冷水筒のおすすめ10選!横置きタイプや茶こし付きも

冷水筒のおすすめ10選!横置きタイプや茶こし付きも

冷水筒(ピッチャー)は、主にガラス製とプラスチック製があり、水出し茶づくりに便利な茶こし付きや、食洗器に対応した商品も販売されています。今回は冷水筒の選び方と、ニトリや無印良品など、おすすめ商品を紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

冷水筒の選び方

素材で選ぶ

安全なプラスチック製

安全なプラスチック製

出典:Amazon.co.jp

プラスチック製の冷水筒は、軽量で扱いやすいことが特徴です。本体重量が軽いので液体を入れても持ち上げやすく、割れにくいので、子どもがいる家庭でも安心して使えます。縦置きだけではなく、横置きに対応している商品も多く販売されています。ガラス製に比べると、臭い移りや傷が付きやすいので注意が必要です。

衛生的なガラス製

衛生的なガラス製

出典:Amazon.co.jp

ガラス製の冷水筒は、冷蔵庫で冷えやすく、汚れもしっかり落とせるのが特徴です。水垢も付きにくく水筒の中がクリアに見えるので、フレッシュハーブやレモンの輪切りを入れたフレーバーウォーターや、カットフルーツをワインに付け込んだサングリアなどにも向いています。プラスチック製に比べると重量があることと、倒したり落としてしまうと割れてしまうこともあるので、注意が必要です。

洗いやすさで選ぶ

冷水筒に茶渋や水垢を溜めないためにも、洗いやすい形状の商品がおすすめです。手とスポンジがすっぽり入りる広口タイプなら、中まできれいに洗うことができます。耐熱ガラスを使用した商品は、熱湯消毒も可能です。普段食洗器を使用している方は、食洗器対応かどうかを確認しておくと安心です。

耐熱性で選ぶ

耐熱性に優れた冷水筒なら、熱いお茶をそのまま淹れたり、沸騰したお湯を使って冷水筒でお茶をつくったりすることができます。別の容器を使用する必要がないので、後片付けも楽になります。

横置きできるタイプもチェック

横置きできるタイプもチェック

出典:Amazon.co.jp

冷蔵庫のスペースを有効活用したい方には、縦置きと横置きの両方に対応した冷水筒がおすすめです。横置きが可能な商品なら、サイドポケットだけではなく、庫内の棚に寝かせて収納することができます。スペースを有効活用できるので、場所を取らずにすっきりと収納できます。

茶こし付きもチェック

茶こし付きもチェック

出典:Amazon.co.jp

冷水筒に茶こし(ストレーナー)やフィルターが付いた商品も販売されています。お茶が好みの濃さになったら、茶こしのみを本体から取り外して残りはそのまま冷蔵庫で保存することが可能です。フィルターが付いた商品は、水筒の中にカットフルーツやフレッシュハーブを入れていても、注ぎ口から液体だけを注ぐことができ便利です。

冷水筒のおすすめ10選

ドリンクディスペンサーやガラス製ティーポットもチェック

飲み物用の容器には様々な種類があります。ドリンクディスペンサーやガラス製ティーポットの選び方やおすすめ商品も紹介しているので、あわせてチェックしてみてください。

この記事の修正依頼を送る

関連記事