カメラ三脚のおすすめ2選&選び方【初心者でも安心!】

カメラ三脚のおすすめ2選&選び方【初心者でも安心!】

集合写真を撮るときや、定点で動画を撮りたいときに活躍するのが「三脚」です。スマホでの写真撮影には自撮り棒が用いられますが、一眼レフやビデオカメラを支えるには、より本格的な三脚が必要になります。コンパクトに持ち運べる商品から、雲台が安定するつくりになっているものまで、様々な種類がありますが、どれを選べば良いのでしょうか。今回は三脚の選び方や、人気メーカー「ベルボン」などのおすすめ商品をご紹介します。

三脚の種類と特徴

スタンダードタイプ

カメラを固定する雲台(うんだい)と、調節ネジ、足が3本ある普通の三脚です。雲台の高さを変えられたり、足の長さを変えられたりといった微調整ができます。また、雲台は角度を変えられたり左右にゆっくりと回転させたりできます。被写体をじっくりと追うことができます。

ビデオ三脚

ビデオ向けの三脚はスタンダードのものと比較して安定性に長けているものが多いです。脚の途中に支え(スプレッダー)がついているものが多く、重くなりがちな雲台部分をしっかりと支えることができます。また、ハンドルがついているものが多く、ブレを少なくしつつ被写体を追うことができます。

トラベラー三脚

旅行時などに持ち運びできるようにコンパクト収納が可能なタイプです。通常の収納時は脚をたたんで終わりですが、トラベラー三脚は脚を反対側(雲台側)に折り返して収納することができます。より短い状態で収納できるので持ち運びが楽になります。

三脚の選び方

縮長

収納時のサイズを示します。これが長いと持ち運びの際に不便だと感じることがあります。三脚は専用カバーに入れて持ち運ぶことができますが、旅行などに持っていく場合はコンパクトに収納できるタイプを選びましょう。

全伸高

各脚と雲台を最大限伸ばしたとき、どれくらいの高さで撮影できるかを判断する際には、全伸高を確認しましょう。自分の身長と同じくらいでいい場合もあれば、できれば少し高い位置から撮影したいといったケースもあります。

素材

三脚の素材はアルミ製やカーボン製のものが一般的です。カーボン製はアルミ製と比べると価格が高いですが、軽く、冷たくなりにくいといった特徴があります。たまに木製のタイプもありますが、重量や壊れやすさを考えると扱いにくいと言えます。

耐荷重

デジカメやビデオカメラを使う場合はそこまで気になりませんが、一眼レフを利用する際にはチェックすることをおすすめします。一眼レフの望遠レンズは大きいものだと1〜2kgもする場合があります。乗せるカメラの安全性を考えて、耐荷重は守るようにしましょう。

段数

段数は三脚の脚が何本のパイプでできているかを表します。段数が多いとその分コンパクトに収納できますが、脚先は細くなってしまうので安定性が落ちてしまいます。安定性と収納性のどちらを優先するかを考えて選びましょう。各脚の先にゴムがついていると、安定性を補うことができます。

固定方法

脚を伸ばす際には各段をロックして固定しますが、ロック方法は一般的なものが2つあります。ナットロックタイプはナットのようにくるくると回して固定したり緩めたりできるタイプです。レバーロックタイプは留め具がついており、パチッとロックできる固定方法です。

ハンドルの有無

ハンドルがあると撮影時に被写体を追いかける際に安定した操作が可能です。また、ハンドルとカメラを接続してシャッターや録画ボタンをハンドル操作できるタイプもあります。この機能はビデオカメラ用の三脚についていることが多いようです。

三脚の主なメーカー

ベルボン(Velbon)

ベルボンはトラベラー三脚である「ウトレック」が有名な都内に本社を置く国内メーカーです。1955年設立なので60年以上の歴史があります。日本だけでなく世界で愛用者が多いメーカーです。

スリック(SLIK)

スリックも日本国内のトップクラスメーカーです。スリムでコンパクトな収納ができるエアリーシリーズが有名です。報道関係者やプロカメラマンも使っているメーカーなので安心して利用できそうです。

三脚のおすすめ2選

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値8,999円(税込)

この商品の特徴

おしゃれなデザインと安定性を求める方におすすめしたい商品です。雲台下に重力フックがあり、各脚には滑り止めのゴム石突があるため安定性が高い三脚と言えます。色はオレンジのほかに黄色と黒もあり、専用ケースもかわいらしいので持ち運びたくなります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

おしゃれなデザインと安定性を求める方におすすめしたい商品です。雲台下に重力フックがあり、各脚には滑り止めのゴム石突があるため安定性が高い三脚と言えます。色はオレンジのほかに黄色と黒もあり、専用ケースもかわいらしいので持ち運びたくなります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値3,080円(税込)

この商品の特徴

ラスチックボディとアルミ脚で強度と軽量化のバランスを取った製品です。三脚本体の重さは約1.7kgで3kgまでの一眼レフやミラーレスカメラをセットすることができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ラスチックボディとアルミ脚で強度と軽量化のバランスを取った製品です。三脚本体の重さは約1.7kgで3kgまでの一眼レフやミラーレスカメラをセットすることができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー