カメラバッグのおすすめ11選!普段使いにもアウトドアにも

カメラの持ち運びに便利なカメラバッグは、旅行時はもちろん、普段使いや登山などのアウトドア時にも便利と人気を集めています。ひとくちにカメラバッグといっても、三脚も収納できるリュックタイプからおしゃれなメッセンジャーバッグ、革製のものまで、その種類はさまざまです。今回はカメラバッグの選び方とともに、2019年版のカメラバッグのおすすめ商品をご紹介します。

カメラを安全に持ち運びたい

出典:Amazon

旅行やイベント時に活躍するカメラを持ち歩く際に便利なのが「カメラバッグ」です。カメラは普通のバッグに収納することもできますが、外部からの衝撃が気になったり、収納しづらいこともありますよね。カメラバッグを使用して、安全にカメラを持ち運びましょう!

カメラバッグのメリット

カメラやレンズを衝撃から保護する

出典:Amazon

カメラバッグの多くはクッションが備わっており、外部からの衝撃に強い設計になっています。カメラは精密機器のため、衝撃には気をつけて持ち運びたいものです。カメラバッグを使用すれば、より安全に持ち運ぶことができます。

カメラやレンズをきれいに整理できる

出典:Amazon

カメラバッグはカメラの収納に特化しているため、カメラ本体はもちろん、替えのレンズや小物もきれいに収納することができます。中には、仕切りを調整できるものもあり、カメラの部品やレンズの大きさに合わせて、より入れやすいように整理することが可能です。

フリーハンドで快適に移動できる

出典:Amazon

カメラバッグは両手が空くようになっているので、写真を撮る際にもカバンが邪魔になることがありません。旅行時など、荷物が多い際にも両手が空くと安全ですよね。

カメラバッグの種類

定番のショルダータイプ

出典:Amazon

ショルダーバッグは最も一般的なタイプで、その種類も豊富です。カメラの本体とレンズを1つずつ収納できるコンパクトなサイズのものから、本体とレンズをそれぞれ3つずつ収納できるような大型サイズまで、サイズのバリエーションも様々あります。ショルダータイプは両手が空く上、荷物が取り出しやすいのも魅力です。その一方、片方の肩に重さがかかるため、長時間の移動の際には負荷がかかってしまうこともあります。こまめにバッグをかけ直すなど、工夫して持ち運ぶようにしましょう。

長時間の移動にもぴったりのリュック・バックパックタイプ

出典:Amazon

リュック・バックパック型の最大の魅力は、重さが両方の肩にかかるため、体への負担を軽減できることです。カメラと一緒に三脚などを持ち運びやすいのも特徴です。カメラの出し入れでシャッターチャンスを逃したくない方は、リュックを背負ったままでもカメラの取り出しをスムーズに行える商品をチェックしてみてください。

安定性抜群のメッセンジャータイプ

出典:Amazon

メッセンジャータイプは、斜めがけで、バッグが体に密着するような形状です。かさばらず動きやすい上、安定性が高いのが特徴です。長時間の持ち運びでも、快適に持つことができます。また、普段着にもなじみ、一見カメラバッグとは分からないので、ファッションの一部としても使いやすいアイテムです。しかし、小型や中型カメラ向けのバッグが多く、大型のカメラや三脚などの小物の持ち運びには向きません。

アウトドアでも使えるウエストバッグ

出典:Amazon

腰にベルトを巻き付けて使用するウエストバッグは、アウトドアでも便利に使える優れものです。コンパクトに収納でき、両手も使えるため、サイクリングやハイキングなどにもぴったりです。小さいサイズのものが多く、大きなカメラの収納に向かないのがデメリットです。デジタルカメラやミラーレス一眼など、あまりかさばらないカメラの持ち運びに適しています。

雨を防ぐトップローディングタイプ

出典:Amazon

トップローディングタイプとは、リュックの上部に覆いのついたタイプのことです。リュックタイプのメリットを維持したまま、上部の覆いによって、雨の侵入も防ぎます。レンズをつけたままカメラを収納できるタイプも多く、利便性の高さも魅力です。ただし、雨を完全に防げるわけではないので、取り扱いには十分気をつけましょう。防水や防塵に特化したカメラバッグもあるため、あわせてチェックしてみてください。

収納力抜群のキャリーバッグ

出典:Amazon

キャリーバッグタイプの最大の魅力は収納力です。多くの機材をまとめて収納できるので、旅行時にカメラやレンズを複数持っていきたい場合などに適しています。通常のキャリーバッグに比べると、外部からの衝撃に強く、カメラが取り出しやすい設計になっているのも特徴です。

シーンによって使い分けできる多目的タイプ

多目的タイプは、ベルトを調整するだけで、ショルダーバッグやウエストバッグ、メッセンジャーバッグなどに使い分けできるタイプです。種類によっては2way、3wayにもなります。長時間の持ち運びの際はリュックとして、カメラの出し入れをすぐ行いたい場合にはショルダーバッグにするなど、あらゆるタイプのいいとこ取りができるのが魅力です。

カメラバッグの選び方

大きさ・容量で選ぶ

収納するカメラやレンズ、使用する小物によって適切な大きさを選びましょう。適切なサイズでないと、収納スペースが余って安全に持ち運びができなくなってしまったり、必要以上にかさばり衝撃を受けやすくなってしまうこともあります。収納するものに合わせた、適切なサイズ選びを心がけましょう。

耐性をチェック

特にアウトドアでの使用がメインの方は、耐性の有無をしっかりとチェックしましょう。防水、防塵、耐衝撃など、あらゆる機能を備えた商品があります。使用シーンに必要な耐性を兼ね備えているかもチェックしながら、カメラバッグを選んでください。

機能性で選ぶ

カメラバッグの機能もチェックしておきましょう。カメラの出し入れがしやすいような開口部の広さであるか、荷室のサイズ感が合っているか、カスタマイズ可能であるかなど、細かな機能性によって使い勝手も大きく異なります。使用シーンや収納するカメラの種類に合わせて、使いやすい機能を備えたバッグを選びましょう。

デザイン性で選ぶ

カメラの普及に伴い、カメラバッグの種類やデザインも豊富になりつつあります。機能性はもちろんのこと、普段のファッションと合わせて、デザインで選ぶのもおすすめです。特にリュックやメッセンジャーバッグは私服にもなじみやすく、普段使いにも向いています。

メーカー・ブランドで選ぶ

カメラバッグは、カメラをつくっているメーカーはもちろん、カバンメーカーでも取り扱っています。カメラと同じメーカーのバッグを選んでみたり、お気に入りのブランドでカメラバッグも探してみたりと、メーカーやブランドをチェックしてみるのもおすすめです。

カメラバッグのおすすめ10選

ショルダーバッグタイプのおすすめカメラバッグ3選

最安値7,830円(税込)

3.80(64件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値21,794円(税込)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値2,910円(税込)

4.20(56件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

リュックタイプのおすすめカメラバッグ3選

最安値8,148円(税込)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

メッセンジャーバッグタイプのおすすめカメラバッグ2選

最安値12,960円(税込)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

ウエストバッグタイプのおすすめカメラバッグ

最安値2,627円(税込)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

多目的バッグタイプのおすすめカメラバッグ

最安値4,980円(税込)

4.00(50件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

キャリータイプのおすすめカメラバッグ

最安値42,921円(税込)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

まとめ

いかがでしたか?使用シーンや自分のカメラに合わせて、使いやすいカメラバッグを選びましょう。

おすすめキーワード

紹介されているメーカー

おすすめ記事