サイフォンのおすすめ11選!電気式やアルコールランプも

サイフォンのおすすめ11選!電気式やアルコールランプも

サイフォンは、上下2つのガラスボールを使って、水出しコーヒーのようなすっきりとした風味のコーヒーが淹れられる器具です。透明なガラス製なので、沸騰時のボコボコした泡や、水が上に吸い上げられる様子など、抽出の過程を目で見て楽しめるのも特徴です。アルコールランプ、ガストーチなどの直火式、ハロゲン(ビームヒーター)、初心者にも扱いやすい電気式など、熱源が異なる様々なタイプがあります。今回は、サイフォンの選び方と、ハリオの「テクニカ」や「モカ」などのおすすめ商品を紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

サイフォンとは

サイフォンとは

出典:Amazon.co.jp

サイフォンとは、水が沸騰するときの蒸気圧を使い、フラスコとロートでコーヒーを淹れるガラス製の器具です。フラスコ内の水を熱源で沸騰させ、蒸気圧の力でお湯を上部のロートに移動させます。透明なガラス製なので、抽出の過程が視覚で楽しめ、抽出時間を一定にすれば味が安定しやすいことから、喫茶店やコーヒー専門店などでも多く採用されています。

サイフォンとドリップの違い

サイフォンとドリップの違い

出典:Amazon.co.jp

サイフォンは、コーヒーの粉を、ロートのお湯に一定時間浸して抽出する「浸漬(しんし)方式」です。粉全体からじっくり均一に抽出するので、苦味や雑味がでづらく、コーヒー本来のクリアでさっぱりとした味が楽しめるのが特徴です。ドリップ式は、ペーパーやネル(布)製フィルターに豆をセットし、少しずつお湯を注ぎながら抽出する「透過(とうか)方式」です。コーヒーの成分がお湯にダイレクトに溶けるので、コクや深みがしっかりと感じられ、お湯を入れるスピードや、量によって味が変化するのが特徴です。

サイフォンの選び方

熱源で選ぶ

屋内で手軽に使えるアルコールランプタイプ

屋内で手軽に使えるアルコールランプタイプ

出典:Amazon.co.jp

アルコールランプタイプのサイフォンは、本体が低価格帯で手に入り、熱源のアルコールも入手しやすいので、家庭用サイフォンの熱源の定番として、多くの商品が展開されています。マッチやライターで着火して手軽に使え、炎が見えるので華やかな雰囲気が演出できるのも特徴です。炎が風の影響を受けやすいので、屋外やエアコンの風が当たる場所などでの使用には不向きです。

コンセントに挿し込むだけで使える電気タイプ

コンセントに挿し込むだけで使える電気タイプ

出典:Amazon.co.jp

電気タイプのサイフォンは、サイフォン式コーヒーメーカーとも呼ばれ、コンセントに挿し込むだけで簡単に使えます。アルコールランプやガストーチのように、消耗品の熱源を用意する必要がなくて、手軽に使えるのがメリットです。また、直火を使わないので安全性が高いのも特徴です。火力の調整や、炎や光を視覚で楽しむことはできませんが、スイッチを入れるだけで誰でも手軽に使えるので、初心者にもおすすめです。

火を使わずに安全に加熱できるハロゲンタイプ

火を使わずに安全に加熱できるハロゲンタイプ

出典:Amazon.co.jp

ハロゲン(ビームヒーター)タイプのサイフォンは、ハロゲンランプを熱源としており、火を使わずに安全加熱できるのがメリットです。ダイヤルを回して火力の調整が自在にできるので、抽出後のコーヒーの保温もできます。ランプの光が、フラスコを下から美しく照らすので、おしゃれな雰囲気が演出できるのも特徴です。価格帯は高めですが、安全性や機能性を重視したい方におすすめです。

火力が強く屋外でも安定するガストーチタイプ

火力が強く屋外でも安定するガストーチタイプ

出典:Amazon.co.jp

ガストーチタイプのサイフォンは、火力が強くて安定しているので、手早くお湯が沸騰します。使用中の火力調整ができ、点火用のレバーを押すだけで、マッチやライターなしでも着火ができるのもメリットです。カセットコンロ用のガスボンベ1本で、約1時間程度連続使用できるので、キャンプなどアウトドアシーンでの使用にもおすすめです。炎が出る直火タイプなので、周囲に燃えやすいものなどを、置かないように注意しましょう。

人数に合わせた容量をチェック

サイフォンは、1、2、3、4、5杯用などのサイズ展開があるので、家族の人数や、普段一度にコーヒーを何杯分入れるのかなどを考慮して選びましょう。1人用のミニタイプは、全てのパーツが小さめなので、省スペースで使えますが、付属の熱源のみ対応の商品が大半です。2~3人用は、自宅向けサイフォンの一般的なサイズで、初心者にも扱いやすい容量です。5人用の大きめタイプは、少量のコーヒーが淹れにくく、お湯と粉を混ぜるのに時間も要するため、使いこなすにはある程度技術が必要です。

こまめなお手入れのしやすさをチェック

サイフォンでおいしいコーヒーを淹れるためには、器具のこまめなメンテナンスをしましょう。サイフォンは、手洗いでは細かいパーツが洗いにくい商品もありますが、中には食洗機対応で楽に洗えるものや、本体を分解してメンテナンスできるものもあります。また、ガラス製のロートやフラスコは、慎重に扱っても割れてしまう場合があります。交換用の部品が入手しやすいメーカーのものを選んでおけば、万が一破損しても安心です。ハリオやコーノなど、コーヒー器具専門メーカーの商品や、付属品にハリオやコーノのパーツを使った商品がおすすめです。

サイフォンのメーカー別の特徴

「ハリオ」は家庭用からプロ用まで種類が充実

「ハリオ」は家庭用からプロ用まで種類が充実

出典:Amazon.co.jp

ハリオのサイフォンは、手軽に使える家庭用モデル「モカ」、プロ仕様の「テクニカ」、1人用の「ミニフォン」など、シンプルでスタイリッシュなデザインの商品を展開しています。交換用のパーツも充実しており、破損やパーツの劣化時にも、スムーズに取り換えできるのも特徴です。テクニカは、喫茶店やコーヒー専門店でも多く選ばれている、ネルフィルターを採用した本格派で、2杯、3杯、5敗用のサイズ展開があり、用途に合わせて選びやすいのが特徴です。

「コーノ」はコーヒーの味にこだわって設計されている

「コーノ」はコーヒーの味にこだわって設計されている

出典:Amazon.co.jp

コーノのサイフォンは、創業者の河野彬氏画1925年に開発した、ガラス製のフラスコとロートを採用した、日本初の「コーヒーサイフォン」をベースにしています。レトロな雰囲気を残しつつ改良を重ね、コーヒーのおいしさを最大限に引き出せるよう、金具やパーツの細部にまでこだわった設計が特徴です。価格帯は高めですが、雑味のないすっきりとした味に仕上がる器具として高く評価されています。全てのモデルで、2人、3人、4人用の展開があり、交換用のパーツも充実しています。

「ボンマック」は見た目も華やかで高級感がある

「ボンマック」は見た目も華やかで高級感がある

出典:Amazon.co.jp

ボンマックのサイフォンは、スタンドにゴールドと、木製素材を採用した、高級感のある見た目が特徴です。ハリオが製造するOME商品なので、フラスコやロート、ネルなどのパーツは、ハリオ製のものと互換性があります。そのため、万が一パーツが壊れても、後から入手しやすいのがメリットです。機能性だけでなく、見た目の華やかさや豪華さを重視して選びたい方におすすめです。

【アルコールランプタイプ】サイフォンのおすすめ5選

出典:Amazon.co.jp

参考価格4,499円

繰り返し使えるネルフィルターで経済的に使える

喫茶店やコーヒー専門店でも多く使われている、プロ仕様の2杯用サイフォンです。付属のアルコールランプだけでなく、業務用のガスバーナーも熱源にできます。ネルフィルタータイプなので、ネルを洗って繰り返し経済的に使えます。フラスコやロートなどのパーツは、交換用も展開されているので、万が一破損しても取り換えて長く愛用できます。

繰り返し使えるネルフィルターで経済的に使える

喫茶店やコーヒー専門店でも多く使われている、プロ仕様の2杯用サイフォンです。付属のアルコールランプだけでなく、業務用のガスバーナーも熱源にできます。ネルフィルタータイプなので、ネルを洗って繰り返し経済的に使えます。フラスコやロートなどのパーツは、交換用も展開されているので、万が一破損しても取り換えて長く愛用できます。

出典:Amazon.co.jp

参考価格5,118円

替えパーツも充実していて長く使える

3杯分のコーヒーが淹れられる、家庭用サイフォンです。手軽に使える紙(ぺーパー)フィルターと、本格的な味が楽しめる布(ネル)フィルターの両方が使えます。アルコールランプが付属していますが、熱源はガスも使え、用途に合わせて使い分けできます。アルコールランプの芯や、ガラスボールの替えパーツも市販されており、メンテナンスしながら長く使える商品です。

替えパーツも充実していて長く使える

3杯分のコーヒーが淹れられる、家庭用サイフォンです。手軽に使える紙(ぺーパー)フィルターと、本格的な味が楽しめる布(ネル)フィルターの両方が使えます。アルコールランプが付属していますが、熱源はガスも使え、用途に合わせて使い分けできます。アルコールランプの芯や、ガラスボールの替えパーツも市販されており、メンテナンスしながら長く使える商品です。

出典:Amazon.co.jp

参考価格8,880円

ひとり暮らしの方にもおすすめの1杯用サイフォン

省スペースで使える、1杯用のコーヒーサイフォンです。フラスコ、ロート、アルコールランプなど、全てのパーツが小さめで、わずかなスペースで使えるので、1人暮らしの方にもおすすめです。スタイリッシュでおしゃれなデザインで、置き場所もとらないので、インテリアの一部として飾ってもおしゃれです。ガラスパーツや、アルコールランプはスペアの展開があり、消耗したら取り換えが可能です。

ひとり暮らしの方にもおすすめの1杯用サイフォン

省スペースで使える、1杯用のコーヒーサイフォンです。フラスコ、ロート、アルコールランプなど、全てのパーツが小さめで、わずかなスペースで使えるので、1人暮らしの方にもおすすめです。スタイリッシュでおしゃれなデザインで、置き場所もとらないので、インテリアの一部として飾ってもおしゃれです。ガラスパーツや、アルコールランプはスペアの展開があり、消耗したら取り換えが可能です。

出典:Amazon.co.jp

参考価格6,355円

食洗機でも洗えるガラスボールでメンテナンスも簡単

5杯分のコーヒーが淹れられる、大容量タイプのサイフォンです。耐久性が高くて衛生的なステンレス製フィルターと、繰り返し使えるプロ仕様のネルフィルターの、2種類がついています。ハンドル部分がラバー仕様になっており、持ち手が滑りにくいのも特徴です。上下のガラスボールは、食洗機でも洗えるので、使ったあとのメンテナンスも楽にできます。

食洗機でも洗えるガラスボールでメンテナンスも簡単

5杯分のコーヒーが淹れられる、大容量タイプのサイフォンです。耐久性が高くて衛生的なステンレス製フィルターと、繰り返し使えるプロ仕様のネルフィルターの、2種類がついています。ハンドル部分がラバー仕様になっており、持ち手が滑りにくいのも特徴です。上下のガラスボールは、食洗機でも洗えるので、使ったあとのメンテナンスも楽にできます。

出典:Amazon.co.jp

参考価格11,000円

木製の持ち手やゴールドの彩色で高級感のあるサイフォン

本体にゴールドカラーを採用した、高級感のあるサイフォンです。持ち手には木製素材を採用しており、手で握ったとき滑りにくくて、安定感があります。ハリオのOME(別ブランド)商品なので、フラスコやロートなどのパーツはハリオのテクニカシリーズと同じです。万が一破損した場合も、付属品が入手しやすいので安心して使えます。ゴールドカラーのランプ、風防もついています。

木製の持ち手やゴールドの彩色で高級感のあるサイフォン

本体にゴールドカラーを採用した、高級感のあるサイフォンです。持ち手には木製素材を採用しており、手で握ったとき滑りにくくて、安定感があります。ハリオのOME(別ブランド)商品なので、フラスコやロートなどのパーツはハリオのテクニカシリーズと同じです。万が一破損した場合も、付属品が入手しやすいので安心して使えます。ゴールドカラーのランプ、風防もついています。

【電気タイプ】サイフォンのおすすめ3選

出典:Amazon.co.jp

参考価格12,833円

コンセントに差し込むだけで自動的に加熱できる電気式

直火を使わずに使える、電気式のサイフォンです。本体サーバーのコードをコンセントに挿せば、自動でスイッチが入り加熱がスタートします。サイフォンを使った本格的なコーヒーを、手軽に楽しみたい初心者の方や、ガストーチやアルコールランプの使用はこわい方にもおすすめです。ロートやフラスコなどのパーツは、ハリオ社製で、破損時の取り換えパーツが入手しやすいのも魅力です。本体サーバーと取っ手が分解できるので、メンテナンスも楽にできます。

コンセントに差し込むだけで自動的に加熱できる電気式

直火を使わずに使える、電気式のサイフォンです。本体サーバーのコードをコンセントに挿せば、自動でスイッチが入り加熱がスタートします。サイフォンを使った本格的なコーヒーを、手軽に楽しみたい初心者の方や、ガストーチやアルコールランプの使用はこわい方にもおすすめです。ロートやフラスコなどのパーツは、ハリオ社製で、破損時の取り換えパーツが入手しやすいのも魅力です。本体サーバーと取っ手が分解できるので、メンテナンスも楽にできます。

出典:Amazon.co.jp

参考価格11,000円

自動抽出で誰でも簡単においしいコーヒーが作れる

スイッチを入れるだけで簡単に使える、サイフォン式のコーヒーメーカーです。本体の下部に水、上部にコーヒー豆を入れてスイッチを入れれば、自動抽出で、安定した味わいのコーヒーが淹れられます。高温短時間で抽出するので、雑味のないすっきりとした味のコーヒーが完成します。難しいお手入れ不要で、誰でも簡単に使えるので、サイフォンを使ってみたいけど、難しそうであきらめていた方や、初心者の方におすすめです。

自動抽出で誰でも簡単においしいコーヒーが作れる

スイッチを入れるだけで簡単に使える、サイフォン式のコーヒーメーカーです。本体の下部に水、上部にコーヒー豆を入れてスイッチを入れれば、自動抽出で、安定した味わいのコーヒーが淹れられます。高温短時間で抽出するので、雑味のないすっきりとした味のコーヒーが完成します。難しいお手入れ不要で、誰でも簡単に使えるので、サイフォンを使ってみたいけど、難しそうであきらめていた方や、初心者の方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

参考価格20,880円

タイミングを教えてくれるブザー機能で正確に抽出できる

1~3人用の、サイフォン式電気コーヒーメーカーです。ナイロン製のフィルターは、簡単に取り出しができ、洗って繰り返し経済的に使えます。本体サーバーには、タイミングボタンがついており、指定の秒数でブザーが鳴るので、攪拌や電源のOFFなどが一定の時間で正確にできます。温度の調整も可能で、抽出後のコーヒーを、保温もできます。サイフォン式には珍しい本体に赤を使ったスタイリッシュなデザインで、インテリア性にも優れています。

タイミングを教えてくれるブザー機能で正確に抽出できる

1~3人用の、サイフォン式電気コーヒーメーカーです。ナイロン製のフィルターは、簡単に取り出しができ、洗って繰り返し経済的に使えます。本体サーバーには、タイミングボタンがついており、指定の秒数でブザーが鳴るので、攪拌や電源のOFFなどが一定の時間で正確にできます。温度の調整も可能で、抽出後のコーヒーを、保温もできます。サイフォン式には珍しい本体に赤を使ったスタイリッシュなデザインで、インテリア性にも優れています。

【ハロゲンタイプ】サイフォンのおすすめ2選

出典:Amazon.co.jp

参考価格9,875円

なめらかなガラス製でコーヒーの粉がくっつきにくい

200度の高温に耐えられる、耐久性の高いサイフォンです。アルコールランプ、サイフォン用のハロゲン(ビームヒーター)、ガストーチ、電気ストーブなど、様々な熱源が使える汎用性の高い商品です。滑らかなガラスを使っており、コーヒ―の粉がガラス面にくっつきづらく、使ったあとのお手入れも楽にできます。サイフォンスタンドにゴールドカラーを採用しており、見た目の高級感も感じられる商品です。

なめらかなガラス製でコーヒーの粉がくっつきにくい

200度の高温に耐えられる、耐久性の高いサイフォンです。アルコールランプ、サイフォン用のハロゲン(ビームヒーター)、ガストーチ、電気ストーブなど、様々な熱源が使える汎用性の高い商品です。滑らかなガラスを使っており、コーヒ―の粉がガラス面にくっつきづらく、使ったあとのお手入れも楽にできます。サイフォンスタンドにゴールドカラーを採用しており、見た目の高級感も感じられる商品です。

出典:Amazon.co.jp

参考価格28,875円

火を使わず安全に加熱できるビームヒーター式

火を使わず安全に使える、3杯用のコーヒーサイフォンです。付属のハロゲンヒーター(ビームヒーター)を使って、赤外線の力で素早く沸騰します。ヒーターは、ノブを回して5段階の温度調整ができ、抽出後のコーヒーの保温にも使えます。ハロゲンヒーターから美しい赤い光が出るので、抽出時におしゃれな雰囲気も演出できます。ガラスボールは耐熱温度が170度あり、耐久性にも優れています。

火を使わず安全に加熱できるビームヒーター式

火を使わず安全に使える、3杯用のコーヒーサイフォンです。付属のハロゲンヒーター(ビームヒーター)を使って、赤外線の力で素早く沸騰します。ヒーターは、ノブを回して5段階の温度調整ができ、抽出後のコーヒーの保温にも使えます。ハロゲンヒーターから美しい赤い光が出るので、抽出時におしゃれな雰囲気も演出できます。ガラスボールは耐熱温度が170度あり、耐久性にも優れています。

【ガストーチタイプ】おすすめのサイフォン

出典:Amazon.co.jp

参考価格14,660円

本格的なコーヒーの質感を味わいたい方におすすめ

自宅でプロ仕様の本格的なコーヒーが淹れられる、3人用コーヒーサイフォンです。ウッドハンドルを採用した、レトロで高級感のあるデザインが魅力です。サイフォン用のガステーブルを熱源にして加熱するタイプですが、アルコールランプでの加熱にも対応できます。パーツや金具の細部まで精密につくられているので、価格帯は高めですが、仕上がるコーヒーの質感や、使い心地を重視したい方におすすめです。

本格的なコーヒーの質感を味わいたい方におすすめ

自宅でプロ仕様の本格的なコーヒーが淹れられる、3人用コーヒーサイフォンです。ウッドハンドルを採用した、レトロで高級感のあるデザインが魅力です。サイフォン用のガステーブルを熱源にして加熱するタイプですが、アルコールランプでの加熱にも対応できます。パーツや金具の細部まで精密につくられているので、価格帯は高めですが、仕上がるコーヒーの質感や、使い心地を重視したい方におすすめです。

サイフォン式コーヒーメーカーの使い方

STEP1:器具をセットする

STEP1:器具をセットする

出典:shallwedrip.com

布(ネル)フィルターを水で洗い、固く絞ったら、ろか器にセットします。ろ過器をロートの先端に固定し、竹べらを使ってロートの中心にろか器がくるように微調整します。専用スタンドの下部に水を入れたフラスコをセットし、沸騰用のアルコールランプ、ハロゲンランプなどの熱源の上に乗せます。フラスコの破損防止のため、外側の水滴は十分拭き取っておきましょう。

STEP2:沸騰させる

STEP2:沸騰させる

出典:shallwedrip.com

熱源のスイッチをいれ、フラスコの底からボコボコ泡が立つまで、沸騰させます。水が沸騰したら、コーヒー粉をロートに入れ、フラスコの上にセットします。

STEP3:攪拌(かくはん)する

STEP3:攪拌(かくはん)する

出典:shallwedrip.com

お湯がロートに上がってきたら、竹ベラを前後に動かして、粉とお湯をよく混ぜ合わせます。泡と粉、液体の3層になったら、さらに1分間加熱して火を消します。消火後、上の層が白くなるまでよく混ぜて、コーヒーのガスを排出します。淹れたコーヒーが、下部のフラスコに落ちたら抽出完了です。

コーヒースプーンやコーヒーポットもチェック

コーヒースプーンやコーヒーポットも、サイフォンでおいしいコーヒーを淹れるときに便利なアイテムです。それぞれの選び方とおすすめ商品を紹介していますので、あわせてチェックしてみてください。

サイフォンのおすすめ商品比較表

商品

販売サイト

ポイント

テクニカ 2杯用 単品ハリオ テクニカ 2杯用 単品

繰り返し使えるネルフィルターで経済的に使える

コーヒーサイフォン MCA-3ハリオ コーヒーサイフォン MCA-3

替えパーツも充実していて長く使える

コーヒー サイフォン ミニフォン 1杯用 マルチハリオ コーヒー サイフォン ミニフォン 1杯用 マルチ

ひとり暮らしの方にもおすすめの1杯用サイフォン

コーヒー サイフォン ネクスト コーヒードリップ マルチハリオ コーヒー サイフォン ネクスト コーヒードリップ マルチ

食洗機でも洗えるガラスボールでメンテナンスも簡単

コーヒーサイフォン・テクニカ ゴールドラッキーコーヒーマシン ボンマック コーヒーサイフォン・テクニカ ゴールド

木製の持ち手やゴールドの彩色で高級感のあるサイフォン

サイフォン式コーヒーメーカー CM-D853BR レッドツインバード工業 サイフォン式コーヒーメーカー CM-D853BR レッド

コンセントに差し込むだけで自動的に加熱できる電気式

電動 サイフォン コーヒーメーカー ブラックボダム 電動 サイフォン コーヒーメーカー ブラック

自動抽出で誰でも簡単においしいコーヒーが作れる

サイフォン コーヒーメーカー 赤いYJINGRUI サイフォン コーヒーメーカー 赤い

タイミングを教えてくれるブザー機能で正確に抽出できる

コーヒーサイフォン ローズゴールドBaoshishan コーヒーサイフォン ローズゴールド

なめらかなガラス製でコーヒーの粉がくっつきにくい

コーヒーサイフォンセット 金色Baoshishan コーヒーサイフォンセット 金色

火を使わず安全に加熱できるビームヒーター式

コーノ式コーヒーサイフォン SKD型コーノー コーノ式コーヒーサイフォン SKD型

本格的なコーヒーの質感を味わいたい方におすすめ

  • 掲載している参考価格・スペック等の情報について、万全の保証はいたしかねます。詳細な商品情報については、購入前に各メーカーの公式サイト等でご確認ください。
  • 比較表内の空欄部分は調査中です。
この記事の修正依頼を送る

人気記事