しめそうです。

出典:Amazon.co.jp

茶こしがボール状になった、ティーバッグのように使うタイプです。1杯分の茶葉を入れてコップにセットし、お湯を淹れるだけなので、急須やポットを使う必要がありません。サイズも複数揃っているので、使用するカップの大きさに合わせて選ぶことができます。

茶こしがボール状になった、ティーバッグのように使うタイプです。1杯分の茶葉を入れてコップにセットし、お湯を淹れるだけなので、急須やポットを使う必要がありません。サイズも複数揃っているので、使用するカップの大きさに合わせて選ぶことができます。

出典:Amazon.co.jp

スライドの蓋を開けて茶葉をすくえる、スティック型の茶こしです。一見茶こしに見えないスタイリッシュなデザインがおしゃれですね。本体そのままで茶葉をすくうことができるので、ティースプーン要らずなのが便利です。専用のスタンド付きなので使用した後の置き場所にも困りません。

スライドの蓋を開けて茶葉をすくえる、スティック型の茶こしです。一見茶こしに見えないスタイリッシュなデザインがおしゃれですね。本体そのままで茶葉をすくうことができるので、ティースプーン要らずなのが便利です。専用のスタンド付きなので使用した後の置き場所にも困りません。

出典:Amazon.co.jp

カラフルな色合いが楽しいデザインの茶こしです。持ち手がシリコン、茶こし部分はステンレスになっています。見た目が可愛らしいので贈り物にもよさそうですね。メッシュ状の網目ではなく穴が空いたタイプの茶こしなので、茶葉の大きさに注意が必要です

カラフルな色合いが楽しいデザインの茶こしです。持ち手がシリコン、茶こし部分はステンレスになっています。見た目が可愛らしいので贈り物にもよさそうですね。メッシュ状の網目ではなく穴が空いたタイプの茶こしなので、茶葉の大きさに注意が必要です

茶こしのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

紹介されているメーカー