アウトドア用ボトル・ジャグのおすすめ6選&選び方【スポーツにも】

アウトドア用ボトル・ジャグのおすすめ6選&選び方【スポーツにも】

アウトドアやスポーツ時に、たくさんの水やお茶を入れておけるのが「アウトドア用ボトル・ジャグ」です。2リットル程のものから10リットルも入る大容量タイプまであり、保温・保冷力に優れた商品もあります。折りたたみ式は自宅からキャンプ場までコンパクトに運ぶことができます。今回はアウトドア用ボトル・ウォータージャグの選び方や、コールマンのおしゃれなジャグ、Amazonランキングで1位を獲得したサーモスの人気水筒などのおすすめ商品をご紹介します。

アウトドアでの水の調達が大変

アウトドアでの水の調達が大変

最近のキャンプ場は、水道施設が整っていることが多いです。しかし、水場から遠いところにテントを張ることになった場合は水の調達が大変になってしまいます。ペットボトルの水などで代用できますが、手を洗ったり、食材や食器などを洗うには意外と多くの水が必要になってきます。

そんなときに役に立つのが「アウトドア用ボトル・ジャグ」です。特にジャグは、一度に何リットルもの大量の水をくんでおくことが可能です。蛇口をひねれば簡単に水を出すことができ、保冷や保温効果のあるものもあります。

ボトル・ジャグのメリット・デメリット

便利なアウトドア用ボトル・ジャグですが、購入してまで使う必要性を感じないという方もいるかもしれません。ボトルやジャグがキャンプなどのアウトドアに必要なのかどうか、メリットとデメリットをご紹介しますので、参考にしてみてください。

メリット

メリット

ボトル・ジャグの一番のメリットは、何度も水をはこぶ手間がはぶけるという点です。水道施設が近かったとしても、何度も大量の水をはこぶのは大変な重労働になります。また、調理中に使う水の量は、思いのほか多くなります。ウェットティッシュでも手をふくことができますが、生肉を触れたときなどは、水できちんと洗ったほうが衛生的でしょう。

また、すべての水を購入したペットボトルの水でまかなうと、コストがかかります。キャンプ場の水道施設の水は無料で使うことができますので、コストを抑えることもできます。アウトドア以外でも、非常時の水の確保にも役に立つので様々な使い方ができます。

デメリット

ボトル・ジャグのデメリットとしてあげられるのは、荷物になるという点です。何リットルもの水をためておけるのはメリットでもありますが、そのぶんボトルやジャグの大きさも大きくなるので、荷物になってしまいます。特に折りたたむことができないハードタイプは場所をとってしまいます。

アウトドア用ボトル・ジャグの選び方

アウトドア用ボトル・ジャグを選ぶうえで押さえておきたい選び方のポイントをご紹介します。

タイプで選ぶ

アウトドア用ボトル・ジャグは大きくわけるとハードタイプ、ソフトタイプ、水筒タイプの3種類の種類があります。

保冷・保温力が高い!ハードタイプ

保冷・保温力が高い!ハードタイプ

出典:Amazon.co.jp

ハードタイプは、大きなタンクに蛇口がついた形の、ポピュラーなウォータージャグです。アウトドアだけでなく、冷やした麦茶などを入れて、自宅で使うこともできます。頑丈な作りで安定感があります。ハードタイプは、大容量のものも多く、大量の水を確保することができます。また、保冷・保温効果があるものが多いので飲料をいれておくのにも便利です。

持ち運びが簡単!ソフトタイプ

持ち運びが簡単!ソフトタイプ

出典:Amazon.co.jp

ソフトタイプは、折りたたみができる軽量化されたウォータージャグです。ハードタイプと同様、蛇口をひねると水がでます。水をためるタンク部分がじゃばらになっているものが多く、水を抜いて簡単に小さくすることができます。保冷・保温効果はありません。料理や手を洗うなどの生活水の確保に適しています。

スポーツ時に!水筒タイプ

スポーツ時に!水筒タイプ

出典:Amazon.co.jp

水筒タイプはスポーツジャグとも呼ばれ、水分補給に適したウォーターボトルです。飲料を入れることを想定してつくられているので、保冷・保温効果がもっとも高いタイプです。通常の水筒に比べると容量が多く2リットル以上の水を入れられるものが多いです。

入れたい水の容量で選ぶ

入れたい水の容量で選ぶ

ウォーターボトル・ジャグで確保したい水の量によって商品を選ぶと良いでしょう。ですので、購入する前に用途を明確にしておきましょう。

4~5リットル

ソロキャンプであれば、4~5リットルで飲料水・生活水をまかなえるくらいの量になるので小さめのジャグでも大丈夫です。

5~6リットル

5~6リットルのものだと、家族4人分の飲料水もしくは、食器の洗浄や手洗いに使う分となります。中~大サイズのジャグがおすすめです。(大人2人、子ども2人の4人家族と仮定しています。)

8~10リットル

家族4人分の飲料水と生活水をまかなえるくらいの量になります。飲料水として飲んだり、食器洗浄などに使った場合は8~10リットルくらいが目安になります。大きめのジャグがおすすめです。

10リットル以上

家族4人またはそれ以上の人数で飲料水や生活水、さらにはコーヒーを沸かしたり、水を多く使う料理をする場合は10リットル以上あると安心です。10リットルくらいの大きいものだと、水を入れたタンクがかなり重くなるので注意が必要です。ハードタイプのものを飲料水用、ソフトタイプものを生活水用と分けて2つのウォータージャグを使うのもおすすめです。

保冷力・保温力で選ぶ

保冷力・保温力で選ぶ

水やお湯の温度を保ちたいのであれば、保冷力・保温力のあるものを選びましょう。保冷力・保温力の機能がついたハードタイプか水筒タイプものがおすすめです。ソフトタイプのジャグは、水温を保つ機能がついていないものがほとんどなので購入時に確認しましょう。

お手入れのしやすさも確認する

ウォーターボトル・ジャグを清潔に使い続けるためにも、お手入れの方法も確認しましょう。中を洗いやすい広口タイプものがおすすめです。商品によっては分解して洗うことができるものもあります。本体の重さが重くなりますが、ビニール製のものよりも、劣化しにくいステンレス製のものがおすすめです。

アウトドア用ボトル・ジャグのおすすめ6選

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値2,647円(税込)
4.30(483件)

この商品の特徴

錆びにくく耐久性のあるステレンスでできたハードタイプのウォータージャグです。安心の日本製で、付属のコップは抗菌加工になっています。レバーが2つ付いていて、レバーを倒す角度により少量注水と連続注水が可能です。子どもからお年寄りまで誰でもかんたんにつかうことができます。広口タイプなので氷が入れやすく、冷たい飲み物は冷たいまま飲むことができます。ステンレス製の丈夫なものをお探しの方にぴったりです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

錆びにくく耐久性のあるステレンスでできたハードタイプのウォータージャグです。安心の日本製で、付属のコップは抗菌加工になっています。レバーが2つ付いていて、レバーを倒す角度により少量注水と連続注水が可能です。子どもからお年寄りまで誰でもかんたんにつかうことができます。広口タイプなので氷が入れやすく、冷たい飲み物は冷たいまま飲むことができます。ステンレス製の丈夫なものをお探しの方にぴったりです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値7,708円(税込)
4.40(25件)

この商品の特徴

コールマンのターコイズブルーがおしゃれなハードタイプのウォータージャグです。デザインがかわいらしいのが魅力的です。容量は4.9リットルです。サイズもそこまで大きくないので、女性グループでのアウトドアにもおすすめです。同じカラーのクーラーボックスなども販売されているので、揃えて使うとおしゃれなキャンプサイトを演出できます。丈夫なステンレスでできているので、安心して使うことができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

コールマンのターコイズブルーがおしゃれなハードタイプのウォータージャグです。デザインがかわいらしいのが魅力的です。容量は4.9リットルです。サイズもそこまで大きくないので、女性グループでのアウトドアにもおすすめです。同じカラーのクーラーボックスなども販売されているので、揃えて使うとおしゃれなキャンプサイトを演出できます。丈夫なステンレスでできているので、安心して使うことができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値882円(税込)
4.14(307件)

この商品の特徴

ポリエチレンでできたウォータージャグです。折りたたみはできませんが、ポリエチレンでできているのでとても軽く、持ち運びに便利です。一般的なポリエチレンタンクですが、きちんろ蛇口がついているので、ウォータージャグとして使えます。リーズナブルな価格が魅力です。保冷・保温効果はありませんが、食器や手を洗う生活水に使うのにぴったりです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ポリエチレンでできたウォータージャグです。折りたたみはできませんが、ポリエチレンでできているのでとても軽く、持ち運びに便利です。一般的なポリエチレンタンクですが、きちんろ蛇口がついているので、ウォータージャグとして使えます。リーズナブルな価格が魅力です。保冷・保温効果はありませんが、食器や手を洗う生活水に使うのにぴったりです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値498円(税込)
4.38(281件)

この商品の特徴

10Lのソフトタイプのウォータータンクです。他に20L用もあります。中に水を入れた状態で倒して使うことができます。蛇口はコック式で、ひねるだけなので子どもやご年配の方でも使いやすいです。取っ手もしっかりしているので、持ち運びも楽にできるでしょう。使わないときはとても薄くたたむことができます。収納棚やバッグなどの中でも邪魔になりにくいです。厚生省の規格に合格している安心の商品です。レジャーや災害時などどんな場面でも使えるウォータータンクです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

10Lのソフトタイプのウォータータンクです。他に20L用もあります。中に水を入れた状態で倒して使うことができます。蛇口はコック式で、ひねるだけなので子どもやご年配の方でも使いやすいです。取っ手もしっかりしているので、持ち運びも楽にできるでしょう。使わないときはとても薄くたたむことができます。収納棚やバッグなどの中でも邪魔になりにくいです。厚生省の規格に合格している安心の商品です。レジャーや災害時などどんな場面でも使えるウォータータンクです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値4,180円(税込)
4.63(494件)

この商品の特徴

Amazon売れ筋ランキング上位のサーモスのスポーツジャグです。容量はたっぷり2リットルあるので、炎天下でのスポーツやアウトドアでの水分補給にぴったりです。サーモスならではの保冷技術で、9度以下の冷たさを6時間キープすることができます。塩分のはいったスポーツドリンクをいれることも可能です。広口タイプなので大きな氷を入れることができ便利です。飲料水用に保冷効果の高いものをお探しの方にぴったりです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

Amazon売れ筋ランキング上位のサーモスのスポーツジャグです。容量はたっぷり2リットルあるので、炎天下でのスポーツやアウトドアでの水分補給にぴったりです。サーモスならではの保冷技術で、9度以下の冷たさを6時間キープすることができます。塩分のはいったスポーツドリンクをいれることも可能です。広口タイプなので大きな氷を入れることができ便利です。飲料水用に保冷効果の高いものをお探しの方にぴったりです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値1,771円(税込)
4.61(439件)

この商品の特徴

人気メーカー、ナルゲンのスタンダードな水筒タイプのジャグボトルです。衝撃に強く、落としても割れにくいのが特徴です。耐熱耐冷にすぐれているので、様々な使い方ができます。広口タイプなので飲料や氷も入れやすく、扱いやすいのが魅力です。漏れにくさに定評があるナルゲンの製品なので、登山などのアウトドアに最適です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

人気メーカー、ナルゲンのスタンダードな水筒タイプのジャグボトルです。衝撃に強く、落としても割れにくいのが特徴です。耐熱耐冷にすぐれているので、様々な使い方ができます。広口タイプなので飲料や氷も入れやすく、扱いやすいのが魅力です。漏れにくさに定評があるナルゲンの製品なので、登山などのアウトドアに最適です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

おすすめ記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー