ミルクフォーマーのおすすめ9選!自宅でカフェラテ、カプチーノを

「ミルクフォーマー(ミルク泡だて器)」を使い、ミルクを泡立てると、カフェで飲むようなきめ細かい泡のカフェラテやカプチーノを飲むことができます。使い方も簡単で、ikea(イケア)やニトリ、セリアやダイソーなどの100均でも購入することができ、ミルク以外にも、卵白を泡立ててメレンゲを作れる商品もあります。今回はそんなミルク泡立て器の基礎知識や選び方、sedhoomなどの人気のおすすめ商品を紹介します。

ミルクフォーマーの種類と特徴

ミルクフォーマーは、クリーマーやミルクフォーマーなどとも呼ばれている、ミルクを泡立てるための道具です。カフェラテやカプチーノの美味しさの決め手でもある、きめの細かなフォームミルクを作ることができます。各メーカーから様々なタイプのミルク泡立て器が出ており、種類や特徴はさまざまです。

手動タイプ

手動で泡をたてるタイプのミルクフォーマーです。主に「シェーカータイプ」と「ダブルメッシュタイプ」の2種類があります。

シェーカータイプ

シェーカータイプは、容器にミルクを入れて蓋をし、シャカシャカとシェイクしながら泡を立てるタイプです。構造的に安全性が高く、子どもでも使うことができます。ハンドシェイクなので少し時間がかかりますが、持ち運びしやすく、キャンプなどのアウトドアでも使える手軽さがメリットです。

ダブルメッシュタイプ

ダブルメッシュタイプは、ミルクを容器に入れて蓋をし、ダブルメッシュのホイッパーレバーを上下させることで泡を立てるタイプです。シェイカーよりもきめ細かく、つぶれにくいしっかりとした泡を立てることができます。

電動タイプ

スティック型タイプ

スティック型タイプは、先端が円形のコイル状になっている、スティック状の電動クリーマーです。入手しやすく、価格も手頃なものが多いです。カップやサーバーに入れたミルクに差し込んで泡立てます。商品によっては専用のカップがついているタイプもあります。

全自動タイプ

全自動タイプは、スイッチ一つで素早くきめ細やかな泡を立てることができます。スティック型に比べると価格が高く、場所を取ることがデメリットですが、パワーがあるので手動やスティックタイプに比べてしっかりとミルクが泡立ち、本格的なフォームミルクを作ることができます。ミルクの温めから泡立てまで行うことができ、メーカーによって様々なモードを設定しているので、家にいながら本格的なドリンクを楽しむことができます。

ミルクフォーマーの選び方

容量で選ぶ

一人分だけミルクを泡立てたい場合には、どのミルク泡立て器でも使えますが、複数人数分作る場合は、容量の確認が必要です。手動タイプは一度に泡立てられる分量が決まっているので、複数人数分を何度も作るのは大変ですし、時間もかかります。何人か分のミルクをまとめて泡立てたい場合は電動タイプがおすすめです。全自動タイプはミルクの温めもしてくれるので、家族全員分など、複数人数分のドリンクを作ることが多い場合には全自動がオおすすめです。使う頻度が多くない、1人分泡立てられれば十分、という方には自動のスティックタイプがおすすめです。手軽に使えますし、値段も手頃なものが多いので初めてでも使いやすいです。

泡立ちのよさで選ぶ

ミルクフォーマーの種類によって泡のきめ細やかは異なります。きめの細かい泡を楽しみたい場合、ダブルメッシュタイプや全自動タイプをおすすめします。きめ細やかで舌触りの良いフォームミルクを作ることができます。牛乳以外の無脂肪乳や豆乳にも対応しているタイプもあり、本格的なカフェのように楽しむことができます。

手入れのしやすさ・手軽さで選ぶ

カフェのような、ふわふわのミルクを楽しみ続けるために、お手入れは欠かせません。全自動タイプや手動のダブルメッシュタイプは、ものによっては洗うのが少し大変な場合があります。洗いやすさや、手軽に使えるという点では、手動のシェイクタイプか、電動のスティックタイプがおすすめです。

ミルクの対応温度で選ぶ

商品によって、使用できるミルクの温度に違いがあります。温かいミルクに対応していない場合は、泡だて後にレンジ等で温める必要があります。商品ごとに特徴があるので、購入前に確認しておきましょう。

ミルクフォーマーの主なメーカー

HARIO(ハリオ)

日本の耐熱ガラスメーカーです。ドリッパーやサーバーなど、耐熱ガラスを用いたデザイン性の高い製品が多数取り扱っており、高い人気をほこっています。

Karita(カリタ)

日本に本社を置く大手コーヒー用具メーカーで、3つ穴のコーヒードリッパーが有名です。喫茶店やカフェなどで目にすることも多い主要メーカーのひとつです。

Melitta(メリタ)

ペーパードリップの生みの親であるドイツメーカー。世界中のカフェやレストランでも使用されるコーヒー機器の総合メーカーです。

ミルクフォーマーおすすめの9選

最安値1,998円(税込)

4.32(979件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

Amazonでも大人気の商品で、ミルクポット付きのクリーマーです。丸みを帯びたデザインが可愛らしいですね。ガラスポットに目盛りがついているので、分量がわかりやすく、注ぎ口もついているのでそのままカップに注げて便利です。

最安値432円(税込)

3.40(13件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

ハリオのハンドシェーカータイプのミルク泡立て器です。冷たいミルクを入れて、フィルターと上下のカップをセットして20〜30秒ほどシェイクして使います。出来上がった泡立ちミルクは耐熱容器に移し替えて、レンジ等で温めればホットドリンクも楽しめます。

最安値2,398円(税込)

4.18(10件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

耐熱ガラス製のダブルメッシュの手動泡立て器です。耐熱ガラス製なので、プラスチックに比べて傷もつきにくく、食器洗浄器にも対応しています。温めたミルクを入れ、蓋をしてからホイッパーレバーを上下に動かすだけで、ふわふわのミルクをつくることができます。置いておきたくなるような可愛い見た目で、コーヒー好きな女性へのプレゼントにもよさそうですね。

最安値1,499円(税込)

4.33(312件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

大きな器に入っていてもパワフルに泡立ててくれる、Amazonでも大人気の商品です。ミルク以外にも卵やコーヒーに使用することもでき、ヘッド部分は取り外しが可能なのでお手入れも非常に簡単です。

最安値987円(税込)

4.27(400件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

ブラックのデザインがシンプルで素敵なカリタのミルク泡立て器です。スタンド付きなので収納にも便利で、スタイリッシュな印象ですね。温かいミルク、冷たいミルクのどちらにも対応しているのが嬉しいですね。

最安値8,455円(税込)

4.12(98件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

優しいホワイトのカラーが上品な全自動タイプのミルクフォーマーです。ホット、アイスのどちらにも対応しています。ミルクを温めるのも泡立てるのも、これ1台でできるのが嬉しいポイントです。

最安値9,552円(税込)

3.70(207件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

カプチーノ用、カフェラテ用、泡のないホットミルク用と、3種類のアタッチメントがついており、用途や好みに合わせたミルクが作れるミルクフォーマーです。牛乳だけでなく、低脂肪乳や豆乳にも対応しており、本格的なカフェのようなドリンクが楽しめます。

最安値7,480円(税込)

3.90(28件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

ホット、アイスどちらにも対応しており、温度も細かく3段階(熱い・温かい・冷たい)の設定が可能です。ステンレス製のパネルにLEDタッチボタンのスマートなデザインも素敵です。輸入品のため変換アダプタが必要ですが、デザイン重視の方にはおすすめです。

最安値149円(税込)

3.50(204件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

15~20秒でミルクを泡立てることができます 冷たいミルクにも、温かいミルクにも使えます。

まとめ

いかがでしたか?ミルク泡立て器を使えば、おうちにいながらカフェのようなふわふわのミルクを作ることができます!ライフスタイルや好みのデザインに合わせてお気に入りのクリーマーを選んでみてくださいね

おすすめ記事

ミルクフォーマーの人気売れ筋ランキング

おすすめキーワード

紹介されているメーカー