コーヒースプーンの選び方&おすすめ5選【1杯分を正しく量る】

コーヒースプーンの選び方&おすすめ5選【1杯分を正しく量る】

おうちでおいしいコーヒーを楽しむためには、コーヒー豆やコーヒーの粉を正しく量ることが大切ですが、なかなか正しく量れないことも多いですよね。そんなときに「コーヒースプーン」があれば、正確な量を量ることができます。今回は、コーヒーメジャーの種類や選び方をご紹介します。おすすめ商品では、カリタやハリオの人気商品や、クリップなどのおしゃれ商品をご紹介しています。

コーヒースプーンの種類と特徴

コーヒースプーンはさまざまな素材や形でつくられています。それぞれに良さや特徴があるので、どのような素材があるのかを知っておきましょう。

スプーン型

スプーン型

出典:Amazon.co.jp

計量スプーンのような形をしているものです。持ち手の先についているスプーン部分でコーヒー豆やコーヒーの粉をすくって計量します。スプーン型の多くは「すりきり1杯〜g」と決まっているか、スプーンの内側についた目盛りで量を量ります。

スコップ型

スコップ型

出典:Amazon.co.jp

喫茶店やコーヒーショップでコーヒー豆やコーヒーの粉をすくっているものです。スコップのような形をしていて、豆や粉の中に差し込んで引き出すだけで、すりきり一杯の量を量ることができます。スコップ部分が若干長めなので、幅広または縦長の容器に、豆や粉を保管しておく必要があります。

素材

お手入れ簡単ステンレス製

お手入れ簡単ステンレス製

出典:Amazon.co.jp

錆びに強いステンレスは使いやすさが人気です。保管もしやすく、手入れも簡単です。食洗機に入れることができるものも多数販売されています。重さはありますが、コーヒーメスプーンほどの大きさであれば、さほど問題はないようです。

温かみのある木製

温かみのある木製

出典:Amazon.co.jp

温かみがあり、かわいらしい雰囲気のあるタイプです。同じ商品でも木目のデザインに違いがあります。ただ、素材の性質上水洗いがしにくく、乾くまでに時間がかかります。頻繁に洗って手入れをしたいのであれば、複数本用意しておいた方が良いでしょう。

おしゃれ感が増す陶器製

おしゃれ感が増す陶器製

出典:Amazon.co.jp

陶器は色や柄が豊富でおしゃれなものがたくさんあります。一般的な食器と同じように洗うことができるので手入れも簡単です。ただ、少しの衝撃でも欠けてしまうことがあるので、扱いには注意しましょう。

コーヒースプーンの選び方

コーヒースプーンは、自分が一度にいれるコーヒーの量やコーヒーメーカーの仕様などで選ぶと使いやすくなります。何を優先して選ぶのかを事前に決めておくと良いでしょう。

使いやすい素材を選ぶ

コーヒースプーンは、ステンレス製や木製、銅製など色々な素材でできています。それぞれお手入れのしやすさや、デザインが異なります。たとえば、ステンレス製の場合はお手入れがしやすく、木製の場合はデザインはおしゃれなものが多いですが、乾きにくくお手入れは難しいときもあるかもしれません。

1杯で何g量れるのかチェック

毎回コーヒーをどれくらいずつ使うのかによって決めると良いでしょう。ちなみに、コーヒーの粉であればおよそ10gが一人分の量と言われています。豆は深煎りになるほど粉の量が多くなるので、同じコーヒーメジャーでも「深煎りならすりきり1杯で10g、浅煎りならすりきり1杯で12g」など若干の差が出てきます。

使いやすい柄の長さかどうか

コーヒー豆やコーヒーの粉をストックしている容器の深さによって、柄の長さを決めると使いやすいものを選べます。深い容器に入っているのであれば柄は長い方が良いでしょう。浅い容器に入れているのであれば、柄は短い方が収納もしやすくなります。

コーヒーメジャーのおすすめ5選

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値651円(税込)

この商品の特徴

鉄製のコーヒーメジャーです。目盛りはついていませんが、すりきり1杯で10gを計量できます。柄が短く小さいので収納にも困りません。鉄のどっしりとした重量感があります。メッキを使っているので使い続けても艶が良く、高級感を味わうことができそうです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

鉄製のコーヒーメジャーです。目盛りはついていませんが、すりきり1杯で10gを計量できます。柄が短く小さいので収納にも困りません。鉄のどっしりとした重量感があります。メッキを使っているので使い続けても艶が良く、高級感を味わうことができそうです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値538円(税込)

この商品の特徴

ステンレス製のコーヒーメジャーです。手入れが簡単なのでいつも清潔な状態で使うことができて安心ですね。すりきり1杯で12gを計量できます。持ち手がループ状になっているので、壁などに掛けて収納できます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ステンレス製のコーヒーメジャーです。手入れが簡単なのでいつも清潔な状態で使うことができて安心ですね。すりきり1杯で12gを計量できます。持ち手がループ状になっているので、壁などに掛けて収納できます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値1,958円(税込)

この商品の特徴

天然木製のコーヒーメジャーです。おうちの形がかわいいだけでなく、置いても倒れないつくりになっています。すりきり1杯で10gを計量できます。木製なので水にるけたら完全に乾かす必要がありますが、丁寧に使えば角が取れて味わい深い一品になります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

天然木製のコーヒーメジャーです。おうちの形がかわいいだけでなく、置いても倒れないつくりになっています。すりきり1杯で10gを計量できます。木製なので水にるけたら完全に乾かす必要がありますが、丁寧に使えば角が取れて味わい深い一品になります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値527円(税込)

この商品の特徴

計量スプーンとクリップが一体になったアイテムです。コーヒーを量ったあと、そのまま袋をクリップでとめることができます。ステンレス製なので、清潔で長持ちしそうですね。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

計量スプーンとクリップが一体になったアイテムです。コーヒーを量ったあと、そのまま袋をクリップでとめることができます。ステンレス製なので、清潔で長持ちしそうですね。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:www.muji.net

最安値120円(税込)

この商品の特徴

無印良品のコーヒースプーンです。シンプルなデザインですが、使いやすさと持ちやすさにこだわった持ち手や柄の設計がされています。コーヒースプーンとしてはもちろん、他の料理にも使えます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

無印良品のコーヒースプーンです。シンプルなデザインですが、使いやすさと持ちやすさにこだわった持ち手や柄の設計がされています。コーヒースプーンとしてはもちろん、他の料理にも使えます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー