ソフトボックスのおすすめ7選!コスプレの撮影会にも

ソフトボックスのおすすめ7選!コスプレの撮影会にも

「ソフトボックス」は、スピードライトなどの光源を均等に拡散させて、自然なライティングを演出するための道具です。ソフトボックスを使用すれば、コスプレ撮影をはじめとしたポートレートの照明づくりに大掛かりなライトを組まなくて良いので、手軽にスタジオに近い撮影環境を作ることができます。光源は、電球を使用するものや、クリップオンタイプのストロボを使えるタイプもあります。今回は、Profotoなど有名メーカーの商品から、GODOX、NEEWER、micnova、sandiscの入門向けまで紹介します。ソフトボックスの使い方や収納時のたたみ方をはじめ、アンブレラとの違いやグリッドの効果といった基礎知識、使い方に合わせた選び方も紹介しています。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

きれいな写真を撮りたいけど光が足りない!

きれいな写真を撮りたいけど光が足りない!

きれいな写真を撮るには光の当たり具合が重要になりますが、暗い部屋で撮影をしなければならないときもありますよね。プロの方が使うようなスタジオに撮影セットが揃っていればよいのですが、高価なものも多く、すべて揃えるのは難しいです。

そんなときにはストロボと合わせて「ソフトボックス」を使用するのがおすすめです。ソフトボックスを照明のスピードライトや、クリップオンストロボなどに被せて使うことにより、光がハードに当たることを抑え、やさしく自然な光をつくることができます。プロの商業カメラマンの方以外でも、ネット販売の商品撮影やスタジオなどでの証明写真など、あらゆる撮影のシーンで活用できます。同じ照明器具のアンブレラは、光源を反射させることで間接的に光を当てますが、ソフトボックスは直接光なので、向きのコントロールが容易で被写体に光を当てやすいです。そのため、光量の調整によって、背景に陰影をつけた演出などを作りやすいです。また、ソフトボックス自体は安価なものが多いのもポイントです。

ソフトボックスを使うメリット

ソフトボックスを使って撮影すると、被写体に程よい影をつけて見せることができ、プロが撮影したような立体的な写真を演出しやすいです。また、光が飛ばずまっすぐ被写体を照らすこともでき、より被写体を綺麗に浮かび上がらせることができます。比較的狭いスタジオでもアンブレラより場所をとらずに使うことができることもメリットです。

ソフトボックスの選び方

構造上の違いで選ぶ

直射型

直射型のソフトボックスは、ストロボが発光する面と被写体が向き合う形になっています。光は大きく照射されるため、ソフトボックスの中にインナーディフューザーが入っているのが基本になっています。インナーディフューザーとは、柔らかい光を作るためのカバーのようなものです。ソフトボックスの中央にストロボが入る穴が開いています。

反射型

反射型のソフトボックスは、ストロボが発光する面がソフトボックス内に向かっています。ソフトボックス内で広がった光を利用して採光を得るのが特徴です。インナーディフューザーがないので、広く柔らかい光が当たるのが特徴になっています。直射型との光の違いはさほどありませんが、採用する人の好みによって使い分けられることが多くなります。

形状は被写体やスタジオの大きさで選ぶ

形状は被写体やスタジオの大きさで選ぶ

出典:Amazon.co.jp

ソフトボックスは正方形や長方形、八角形などがあり、縦横の幅も様々な種類があります。使用するスタジオの大きさや、被写体になるものの大きさによって変えて使用します。

発光面は被写体より大きめのものを

ソフトボックスの発光面は被写体に合わせるか、若干被写体よりも大きめのものを選ぶのがおすすめです。被写体の大きさ×1.25以上が被写体に必要な発光面ともいわれています。被写体+10cm以上の発光面があれば、しっかり光をカバーできるでしょう。

深さは設置する空間に合わせて

ソフトボックスの奥行きは30cm、50cm、60cmと大きさは様々です。設置する空間によって選ぶのが一般的ですが、空間が狭い場所では奥行きが浅い方が活躍しそうです。風景などのロケーション用なら深いものを選ぶことが多く、スタジオでは60cmが平均的です。

グリッド付きで光を逃がさない

ソフトボックスにグリットが付いていると、より光流出を防ぐことができます。肖像画や製品撮影などに使用する際には、このグリッド付きがおすすめです。グッと特別感のある雰囲気が出やすくなります。

ソフトボックスを使うために必要な機材

ソフトボックスは、単体で使用することができません。ストロボでソフトボックスを使うために必要な機材は以下のようなものがあります。

クリップオンストロボ

クリップオンストロボ

出典:Amazon.co.jp

ソフトボックスに入れる光源となるストロボです。ストロボ専門メーカーのニッシンや、カメラメーカーから発売されている純正品を使用すると、カメラのホットシューに装着して使用する延長上で操作できるので、撮影環境作りがしやすくなるでしょう。

ライトを光源に使用し、電源に直接つなぐタイプの場合は必要ありません。

シンクロコード

シンクロコード

出典:Amazon.co.jp

カメラ本体と、ストロボを接続するコードです。シンクロコードで有線接続する場合と、トランスミッターを使用して無線で発光させることが可能です。お使いのカメラやストロボの互換性などを確認した上で予算や使いやすさに合ったセレクトをしましょう。

ライトを光源に使用し、電源に直接つなぐタイプの場合は必要ありません。

スピードリングアダプタ

スピードリングアダプタ

出典:Amazon.co.jp

スピードリングアダプタは、クリップオンストロボなどを装着し、ソフトボックスの傾きや角度を自在に動かせるようにするアイテムです。中には360度の回転が可能なものもあります。ソフトボックスについているダボ(穴)に差し込むだけで、簡単に取り付けることができます。

光源に使用するのがライトかストロボなのか、またソフトボックスの合ったものなのかをしっかりと確認して選ぶ必要があります。

ライトスタンド

ライトスタンド

出典:Amazon.co.jp

ソフトボックスを支えるもので、カメラの三脚と同じような構造をしています。支柱になる部分は高さを替えられるように伸縮し、足は三脚が一般的です。持ち運びする際にも負担にならないスチールやアルミ製が主流です。折り畳み式でコンパクトになるので、持ち運びも可能です。

収納用のバッグ

ソフトボックス収納バックの多くは、非常にコンパクトです。なぜならソフトボックス自体がかなりコンパクトに収納できるようになっているためです。ソフトボックスと必要な機材一式が入るタイプのものもあります。ソフトボックス自体を収納するものはナイロンカバーのようなものですが、機材一式が入るタイプは緩衝材が使用されているものが多く、様々な現場でも破損がないように保護してくれます。

ソフトボックスの使い方・たたみ方

ソフトボックスの使い方

ソフトボックスの使い方は、以下の通りです。

  1. ケースから出し広げ、形を整えておく
  2. ストロボがついたスタンドに取り付ける
  3. ソフトボックスの反射面内側にインナーディフューザーを付け、撮影する

ソフトボックスのたたみ方

ソフトボックスのたたみ方は、次のような手順で行います。初めてソフトボックスを使用する方は、慣れるまで手間取ることが多いです。時間のロスをなくすためにも、必ず現場に出向く前にたたみ方を練習することをおすすめします。

  1. 四面に広がったソフトボックスを骨組みに沿って2回たたみ、三角形にする
  2. ダボ(穴)と三角形の底辺を両手で持ち、布巾を絞る要領でソフトボックスをねじりたたむ
  3. たたんだソフトボックスをケースに入れて、収納する

ソフトボックスのおすすめ7選

ストロボを使用するタイプ

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値3,498円(税込)
4.30(30件)

この商品の特徴

Godoxのソフトボックスは、専門性の高い反射材によりマルチレイヤ加工処理されています。ディフューザーは2層になっており、光の飛びを抑え撮影効果を向上させています。Godoxを使用するとストロボがしっかり固定でき、高さや光の調整が簡単にできるようになっています。アンブレラも利用可能です。照明方向を調整できるハンドルサポート付です。ソフトボックスは折りたたみ式なので荷物をコンパクトに持ち運びたい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

Godoxのソフトボックスは、専門性の高い反射材によりマルチレイヤ加工処理されています。ディフューザーは2層になっており、光の飛びを抑え撮影効果を向上させています。Godoxを使用するとストロボがしっかり固定でき、高さや光の調整が簡単にできるようになっています。アンブレラも利用可能です。照明方向を調整できるハンドルサポート付です。ソフトボックスは折りたたみ式なので荷物をコンパクトに持ち運びたい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値7,074円(税込)

この商品の特徴

Profotoのソフトボックスです。高品質で耐久性の高いファブリックを使用し、撮影者が自由に光をコントロールできるように、奥行のある形状や12層のディフューザーなどを備え、内部には反射性の高いシルバー加工が施されています。面ファスナーで取り付けられるので、手間をかけず素早くセットアップできます。頻繁に屋外での撮影をする方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

Profotoのソフトボックスです。高品質で耐久性の高いファブリックを使用し、撮影者が自由に光をコントロールできるように、奥行のある形状や12層のディフューザーなどを備え、内部には反射性の高いシルバー加工が施されています。面ファスナーで取り付けられるので、手間をかけず素早くセットアップできます。頻繁に屋外での撮影をする方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値2,599円(税込)

この商品の特徴

ストロボをマウントにしっかりと固定することができます。耐久性にも優れているので長く愛用することができそうです。追加でソフトボックスが欲しくなったらすぐに購入できます。マウントも一緒なので安心です。骨組みがしっかりしている分、収納時にたたむ際には結構な力が必要です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ストロボをマウントにしっかりと固定することができます。耐久性にも優れているので長く愛用することができそうです。追加でソフトボックスが欲しくなったらすぐに購入できます。マウントも一緒なので安心です。骨組みがしっかりしている分、収納時にたたむ際には結構な力が必要です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値1,430円(税込)
-(0件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値10,210円(税込)
3.92(12件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

電球を使用するタイプ

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値7,399円(税込)
4.30(85件)

この商品の特徴

ソフトボックスは高品質の石模様反射材で、優れた耐熱性と散光により、被写体をしっかり引き立たせて撮影できます。到着したら、ソフトボックスとセットの機材ですぐに撮影が始められる写真照明セットです。内容は、ソフトボックスとスタンドが2つずつ、電球4つと収納バックです。1年保証で安心して使用可能になっています。いち早く撮影機材を揃えたい方や、撮影機材をもって移動の多い方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ソフトボックスは高品質の石模様反射材で、優れた耐熱性と散光により、被写体をしっかり引き立たせて撮影できます。到着したら、ソフトボックスとセットの機材ですぐに撮影が始められる写真照明セットです。内容は、ソフトボックスとスタンドが2つずつ、電球4つと収納バックです。1年保証で安心して使用可能になっています。いち早く撮影機材を揃えたい方や、撮影機材をもって移動の多い方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値8,578円(税込)
3.20(85件)

この商品の特徴

ソフトボックス・電球・ソケット・ライトスタンド・キャリーバッグがセットになったお得な商品です。ソフトボックスサイズは50×70cmです。ライトスタンドは2mまで上げることが可能で、高負荷に耐えられる強い構造をもっています。電球が1つのソフトボックスに4つ設置されているので、明るく撮影できます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ソフトボックス・電球・ソケット・ライトスタンド・キャリーバッグがセットになったお得な商品です。ソフトボックスサイズは50×70cmです。ライトスタンドは2mまで上げることが可能で、高負荷に耐えられる強い構造をもっています。電球が1つのソフトボックスに4つ設置されているので、明るく撮影できます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

ソフトボックスのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

おすすめ記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー