【2021年版】露出計のおすすめ10選!細かく確認できるデジタルタイプも

【2021年版】露出計のおすすめ10選!細かく確認できるデジタルタイプも

露出計(スポットメーター)は、カメラに取り入れる光の強さを計測するための機材のです。ストロボや照明を組んで撮影をしたい方や、露出計機能が付いていないフィルムカメラを使用する際の露出調整、ライティングの設定に役立ちます。今回は露出計の必要性や選び方と、セコニック、ゴッセンなどのおすすめ商品、露出計の使い方を紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

露出計とは

露出計とは

出典:www.photo-ac.com

露出計とは光量を測定する機材のことです。光量が適切に調整できていないと、暗すぎて被写体の顔がきれいに写らなかったり、明るすぎて白飛びしてしまうことがあります。露出計を使用して光量を測定することで、適切なシャッタースピードや絞り値を合わすことができるので、イメージ通りの写真を撮影することができます。

露出計の必要性

露出計の必要性

出典:Amazon.co.jp

露出計はデジタル一眼レフカメラにも内蔵されています。しかし、カメラに内蔵のものよりも、単体の露出計は正確に光を測定することができるので、本格的に写真を撮るときや、ポートレート撮影の際に活用できます。またクラシカルなフィルムカメラは露出計機能がついておらず、写真を撮る際には現像するまで、どのように撮れているか分からないので、使用することで少しでも失敗写真を防ぐことができます。

露出計の種類

光量を正確に測れる入射光式

光量を正確に測れる入射光式

出典:Amazon.co.jp

入射光式は、直接被写体にどれくらい光が当たっているかを測定する方式です。周りの明るさに影響されないため、光量を正確に測定することができます。一般的にはポートレート撮影や商品の撮影、物撮りにおすすめです。ただし実際に被写体に近づいて計測する必要があります。

被写体から離れたところからも計測できる反射光式

被写体から離れたところからも計測できる反射光式

出典:Amazon.co.jp

反射光式とは、被写体に当たって跳ね返った光を測定する方式です。露出計に付属されているファインダーなどから覗き、光量を測定します。そのため被写体に近づく必要がなく測ることができるのがメリットです。風景写真や被写体に近づくことができないときにおすすめです。

露出計の選び方

タイプで選ぶ

豊富な機能が搭載されたデジタルタイプ

豊富な機能が搭載されたデジタルタイプ

出典:Amazon.co.jp

デジタルタイプは様々な光源タイプにも対応している商品が多く、多種多様なシチュエーションに活用できます。液晶画面がついており、数値などが視覚的に見やすいのも特徴です。機能も豊富に搭載されているので、初心者の方は使い慣れるまでに時間がかかることもあります。

シンプルな設計のアナログタイプ

シンプルな設計のアナログタイプ

出典:Amazon.co.jp

アナログタイプは、昔ながらの針を使用して測定する露出計です。機能もとてもシンプルで、絞りとシャッタースピードの組み合わせがわかりやすいです。電子機器や電池を使用しないため、壊れにくく、肝心な時に電池切れを起こしてしまう心配もありません。

フラッシュメーター機能の有無をチェック

フラッシュメーター機能の有無をチェック

出典:www.photo-ac.com

フラッシュメーター機能とは、ストロボを使用する際の光量を計測してくれる機能です。フラッシュメーターを使わなくてもストロボを使用することができますが、ちょうど良い光量を得るために何回も調整しないといけません。さらに複数のストロボを使用する際には、全体のバランスや部分的なコントラストといった細かい光量を調整するのが難しいので。よりイメージに近い写真を取りたい方はフラッシュメーター付きのものを選びましょう。

受光面の可動域もチェック

受光面の可動域もチェック

出典:Amazon.co.jp

光量を実際に測定する際には、受光面という白い球体部分で測定します。露出計によってはこの受光面の向きがかえられる商品もあります。本体の数値を見ながら測定が可能になり、さらに多方面から入ってくる光の量も測定しやすくなるのがメリットです。複雑に陰影がつく人物撮影などにおすすめです。

屋外や持ち運ぶ場合はコンパクトサイズがおすすめ

屋外や持ち運ぶ場合はコンパクトサイズがおすすめ

出典:Amazon.co.jp

撮影する際には露出計以外にも換えレンズやカメラの予備バッテリー、三脚などたくさんの機材が必要になります。軽量でコンパクトな露出計なら、屋外での撮影にも手軽に持ち運ぶことができます。さらにポケットサイズの露出計ならさっと取り出せて使用でき、撮影に集中することができます。

露出計のメーカー別の特徴

「セコニック」は幅広い商品ラインナップが特徴

「セコニック」は幅広い商品ラインナップが特徴

出典:Amazon.co.jp

セコニックは、アナログとデジタルともに露出計を幅広く販売しているのが特徴です。デジタル露出計は、様々な光源にあわせられる商品や、様々なシーンに対応した商品が多く展開されています。また、アナログ露出計はシンプルな機能のものが多く、これから初めて露出計を使ってみたいという方にもおすすめです。

「ゴッセン」はシンプルなデザインと使いやすさを追求

「ゴッセン」はシンプルなデザインと使いやすさを追求

出典:Amazon.co.jp

ゴッセンはシンプルなデザインと使いやすさ追及した商品が展開されています。2003年にはグッドデザイン賞を受賞しています。さらにムービーやシネ撮影といった動画撮影に対応しているモデルも発売されています。

「ケンコー・トキナー」はフォトグラファー目線で考えた設計が特徴

「ケンコー・トキナー」はフォトグラファー目線で考えた設計が特徴

出典:Amazon.co.jp

ケンコー・トキナーは主に一眼レフのレンズや周辺機器を開発しているメーカーです。周辺機器に力を入れており、フォトグラファー目線で考えた設計が特徴です。ISO感度やフラッシュ露光も測定できたり、さらには補正に必要なフィルターも分かることができたりと、ワンランク上の作品をつくりたい方におすすめです。

【デジタルタイプ】露出計のおすすめ8選

出典:Amazon.co.jp

プリ発光キャンセル機能やハイスピードシンクロの計測が可能

入射光式と反射光式の両方に対応した、デジタルタイプの露出計です。フラッシュの閃光時間も計測することができます。ハイスピードシンクロ時の露出計測やフラッシュのプリ発光キャンセル機能など、従来では測定できなかった露出計測が可能です。さらに生活防水機能もついているので、野外から室内撮影と幅広い撮影シーンに対応しています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

プリ発光キャンセル機能やハイスピードシンクロの計測が可能

入射光式と反射光式の両方に対応した、デジタルタイプの露出計です。フラッシュの閃光時間も計測することができます。ハイスピードシンクロ時の露出計測やフラッシュのプリ発光キャンセル機能など、従来では測定できなかった露出計測が可能です。さらに生活防水機能もついているので、野外から室内撮影と幅広い撮影シーンに対応しています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

フレームレートとシャッタースピードの設定ができて動画撮影におすすめ

胸ポケットに収まるくらい軽量、コンパクトなデジタルタイプの露出計です。入射光式・反射光式どちらも対応しており、ワンタッチで切り替えることが可能です。フラッシュメーター機能に加えて、フレームレートとシャッタースピードも設定できるシネカメラモードがついているのも特徴です。ワンランク上の動画撮影をしたい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

フレームレートとシャッタースピードの設定ができて動画撮影におすすめ

胸ポケットに収まるくらい軽量、コンパクトなデジタルタイプの露出計です。入射光式・反射光式どちらも対応しており、ワンタッチで切り替えることが可能です。フラッシュメーター機能に加えて、フレームレートとシャッタースピードも設定できるシネカメラモードがついているのも特徴です。ワンランク上の動画撮影をしたい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

フラッシュメーター機能で複数のフラッシュの光量を一括で調整できる

大型のカラー液晶タッチパネルを採用した、デジタルタイプの露出計です。小型軽量で人間工学に基づくデザインにより、ホールド性の高さが特徴です。フラッシュメーター機能も完備しており、最大20の電波チャンネルを選択できるため、複数のフラッシュの光量を一括で調整することができます。入射光式、反射光式どちらも対応しています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

フラッシュメーター機能で複数のフラッシュの光量を一括で調整できる

大型のカラー液晶タッチパネルを採用した、デジタルタイプの露出計です。小型軽量で人間工学に基づくデザインにより、ホールド性の高さが特徴です。フラッシュメーター機能も完備しており、最大20の電波チャンネルを選択できるため、複数のフラッシュの光量を一括で調整することができます。入射光式、反射光式どちらも対応しています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

絞りとシャッタースピードの組み合わせを全表示できる

軽量でコンパクトな、デジタルタイプの露出計です。入射光式をベースとしており、反射光式としても使用できます。LCD液晶が搭載されており、1/3ステップで表示されます。さらに絞りとシャッタースピードの組み合わせを全表示してくれますので、自由に組み合わせを選ぶことができます。時計・アラーム機能や温度測定機能といった、便利な機能が搭載されているのも特徴です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

絞りとシャッタースピードの組み合わせを全表示できる

軽量でコンパクトな、デジタルタイプの露出計です。入射光式をベースとしており、反射光式としても使用できます。LCD液晶が搭載されており、1/3ステップで表示されます。さらに絞りとシャッタースピードの組み合わせを全表示してくれますので、自由に組み合わせを選ぶことができます。時計・アラーム機能や温度測定機能といった、便利な機能が搭載されているのも特徴です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

定常光とフラッシュ光の広い光域を高精度に測定できる

定常光とフラッシュ光の幅広い広域を正確に測定することができる、デジタルタイプの露出計です。入射光式と反射光式の両方の測定ができます。1/10の刻みで表示するため、高精度の指示が可能です。またシネスケールにも対応、自動電源電圧チェック、自動スイッチオフ機能も搭載されており、デジタル撮影・フィルム撮影問わず使用したい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

定常光とフラッシュ光の広い光域を高精度に測定できる

定常光とフラッシュ光の幅広い広域を正確に測定することができる、デジタルタイプの露出計です。入射光式と反射光式の両方の測定ができます。1/10の刻みで表示するため、高精度の指示が可能です。またシネスケールにも対応、自動電源電圧チェック、自動スイッチオフ機能も搭載されており、デジタル撮影・フィルム撮影問わず使用したい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

コード式・ノンコード式の2つの測定モードを搭載

入射光式と反射光式の両方に対応した、デジタルタイプの露出計です。さらにシャッタースピードとISO感度の測定も可能です。特に大型ストロボによるライティングでセッティングを変えたくない場合は、先に絞り値を決めたあとにその場でISO感度を測定することが可能です。野外撮影、スタジオ撮影問わず使用したい方におすすめです。フラッシュメーターとしては、コード式・ノンコード式の2つの測定モードを搭載しています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

コード式・ノンコード式の2つの測定モードを搭載

入射光式と反射光式の両方に対応した、デジタルタイプの露出計です。さらにシャッタースピードとISO感度の測定も可能です。特に大型ストロボによるライティングでセッティングを変えたくない場合は、先に絞り値を決めたあとにその場でISO感度を測定することが可能です。野外撮影、スタジオ撮影問わず使用したい方におすすめです。フラッシュメーターとしては、コード式・ノンコード式の2つの測定モードを搭載しています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

アナライズ機能も搭載でフラッシュ光と定常光の割合を表示できる

定常光とフラッシュ光を測定できる、シンプルで使いやすいベーシックな露出計です。測定方法は入射光式だけですが、別売りのオプションを使用することで反射光式でも測定が可能になります。フラッシュ光はコード式・ノンコード式の2つの測定モードで、フラッシュ光と定常光の割合を表示するアナライズ機能も搭載されています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

アナライズ機能も搭載でフラッシュ光と定常光の割合を表示できる

定常光とフラッシュ光を測定できる、シンプルで使いやすいベーシックな露出計です。測定方法は入射光式だけですが、別売りのオプションを使用することで反射光式でも測定が可能になります。フラッシュ光はコード式・ノンコード式の2つの測定モードで、フラッシュ光と定常光の割合を表示するアナライズ機能も搭載されています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

ホットシューに取り付け可能!コンパクトサイズで持ち運びがしやすい

シリコンフォトダイオードを採用した、スリムな金属製ボディが特徴的なデジタルタイプの露出計です。ボディ本体の厚さはわずか13ミリで、フィルムカメラのクラシカルなデザインにマッチします。操作も直感的でわかりやすく、測光ボタンを押しダイヤルを回し点灯すれば、その値をカメラにセットするだけで簡単に撮影できます。反射式のみの対応になっています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

ホットシューに取り付け可能!コンパクトサイズで持ち運びがしやすい

シリコンフォトダイオードを採用した、スリムな金属製ボディが特徴的なデジタルタイプの露出計です。ボディ本体の厚さはわずか13ミリで、フィルムカメラのクラシカルなデザインにマッチします。操作も直感的でわかりやすく、測光ボタンを押しダイヤルを回し点灯すれば、その値をカメラにセットするだけで簡単に撮影できます。反射式のみの対応になっています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

【アナログタイプ】露出計のおすすめ2選

出典:Amazon.co.jp

アモルファス光センサーを採用で電池不要

クラシカルなデザインで直感的に読み取れる、アナログタイプの露出計です。入射光式・反射光式どちらにも対応しています。受光素子としてアモルファス光センサーを採用しており、動作させるための電池は不要です。操作も簡単でダイヤルを測定値に合わすだけで、絞り値とシャッタースピードの組み合わせを一度に読み取ることが可能です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

アモルファス光センサーを採用で電池不要

クラシカルなデザインで直感的に読み取れる、アナログタイプの露出計です。入射光式・反射光式どちらにも対応しています。受光素子としてアモルファス光センサーを採用しており、動作させるための電池は不要です。操作も簡単でダイヤルを測定値に合わすだけで、絞り値とシャッタースピードの組み合わせを一度に読み取ることが可能です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

ホットシューに取り付けが可能でクラシックカメラにおすすめ

手の中にすっぽり収まるコンパクトサイズの、アナログタイプの露出計です。ダイヤル式を採用しており、追針を指針に合わせるだけで絞りとシャッタースピードの組み合わせも一目で分かります。さらにカメラのホットシューに取り付けが可能のため、露出計機能が搭載されていないクラシックカメラの露出計としてもおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

ホットシューに取り付けが可能でクラシックカメラにおすすめ

手の中にすっぽり収まるコンパクトサイズの、アナログタイプの露出計です。ダイヤル式を採用しており、追針を指針に合わせるだけで絞りとシャッタースピードの組み合わせも一目で分かります。さらにカメラのホットシューに取り付けが可能のため、露出計機能が搭載されていないクラシックカメラの露出計としてもおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

露出計の使い方

入射光式タイプの使い方

入射光式タイプの使い方

出典:Amazon.co.jp

被写体の位置で、露出計についている受光部をカメラのレンズの方向に向けて測ります。アナログ表示なら表示した光量に合わせてダイヤルを回し、デジタル表示だとその際に絞りとシャッタースピードを表示してくれます。その数値をカメラで設定して撮影しましょう。

反射光式タイプの使い方

反射光式タイプの使い方

出典:Amazon.co.jp

反射光式で測定する場合は、受光部分をカメラのホットシューに取り付けるか、またはカメラの近くに置き被写体に向け測定します。あとは入射光式同じように、表示された測定値から絞りとシャッタースピードの組み合わせをカメラ側で設定し撮影しましょう。

光を調節するカメラ周辺機器もチェック

光を調整するアイテムを使用することで、写真表現の幅を広げることができます。光を調整できる、様々なカメラ周辺機器の選び方や、おすすめ商品を紹介していますのであわせてチェックしてみてください。

露出計のおすすめ商品比較表

商品画像
露出計 スピードマスター L-858D
露出計 フラッシュメイト L-308X
露出計 ライトマスタープロ L-478D
小型露出計 デジシックス2
デジプロF2
フラッシュメーター 入射式/反射式露出計 KFM-2200
オートデジメーター KFM-1100
VoightLander VCメーターII
露出計 スタジオデラックスIII L-398A
露出計 ツインメイト L-208
メーカーセコニックセコニックセコニックゴッセンゴッセンケンコー・トキナーケンコー・トキナーコシナセコニックセコニック
商品名露出計 スピードマスター L-858D露出計 フラッシュメイト L-308X露出計 ライトマスタープロ L-478D小型露出計 デジシックス2デジプロF2フラッシュメーター 入射式/反射式露出計 KFM-2200オートデジメーター KFM-1100VoightLander VCメーターII露出計 スタジオデラックスIII L-398A露出計 ツインメイト L-208
最安値
Amazon63,109円(税込)
Yahoo!ショッピング23,880円(税込)
Yahoo!ショッピング34,980円(税込)
Amazon31,827円(税込)
Yahoo!ショッピング50,801円(税込)
楽天市場51,172円(税込)
楽天市場42,400円(税込)
楽天市場28,985円(税込)
Amazon20,842円(税込)
Amazon11,400円(税込)
販売サイト
この記事の修正依頼を送る

関連記事

人気記事