コーヒードリッパーのおすすめ5選&選び方【ハリオ・カリタ・メリタ】

ドリップコーヒーを淹れるのにかかせない道具の1つがドリッパーです。プラスチックや陶器、ガラスなど、どの材質を選んだらいいのかなど、迷ってしまいますよね。実は、コーヒードリッパーの形状や穴の数などによってコーヒーの味は変わってきます。今回は、コーヒードリッパーの基礎知識や選び方をご紹介します。ハリオやメリタ、カリタなどのおしゃれなおすすめ商品もチェックしてみてください。

コーヒードリッパーの種類と特徴

ドリッパーとは、底に穴の空いたカップ状の器具で、内側にコーヒーフィルターをセットして使います。コーヒー機器メーカーだけでなく、雑貨や食器メーカーなど、様々なメーカーからドリッパーが販売されていますが、ドリッパーの形状は大きく分けて2つあります。

台形

メリタやカリタといったメーカーが代表的な台形のドリッパー。底面に1〜3つほどの穴が開いています。広範囲にお湯が浸透し、ドリッパーに停滞しながら少しずつコーヒーが抽出されるのが特徴です。

円錐

ハリオ、コーノ等のメーカーが代表的な円錐形のドリッパー。底に大きめの1つ穴が開いており、三角形の先を切り取ったような形状をしています。底に溜まることなく一直線に湯が落ちていくのが特徴です。

コーヒードリッパーの選び方

材質

プラスチック、陶器、ガラス、金属、などがあります。プラスチック製は軽くて扱いも簡単ですし、リーズナブルなので、複数のメーカーのドリッパーを揃えたい人にはおすすめです。しかし、劣化するとひび割れする場合もあるので、定期的に買い替えが必要になりそうです。

陶器やガラスは落として割らないように気を付ければ、お手入れもしやすく、耐久性もあるので長く使うことができます。各メーカーから様々な色合いの陶器ドリッパーが出ているので、質感や色合い重視の方には陶製がおすすめです。

金属製は見た目も良く、割れることもないので、コーヒー用品には全てこだわりたいという方におすすめです。熱伝導製も良く、コーヒーの温度を一定にして美味しくい淹れることができます。価格はやはり高めになるので、デザインと価格のバランスで材質を決めましょう。

ドリッパーの形状

ほとんどのドリッパーは、台形か円錐形の形状をしています。台形の場合、広い範囲からまんべんなくお湯が浸透し、ドリッパーの下まで降りたコーヒーが底部に停滞しながら落ちていきます。ドリッパー内に溜まることで、味わいが溶け合ったまろやかな風味になります。円錐形の場合、三角形の先端に穴があるような形になるため、台形タイプに比べてコーヒーが溜まることなく落ちていきます。そのため、酸味や苦味などが際立ち、シャープな味わいになります。

また、台形タイプはコーヒの味わいが一定になりやすいので、初心者の方にもが扱いやすいのが特徴です。一方、円錐形は淹れ方によって味に変化をつけられるので、淹れ方を変えて楽しみたい人におすすめです。味わいの好みと、扱いやすさを考慮し、ドリッパーの形状を決めましょう。

穴の数とサイズ

主に台形タイプでの違いになりますが、底面の穴の数や大きさも、コーヒーの味わいに影響します。穴の数が多く、サイズが大きいほど、コーヒーが溜まらずスムーズに落ちていくため、すっきりとした味わいになりやすいです。重厚感のあるしっかりとした味わいのコーヒーが好みでしたら、穴が小さく、1つ穴ものを選ぶのがおすすめです。円錐形よりはまろやかな味がいいけれど、重すぎるのは苦手という場合は、穴が大きく、3つ穴のタイプのドリッパーを選ぶとよいでしょう。

コーヒードリッパーの主なメーカー

Melita(メリタ)

ペーパードリップの生みの親であるドイツメーカー。世界中のカフェやレストランでも使用されるコーヒー機器の総合メーカーです。

Karita(カリタ)

3つ穴のコーヒードリッパーが有名です。喫茶店やカフェなどで目にすることも多い主要メーカーのひとつです。

HARIO(ハリオ)

日本の耐熱ガラスメーカー。ドリッパーやサーバーなど、耐熱ガラスを用いたデザイン性の高い製品が多数あります。

珈琲サイフォン

コーヒーサイフォンのパイオニアメーカーであるコーノブランドを持つ会社です。コーノ式円錐フィルターが有名です。

コーヒードリッパーおすすめ5選

最安値324円(税込)

4.44(352件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

台形で1つ穴のドリッパー。お湯が満遍なく浸透し、1つ穴のため抽出量が一定で安定した味わいのコーヒーをいれることができます。味にばらつきが出ないので、初心者の方にもおすすめのドリッパーです。豆の量とお湯の温度を同じにすれば、毎回好みの味わいのコーヒーを淹れることができます。

最安値422円(税込)

4.51(474件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

喫茶店などでも見かけるカリタの陶器製のドリッパー。台形で3つ穴のドリッパーは、お湯の落ちるスピードが1つ穴のメリタ式よりもやや早くなり、注ぐお湯のスピードを変えることで、抽出量をコントロールして味わいに変化を加えることができます。好みの味わいに調整できるので、人気のあるドリッパーです。プラスチック製に比べて保温効果が高く、見た目も素敵ですね。

最安値3,164円(税込)

4.40(63件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

味わいのあるカリタの銅製ドリッパーです。プラスチックよりも熱伝導がよいので、温まりやすく、ドリップコーヒーに適しています。コーヒをー溜めすぎず、適度に滴下させて旨味を引き出す3つ穴を採用しています。

最安値944円(税込)

4.26(390件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

耐熱ガラスで有名な、ハリオの円錐形ドリッパー。らせん形のリブ(溝)が上部から付いている形状によって、ペーパーとドリッパーの密着を防ぎ、コーヒー粉がしっかりと膨らむ構造になっています。大きな1つ穴で、お湯を注ぐスピードによってコーヒーの味わいを変えることができます。自由度が高く、淹れ方によって様々な味わいを楽し見たい方には魅力的なドリッパーです。

最安値909円(税込)

4.00(45件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

コーノといえば、円錐形の名門フィルターが有名です。ハリオ式ドリッパーに似ていますが、リブの形状が異なり、コーヒーの成分をよりしっかりと抽出できるようになっています。下半分のみに直線の短いリブが付いており、この構造により、コーヒーが中心に集中するようにして落ちていくため、しっかりと旨味が抽出された味わいになります。もともとプロ用に作られた本格派のドリッパーなので、こだわりのドリッパーを探している方におすすめです。

まとめ

ドリッパーの穴の数や材質によって、コーヒーの味も変わってきます。お気に入りのコーヒードリッパーを探して、美味しい一杯を淹れてみてはいかがでしょうか?

おすすめキーワード

紹介されているメーカー

おすすめ記事