アルコールチェッカーのおすすめ5選&選び方【警察と同じ精度も!】

アルコールチェッカーのおすすめ5選&選び方【警察と同じ精度も!】

お酒を飲む機会が多いドライバーや運送業者はアルコールチェッカーを使う機会が多いでしょう。アルコールチェッカーには卓上型と携帯型に分かれており、商品によって精度や寿命も異なります。中には数値をパソコンに記録できるものもあります。今回はアルコールチェッカーの選び方や、タニタを初めとする、おすすめ商品を紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

アルコールチェッカーとは

アルコールチェッカーとは

出典:Amazon.co.jp

アルコールチェッカーとは、機器に向かって息を吹きかけるだけで、体内のアルコール濃度が数値化されるものです。運送業者はドライバーに対して、アルコール濃度のチェックと、記録を取っておくことを国土交通省によって義務づけられています。運送業以外の個人でも使うことはでき、前日飲酒をしている場合などに自分でアルコールチェックをして、安全であることを確かめてから車の運転をする方もいます。

アルコールチェッカーの選び方

種類で選ぶ

気軽に購入できる半導体式ガスセンサー

気軽に購入できる半導体式ガスセンサー

出典:Amazon.co.jp

半導体式ガスセンサー(半導体センサー)を使用することで、飲酒によって減少する酸素量の抵抗値を測ります。抵抗値が低いほど体内のアルコール濃度が高いということになります。

半導体式ガスセンサーは価格が安いので、気軽に購入することができます。しかし、劣化が早いので基本的には使い捨てです。また、アルコール以外の他の成分にも反応しやすいので、正確な数値を検出することは難しいでしょう。さらには、自動で記録が取れないものも多く、手書きで数値を控えておかなければなりません。

使い勝手の良い燃料電池式ガスセンサー

使い勝手の良い燃料電池式ガスセンサー

出典:Amazon.co.jp

燃料電池式ガスセンサー(電気化学センサー)は、摂取したアルコールが酸化するときに発生する電流を測って、アルコールを検知するという原理です。電流が大きいほど、アルコール濃度が高いということです。

燃料電池式ガスセンサーは精度が高く、他の成分の影響を受けにくいと言われています。周囲の環境などの影響も基本的には受けないので、安定した検知が可能です。本体はコンパクトで使い勝手の良いものが多いです。定期的なメンテナンスを行うことで、長く使うこともできます。しかし、その分本体価格は高めです。定期メンテナンスにも費用がかかるので、ランニングコストを考えて選んだ方が良いでしょう。

使い方で選ぶ

正確に測ることができる卓上型

正確に測ることができる卓上型

出典:Amazon.co.jp

卓上型のアルコールチェッカーは、企業内のデスクなどに置いて使います。そのため、アルコールチェック担当者がいる目の前でしかチェックをすることができません。誤った使い方をして正確な数値が出てしまう心配がありません。また、他の人に代わりにチェックを受けてもらうなどの不正を働くことも難しくなるでしょう。運送業者など、厳密な結果を求められる場に適しています。

また、卓上型のアルコールチェッカーは、自動で記録を録るものも多いようです。手間を掛けずに欠かすことなく記録できて便利です。商品によっては、パソコンでデータ管理ができるものもあるようです。

いつでも使える携帯型

いつでも使える携帯型

出典:Amazon.co.jp

携帯型のアルコールチェッカーは、ポケットなどにも入れられる小型サイズのものが多く、持ち運びが簡単です。心配になったときに、いつでも使うことができます。しかし、運送業者などで使う場合は、担当者がいないところでもチェックが可能なので、他の人と入れ替わる可能性も考慮しておいた方が良いでしょう。

また、携帯型のアルコールチェッカーは自動で記録を録るものが少ないようです。記録を残したい場合は、手書きで控えておかなければならず外出先などでは手間がかかるかもしれません。

精度が高いものを選ぶ

アルコールチェッカーは精度が非常に大事です。しかし、精度が低いアルコールチェッカーだと、アルコール以外の成分をアルコール数値として誤って認識することがあります。精度が高いアルコールチェッカーであれば、他の成分と誤認識することもないと言われているので、心配な方は精度を重視して選ぶようにしましょう。

アルコールチェッカーを使うときの注意点

誤認識しやすい成分の摂取を控える

アルコールチェッカーの中には、アルコール以外の成分をアルコール数値として認識してしまうものもあります。アルコールチェッカーがアルコールと間違えやすいのは、タバコ・メントール(メンソール)・キシリトール・アセトンなどです。これらの成分が含まれているものは、アルコールチェッカーを使う前は控えましょう。

寿命を確認しよう

アルコールチェッカーには寿命があります。寿命が迫っているアルコールチェッカーを使うと、誤作動を起こしたり、数値を誤って認識することもあるようです。普段から、アルコールチェッカーの動作確認などをしておいた方が良いでしょう。

ちなみに、アルコールチェッカーの製品寿命は商品によって異なりますが、平均的な使用年数による製品寿命は1年~2年、回数による製品寿命は1,000回~5,000回というものが多いと言われています。

アルコールチェッカーのおすすめ5選

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値3,300円(税込)

この商品の特徴

ポケットに入るスリムサイズのアルコールチェッカーです。32gしかないので持ち運びに便利です。息を吹きかけて5秒でアルコール量をチェックします。使い勝手の良い商品であるので、お酒を飲む機会が多く、頻繁にチェックしたい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ポケットに入るスリムサイズのアルコールチェッカーです。32gしかないので持ち運びに便利です。息を吹きかけて5秒でアルコール量をチェックします。使い勝手の良い商品であるので、お酒を飲む機会が多く、頻繁にチェックしたい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値2,800円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値11,344円(税込)

この商品の特徴

独自の「ハイブリッドセンサー」によるアルコール検出で、高い測定感度でアルコール量をチェックできます。簡単に使うことができ、アルコール量1mlまで検出できるので、仕事で運転をする方にもおすすめの商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

独自の「ハイブリッドセンサー」によるアルコール検出で、高い測定感度でアルコール量をチェックできます。簡単に使うことができ、アルコール量1mlまで検出できるので、仕事で運転をする方にもおすすめの商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値2,380円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値9,000円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー